nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
TTR後半戦(鴨沢~JR高尾駅)
5月8日(水)

みなさんから温かい声援を受けて鴨沢を出発。
しかし、100mも行くとすでにひとりぼっち。
鴨沢亭で30分の休憩をしたので時間は17時30分。
明るいうちに仏舎利を通過出来そうだ。
c0206177_7545825.jpg

鴨沢グランドから入るが、ほんとうにここは登山か?というところ。
本当は手前から入る道があるが、TTRではここが正規ルート。
c0206177_7553266.jpg

実は4月の某平日に休みを取って、赤いテープを貼っておいたのだ。
夜に通る場合もあり、その時は登山道に出るまで良くわからないと思ったから。

鴨沢の標高が540mほど、仏舎利が940mで400mを登る。
これが当たり前だけどキツイ。
普段はめったに人が入り込まないところなので不気味さもあるよ。
c0206177_813233.jpg

仏舎利到着。
もう、開き直っているせいか怖さわない。
しかも、お釈迦様だからね、守ってくれるさ。

金風呂へ向けて下る。
せっかく登ったのに同じぐらい降る。
このコースはこんなのばかりだ。
c0206177_831619.jpg

へっ、埋もれたトラックも平気だい!と強がり。
しだいにあたりは暗くなり始める。

金風呂へ到着する頃、日が暮れた。
もう、ここでおしまいでいいじゃない?
せいごさんに電話で「まあ、調子いいです」なんて強がり。
スマホの充電も怪しいのでフィニッシュまで電源オフ。
自販機でコーラをがぶ飲み、そして夜間走行の開始。

玉川キャンプ場から三頭山に登る。
最初はず~と林道。
c0206177_872378.jpg

今回の夜間必須アイテムだけど。
携帯ラジオは「ウ~オ、ウ~オ」して逆に怖くオフ。
アートで2205円で買った鈴はグッド。
いい音色だった。
ホイッスルは、さすが105円だけのことはある。
吹くたびに音色が違い、予想外の音が出るので、自分の方がビックリした。
一息入れた時や休憩のあとの出発で吹いて、気合を入れるという役目に変わった。

ヘッドライトとハンドライトで進む。
でも、やはりハンドライトはワンコの散歩用に電池を酷使しているので、20分ほどで暗くなり交換。
もう一個、ハンドライト買おうかなあ。

c0206177_8112519.jpg

「オヤジの看板」を通ると九十九折れの登りになる。
玉川キャンプ場の標高580mから三頭山西峯1527mまで約950mの登り。
早くも後半戦の山場だ。
でも、なぜか足がよく出る。
雲取山からの下りを押さえたからかな?
鴨沢亭で腹持ちのする食べ物も良かったかも。
c0206177_822837.jpg

しばらくすると、やはりあまり人が通らない登山道。
樹木が倒れて登山道を覆っていた。
約20m。
山側から行くのも無理みたい。
一瞬、「ここで終わり?」と妥協も。
結局、ほふく前進。まったく…
途中でザックが枝に引っかかり前に進めず、いったんバック。
こんな動きにいっぱいの足はガマン出来ず、左すねがケイレン。
こりゃ大変、うつむき状態なのでどうすることも出来ない。
客観的に見ると、木が倒れて下敷きになったオジサンが動めいている図式。
なんとか木の枝で足を延ばしケイレンを収める。
そして、ようやく脱出。
真っ暗の中何やってるんだ。

さあ、気を取り直して先に進もう。ホイッスル一発。
「もういい加減にしろ」「まだかよ」と怒りながら登っていく。
ようやっと、ヌカザス尾根の分岐にたどり着く。
稜線に着いたら少し寒気がしたが大丈夫。
ちょうどぴったし21時に三頭山西峯に到着。
c0206177_8293851.jpg

ようやく鴨沢~三頭山のダーク区間終了。
でも夜明けまではまだいっぱい時間がある。

12:31鴨沢発
13:25仏舎利
14:04金風呂
16:00三頭山
走行距離は68.58Km。

鴨沢から三頭山まで3時間30分で到着。
「なかなかやるじゃない」と気を良くする。
ここから醍醐丸までの約20Kmはハセツネコースの逆走。
でも、逆の景色は全然違う。
しかも夜間だしね。

足が痛いが降る。
三頭山避難小屋は静か。当たり前か。
大沢山まで少し登りあとは槇寄山まで降りる。
足を痛めないよう、転ばないよう気を付ける。

槇寄山まで51分ほどかかるが、まあいいだろう。
ここからは緩やかな登山道が続き走れる、走れる。
「今日は行けるかも」なんて思ったり。
でも、お腹が空く。
ジェルやスニッカーズミニではなかなかお腹にたまらない。
ザックのパンを浅間峠で早く食べたい。

いくつかの峠は広くなっていて、檜原村方面や山梨側に降りる道もあり、夜間のためわかりづらいので気をつけてはいた。
が、しかし、やってしまった。
何十回通ったかわからない良く知っている日原峠で棡原方面へ降りてしまった。
ちょうど、ボヤッとして「今度は何を目標にするかなあ」なんて考えていた。
だいぶ行ってから、おかしいことに気づく。
浅間峠までこんなフカフカなトレイルじゃないし、こんなに降るわけないじゃん。

「あ~あ」で登り返す。
来た道を登るとガッカリ。
見覚えのない登山道だった。
c0206177_8474531.jpg

日原峠から左の赤いほうに行くところを、右の青い方に行ってしまったのだった。
浅間峠までずいぶん時間がかかって到着。
昨日ロスト時間を調べたら45分ほどだった。

浅間峠には4~5人用の大きなテントが2つ。
時刻は24時をまわっているので熟睡中か。
「ガォ~」といびきや「ブーッ」とおならや、やたら賑やかなテントだった。
久しぶりに人の気配があるので、ここでザックの整理をし、いびきを聞きながらパンを食べる。

しかし、いったん崩れかけたリズムは取り戻せず。
いつもなら何でもないはずの三国峠への登り返しで、「ゼーゼー」と激しい呼吸。
こりゃキツイ。
そして、胸焼けが来て嫌な気配がする。
グロッキー気味で三国峠到着。

JR高尾まで遠いいや。
胃がヤバそうなのでゆるりと行く。
でも、醍醐丸からあと2Kmぐらいのところで、とっぜん吐き気。
「ウェ~」でなく「うぉおおお~~っ」と4発、5発の大音響。
我ながらびっくり、きっと動物もびっくりしたろ。
もう、ダメ。
テロテロ行くだけ。
途中、和田峠への巻道あり、誘惑に負けそぉ~
醍醐丸までのちょっとの登りも苦しい。
c0206177_9121839.jpg

醍醐丸から和田峠までも長かった。
途中、なん度か雄叫びを出してやったよ。


16:51槇寄山
19:24浅間峠
20:32三国峠
22:02和田峠
走行距離は90.52km。

和田峠のベンチでひっくり返る。
もう、いやだ、いやだ。
イヤイヤ少年はもう泣きたい気分。
そりゃ、八ヶ岳でも吐き気がしたがこれほどではなかったぞ。
だけど、行くしかない。
無理矢理クリームパンを良~く噛んで飲み込む。
時間をかけて完食。

しかし、陣馬山までの階段状の登りの途中、またむせる。
せっかく食べたのを栄養にしたいので吐かないぞ。
ゆっくりゆっくり登る。
陣馬山の白いお馬さんも夜中に見ると不気味だ…
c0206177_924326.jpg

こんな表情ばかり。

陣馬山から大垂水峠までは、通常なら楽勝区間。
でも、もう走れない。
明王峠に着くころには睡魔も襲って来た。
時刻は3時半ぐらい。
フラフラと進むしかない。
「寝っころがったらダメ」と言い聞かせ、木に寄りかかって立ち寝でガマン。

スタート前は「どこで日の出を迎えるのか」と思っていたけど景信山の手前だった。
c0206177_946369.jpg

c0206177_9462284.jpg

夜が終わったといえ、まだゴールは遠い。
だけど、明るいといい、周りが見えるし、気分もほんのちょっと良くなる。

行動食は、固形物(おにぎりやパン)がいいのか。
長時間だとジェル中心ではダメだ。
景信山まで2時間以上かかる。

そして、大垂水峠へ向かう。
小仏峠までの下りも足がいっぱい、気持ち悪さ、眠さでフラフラ。
城山までのちょっとの登り、大垂水峠までの下りも辛い。
c0206177_9582686.jpg

大垂水峠まで下れば、また登りが始まる。
まだまだ登下降は続く。
しばらく行くと鴨沢以来の人間とすれ違う。
朝7時過ぎてどうやら登山者が動き出したよう。
なんか、とても暖かな朝だった。
c0206177_1021188.jpg

c0206177_1023646.jpg

こんな感じで、木にもたれかかるばかり。

草戸山に向かう下りと登り。
5m前に登山者がいるけど追いつけない。
こんなことはあまりないなあ。
c0206177_1051722.jpg

ようやく草戸山。

草戸山からJR高尾駅までも登り下りが続く。
果てしない地獄だよ。
この辺から高尾駅方面から来る登山者、トレイルランナーが多くなってくる。
普段ならこのコースはいいね。
今日は嫌だけど。
すれ違う人は登山者もランナーもみんな元気。
走るカッコなのにヨレヨレのオイラはどう思われたろう?
c0206177_10391285.jpg

完全にTTRコースにやられてJR高尾駅に9時過ぎにフィニッシュ。
なんとも長い闘いだった。
思うところはあるけど、それはまた。
とにかく積年の思いを叶えられたのは良かった。

24:05景信山
25:18大垂水峠
28:10JR高尾駅
全走行距離は112.2kmとガーミンは辛口。
しかし、累積標高差は7841mもあった。

不思議なのは、終わると突然元気になること。
眠気も覚め、食欲も出てくる。
高尾駅で缶ビール飲んで拝島駅で、行動中食べたかったかつ丼&ビール。
なんだよって感じ。
だけど、立ってられず電車の中では座り込む。
超汚いのでイスに座るのは憚られた。
回りの乗客に大いに迷惑かけたろう。
すみません。


日々のトレーニングはこちらで。
naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2013-05-08 22:12 | TTR(OTK) | Comments(4)
Commented by 道の子より at 2013-05-09 08:57 x
完走おめでとうございます。naoさんにはどうも憧れよのなものを感じていると思います。自分にはTTRなんて遠く及びませんが、こんな世界観はいいなと思います。いつか出てみたい気がしますが、ミスコースで遭難するのが関の山だと思います(笑)。
Commented by nao-yamaniiku at 2013-05-09 17:55
道の子さん

いやいや大したことない人間ですよ。
道の子さんの方が、実力あると思いますし、まだまだ伸びますよね。
ジョグノで見る限り、ようやく環境も故障個所も良くなったみたいですね。
野辺山、がんばって下さい。
来年はOTKどうですか?
Commented by nozomipapa at 2013-05-26 23:18 x
すみません。またまた、コメントがすっかり遅くなってしまいました。
ついに完走されたのですね。おめでとうございます、というか、本当におつかれさまでした。エイドなしでの完走、ただただ尊敬の念しかありません。当分naoさんの背中は見られそうにないですね。
Commented by nao-yamaniiku at 2013-05-27 19:28
nozomipapaさん

念願の...といったところですが、意外に感動なく終わってしまいました。
ちょっと、時間がかかってしまったので、すでに次のチャンスを狙っています。
<< TTRその後 TTR(2013年)前半戦(青... >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
クリスマスが近づいたけど...
at 2017-12-12 23:34
みたけ山トレイルラン応援
at 2017-12-11 21:16
誕生日
at 2017-12-08 21:40
忘年会シーズンin
at 2017-12-05 23:15
走る目的と目標
at 2017-12-04 22:02
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ