nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
ランコースのゴミ
他のランナー諸氏もそうだと思うが、自分も周回コースがある。
周回コースを使うのはペース走、インターバル、24時間走対策など。数カ所あるがどれも1kmちょっとである。
普通に走ったら4〜5周で飽きてしまう。練習コースとしてはあまりよろしくない。ストイックな練習になってしまう。

今のメインは11月19日(土)のFTR50なのでトレイルが中心である。でも、神宮24時間走も気になるので、昨日、おそらく年明け初になるか?1㎞ちょっとのグルグルをした。といっても10周ぐらいだけどね。

走り始めて思い出した。そう、グルグルはゴミが目立つのである。同じところを通る。目に止まるのは、煙草の吸殻、スーパー・コンビニの袋、犬のウンチ(これは犬がいる者として許せん)など。当然、毎周回目に入る。これが気になる。足をつくルートは決まっているので、ゴミをよける場合もある。

以前から、コースのゴミが気になっていた。そのため市の公園・緑地等ボランティアの登録をしたことがあった。というかまだメンバーだけど... 腕章をもらい月に2回ほど、ゴミが多い月曜日にゴミ拾いをしていた。しばらく続いたけど、ゴミを持ち帰って分別して捨てるのが面倒になった。今は祭りの後とかイベント後だけの活動になってしまった。

あたり一帯のゴミ拾いは大変だけど、1㎞の周回で気になったゴミを拾うのは難しくないだろう。少なくともグルグル回る間中、ゴミを目にするより、最初の1周目で拾ってスッキリした方がいいかも。

年齢的に走力を向上するのはなかなか難しい。今は力を維持することに精一杯である。まだまだ走力が上がる若者(自分的に40代まで)達にがんばってもらって、自分は走りやすいように、ちょっとしたお手伝いをしたほうがいいのかな。今までさんざん走って来たからね。

ずいぶん前に書いたことがあるけれど、走り始めた時は多摩湖の周回が多かった。そのコースで、1年中、ランシャツ&ランパンでゴミを拾いながら走っていたご老人がいた。冬は真っ暗なコースである。風貌から70歳は超えていたと思う。『寒いのにすげえなあ』と思っていた。今は90歳超えているだろう。
自分はその頃、30代前半の走り始めの若葉マーク。とにかくガンガン行けるところまで走っていた。道で落ちている物なんて眼中になかった。だけど、その方を見かけると、もし、歳を取ってからも走っていたなら、オレもやらないといけないか…と思った。でも、50歳まで走ろうなんて思っていなかったな。

どうやらその歳に近づきつつあるようだぞ。
c0206177_16501177.jpg





by nao-yamaniiku | 2016-10-27 21:43 | トレーニング全般 | Comments(0)
<< FT50全試走(ほぼ...) 山ランの疲労 >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
4月
22日(土)ファントレイル名栗23㎞

29日(土)OTK(青梅から鴨沢)65㎞

5月
20日(土)〜21日(日)
トレニックワールド100mile
最新の記事
KINEYA MUTEKI
at 2017-05-29 21:06
奥多摩駅〜武蔵五日市駅
at 2017-05-27 16:29
レース後
at 2017-05-25 21:37
失敗から学ぶ
at 2017-05-23 22:24
トレニックワールド彩の国10..
at 2017-05-22 21:46
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ