nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
HOKA ONE ONE STINSON ATR
新品のスティンソンATRでハセツネ全周(71.5km)したのでその感想など。
まあ、旧型のインプレなんてどうでもいいだろうが、おそらく来年は今の新型を買うので、今のと比べる意味で自分的備忘録としてね。
意外と後で役に立つのである。

アウトソールはエボと全く同じ。だけど新品なのでグリップは良かった。当たり前だけど特に下り。足首に問題を抱えていたので良かった。しかし、新品のグリップの良さは感激である。やはりトレイルレースでは、新規に購入して一番役に立つのはシューズだと思った。
シューズの中に小石、枝などの侵入が少なかった。(エボと比較)エボより多少締め付けがあるからかな。

今回は、右の足首にテーピングをしていたせいなのか、外側のくるぶし下部分がシューズに当たり痛くなった。いわゆる靴擦れというやつ。途中でテーピングを取ってしまったが、最後まで痛んだ。実は最初のHOKAのラパヌイも最初に同じことがあった。
ヒールの周りを触るとエボより固いようである。また靴擦れになるかどうかは、次に使ってみないと分からないので、週末にもう一度確かめてみる。

ロードもトレイルもOKとのことだけど、ロードは真新しいアウトソールだと擦ってしまったり、なんか走りにくい感じがする。たまにロードなら気にならないが、ずっと長い距離だとどうなのかなあ。アウトソールは少し使い込んだ方がロードにはいいような気がするが。(あくまで個人の感想です)

あとはエボと同じ。自分の足には合っていると思う。足の疲労が他のシューズに比べて少ない。この間、イノベイトを買ったけど、スピードを出すならいいが長距離だと足にダメージがあるような感じである。それは今まで履いたことのあるシューズすべてに共通。
今回のハセツネ全周は過去にないほど、足が楽だった。サロモンなど興味もあるシューズもあるが、試し履きも出来ないし、今のところHOKAがマイベストシューズである。言い切るところが今までのシューズと違うところである…


土曜日のハセツネ後は、日曜日、月曜日と世間は休日だが仕事だった。ふん、いつものことさ。日曜日は楽勝だったけど月曜日はちょっといろいろありで慌ただしかった。まあ、疲労を取るためにたいした練習も出来ないから仕事でもいいのであると強がり…
それでも昨日は真っ暗な早朝に13㎞ほど走ったが割と走れた。今日も走りたかったが、なかなか時間が取れないのである。

この3日間は暇さえあれば足をさすったり、叩いたりのセルフマッサージ。そしてストレッチ、はたまた貧乏ゆすりなど。とにかく足が固まらないようにした。もちろん、上半身も同じようなことをしていた。食べ物は無制限に食べまくり。

今のところ酷い筋肉痛はなく、疲労も取れて来た感じである。
でも、また週末にベストな山ランが出来るように平日は調整とする。先週は、足首の調子もあり休足が多かった。きっと、それも良かったに違いない。もう、あと2回の週末の山行きでしか追い込まない。リフレッシュな状態が大事なのだ。

日々のトレーニングはこちらで。 naoのジョグノート

by nao-yamaniiku | 2015-10-13 23:11 | ランニンググッズ | Comments(0)
<< ライトテスト 難しい… >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
ランナーの旅行
at 2017-10-21 23:37
夏休み中
at 2017-10-19 23:13
静養中にUTMFの手を上げた
at 2017-10-17 23:26
奥武蔵の山へ
at 2017-10-15 17:55
運動会
at 2017-10-14 21:47
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ