nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
飯能・越生備忘録
主催者によるとやはり50kmの完走率は40.53%と昨年と同じく低かったようである。とにかくコース・関門時間・制限時間が厳しい。
来年は今のところノーサンキューだけど、わすれないうちに一応メモを...

・ウェアなど
下から HOKAスティンソン、ファイントラックソックス、短パン、TREK NAOユニフォーム、アームカバー、キャップ、度付きサングラス、手ぐい
キャップは後半、自主制作の留めてあるのが壊れた。そろそろ限界か。暑かったがアームカバーは外さなかった。水をかけるとしばらく濡れているのでいいかも。夏はアンダーのパワーメッシュなどは不要。

・持ち物
inoxに財布、スマホ、地図、ドリンクボトル2個、ジェル2個、テープ(怪我用)
ウェストバックでもいいかも知れないけれど、背負方が楽な気がしたので。ジェルはもう1個あっても良かったかな。

・持ち物が少ないせいで、リタイア出来ないという思いで転ばないように意識した。今までレースではあまり思わなかったのに歳のせいかな。加齢と共に怪我の回復は遅くなったという認識が密かにある。まあ、仕方ない。

・最初のエイドまでの心拍数は171と高過ぎたか。故にその後の子の権現からケイレンした。特に左の大腿筋内側はクセになっているので対策を立てるか。だけど、ケイレンだけなら必ず復活する。

・山の練習は、ただコースをなぞるのでなく、例えば10分、1kmとか時間や距離を決めてスピード練習をする必要を感じた。平地のインターバルと同じ。

・スタートは、もう少しゆっくり入って追いかけて行く展開の方が、自分としては合っているかも。このぐらいの人数ならば渋滞にはならない。
タイムの方は、これが精一杯な感じ。ただ、途中にケイレンがなかったら、10分ぐらいは短縮出来たかも知れない。

・時期的に雨か晴れて暑いか曇ってムシムシしているかである。雨の方が走りやすいがどうなるかは分からない。暑さ対策と言っても、レースではどうすることも出来ない。当日は晴天との予報だったので、金曜日から食べ物、飲み物には少しだけ気を使った。よく噛んで食べ、多めに水分を摂っておいた。

レース後は、目の周りがボーッとした感じ。大腿四頭筋が痛む。この二晩は夜中に足が痛くて途中で目が覚めたりして浅い睡眠だった。腕も力こぶの外側の筋肉痛。肩も痛む。役行者の登りで腰が痛くなったのがまだ続いている。走れるようになるにはまだ時間がかかりそう。暑くなったので疲労はしっかり取るべきだろう。


by nao-yamaniiku | 2015-07-14 22:18 | トレイルレース | Comments(0)
<< 筋肉痛中である… トレニックワールinド飯能・越... >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
ランナーの旅行
at 2017-10-21 23:37
夏休み中
at 2017-10-19 23:13
静養中にUTMFの手を上げた
at 2017-10-17 23:26
奥武蔵の山へ
at 2017-10-15 17:55
運動会
at 2017-10-14 21:47
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ