nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
TGG(多摩川源流ぐるり)2012完走
昨日、6月17日(日)はTGG(多摩川源流ぐるり)に参加させて頂きました。
主催者のXCESSの皆様、TeamハリUPの皆様、こんな50過ぎのヘナチョコランナーに素晴らしいコースを走らせて頂き感謝です。
c0206177_1832494.jpg

コースは、丹波村~前飛龍~唐松尾山~笠取山~柳沢峠~大菩薩嶺~丹波村という奥秩父、大菩薩の山々をぐるり一周、65km。
多摩川源流というけど分水嶺を通るため雨が埼玉側に落ちれば荒川に、山梨側だと富士川へとなかなか趣がある稜線なのだ。

このプライベート企画には、強豪、人気者のトレイルランナーが50人ほど参加。
ハセツネタイム順に4時から8時15分にスタート。
当然、遅いスタートの強豪トレイルランナーに途中で抜かされるという、普段のレースではあり得ないのが魅力。
自分は6時15分スタート。
ハセツネ8時間台、9時間台、UTMF、9位、10位、12位他多数のスピードランナーにいつ抜かされるのだろう?
このメンバーに入ったら自分の実力は下位グループだぜ。
少しプレッシャーあり。

前日はめずらしく昼寝をしたため寝つきが悪そうだったので、睡眠薬代わりにハイボールを3杯、さらに濃い目にもう一杯。
なんとか9時過ぎには寝て3時起床。
睡眠はバッチリだぞ。

3時半に出発。
途中で朝食を食べゆっくり会場の丹波山村に向かう。
ちょうど5時半に到着。
結構な雨が降っていたが自分のスタート時間には雨は上がった。
寒くないのでスキンメッシュにTシャツ、アームカバー、下は、スキンメッシュ、ランパン、パワーソックス。
c0206177_19112063.jpg

c0206177_19115555.jpg

6時15分スタート。
Chinさん、ひげさん、HALさんの千葉トリオと一緒の組。
まずは飛龍山までの1400mほどの登り。
c0206177_1913122.jpg

フェンスを開け閉めして動物ワールドへ。
c0206177_19122720.jpg

スタート地点が見える。
このコースは65kmほどのようだけど、タイムや参加者の話を聞くとハセツネタイムにニアなよう。
まあ、当たらずとも遠からずというところか。
制限時間は19時までなので12時間45分で戻らねばならない。
というわけで、撃沈しないよう序盤に突っ込んではいけない。
いいペースで登るひげさんのおしりを見ながら淡々と進む。
心拍数130~140台。ヨシヨシ。

雨上がりの曇り空で暑くも寒くもなくグッドコンデション。
やがてサオラ峠着。1時間15分ぐらい。
だいぶ身体がこなれて来たので、ここから先行してみる。
心拍数も155以上に上がるが調子は悪くない。
ひたすら登る。
岩稜の急な登りが現れる。
この辺で雨が降り出して来る。
でも、気持ちいいぞ。
前飛龍着。2:11’37(心拍数144)
c0206177_19141042.jpg

ここからは走れる巻道が続く。
しかし、コース全体の状況が分からないので無理はしない。
雨は上がり、もう降る事はなかった。
走れる巻道が終わると将監峠への登り。
c0206177_19144331.jpg

ここで30分遅れのkegさんが追いついて来た。
ますます力をつけて頼もしい。
kegさんに唐松尾山まで後について行った。
心拍数上がるよなあ。

ひとりになるとなんとなく道が不明瞭で地図を確認しながら進む。
c0206177_1915943.jpg

なんとか笠取山へ。
頂上には主催者のひとり生さんがいた。
生さんにはいろいろお世話になりました。
久しぶりの笠取山は景色がいい。
このあたりで陽も出て来た。
笠取山小屋CP到着。
ここまで4:59'59(心拍数159)
c0206177_19153378.jpg

ここにはスタッフの方が大勢いた。
少し降りて水を補給。
水は1.7ℓを持っていたが0.7ℓ消費。
晴れてきて暑くなりそうだったので0.7リットルほど補給。
c0206177_1916111.jpg

さて、ここから林道を下ってロープの張ってあるところまたいでを行くのだが...
が、それらしき場所に来たけど「ここでいいの?」と不安。
後方から来る選手を待ってみたり、林道を少し先に行ってみたりとウロウロ。
結局、誰も来ないのでロープをまたいで進んでみる。
フカフカの下り基調のトレイル。
でも、昔は林道だったみたい。
昭和30代40年代の山林の乱開発のあとかな。
昔のトラックが捨てられている。
c0206177_19163275.jpg

c0206177_19165275.jpg

c0206177_1927290.jpg

「トラックの木」、これはこれでなかなかなもの。
c0206177_19172334.jpg

ここから先のササ藪も不明瞭。
一回、戻ったり。
ササをかき分けて進むとバリカン尾根(防火帯)に出る。
倉掛山への登りだけど、実は簡単に考えていた。
しかし、結構な直登。
今日は登りもたくさんあったけどここの登りが一番キツかった。
c0206177_19174769.jpg

登りきったところで、カメラマンハリ天狗師。
残念ながら打撲が完治せず今年もカメラマン役へ。
ここからアップダウンを繰り返しながらもやや下り基調。
この辺から強豪たちにパスされ始める。
c0206177_1918756.jpg

下りきって林道へ。
ここで4~5名選手が溜まって「こっちでいいの?」と協議。
柳沢峠まで林道。
下りかと思ったけどそうでもない。
途中でこちゃりーさんが応援。
ようやく柳沢峠へ。
ハリマネさんのお出迎え。
c0206177_19183456.jpg

Kurisukeさん今日はスタッフでした。
ここまで7:27’22(心拍数150)

12時間まで4時間半ある。
11時間台行けるかな?
まずはトイレ。
自販機でコーラ。
c0206177_1919220.jpg

(このゼッケンも欲しかったのだ。)
c0206177_19201211.jpg

とその時、同じニックネームでひらがなの「なおさん」登場。
といってもなおさんのほうが超有名人。
UTMF10位(一時は日本人トップ!)、ハセツネ8時間台、入賞常連の最強のしろうと。
あたり前だけどこういう企画でなければ、レース中に会えるわけなし。
柳沢峠から100mほどついて行く、がそれまで。
次はキタタンがんばれ!

さて、ここから大菩薩嶺の登り。
2057mまで約600mの登り。
だけどゆるやかなので実力者は走れる。
自分は、まあ50㎞近く走り、そろそろいっぱいな感じ。
途中、大きな段差で左太もも内側がピクピクしだす。
ザックにつけてあった安全ピンでチクチク刺す。
これが効くんだなあ。
いいこと覚えたよ。
このあたりからは、抜かすことはなく抜かされるだけ。
やがて大菩薩嶺到着。
9:23’55。
あと12時間まで2時間半を16km。
c0206177_19204396.jpg

c0206177_19212448.jpg

ここから大菩薩峠までは展望の良いコース。
岩場のゴツゴツした下りをゆっくり走る、っていうかゆっくりでしか走れないのだ。
これ以降、ゴールまではほぼ下り。
どちらかと言えば下りが苦手なのでダレそう。
大菩薩峠の介山荘でまずコーラを飲む。
そして水ペット2本を購入しハイドレに入れる。
ハイドレの量は1.5ℓほどになった。
残りの距離は16kmの下りでいつもならそんなに水の補給もしないけど、さすがに10時間経過しグロッキー気味になっている。
そうなると水は必要。
実際、ゴール後水の量を見たら0.3ℓほどだった。

さて下り。
ここでとうとうkojekn師に捕まる。
ストックを使って、あっという間に激しく下りを攻めて行ってしまった。
何人か強豪に抜かされたけど、みなさんそんなに早そうな走りじゃなかった。
でも、抜かされてもついて行けない。
なんか違うんだよなあ。

しかし、ゴールまでの距離が長いぞ。
完全にダレ切ってしまう。
藤ダワを過ぎてからは足は終了。
ようやく舗装路に出てからもプチ迷い。
でも、ゴールまではすぐだった。
結局11:32’19でゴール。
c0206177_19214783.jpg

直後にヘロヘロで座り込んだけど満足感たっぷり。
途中、ロスト気味になったけど実に楽しいコースだった。
自分みたいなのに来年はあるかどうかわからないけど、コースは把握したので体調次第では11時間にかなり近づける手応えあり。

Kurisukeさんが「のめこいの湯」の受付時間が18時までだと言う。
あまりピンとこなかったけど、時計を見ると17時50分。
仕度してクルマで向かう。
またもダッシュで走って受付まで。
18時5分だけど入れてもらえてさっぱり。

最後はお弁当たべながら表彰、抽選、集合写真で終了。
とても満足な「父の日」でしたとさ。


<水と食料>
・水
1.7リットル+0.7リットル(笠取山荘)+1ℓ(介山荘)、あまり0.3リットル。3.1ℓ消費
コーラペット2本 
・食料
SAVAS5本
ゼリー3個
パン(栗のデニッシュみたいなの)
キットカットバー1本
カロリーメイト2本
余りはSAVAS3本、
*パンは470カロリーぐらいでゼリーぐらいの大きさ。食べ応えありグッド。
*キットカットバーも塩味のでこれもグッドだった。
<服装>
スキンメッシュ+Tシャツ+アームカバー
スキンメッシュ+ランパン+スキンズパワーソックス+ラミースピンソックス
帽子、手ぬぐい
まあ、いつものカッコ。
<持ち物>
ステミュラス
現金、携帯、カギ、トレントフライヤー、ハンドライト(ジェントスSG309 )
地図(大菩薩編とTGG用)、熊鈴、カメラ


日々のトレーニングはこちらで。
naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2012-06-18 21:08 | トレイルレース | Comments(6)
Commented by nozomipapa at 2012-06-18 21:32 x
今回も何と言うか、凄まじいレースですね。おつかれさまでした。
こんなコース11時間くらいで走れるものなんですね。飛龍山とか唐松尾山とか、雲取の並びにある深山霊谷ですよね。そこから柳沢峠、大菩薩を通って1周?、信じられません。
今年のハセツネは、10時間きりそうですね。
Commented by くりすけ at 2012-06-18 23:40 x
お疲れさまでした。
同じぐるりでも先月のとはまた違った楽しみがあったのでは・・・・と思います。
これに懲りずにまた来年も挑戦してください。次はnaoさんの背中を追いかけながら走ろうかなっ。
Commented by nao-yamaniiku at 2012-06-19 08:09
nozomipapaさん

なかなか奥深い山でした。
少し道迷いもありましたが、結構楽しめました。
しかし、参加者のレベルが高過ぎて…
10時間なんて無理無理、とにかくサブ12目指します。
Commented by nao-yamaniiku at 2012-06-19 08:11
くりすけさん

スタッフお疲れ様でした。
そうですねUTMFとはまた違い、こちらの方が魅力的ですかね。
来年走れる機会があれば、くりすけさんと一緒に走りたいですね。
今週の日曜日もよろしく。
Commented by なま at 2012-06-27 17:39 x
お疲れ様でした&ありがとうございましたぁ~~
また来年もお待ちしてまぁす♪
Commented by nao-yamaniiku at 2012-06-27 23:42
なまさん

本当にお世話になりました。
素晴らしいスタッフの皆様、素晴らしいコースに堪能しました。
とてもいい経験をさせていただきました。
感謝、感謝です。
<< TGGのこと ユーロは面白い >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
4月
22日(土)ファントレイル名栗23㎞

29日(土)OTK(青梅ヵら鴨沢)65㎞

5月
20日(土)〜21日(日)
トレニックワールド100mile
最新の記事
FTR名栗備忘録
at 2017-04-23 22:17
FTR名栗レース
at 2017-04-22 17:16
調子悪い
at 2017-04-20 20:48
FTR名栗の準備する?
at 2017-04-19 20:57
白旗
at 2017-04-17 21:08
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ