「ほっ」と。キャンペーン

nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
禁酒・断酒6ヶ月経過、エライのである。
4月2日(木)

「タバコを止めた」と言えば、禁煙者だけでなく喫煙者からも「良く止めましたねぇ」とみんなからホメられる。だけど「酒を止めた」と言っても誰もホメてくれない。それどころか「なぜ止めた」とか「酒飲まないなんてつまらない」と言われてしまうのである。TVのCM、電車内外のビール、焼酎、ウィスキーの宣伝の美しい女優たちは毎日見せつけられている。当たり前のように飲み会があり、飲酒は社会に認められている行為である。
そういう意味では、禁煙より禁酒の方がキツイ。かつての禁煙は1週間から10日までが辛かったが、それを過ぎると徐々に楽になって行った。でも、禁酒はいつまでも「飲みたい…」という欲望が離れられない。しかも、飲む機会はいくらでもあるし、孤独な戦いなのである。ランナーのFBの写真は、走っているか飲んでいるかが多い。下戸の方や飲酒をコントロール出来る方から見れば「なぜ禁酒を我慢するのが辛いの?」とバカにされるであろうが、アル中にとってはただ事ではない。
以前も禁酒はやった事はある。レース前やふとした思いつき。だけど、レースが終われば、しこたま飲むし、思いつき禁酒は飲み会はOKというもの。なので続くわけはない。飲んべぇは「明日から一切酒を飲んではいけない」ということは出来ないのである。

まあ、今の自分から見れば、100kmや200kmぐらい走るのがヘンタイなんて甘い甘い...禁酒に比べれば楽勝である。アル中ランナーが6ヶ月断酒した方がヘンタイ度は高いだろう。なんてことを言っていたら「それは変質者という」と笑われた。なるほどそうかも…

ということで禁酒・断酒の6ヶ月報告を少し。

<メリットの部>
・二日酔いランがなくなった。(当たり前か)
・お腹の調子が良い。下痢がなくなった。胃薬など不要。
・そのせいか長時間運動でも気持ち悪さが少なくなった。
・血圧が正常範囲内になった。130未満80未満。
・痩せた。62kg台から58kg台。(これは禁酒のせいか調査中)
・走りに力強さが復活したような気がする。(と思っているがわからん)
・朝の外食がなくなった。以前は週1~2日ぐらいは、酒のせいで朝、胃の調子が悪く家で食べれず、途中で外食していた。(100%朝食派である)
・いつでも車の運転が出来る。
・いつでもしらふである。帰宅後、仕事や書類が書ける。(実はこれはあまりよろしくない)
・お金が貯まる。(ビール代、飲み代はバカに出来なかった。驚きである)

<デメリットの部>
・スィーツに目覚めた。
・コーヒーを飲むようになった。
・飲み会で笑いものにされること多々あり。
・身体を壊したと思われているよう。
・黄昏時にグラスを傾け…というカッコがつけられない。
・飲まないと男としてダサイと思っているのと、人からも思われていそう。(主に女子に対して、でも、いい歳こいてもういいじゃんと思ったりもするが…)
・オレは酒が強いと自慢出来ない。(これも主に女子に対して。単なるバカ)
・気軽にヤキトン、居酒屋メニューが食べれない。
・何より酒を我慢するのは辛い。(でも、最近は慣れた)

そんなところかな。
とにかく禁酒・断酒している理由は『レースで結果を出す』ためだけ。ほんのちょっとしか効果はないかも知れないけど、この歳であれば、わずかでも大きな前進なのである。
まあ、大口を叩けるのも今のうち。ビール嬢はてごわいストーカーなのである。



by nao-yamaniiku | 2015-04-02 22:23 | 健康管理 | Comments(0)
<< 久しぶりに走った UTMFは予定通りハズレ >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
5月
20日(土)〜21日(日)
トレニックワールド100mile
最新の記事
契約満了
at 2017-02-26 21:35
ハセツネ30K2017年4回目
at 2017-02-25 16:36
東京マラソン
at 2017-02-24 21:32
花粉症
at 2017-02-21 21:45
いかんなあ...
at 2017-02-20 22:31
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ