nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
富士山頂往復マラニック(前半)
8月5日(月)


会場の田子の浦周辺は製紙会社の工場が(日本一?)多い。
製紙会社は、水をジャンジャン使うので、豊富な富士山の湧き水に恩恵しているらしい。

8/3(土)、4(日)と予定通り富士山頂マラニックに参加してきた。
田子の浦の海抜0メートルから日本一高い3776mまで行って、帰ってくるという112㎞の変な企画イベント。

12時過ぎの電車に乗り、乗り継ぐこと5回、ようやく吉原駅まで着く。
会場の田子の浦までは、さらに3.6㎞の道のりを歩かなければならない。

マイナーな大会だけど知り合いも多く参加。
c0206177_4115622.jpg

c0206177_4135352.jpg

c0206177_4153564.jpg

c0206177_4164671.jpg

今回、お誘いありがとうございました。
c0206177_4181011.jpg

スタートは、18時。

曇り模様で涼しいかと思ったら、走り始めるとすぐに滝汗。
ベトベトした湿気が身体にまとわりつく。
自分としては、早いんじゃないか?というペースで進む。
富士宮の浅間大社までの15㎞は、ところどころ信号に捕まるが、ひと休み出来るので自分的にはグッド。
c0206177_4223992.jpg

浅間大社は、祭りで大賑わい。
スタートから15㎞、1時間33分。

18㎞の最終コンビニまでの間に、パン2個、おにぎり2個、水購入。
そして、トイレ。
この2日間、お腹の調子がイマイチ、胃薬も飲む。

食料は、、その後、富士山の山小屋で調達する以外なし。
76㎞走って来て、再びここで調達するしかない。
コンビニで買った食料以外、パンとおにぎり、ビスコ3個、スニッカーズミニ2個、ブラックサンダー1個、SAVAS2個。

浅間大社からいよいよ登りになる。
最初のうちは走るけど28.4㎞の標高1000mあたりになると時々歩きが入る。
右の足底が痛むのが気になる。
まっ、こういうのは知らないフリをするに限る。
富士スカイラインを淡々と進む。

スタート~標高1000m28.4㎞地点、3時間49分。

ここからさらに上る。(当たり前だけど…)
だんだん、足のフクラハギ、モモといった足の裏側がキツクなる。
同じ動きだからなあ。

標高1500m付近の料金所跡。
スタートから36.5㎞地点、5時間7分。

さらにここから勾配が増してくる。
富士山新五合目までの約13㎞を2400mまで上る。
しかし、もうこの辺は、みんな歩き。
この先の富士山頂までや、田子の浦までのことを考えると自重。
というか、勾配がキツクて走れないけれどね。
先ほどまで雨が降っていたのか、路面が濡れている。
少し涼しく助かる。
ここは、ある程度、集団なので話ながら行く。
UTMBだのトルデジアンだの相変わらずヘンタイ話が多い。

時刻は、午前0時を回って初老のオジサンにとって眠くなる時間帯。
この時間が一番眠く感じた。
景色が変わらないからね。
たまに5合目まで乗客を乗せたタクシーが通り過ぎるのに目が覚める。

スタート~富士山新五合目49.2㎞地点、7時間35分。
だいたい予定通りかな。
そして、いよいよ富士山頂まで向かう。
しかし、徹夜でしかも一番辛い明け方の時間に富士山を上らなければならないのだ。

6合目でEXライトウインジャケットと手袋を取り出し、おにぎりを頬張る。
とここでハリ天狗師登場。
第一印象、顔色が悪そう…
6合目では、自販機が動いていないので7合目の山小屋に期待して行く。
なんか、富士山の上りになって調子が出てきた感じ。
どんどん行ける。
7合目でハリ天狗師とコーラを飲む。
自分はペットのお茶も買う。
2リットルのハイドレは、ここまでで空っぽ。
850円もしたよ。

7合目の先で、アカさんがいてビックリ。
気持ちわりい、とのこと。
アカさんも「人」だということがわかって安心、なんて。

8合目を過ぎるといよいよご来光目的の登山者が多くなる。
ところどころ前が詰まってしまうが仕方ない。
9合目ぐらいまでは、道が広く横をすり抜けられるがだんだん道が狭くなる。
すり抜けて行ったら先行していたtsuneさんに追いついた。
tsuneさんは、オイラと違って紳士だなあ。
少し広いところでスルスルと先行した。
しかし、その先は道が狭く数珠つなぎで渋滞。
ジッと待ち状態。
止まると急激に寒くなる。
そりゃそうだ、日本一高い山での夜明け前だもんね。

9.5合目の山小屋の前でトレントの上、パーサライトの下を着こむ。
ここから頂上までは僅かだけど、時間的ロスが多かった。
登山者の後ろで待つしかない。
このレースは、事前に富士山頂手前の渋滞が取り沙汰されていたけど、確かに…
tsuneさんみたいに、最初から並んで待たなきゃダメだね。
この大会はレースでなくマラニックなんだ。

だいぶ時間がかかって山頂へ。
剣ヶ峰へ向かう。
すれ違いでW氏。
マカニさんに会う。
マカニさんは、だいぶ速くゴールしたようですね。

c0206177_554587.jpg

剣ヶ峰のご来光。
時刻は4時58分。
いやいやラッキー。
まさか日本一高いところでご来光が見れるとは思わなかったぜ。

スタート~富士山頂(剣ヶ峰)56㎞地点、10時間58分。
五合目から3時間23分だった。
自分としては、快調な富士山の登りだった。
渋滞がなければ3時間切れただろう。
田子の浦から持ってきた砂をまく。(一応、これが儀式みたいなので)

とここまでで、仕事に行くのでいったん終了。
なぜか、今朝も早すぎる起床だったのだ。

後半はこちら



日々のトレーニングはこちらで。
naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2013-08-05 04:30 | トレイルレース | Comments(7)
Commented by tsune at 2013-08-05 06:43 x
お疲れ様でした!早速のブログアップ、頭が下がります。naoさんのレポ読んでいて頷く事ばかり。これは走ったものにしか分からないですよね(笑) 昨日は夜8時過ぎには深い眠りについてました。私も早く備忘録かかなくてはσ^_^; 写真そのままのサイズで送りましたが、届きましたか?
Commented by アカ at 2013-08-05 08:40 x
お疲れ様でした。
長い長い登りと、長い長~い下りでしたね。
この調子で八ヶ岳もガツンといってください!
Commented by makani_tomo at 2013-08-05 17:43
達成感のある大会でしたね。復路の市街地、辛かったですよね!
Commented by nao-yamaniiku at 2013-08-05 19:39
tsuneさん

さすがの快走でした。
疲れましたが充実感、達成感がありましたね。
tsuneさんのブログが楽しみです。
プレッシャーかけときます。(笑)
Commented by nao-yamaniiku at 2013-08-05 19:41
アカさん

さすがの復活です。
やはりサイボーグですね。
3776mの登り下りはやはり長~いでしたね。
また、よろしく!です。
Commented by nao-yamaniiku at 2013-08-05 19:43
マカニートモさん

速かったですねぇ。
影どころか姿さえ見えませんでした。
しかし、なかなか面白い企画ですね。
そう、最後の市街地は情けないほど、ヘロヘロでした。
まっ、でも楽しめましたよ。
Commented by nao-yamaniiku at 2013-08-09 12:22
鍵コメさん

了解いたしました。
いつ追いつかれるかと思ってましたよ。(笑)
また、宜しくお願いします。
<< 富士山頂往復マラニック(後半) 明日は富士山頂マラニック >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
7月
9日(日)
トレニックワールドin外秩父約50㎞

10月
8日(日)、9日(月)
日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
夏にやること
at 2017-06-29 21:24
今熊山12本ピストン
at 2017-06-25 15:28
今の健康状態
at 2017-06-23 22:02
富士山ね、うーむ
at 2017-06-22 21:17
とにかく疲労抜き
at 2017-06-20 22:09
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ