nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
温度差
7月14日(木)
c0206177_4394576.jpg

1945年8月6日午前8時15分。この建物上空600mで、自然災害でなく人間が作り出した、たった一個の爆弾で20万人以上の命を奪ってしまった。

例年より1週間ほど早く梅雨明け。あたり前だけど暑い日が続いています。
そんな中、週初めより九州・中国方面へ出張に行って来ました。

出張先でもおのずと最近の挨拶となってしまった節電の話になります。
九州の某大手地元企業の役員の方との話した時、「15%削減なんて無理ですよ。」を盛んに強調。
首都圏の企業の方と話すと「大変だけどやらねば・・・。」と話が一致します。
大分温度差を感じます。
まあ、自分も九州人だったら役員の方と同じ感覚だと思います。

被災地の方とはに比べようがありませんが、震災時、生まれて初めて机の下に身を隠し、33kmの道のりをトボトボランで帰宅。その後の電車の間引き、計画停電によるブラックアウト。
やはり現地で体験するしないでは、意識のズレが出てきますね。

そしてところ変わって一昨日(7/12)の夜は広島の紙屋町の居酒屋。
飲み相手は、仕事の相手としてはいつも冷淡かつ冷酷な女史がいました。この方にはいつも交渉は押され気味な苦手な女史です。

大分時間が立った時、その女史がポツリ話し始めました。
「今年も1ヶ月たたないうちに8月6日が来ますね。広島の小中学生はその日は夏休みだけど学校に行くんですよ。8時15分になると市電、バスとか止まって黙とうをします・・・」
ほーっ、学校に行くんだ。
さらに、
「その日の広島は式典一色になりますが、首都圏のテレビ局の扱いは小さいですよね。とても温度差を感じます・・・」
「あれから65年以上立ち、原爆を経験した人はわずかになってしまいしましたけど、ヒロシマに生まれた私たちは、あの日のことを伝え続け、世界に平和のメッセージを発し続けなければならないんですよ。それがヒロシマに生まれた私たちの使命なんです。」
忙しく動かしていた箸もグラスもおいて、自然と姿勢が正されます。
何も言えませんでした。

翌日の早朝に広島ドームと平和記念公園周辺を昨日の話を思い出しながらゆっくりジョグ。
平穏な日々を送れる毎日に感謝の気持ちでいっぱいになりました、
by nao-yamaniiku | 2011-07-14 05:47 | 最近のこと | Comments(2)
Commented by nozomipapa at 2011-07-15 08:29 x
今回のブログ、いつも以上に名文です。
日々の、しかし人生のそこはかとない想いが滲み出ていますね。
夏の広島でのジョギングは、感慨一塩だったことでしょう。
あの暑い夏の日のことを、日本人はすっかり忘却していますからね。
Commented by nao-yamaniiku at 2011-07-16 16:00
nozomipapaさん

日本はその地方でいろいろありますね。
現地の方のお話は感慨深いものがあります。
仕事でもプライベートでもいろんなとこに行きたいです。
<< MT.FUJI 全走 フォトロゲ高麗2011編 >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
山ランは難しい
at 2017-08-21 21:41
日の出山ラブ
at 2017-08-20 21:30
不調...
at 2017-08-19 20:35
駅伝マン
at 2017-08-17 22:12
雨が続く、ランも続く
at 2017-08-16 22:19
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ