nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
第18回ハセツネカップ記録
10月10日(日)

c0206177_13575320.jpg

昨日からの雨は止んだ。どうやら雨に打たれることはないか?
あとはどれだけトレイルが回復しているのだろう。まあ、あまり期待しない方が良さそう。

重たい荷物を担いで五日市会館へ向かっている途中、「やべ~、スペシャルフーズ忘れた。」
全く幸先悪い。
今日の控室は、体育館が使えないので昨年アドベンチャーグリーンになったのでその控室利用。
でも・・・部屋は招待選手も一緒なので名だたるエリートランナーが目立つ。その中に年配の選手(アドグリ)がいる感じ。部屋を別にして欲しいなあ。恐れ多いよ。
でも、ゆったりしていたのでそこで待機。
スペシャルフードの替わりにパワージェル5個とショッツ1個買う。それと持参のゼリー2個で代用。

<スタート地点>
10時間の辺りにもぐり込む。
結構、暑い。
今日は、Tシャツ、ランパン。アームウォーマーとジャケットはザックの中。

・スタート~今熊神社 25'22 心拍数161
・今熊神社~入山峠  1:06'27(40'49) 心拍数169
・入山峠~市道山分岐 2:18'57(1:12'29)心拍数154

今回は、スタート地点から囲いがあったためスムーズにスタートできたと思う。
スタート後、小和田橋に向かっての下りですでに心拍数は160以上?おかしい。
その後も心拍数は追い込んでいるわけでもないのに10~15高め。
今熊神社25分台。う~ん、どうしたんだろう。
入山峠も1時間6台の普通のタイムなのに心拍数169もある。
多少、足元は悪いけどタイムに大きく影響するとは思えない。
入山峠手前からだんだん力が出なくなり走るのが辛くなる。
入山峠の階段を登り、その後のゆるい下りの部分がキツイ。

登りも力でず、これは心拍数下げねば潰れる、と思い市道山分岐までのいくつかのピークでストップ。
10キロも走っていないのにひざに手をあてて喘いでいるのは自分だけ。
きっと通り過ぎる選手は、あのおっさんリタイアだなと思われただろうなあ。
恥ずかしいので後ろ向き。
心拍数が150以下ぐらいになったところでスタート。これを何回も繰り返す。
どんどん抜かされるよ。でも、そうしないとゴールまで持たない。
無理して周りの選手に合わせて行くと自分が潰れる。
この歳(50)になるとピンチになった時はそれ相応の対応は出来るつもり。
自分の中では、リアイアはない。(なんて、2回リタイアしているけど)

結局、市道山分岐まで2時間18分台。まだ11.7km進んだだけなのにいつもより20分程遅い。
この時点では、浅間峠5時間。ゴールは17時間ぐらいかかると思った。
タイムが期待できないのならデジカメ持ってくれば良かった、なんて思ったり。
でも、まさかここまでダメになるとは思わなかった。


・市道山分岐~醍醐丸 2:59'45(40'49)心拍数154
・醍醐丸~浅間峠    4:25'53(1:25'50)心拍数150

醍醐丸までも途中立ち止る。
少しまわりの選手にペースを合わせられるようになる。
心拍数も150台になって来て醍醐丸からは走れるようになる。
第一関門手前で暗くなってくる。
4時間25分53秒。ここのところの試走より45分遅い。
タイムが遅いせいで足のツリの気配はなし。

ライトを取り出す。メガネをかける。
水は、ペット0.5リットル。ハイドレ1リットル残っている。
結構、飲んだつもりで月夜見まで持たないと思い、日原峠からのいつも試走で利用している水場で給水も考えたけど大丈夫そう。


・浅間峠~日原峠 4:55'53(25'50)心拍数150
・日原峠~笛吹峠 5:43'50(47'56)心拍数156
・笛吹峠~西原峠 6:33'52(50'01)心拍数143

浅間峠から腰を上げたところで雨が降ってくる。しかも一気に激しさを増す。
なんだよ。想定外。
でも、寒くない。アームウォーマーも使用せず。
途中、多くの選手がジャケットとか取り出していたけど必要なの?と思った。
しかし、日原峠までのゆるい登りとかグチャグチャで滑って進めない。これには参った。
登りなのに転ぶ。
メガネは所どころ見えにくいこともあるがあまり苦にならない。正解。
ライトは、この辺りでは省エネでハンドライトはあまり点灯せずヘッドライトのみで行く。
登りも下りもスピード出せないからヘッドライトだけで十分。

笛吹峠を越えたところで少しずつ調子が出てくる。
抜かしたい場面もあるがまだ無理はしない。
平坦な笹尾根も良く滑りあまり走れずでした。
西原峠までで何度もしりもち。


・西原峠~三頭山 7:33'39(59'47)心拍数143
・三頭山~鞘口峠 7:57'08(23'28)心拍数133
・鞘口峠~月夜見P 8:43'29(46'31)心拍数135
第一関門~第二関門 4:18'26

雨は止んだ。でもトレイルの条件は悪い。
三頭山の登りで前の選手につく。繋がっているよう。
行きたいとこだけど、我慢。
おかげで心拍数は登りなのに140台。
足の力も出て来て復活の気配。
三頭山山頂辺りは寒いかな?と思っていたけど大丈夫。
去年よりはかなり暖かい。

三頭山頂上は留まらず鞘口峠に向けて下る。
今日みたいな日のグチョグチョな下りはやだ。登りの方がまし。
しばらくは一人で進むけど、やがて前に選手たちが繋がっているとこに追いつく。
最後尾なのでゆるゆると進める。後ろに選手のいないのは楽だね。

鞘口峠からの登りはキツイとこ。
ここから月夜見Pまでは一人の場面が多い。
集団がないので抜きやすい。
走れるようになる。復活だ!
しだいにスピードを上げる。
でも、こういう時に罠がある。
なんでもない平坦なトレイルで転倒。
何でもないところで転ぶとダメージが大きい。
まず右足のふくらはぎがケイレン。イタタッ。
道の真ん中なので左側にずれる。
足を伸ばしたいがうまく出来ず。必死に伸ばしてなんとか立ち上がれる。
立ち上がったところで右ひじが濡れた感じ。
見ると大出血。血がボタボタたれている。
今日は、汗ふきともしもの時のハセツネ手ぬぐいを持つのを忘れてしまっている。
痛くないのでそのまま走る。
アームウォーマーつけてたら破れていたな、良かったなんて訳のわからないこと考えたり・・・

心配していた水もなんとか持つ。
40kmポストでペット飲み干し水なしに。

第二関門到着。
ハイドレに水1.5リットル補給。
係りの人が腕の血を見て「リタイアします?」なんて聞いてくる。
ニコニコと「大丈夫です」
第二関門までで8時間43分。ゴールは15時間に近い14時間台かな。


・月夜見P~御前山 9:46'05(1:02'36) 心拍数139
・御前山~大ダワ  10:25'27(39'22) 心拍数132

ここからはがんばる。
月夜見Pからの下りからしばらくガスもありメガネの視界悪い。
でも、どんどん抜かせる。
ゆるい登りは走る。
市道山分岐までの不調がウソのような感じ。
毎年、このパターン。

大ダワへの下りは滑るし慎重に。でも40分切れた。
2回ほどしりもち。

大ダワでライトの電池交換。
でも、ヘッドライトの電池が一個取れない。仕方ないので2個だけ交換。


・大ダワ~大岳山 11:17'18(51'50) 心拍数132
・大岳山~長尾台平 11:56'40(39'22) 心拍数132
第二関門~第三関門 3:13'11

心拍数も130台だけどいいペースで大岳山を登る。
大岳山からの岩場の下りは転ぶとケガ必至なので注意深く下る。
途中の水場で補給。
長尾台平着。12時間かかっていない。13時間台はいける。


・長尾台平~日の出山 12:20'28(23'20) 心拍数132
・日の出山~ゴール 13:37'55(1:17'26) 心拍数133

ここからは残っている力をすべて出す。
日の出山の夜景はキレイ。
この数年、自分が見た中で一番すばらしい、が見とれる時間はなく先に進む。

まだまだ走れそう。
ところが下りの道の悪いところでまた大転倒。
今度は、右のわき腹、右腰をしこたま打つ。
しばらく声が出でず。うずくまり痛さをこらえる。

歩きだしそして走ってみる。大丈夫そう。
しかし今日の金毘羅尾根は6.5km地点から最後のコンクリの下りまで誰にも会わず。
まるで、レースでなく一人で試走をしているよう。
そしてなんとか13時間37分55秒でゴール。


今日は、市道山分岐までの不調は何なんだろう。
前半を考えると後半の走りは不思議でしょうがない。
なんで後半復活できるのだろう。
月夜見Pからは抜かれることはなかった。
この一年間、自分の出来る限りの練習はして来たと思う。
そういう意味では、前半ダメでもロングに対応できる身体が出来ているのかな。
成果があったということかな。
力を出し切ったので悔いはなし。
でも、またいろいろと考えて対策たてないと・・・

<持物>
リアクター
水、ハイドレ2リットル(MUSASHI入り)+紅茶ペット0.5リットル
食料、SAVAS8個 パワージェル5個 ショッツ1個 ゼリー2個 アミノバイタル1個
    (余り)SAVAS1個 パワージェル1個)
    全部で2,207カロリー
ジャケット、アームウォーマー、ヘッドライト+ハンドライト 替え電池1セット メガネ 財布 携帯 
by nao-yamaniiku | 2010-10-11 14:10 | ハセツネレース | Comments(12)
Commented by カレーライス at 2010-10-11 16:55 x
ハセツネお疲れ様でした。
naoさんのシュミレーションのお陰で、満足のいく結果となりました。
試走ができない身としては、naoさんの情報は大変貴重です。
来年は今のところ白紙ですが、しばらくするとまたハセツ熱がでる
かも知れません。
naoさんのように、年を重ねてもバイタイティーあふれる自分で居られるようになりたいです。
また刺激をいただきに、ちょくちょく訪問させていただきます。
Commented by nozomipapa at 2010-10-11 20:31 x
おつかれさまでした~。
前半不調にも関わらず後半の挽回、素晴らしいです!
 ※三頭山登りあたりで抜かれたようです。
転倒による怪我など、大丈夫でしょうか?
自分は何とか昨年記録を更新してゴールしたものの、骨折(※足の甲)というおまけつきでした。ゴールのほんの手前、金比羅神社からの下りで足をひねったのです。疲労で注意力が散漫になっていました。また、一から出直します。
Commented by nao-yamaniiku at 2010-10-11 20:47
カレーライスさん

SUB12おめでとうございます。
すばらしい走りでしたね。
まだまだ伸びますよ。
お互い離れてご一緒する機会はないですが、こちらもカレーライスさんから刺激を受けてがんばります。
またどこかのレース会場でお会いしましょう。
Commented by nao-yamaniiku at 2010-10-11 20:50
nozomipapaさん

こんばんは。
大丈夫でしょうか。
今回は、お互い試練のハセツネでしたね。
でも、この条件で昨年の記録を更新したのはすごいです。
こちらも一から出直しです。
毎回、反省レースだから止められないんでしょうね。
お疲れさまでした。
Commented by くりすけ at 2010-10-12 23:14 x
お疲れ様でした。
後半の巻き返しはすばらしいですね。前半の不調がうそのようじゃないですか。
60km走った後に金比羅尾根をこれだけの早さでスパートかけられるのですから、いったいどこに力を蓄えてたんですか(笑)?
Commented by nao-yamaniiku at 2010-10-13 07:31
くりすけさん

一年間ありがとうございました。

レース内容は昨年、一昨年と同じでした。
いっそのこと、入山峠辺りまでピストンしてからスタートした方がいいかも・・・なんてマジで考えちゃいますよ。

なんとかここを脱するべくトレーニングを続けるしかないですね。
Commented by keg at 2010-10-13 22:09 x
おつかれさまでした。後半の盛り返しはさすがですね。

僕は多くの課題を残して来年に向けて山籠りが始まります。
また山で会いましょう。
Commented by suu at 2010-10-13 22:24 x
ハセツネ完走おめでとうございます。
後半のタイムはすごいですね!
前半と後半で落差のある状態でもしっかりゴールを目指す姿勢に
襟を正す気持ちです。
ゆっくり体を休めてくださいね。
またロードで山でよろしくお願いします。
Commented by nao-yamaniiku at 2010-10-13 23:15
kegさん

ダメダメなレースでした。でも、すぐに目標を切り替えたのが良かったんでしょう。
来年は一緒にリベンジしましょう。
Commented by nao-yamaniiku at 2010-10-13 23:20
suuさん

マジでsuuさんのレースに対する楽しみ方を自分もしょうと思ったのです。
だからsuuさんに感謝なのです。
骨折が早く治るといいですね。
Commented by sasashin at 2010-10-14 12:49 x
怪我は大丈夫ですか。夜景は本当にきれいでしたね。
ロングに対応!来年は、信越にお誘いしちゃおうかな。
Commented by nao-yamaniiku at 2010-10-14 13:03
sasashinさん

こんにちは。
来年は、ハセツネ二週間遅れるので、信越かに出ようか?なんて考えもあります。

これからも宜しくお願いします。
<< ハセツネグリーンフェスティバル ハセツネの持物 >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
駅伝マン
at 2017-08-17 22:12
雨が続く、ランも続く
at 2017-08-16 22:19
8月15日
at 2017-08-15 22:07
夏休み終了
at 2017-08-14 21:02
浅間峠撃沈編
at 2017-08-12 20:50
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ