nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
富士山頂往復マラニック(後半)
8月5日(月)

剣ヶ峰頂上は、長居は無用。
さっさと下山開始。
御鉢巡りとも思ったけど、お鉢巡り方面に団体が大勢待機。
他の選手もみんなパスするみたいなので、そのまま下山方向へ。
だけど後から思うと行けば良かったかな。

しかし、56㎞を登りばかりだったので、いきなりの下りは足がおぼつかない。
馬の背で再びtsuneさん、ハリ天狗師とすれ違う。
少し行くとスタッフの方がいて、甘いお菓子を一個頂く。

御殿場口から下山開始。
最初は慎重に進む。
この日、富士登山駅伝大会が行われるので自衛隊の人が大勢コース上にいた。
徐々に走り易くなってくる。
c0206177_11105636.jpg

するとtsuneさんが快調に下ってくる。
どうやらギアが入ったようでさすがですね。

途中の山小屋の前でトレント上、パーサ下、EXフライトジャケット、手袋を脱ぐ。
途中から砂走りっぽいところを通る。
だんだん快調に下れるようになる。
7/31(水)はガスっていた宝永山は全容を見せてくれた。
しばし景色を堪能。
c0206177_1112932.jpg

c0206177_11124917.jpg

c0206177_11133015.jpg

スタート~富士山新五合目62.8㎞、12時間40分。
途中、6合目の山小屋でコーラ、水、お茶を購入。
水とお茶をハイドレに入れる。
7/31(水)は、五合目からの往復に9時間ほどかかったけど、今日は5時間5分。
五合目でシューズとソックスを脱ぎ、砂走りで入った砂を出す。
さあ、これから50㎞のアスファルトの下りだ。

恐る恐る下るけど大丈夫みたい。
でも、止まって休みたい。
料金所跡までの約13㎞の長い下り。
なんとか走れている。
行きはほとんど歩きだったけど。
まだ、この時間は涼しく助かる。
だけど、めげるよ。
長い下りだ。

スタート~料金所跡75.5㎞、14時間16分。
ようやく料金所跡に到着。
パンとゼリーを食べる。

ここからさらに浅間大社まで21.5㎞の下りを行く。
ここも行きは気がつかなかったけど、結構な急坂だった。
しかし、おかしい。
へなちょこな下り方なので、そろそろ抜かされてもいいはずだが、誰も来ない。
下って行くうちに、しだいに暑くなって来る。
だんだん足もいっぱいになって来るが辛抱して走る。

すると見覚えのある場所に。
なんと昨年のUTMFの鉄塔地獄の途中にあった給水所の脇を通った。
なんだ、ここかよ。
kojiken師が大好きな?コースなのに余裕なく写真撮らず...
今日は、鉄塔地獄でなくロードの下り地獄だよ。
c0206177_19501960.jpg

途中の自販機で座り込んでコーラを飲む。
お店の人に声をかけられる。
さて、終盤戦の突入。

94㎞地点のコンビニ付近で、富士山頂下でご一緒した府中の方に追いついた。
自分は、コンビニでゼリーとレッドブルを飲む。
スタート~浅間大社97㎞、16時間56分。
おおっ、18時間台が出せそう。
とここまでは思った。

しかし、やはりそうは上手くは進まず。
富士宮駅付近から足が止まってしまう。
暑さとハンガーノック気味か。
こうなると気力がだんだん失せてしまう。
そして残りの13㎞ほどが苦行になる。
コンビニで座り込んでガリガリ君。

ヘロヘロ進んでいると何人かの人に抜かされ始める。
なんで、田子の浦まで戻らなきゃ行けないんだよ。
富士山頂で「おめでとう」でいいじゃん。
とつらつら独り言でグチを言い出す。

富士山頂では、あんなに寒かったのにえらい暑さ。
気温差30℃以上だもんなあ。
徹夜したのに不思議と眠気はない。

とうに18時間台は諦めゴールを目指す。
途中で、吐き気がする。
でも、何も出ない。
こりゃ、腹が減っているに違いない。
クルマも多く、こんなヘロ姿じゃ恥ずかしいよ。

ようやく田子の浦のゴールに戻ってきた。
スタッフの方が暖かく迎えてくれる。
スタート~田子の浦112㎞、19時間18分。
時刻は13時18分。
マイガーミン君の距離は112.5km。
こんなにガーミン君とドンピシャな大会は初めてだよ。
そして、標高差は3958mだってさ。

ゴール後は、完全にグロッキー。
でも、21時間ぐらいかかると思っていたので、自分的にはグッド。
予定より早くフィニッシュ出来たので、19時からの用事も参加出来そう。
ということで、そそくさと仕度していたら、アカさんフィニッシュ。
さすがにヘロッてもただじゃ終わらない。

荷物を背負って駅に向かう。
ハリ天狗師もここでゴール。
吉原駅に向かうがここから家までがたいへんだった。
吉原駅の3.6㎞の長いこと。
途中で座り込む。
そりゃそうだ、さっきまでヘロヘロでゴールに向かっていたのに、さらに大荷物で歩いているんだもんね。
新富士から新幹線で帰れば良かったよ。
途中、乗換えの度に、何度もホームのベンチで休み、自宅に着いたのは19時過ぎ。
もう、用事なんてどうでもいい。
20時過ぎにはさっさと寝たよ。

しかし、主催者のH田さま、スタッフのみなさまは、よくぞこのような企画を11年も続けているもんだ。
参加させて頂いて感謝です。

初めての参加で今思うのは、タイムを気にし過ぎたかな。

お鉢巡りをパスしちゃったし。
結果的には、制限時間は余裕があったしね。
頂上はとても寒かったけど、この大会の趣旨を考えると行くべきだった。

3776mを一気に登るなんて日本ではこの企画だけ。
スタートから暑くて、それから寒くて震えて、最後は灼熱。
56kmをひたすら登って、同じ距離を下る。
富士山好きとしては、一度は海から登ってみたかったのでいい経験だった。

今日は、変な会議でさらに疲れ。
周りから黒くなったとまた言われ。
早く帰ったよ。

これにてオイラの夏休みは終了。
まっ、いい夏休みだったかな。



日々のトレーニングはこちらで。
naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2013-08-05 21:03 | トレイルレース | Comments(6)
Commented by 新撰組 at 2013-08-05 21:31 x
お疲れさんでした。緑オニです。
なおさん探したけど分かりませんでした~
写真の右の方にチラッと写ってました♪

僕は22時間30分かかりました…
高山病で山頂まで14時間30分かかりました。
下りで復活で来て走れたよかったです。
Commented by nao-yamaniiku at 2013-08-06 09:00
新撰組さん

高山病が出るとキツいですね。
でも後半8時間でカバー出来るのは、スピードはお持ちですね。
まして、あの恰好じゃ凄いです。
お互い完走出来て良かったです。
また、宜しくお願いします。
Commented by kojiken at 2013-08-06 10:53 x
おや、鉄塔コースの事悪く言う人は、また抽選はずれちゃいますよ〜w。
0m→3776m→0m、本当に魅力的ですね。
来年迄にロード練習するかな…いや、無理(断言
Commented by nao-yamaniiku at 2013-08-06 12:29
kojikenさん

まあ、10mのアスファルトもダメなkojikenさんには難しいかも(笑)
今の自分は、UTMFより来年のTGG完走ですよ。
Commented by TW at 2013-08-07 22:51 x
お疲れ様でした。
Mな富士山楽しんでいただけたならよかったです。でも満足感も半端ないでしょ。
またどこかでよろしくお願いします。
Commented by nao-yamaniiku at 2013-08-08 08:46
TWさん

お誘いありがとうございました。
一年間、待ったかいがありました。
笑っちゃうぐらい大変でしたが、満足感大、大!です。
また、宜しくお願いします。
<< EXライトウインドジャケットについて 富士山頂往復マラニック(前半) >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
夏休み終了でUTMFの抽選のこと
at 2017-10-23 21:12
ランナーの旅行
at 2017-10-21 23:37
夏休み中
at 2017-10-19 23:13
静養中にUTMFの手を上げた
at 2017-10-17 23:26
奥武蔵の山へ
at 2017-10-15 17:55
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ