nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
ハセツネ備忘録~7~8回目完走
第12回ハセツネ  平成16年

この年は、比較的冬~春にかけて、トレランやバイクのトレーニングが出来て体重も60Kg切るぐらいに絞れ秋の本番に期待できた。
が、こういう時こそ罠が待っており、5月中旬にバイクでコケテしまい肩を脱臼。夏いっぱいまで包帯が取れず。
それでも、なんとか参加しようと思っていたが、今度は仕事が忙しくなり気力も無くなってしまい不参加。
いい感じでトレ出来ていたシーズン初めだったのに残念で仕方がなかった。




第13回ハセツネ 完走7回目 平成17年10月9日~10日

この年は、単身赴任で山梨在住。この時とばかり、地の利を生かして南アルプス、北アルプスへ足を運んだ夏のシーズンだった。甲府あたりだと渋滞なく行き帰り出来る。北岳には休日、何度か足を運んだ。

レース前日は、いろいろあり結局、武蔵村山の自宅に戻ったのは深夜2時を過ぎてしまった。

8時ごろ起床。予報通り 雨、雨
ご飯2杯・・・あまり食欲なし。 ウィンダー飲む。

9時50分 ドイトラー40ℓ背負って傘さして自転車で家を出る。
10時過ぎの電車に乗り込み、11時10分受付済ます。
<レースウェア>
上から、帽子、Tシャツ、ランパンツ、スパッツ、靴下、モントレイル

<持ち物>
水2ℓ、500mlペットにクエン酸+コーラ、長袖、レインウェア(上)、ヘッドライト、手袋
<食料>
ウィンダー3個、エネルゲン3個、アミノゼリー4個、梅4個、チョコバー1個、アメ5~6個、

グレゴリーのザックにウェストバック

(食料のあまり)
ウィンダー1個、アミノゼリー1個、梅2個、アメ

12:45にスタート位置につく。
12時間台の見える位置。雨が激しい。

13:00スタート。いつものようにジョグで進む。荷物は軽く感じ、この時点では調子良さそうに思えた。
今熊神社で水飲む。
登山道はグチャグチャ。入山峠までに2か所渋滞。
コンデションが悪く後日ハセツネの掲示板では渋滞の話題が多かった。

市道山あたりから、恐れていたケイレンが・・・ 相変わらずフクラハギ、大腿四頭筋、スネ。しかも両足。
梅干し食べたが、効果はないみたい。
雨のため滑って上りも困難な状態。
それでも第1CPは4:22で通過。このコンデションではまずまずなのでないだろうか、と思ったのはここまで。

ここから本来、笹尾根とかは走れるところも道が悪く滑る転ぶ。モントレイルは限界だったか。ニューシューズが欲しかった。また、今回はストックあった方が良かった。
三頭山の上り苦しいが長さは感じなかった。三頭山からの下り人を抜かせるペース。
しかし、鞘口峠の上りから異様な睡魔が襲って来た。眠くて仕方なく立ち止まってしまう。
第2CP5:02 トータル9:24
時間がかかる。長袖着る。水1.5ℓ補給。ウインダー飲む。ヘッドライトの電池交換。

第2CPよりは全くダメ。苦しい、眠い。御前山の上りで苦しく、足もツリ立ち止まってしまう。
調子は悪くないはずなのだが・・・
御前山からの下り滑る。尻もちついて尾てい骨に木の根を打ち付けてしまう。
ペースは下がる一方。やっとの思いで大ダワ着。以前はここでリタイアした時もあったが今日はがんばるぞ!
ここで寒いのでレインウェア(上)を着る。行くしかない。

大岳山までの平坦部分も走れず。やがて大岳山の上り。とにかく眠く気力出ず立ち止まってしまうことたびたび。
大岳山の下り良く滑る。綾広の滝上部の水場で水飲む。第3CP向けてスロージョグ。
第3CP 5:00 トータル14:24
信じられないほどの遅さ。

そして、ゴールまでも苦しみながら歩き
第4CP 2:50

全17:14’29  415位

とにかく17時間以上かかるとは想定外だった。





第14回ハセツネ 8回目完走 平成18年10月7日(日)~8日(月)

この年は、6月までは山梨転勤中。ホームコースを緑が丘スポーツ公園から堂ノ山(通称:白山)の往復約7kmを主体としてトレイルランをコンスタントに行うことが出来た。
7月より東京に戻ったが、その後もいつもよりトレーニングが出来た年であった。

前日は、21時ごろ就寝。朝、8時30分起床。11時間ぐらい寝ていて睡眠十分。なにしろ前年が、深夜、家着のため睡眠時間が取れず、レース中は力なく眠くて仕方がなかった。その反省を生かしたもの・・・
ご飯は、3杯食べる。そして持ち物最終点検。
10時10分にドイトラー40ℓを背負って家を出発。10時40分の電車。11時10分に五日市駅に到着。ゆっくりめ。
会場到着後、まず受付。受付横の駐車場で滞在。ゴロゴロする。今年の天気は晴天。
トイレ、体育館へドイトラーを置きスタート位置へ。


<レースウェア>
コンチネンタルディバイオ、ゴールドウィンパンツ、ランパン、Tシャツ(今回はこのままゴール)、キャップ

<持ち物>
グレゴリー赤ザック、ウェストバック、ウインダー8個、チョコバー2個、アメ6コ、
(チョコバー1個、アメ2個あまる)
水2.0リットル+500ml(ウーロン茶)、レインウェア(上)、長そで、手袋、くつひも、ヘッドライト、マグライト
替え電池5個

今回はスタート位置が悪かったか・・・ スタート後JOG。最初の広徳寺先のトレイルで早くも渋滞。その後、入山峠まで立ち止まってしまうこと数度。ちょっとスタートが悪すぎたか。
入山峠の階段待ちもこれまでで一番長かった。
その後も登りのペースもいつもより遅い感じ。そのせいか足の攣りは浅間峠まではなかった。水は市道山の12kmあたりから飲み始める。途中、ウィンダーも飲み始める。
浅間峠着 4:19
昨年とあまりタイム変わらずガッカリ。
座り込んでウインダー補給、ウーロン茶250ml飲む。すぐ出発。

日原峠辺りでライトオン。
その後、スネ、大腿四頭筋が攣りはじめる。やはりきたぜ・・・
平地ラン、登りは攣り。または、その逆。同じペースで進めずキツイ。
それでも三頭山の登り、ほとんど抜かされることなく、逆にけっこう抜くことが出来た。登りの最後の方で攣りはじめるも、それまでは三頭山の登りは大丈夫であった。
三頭山からの下り、走る。
そして、鞘口峠からの登り返し。ここはいつもキツイ。ところどころ足も攣って立ち止まってしまう。
浅間峠から、時々ウィンダー補給。水はけっこう飲んだような気がする。Tシャツのため立ち止まると寒くて震えてしまう。
月夜見駐車場 8:55 浅間峠~月夜見駐車場 4:36
この時点では、15時間以上かかってしまうと思った。
水を補給、が1.5リットル入らず。多分0.8リットルぐらいか。残りはもったいないので無理やり飲んだ。
ウィンダー補給。留まると寒くなるのですぐ出発。

月夜見駐車場よりの下り、いつものように痛い足をかばうように下る。攣らなきゃ走れるのに・・・
御前山への登り、懸命に登る。三頭山と同じく抜かす。どうだい!
しかし、山頂付近になると足がいっぱいになってしまう。
御前山でマグライトの電池交換。
ここから大ダワまでの下り。いつもながら辛い。途中でヘッドライトの電池切れてしまう。やはり、5時間が限界か。来年はもっと精度の良いライトに変えたい。
大ダワで電池交換。ウィンダー。そして出発。今回は長い時間休憩はしていない。そして、ここからはもう休憩の必要はあまりない。
大岳山の登り。キツイが立ち止まることなく登る。人も抜かす。そして、大岳山からの下り。慎重に下る。でも、ここはいつも来ているので慣れているね。
大岳神社でランパンのポケットから50円玉を取り出し参拝。
下りの足はもう限界。がんばって下る。いつもの水場で水飲む。長尾平までJOG。
長尾平 12:44 月夜見駐車場~長尾平 3:49
少し挽回か。

日の出山まで30分かかる。夜景がすばらしい。
そしてここから長い下り。そしてたくさん抜かされる。
走ってはいるが、大腿四頭筋が痛くスピードが出ない。
「あと5km」の垂れ幕。15時間切れるか・・・ がんばって、走る!走る!走る!
そして、ゴール。
全14:56 376位  長尾平~ゴール 2:12
後半は、がんばったか。

今回、ふくらはぎの攣りはなかったが、大腿四頭筋、スネは攣りまくりだった。
スタートの場所取り(渋滞さけよう) そして、筋力アップだな。
足の疲労だけなら、けつこういいペースで走れそう。
来年もまたがんばる。




第15回 ハセツネ

この年は、前年暮れより東京・荒川マラソンのフルを目指しトレ。久しぶりのフルマラソンにいい感じでトレーニング出来ていた。
が、しかし、平成17年の肩脱臼と同じく 2月に腰を痛め歩くのもままならない状態になってしまった。
整形外科に何度か通っても効果なし。まさか自分が腰痛になるとは思っても見てなかったので辛い毎日だった。3月、4月になっても回復の兆しは見えず、もうハセツネはダメかと諦めた時もあり、涙を流した夜もあった。
それでも5月下旬には歩いて山登りが出来るようになり、バイクは走りだし腰に違和感あるものの乗れることが出来るようになった。
毎週末は、久しぶりにバイク三昧の夏を送った。
そして、なんとか秋口には少し走れるようになった。しかし、この時にはハセツネの申し込みは終了。

そこで、初めてハセツネを見に行った。
まずは、入山峠までバイクで行き。先頭から1時間10分まで見る。奥宮選手、相馬選手といった1流の人の走りも見れた。鏑木選手は苦しそうだった。(この年はリタイア、モンブランの疲労があったよう)
入山峠を60分以内で行かないと階段は順番待ちになる。

そして、次の日は、養沢より上り朝の6時ごろ通過する選手を応援。19時間ぐらいのゴールの人たちだと思う。ここら辺りだとゴール15時間台とあまり変わらないペースと感じた。

辛い1年だったが、健康で走れる!という何気ないことがどれだけ幸せなのか痛切に感じさせてくれた忘れられない年になった。これから年齢を重ねていくので身体は気をつけよう。
by nao-yamaniiku | 2009-09-17 16:22 | ハセツネレース
<< ハセツネ鞘口峠~五日市 ダルダル >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
7月
9日(日)
トレニックワールドin外秩父約50㎞

10月
8日(日)、9日(月)
日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
夏にやること
at 2017-06-29 21:24
今熊山12本ピストン
at 2017-06-25 15:28
今の健康状態
at 2017-06-23 22:02
富士山ね、うーむ
at 2017-06-22 21:17
とにかく疲労抜き
at 2017-06-20 22:09
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ