nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
八ヶ岳スーパートレイル100マイルレース2013(第1関門まで)
9月10日(月)

9月6日(金)自宅を10時半過ぎに茅野に向けて出発。
途中、中央高速の事故渋滞もあり、(去年も事故渋滞があったっけ)受付場所の茅野市市民体育館に着いたのは15時前だった。
平日なので仕事の電話が多い…がっかりだよ。
自分以外は関係ないからね。
渋滞している時、電話してたら追突事故の現場で、警察官の一人が自分に気づき、大きな身振りで×のサイン。
危ねぇ…キップ切られるところだったぜ。

c0206177_874118.jpg

曇り空だったけどこの日は八ヶ岳を目に出来た。

競技説明を途中から聞き、アクアランド茅野で地元のおじいさん達のに交じって(オイラもか…)ひと風呂浴びて、明るいうちにレースの準備をする。
c0206177_891674.jpg

ザックの背面はいろいろ取り付けるのがたいへんなのだ。

ゴール地点の茅野湖プール平に着いたのは19時半。
マイ枕を持参したが、やはり寝付けず…
う~ん、ビールでも飲んで、とにかく寝るべきだった。
ようやく0時近くになりウツラウツラしたけど、2時前には目が覚めてしまう。

3時10分にスタート地点の白樺湖行きのシャトルバスに乗る。
用意していた弁当を食べてスタートを待つ。
まだ、あたりは暗い。

<レースウェア>
上から…
・アシックスのきゃつぷ
・フラッドラッシュパワースキン
・TREKNAOユニフォーム
・アームカバー
・ユニクロアンダーパンツ
・ズートパンツ
・X-ソックス
・スキンズソックス
・アディゼロXT3

<水・行動食>
・ハイドレーション水1リットル
・ボトル500ml水+SAVAS×2本
・ワンセコンド(グリコ)2本
・SAVAS5本
・アミノバイタル1本
・パン2個

<デポジットでの食料>
・パワージェル2本
・SAVAS2本
・ワンセコンド2本
・アミノバイタル1本
・ベスパプロ1本
・普通のジェル
・眠気覚ましドリンク
・オレンジジュース500m

なんとなく気持ちが入らないままスタート時間が迫る。
shirubeさんと昨年に続きお会いする。
来週も雁坂があるのにバケモノですな。
八ヶ岳に出る人たちはそんな方々ばかりみたい。
c0206177_822893.jpg


まだ暗いうちの朝5時スタート。
天気は曇り、夕方から雨とのこと、どこで降られるのかな。
今回は、スタート後すぐに八子ケ峰(1833m)の登りがある。
まだ、ゆるい登りはみんな走る。
本当はここでは走りたくないけど、ついつい周りのつられてしまう。
心拍数を見ると160だって。
実によろしくない。

c0206177_8232645.jpg

トレイルを上り始めるとtsuneさんとぐらさんが追いついてくる。
ここは、ついて行かず、というかついて行けず…
登りきって、少し平坦地を走り、下りへ。
下りは完全にハセツネペース。
シングルトレイルなので、ゆっくり走れず。
これは、やばい。
もっと、後ろからスタートすれば良かったか。
下りなのに心拍数は160近くある。
c0206177_826518.jpg

やがてロードに出て、ペースを安定させようとするが心拍数は高いまま。
去年とまったく同じパターン…
もう、すでに魔のパターにはまっていたのだ。
第3エイド(29㎞)の自然文化園までは、ゆるい登り下りの連続。
ここは、抜かされるばかり。
まったく、みんな速いよ。
やがてDGGさん(略してすみません)が追いついてきた。
やべぇじゃん、速すぎるのか…オレ。
c0206177_8261813.jpg

c0206177_827467.jpg

第4エイド八ヶ岳歴史館(43㎞)までは、ところどころ信玄が信濃攻略のために駆け抜けた信玄棒道を行く。
もう、すでにこの辺でキツクなって来る。
信玄隊に入隊していたら置いてきぼりだよ。
c0206177_8285068.jpg

今回、エイド用に用意したのは、100円ショップ、C店で購入した500mlのボトル、105円。
ハイドレに水を補給できる場所は4ヶ所なので、500mlは補給できる。
でも、終盤の大河原峠からの下りで落としてひびが入ってしまった。
いいけど、耐久性に問題ありか、というかあそこで落とすなよな、だよ。
でも、レース全般で重宝しました。

c0206177_8292461.jpg

c0206177_8294710.jpg

第4エイドで、座り込んで休憩。
パンを食べていると、HALさんに声をかけられる。
ハチに頭を刺されたとのこと、痛そう…

さて、ここからは問題の個所。
昨年は、ここから天女山までで大撃沈、「リタイアだ」なんて思ったところ。
観音平までの登りは、今回はトレイルを行く。
登り初めて胸がむせてくる。
いきなりリバース。
せっかくエイドで摂ったものをぜ~んぶ出しちゃったよ。
もうダメダメ状態になりつつある。
こんな時のために、トレイルランナー必携の「ガスター10」を投入。

すぐにHALさんが快調なペースで追いついてくる。
「そうそうお孫さんおめでとうございます」と言われ、何か言葉を返したが忘れてしまった。
余裕ナシ。
やっとの思いで、アスファルトに出る。
グレゴリーの施設エイドでコーラを頂くき、また登りのトレイルへ。
ここからは急坂。
すぐに2回目のリバース。
あ~あ、ガスター10も意味なし。
しばらくは我慢だな。
だけど、すでにこの時点で完走の気力はなくなった。

観音平に到着。
ここから本来ならリベンジするところだけど、昨年と全く同じ状況。
そのためにエントリーしたのに…
見事な返り討ち。
28時間アンダーどころか、この調子だと完走さえ危うい。

平地、下りさえ走れない。
選手間はバラけているのが救いかな。
あまり後ろを気にしなくて済む。
抜かされるばかりだからね。

昨日の競技説明会でデポジットがゴール地点に戻るのが午前3時ぐらいとか言っていた。
第1関門でリタイアすれば、ゴール地点に搬送されるのが18時過ぎかなあ。
明日の日曜日は自宅でゆっくり出来そうだ。
よし、やめた。
もう、レースにも出ないよ、出てもどうせだめだし、レースも引退。
ブログだって、余計なこと書いているから変な使命感があるんじゃん、もうやめよ。
昨年は、天女山でkurisukeさんとsasashinさんに背中を押されたけど、今年はいないし。
なんてブツブツ言いながら歩いていた。
c0206177_8451073.jpg

去年、撃沈して座り込んだ同じ場所でまた今年も同じ。

だけど、ハリ天狗師やkojiken氏などは、撃沈しても最後までゴールまでたどり着くよなあ。
今年のUTMBの奥宮選手も40時間以上かけてゴールしたし…
まっ、いいの、オレはオレ、弱くていいんだ。

とにかく第一関門まで行ってレースを終えたいが、そのためには進まなければならない。
時々、両手に膝をついて下を向いてあえぐ。
昨年の第1関門まで54㎞だったけど、今年は63㎞と距離延びている。
気がつけば、胃の調子は良くなっている。
もう一粒、ガスター10を飲んでおく。

ガーミンで計った54㎞地点は8時間20分で到着。
昨年の第1関門の54㎞は8時間43分。
昨年よりタイムはいいみたいだけど…

ショボショボ歩いて行くうちに第5エイドの天女山近づいて来る。
少しずつ他の選手も疲れからか、ペースが落ちて来ている。
まあ、さんざん抜かされたので、同じような実力の人たちに交わったのかな。
リバースした食事を補給するため、SAVASとワンセコンドを飲む。
天女山に着くころには、すっかり周りのペースに合わせられるようになる。

第4エイド八ヶ岳歴史館(43㎞)から第5エイド天女山エイド(56㎞)まで4時間1分もかかってしまう。
座り込んでパンを食べる。
すると雨が降ってくる。
時刻は14時半ほど。
すでにあたりは薄暗い。
休んでいた選手は、レインウェアを着込んでいる。
リタイアするくせに、ずうずうしくコーラを頂いて、水を補給。

なぜか少し元気になったような気がする。
雨も降っていたので、長く留まらず先へ行く。
雨宿りするような場所もないし。
下りを軽くジョグ。
お~っ、走れるじゃん。

「もうおしまい」なんて思っていたけど、そんなに簡単にやめていいのか?
顔に雨粒が当たる。
選手はバラけているけど、みんなレインウェアを着ている。
自分は雨に当たって、気持ちいいのでそのまま。
今日、止めたら本当に負け犬になるぞ。
まだ、走れるし歩ける。
限界なんてそんなに簡単になるわけない。
行けるところまで行って、そこで倒れてやる。
まだここで負けるわけにはいかねぇ。

どうやら今回は、雨が自分を奮い立たせてくれたよう。
いつものようにヘンなの?
第一関門までは、本当は八ヶ岳の草原の間を行くが、どうやらハチの大群でコース変更があったよう。
ひたすら雨のロードを行く。
c0206177_1135494.jpg

前後にあまり選手がいなくなった。

ロードの登りで歩きながら、この後のゴールまでのイメージを考える。
ここからまだ100㎞以上もある。
疲れている、これは当たり前。
睡眠不足で眠い、これも仕方ない。
第3関門からの八ヶ岳林道を走れたらしめたものだが…

美しの森山へのロードの登りで、いよいよ雨が強くなる。
第1関門から折り返してくる選手と挨拶しながら進む。
10時間56分もかけてようやく63㎞地点の第1関門へ到着した。

まずは、トレントを着る。
とここで物凄い豪雨になった。
関門なのにテントが3張ほどあるだけで、ここでリタイアして収容車を待つのも辛いだろう。
ましてこの大雨だし。
c0206177_1151625.jpg

先に行くしかないな。

とここで続き…)



日々のトレーニングはこちらで。
naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2013-09-10 07:03 | 100マイルレース | Comments(0)
<< 八ヶ岳スーパートレイル100マ... 八ヶ岳スーパートレイル100マ... >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
ランナーの旅行
at 2017-10-21 23:37
夏休み中
at 2017-10-19 23:13
静養中にUTMFの手を上げた
at 2017-10-17 23:26
奥武蔵の山へ
at 2017-10-15 17:55
運動会
at 2017-10-14 21:47
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ