nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
六甲全縦走(夜間編)
6月1日(日)

昨日、夜間の六甲全縦走のレポを書いたが、ほぼ書き終えたところでシャツトダウンしてしまった。
大作だったのにがっかりである。
すでに再度書く気は起きず。

一応、ちょこっとだけ。
17時半から塩屋駅出発。
宝塚へは3時前に着いた。
9時間22分かかった。
今までの六甲全縦走の中で最遅タイムだけど、風邪明けと宝塚駅の始発(4時52分)を考え、11時間ぐらいでゆっくりとも思っていたからいいのだ。

やはり夜の山はいい。
今回は、山より住宅地で迷ったり、六甲ハイウェイでクルマにストレスを感じたりで、山よりそっちの方が問題だったな。
その辺りを通っている時、「早く山道にならないかな」と思った。

塩屋からの出発の時は、まだ仕事モードで「あ~、疲れた」って感じだった。
でも、宝塚に着いての第一声は「あ~、面白かった」だった。
naoさんは、やっぱり山が好きみたいだ。
c0206177_05380271.jpg
新大阪駅で着替えて付近の人たちとそぐわない格好である。
c0206177_05482790.jpg
須磨アルプスは明るいうちに通過出来て良かった。
c0206177_05510370.jpg
高取山へ向かう18時30分過ぎ。
イノシシとスズメバチが自分とって最大の敵なのだ。
実はイノシシ年なのだけどね。
c0206177_05541503.jpg
夜間は視野が狭まれるので標識を見落としやすい。
c0206177_05563041.jpg
c0206177_05571179.jpg
今回は、さほど暑くなかったけどずっと大汗。
やはり風邪の影響かなあ。
c0206177_05583614.jpg
c0206177_05591541.jpg
ゴールした宝塚。
でも、いつものコンビニのシャツターは閉まっていた。
c0206177_06005291.jpg
コンビニ横の公園の水で汗を流し。
着替えて、宝塚駅近くで始発を待機。

帰りは新幹線で爆睡。
日中はあまり眠くならなかった。
まあ、午後は用事があったのでいいことだけどね。
でも、いつも徹夜明けのランは、割と日中動けるのが不思議である。

備忘録のためのタイム
~旗振山23分1秒
~横尾山1時間1分46秒
~高取山2時間16秒
~菊水山3時間18分18秒
~鍋蓋山3時間58分17秒
~摩耶山5時間38分05秒
~六甲山7時間31分13秒
~宝塚9時間22分40秒

距離45.82㎞。
公称は55㎞とか、でも45㎞ぐらいが正しいだろう。
累積標高2880m。
前回より300mほど低いのはなぜだ?

これで六甲全縦走は4回完走、1回途中DNF。
遠いエリアだけど、いつの間にか自分の山になりつつある。


by nao-yamaniiku | 2014-06-01 06:15 | 六甲縦走 | Comments(2)
Commented by せいご at 2014-06-01 11:26 x
しっかり。イクジーチャンしてからですよね!!
Commented by nao-yamaniiku at 2014-06-01 18:11
せいごさん

夜の山はいいという再認識をいたしました。
これから、山は夜かなです。
<< HOKA ONE ONEインプレなど 明日の出張が楽しみだぜ >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
5月
20日(土)〜21日(日)
トレニックワールド100mile
最新の記事
春は足踏み
at 2017-03-22 22:33
三浦半島まで
at 2017-03-20 22:20
バイクの整備
at 2017-03-19 17:43
ハセツネ30k2017年7回..
at 2017-03-18 17:38
冬も終わりつつある
at 2017-03-16 22:01
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ