nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
また青梅高水コースへ
先週とまったく同じコースを行く。
違うのは、スタート時間を1時間早く5時半としたこと、走る前にしっかり食べたことである。

暑くなるのは、分かっていたので水はハイドレに1リットル、ドリンクボトル600ml、自作ジェルは食料も兼ねて600ml。

突っ込まないように、ゆるりと走る。
林道終点まで22分、先週は19分だった。
どうやらハンガーノックにはならなそう。ジェルも小まめに飲む。再びここへ戻った時には空にするつもりである。

榎峠は1時間13分。先週より3分遅いが、トレイル部分ではほぼ同タイムである。

高水への登り。ペースは上がらないが、立ち止まることなく登り続ける。パワーが出ないのは、力が衰えたからか、暑さのせいか... どちらのせいにもしたくないね。
三段の登りをこなし、いったん、林道に出る。ここはいいペースで走ってるつもり。

高水までの登りに入る。先週は途中でグロッキーになったベンチも大丈夫。
区間35分で到着。
c0206177_12115023.jpg

参拝して6分休憩。

また、旧レースコースを下る。
区間21分55秒で榎峠へ戻る。

撃沈しそうもないが、ペースは上がらずというところ。
でも、このペースが長く続けばいいかな。ペースを上げる練習より、ペースを維持する方が歳を考えればいいかな。なんて、また、こういう場面に戻ってこれた事が嬉しい。
自分は、何年経ってもレースでベストを尽くすことを追い続けていきたい。

雷電山までの登りはキツイ。その後も何度か登り返しがある。このコースは以前は楽なコースだと思っていたが、なかなかなものである。

榎峠からの復路も往路と同タイム。
トータルは、3時間29分36秒。距離21.64km。累積標高1377mだった。同じコースなのに相変わらず微妙に違う。

先週より20分縮めたが、大したことないタイムだなあ。

by nao-yamaniiku | 2016-08-07 11:46 | 奥多摩トレイルラン(青梅起点) | Comments(0)
<< 奈良の某所まで ランはヤバイぞ >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
雨が続く、ランも続く
at 2017-08-16 22:19
8月15日
at 2017-08-15 22:07
夏休み終了
at 2017-08-14 21:02
浅間峠撃沈編
at 2017-08-12 20:50
夏休みの予定
at 2017-08-11 00:16
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ