nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
六甲縦走2014年11月版
11月15日(土)
c0206177_12101258.jpg
予定通り、塩屋から宝塚まで六甲縦走をした。
走り始めると、すぐに足底がウズウズしだす。
さらに、24時間走の疲れなのだろう、太もももピクピクする。
様子を見ながら走るけど、ペースは悪くない。
旗振山でライトジャケットを脱ぐ。
グローブはそのまま。
昨日に続き今日も寒い。
c0206177_12152391.jpg
今日は、麻耶山までは登山者は少なかった。
立派な標識がかけられていたので、近々縦走大会があるのかな。
おらが茶屋の手前でグレゴリーのランナーに抜かれた。
こっちは、ボロボロのグレゴリーのリアクターさ。
でも、ついて行かず。
平地はゆっくりと走る。
c0206177_12113707.jpg
高取山の登りで、意外にスイスイ登れるのに気を良くした。
東松山のスリーデーマーチで覚えた早歩き戦法がなかなかいい感じ。
今日は、故障を抱えているので、時間が読めず、あまり休憩しない作戦である。

期待していた紅葉はあまり見れず、っていうかセコセコしてたので余裕もなかったけどね。
いつもキツイ菊水山、そして登り返しの鍋蓋山もいいペース。
ここで先行されたグレゴリー氏を捉えた。
そうなると気分も乗って来る。
c0206177_12121563.jpg
菊水山から、手前から高取山、須磨アルプス、旗振山、通った山が良く見えて気もちいい。

大龍寺でペット2本を補給。
市ケ原への下りでパンを食べる。
今日は、パン以外はハセツネ、24時間走で余ったジェルだけ。
帰りの着替えなどで、ザックはパンパンなのだ。

市ケ原から麻耶山への登り。
ここは、4段の登りになっている。
コース上一番長い登り。
でも、今日の登りはなかなかナイスである。
9月、10月に苦戦した山ランにようやく慣れて来たようだ。
やはり、オレレベルだと山に通ってないとダメだなあ。
c0206177_12164630.jpg
思ってたより良い感じだったので、笑顔になるというバカ正直者である。

麻耶山頂上に着いたら4時間42分だった。
こりゃ、8時間切れるかも。
スピードアップしたいけど、しばらくはロードが続いて足の裏が痛いからダメ。
だましだまし走って、六甲山山頂は、6時間30分切っていた。

ここから金比羅尾根のような下りを宝塚まで行く。
金比羅尾根より途中に登る部分は多い。
結構、下りも行けそうだけど、無理はしない。
今日は、山足が出来た確認が取れたのでOKである。

結局、フイニッシュは、7時間52分56秒だった。
累積標高は、2966m。距離は44.39km。
毎回、このぐらいの44~45㎞ぐらいなので、公にされている56㎞は絶対ないな。
いつものように宝塚温泉で汗を流して終了。
ああ、楽しかった。

~旗振山  22’27
~横尾山  58’20
~高取山1:51’52
~菊水山2:54’49
~鍋蓋山3:26’44
~摩耶山4:42’44
~六甲山6:21’04
~宝塚 7:52’56

標準タイム15時間15分らしい。




by nao-yamaniiku | 2014-11-15 19:38 | 六甲縦走 | Comments(0)
<< 今日は休養 さて、明日の六甲はいかに... >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
5月
20日(土)〜21日(日)
トレニックワールド100mile
最新の記事
春は足踏み
at 2017-03-22 22:33
三浦半島まで
at 2017-03-20 22:20
バイクの整備
at 2017-03-19 17:43
ハセツネ30k2017年7回..
at 2017-03-18 17:38
冬も終わりつつある
at 2017-03-16 22:01
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ