nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
ハセツネ鞘口峠~五日市
35Km/198km

19日(土) K氏にお誘いいただき鞘口峠~五日市 33.5Kmのハセツネ試走をした。
今回の試走のポイント
①お互い前週12日(土)にハセツネ全コース試走したので、果たしてどの程度のペースで走れるのか。
②先週痛んだ脛、大腿四頭筋にテープを張り固定。この効果は。
③ナイトランの実践

14:32武蔵五日市駅発のバスに乗車。数馬にて都民の森行に乗換。バスの中でK氏より情報収集。為になる。16:00都民の森着。鞘口峠へ向けて歩きだす。今回、時計が直前で電池切れのため、ラップ取れずK氏のブログよりラップは拝借。

鞘口峠~月夜見P 29’14 
自分が先行。後ろからK氏着いて来るので、プレッシャー感じ自然とペースアップ。早くもモモに張りが出てくる。一人だと出だしゆっくりだと思うからそれなりに効果あるか。意外に速いタイムにびっくり。
ハンドライトは練習にと思い手に持って行動。

月夜見P~御前山 44’03
先週はこの区間1時間以上かかったがスタートからではないので軽快に上がれる。K氏途中で先行。上がり途中まで走っていた。途中で離されそうになるが懸命について行く。御前山の登りもこのペースで行ければグッドなのだが。頂上でゼリー補給。ヘッドライト装着。

御前山~大ダワ 32’33
いやな下り、先行し下る。年々コースが荒れて来ている感がある。御前避難小屋で水場確認。チョロチョロ程度で使い物にならないか。小屋に3人ほど居た。下りの途中でライト点灯。明るくなる。下りは本番でもけちけちしないで早めの点灯がいいかも。下る途中少しずつ足にダメージ来る。モモと脛。大腿四頭筋はなんとか大丈夫そう。

大ダワ~大岳山 39’41
走れるところは頑張って走る。大岳山直下からの登りペース崩さず懸命に登る。この登りは急でキツイがなぜか好きな登りだ。頂上でゼリー補給。

大岳山~長尾平 36’03
ここでK氏のヘッドライト、アイコンと交換。明るさはほぼ同じぐらいか。大岳神社でいつものように50円の参拝。夜でガレているので慎重に下る。この時期怪我は避けねば。下る途中、ガサガサ大きな音が?こういう時は複数人だと安心だ。水場で水を飲み長尾平まで走る。次第にペース落ちる。

長尾平~日の出山 25’19
ペース上がらなくなって来て、途中からK氏が先行。懸命について行くが少し離される。日の出山の途中でゼリー補給。先週はこの辺は大雨であったことを考えれば今日は楽だ。山頂。夜景がきれい。ゼリー補給。さて、ここからつぶれずに走れるか不安。

日の出山~五日市 1:11’42
日の出山よりのしばらくの降りは慎重に。走るがK氏楽についてくる感じ。走りながらモモの攣り、脛痛が来そうな気配であるが何とかごまかし走る。が、残り5Km切ったところで転倒。両方のふくらはぎが攣る。キツ~!
8月コケて治りかけの肘がまた擦りむく。その後は、ペース上がらずも緩い登りはなんとか走る。途中ふくらはぎの攣り。やがて金毘羅山へ到着。長かった。

合計タイム 4:38’35

12日の疲労が残っていたにもかかわらず、いいタイムで走行できたのはK氏がいたおかげ。やはり複数人のトレーニングは妥協許さずで効果的だった。疲労はあったものの頑張れたと思う。
テーピングは効果あったか。大腿四頭筋の痙攣、脛痛はあったが、それほどでもなかった。それよりテーピングしていない部分、モモ、ふくらはぎの痙攣があった。来週も試してみる。
金毘羅尾根でこけてしまったが、サンジョルマンのヘッドライト、ハンドライトは十分明るくグッド。先行が多かったのでライト練習にはなった。
次週はも一度、日中同じコースを新潟の初ハセツネの人とラン。次回はゆっくり行きたいが・・・・
by nao-yamaniiku | 2009-09-20 08:53 | ハセツネ試走 | Comments(0)
<< 第16回ハセツネレース 9回目完走 ハセツネ備忘録~7~8回目完走 >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
4月
22日(土)ファントレイル名栗23㎞

29日(土)OTK(青梅から鴨沢)65㎞

5月
20日(土)〜21日(日)
トレニックワールド100mile
最新の記事
奥多摩駅〜武蔵五日市駅
at 2017-05-27 16:29
レース後
at 2017-05-25 21:37
失敗から学ぶ
at 2017-05-23 22:24
トレニックワールド彩の国10..
at 2017-05-22 21:46
彩の国100マイル敗退
at 2017-05-21 09:10
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ