nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
ハセツネ全試走考察
5月1日(土)のハセツネ全コース11時間56分22秒のとりあえず自己ベスト。

今回、11時間台でゴール出来たのは入山峠までの入りがすべて。
1:05'11と遅いタイムであるがこのぐらいの入りだと後半の体力を温存できる。
ちなみに08年の入山峠は56分、09年1:03'38。両方ともゴールは12時間30分台。

レースの時は1:05だと入山峠の階段で渋滞になる。09年の時は1分ぐらいの渋滞。08年の56分の時はさすがに渋滞はなかった。今回のタイムだと1分~2分ぐらい渋滞するかな。
しかし、入山峠は7km地点。全体の10分の1程度でしかない。1~2分程度の渋滞なら後のことを考えればいいだろう。
レース時は他の選手がいて競争意識がどうしても出てしまうがいかに我慢するかがポイント。
そう考えるとソロでのチャレンジの方が水の補給とかのサポートはないが、マイペースで走れるだけアドバンテージは大きいか。

ちなみに09年のオールスポーツコミュニティのトッキリ場辺りの写真で自分より前を行く10人のゼッケンからゴールタイムを調べてみると1人だけ11時間台の選手がいてあとは12時間台が1人。13時間台は2人。後の6人はずっとタイムは遅かった。19時間以上の選手も2人。
序盤の10人のうち8人は自分より遅いのだ。レースではそれを常に頭の中に入れて序盤は行動すべし。
生かさず殺さずの自分のペースで行くこと。それが第一。

登りの力が落ちているか?
三頭山、御前山の登りは力が入らずダメだった。特に御前山は40km以上の距離を踏んでからの登りで、途中苦しくて立ち止ってしまった。第二関門~御前山」は61分だったがここは55分以内で行きたい。
登りのトレーニングを十分して力が落ちないようにしなくては。
この間のハセツネ30kでも登りはダメだった。

50歳を過ぎてスピードを追求は出来なくなっているので巡航速度を一定に保つべくロング(4時間以上)トレーニングをこなすべきかな。
とにかくハセツネの本番で11時間台を出して区切りをつけたい。



今週は月間400kmクリアのため少しでも走る。

5月17日(月)
8.4km/257.2km
自宅周辺
疲労はあるがなんとか走れる。キロ6'20  心拍数112

5月18日(火)
5.2km/262.4km
残堀川
すごい疲労。日曜日のレースの疲れがドッとでる。途中、ストレッチしながらのゆっくりラン。

5月19日(水)
10.4km/272.8km
残堀川~狭山池公園
5月17日と同じペース。キロ6'20 心拍数111
昨日より楽だがこれ以上のスピードは出せないよ。

とお疲れモードのラン。だけど限界・・・
しかし遅せえランだな。
by nao-yamaniiku | 2010-05-20 21:14 | ハセツネ徒然 | Comments(0)
<< 吾野~武甲山トレラン 宮沢湖カモシカトレイルラン2010 >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
夏休み終了でUTMFの抽選のこと
at 2017-10-23 21:12
ランナーの旅行
at 2017-10-21 23:37
夏休み中
at 2017-10-19 23:13
静養中にUTMFの手を上げた
at 2017-10-17 23:26
奥武蔵の山へ
at 2017-10-15 17:55
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ