nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
Fun Trails 50kまたまたまた試走
c0206177_15383262.jpg

某国の大統領に『バカ、アホ、間抜け』と罵られそうだけど、5週連続でFun Trails 50kの試走をした。というとは、来週のレース本番で6週連続である。
たかが50kで何をそんなにイレ込んでいるんだ、と失笑されているだろう。しかし、自分の中に100kはないのである。来週は50kしか、レースは行われないと思っているのだ。

本当は久しぶりに別の山域と思っていた。だけど、昨日見た大会案内に入っていた、50kのボリュームゾーンの8時間27分というタイムは、このオレ様を煽っているとしか思えない。このところの試走で9時間切りが文字通り、『ギリ』な感じだけど、8時間27分というハードルを与えられてしまったのだ。こういうことには、素直に反応するのがnaoさんのいいところである、なんて...

それで、レースペースで(いや、いつもレースペースなんだけど...)前半走ってみようと決めた。今日は午後に用事があり、帰り時間は決まっているので、飯能までクルマにした。
c0206177_14072614.jpg

ウェアもレース仕様。inoxも登場である。
長袖とタイツが必需装備だったので、持つのも重たくなるので着用することにした。
着てれば他に持たなくてもいいのだよね?
シューズはいろいろ考え中。今日は2013年のベテランというか、穴の空いたアディゼロXTにしてみた。これが履きやすいのである。


6時ちょっと過ぎにスタートする。
多峯主山までは問題なし。なかなか足取りがしっかりして快調な感じである。だけど、心拍数は?とガーミンを見ると反応なし。あちゃー、心拍数ベルトを忘れてしまった。まっ、ペースと心拍数は手の内に入っているのでいっか。
配水場までは、レースを想定して渋滞回避でプチダッシュ、といっても大したことないけどね。
c0206177_14072643.jpg

c0206177_14072633.jpg

山頂からこれから行く日和田山方面。麓はガスがかかっていた。
今日は、頭の対策でニット帽&ネックウォーマー着用。少しずつ暖かくなって来たが、外すことはなかった。脳疾患野郎対策は万全にするのだ。

巾着田を超えて5週連続の日和田山への登り。
c0206177_15270157.jpg

すでに案内板が設置されていた。鎌北湖までだったので、まだ途中のよう。
日和田山までは1時間33分だった。まあまあのペース。平坦地・下りはいいペースだと思う。
c0206177_15372712.jpg

50kコースの15km地点の案内があった。ガーミンの奴は14.29kmだという。自分がコースをカットしてるのか、ガーミンがバカなのか...
A7鎌北湖は区間2時間15分。ボリュームゾーンのタイムは2時間25分。10分しか貯金がないのかあ。

今日はボリュームゾーンタイムとの闘いなので休憩はなし。可哀想なのである。いつものようにコーラが飲みたかった。
c0206177_15270285.jpg

鎌北湖は紅葉が少し進んだ。
鎌北湖をぐるり回って北向地蔵へ。参拝もなし。毎度得意のセコセコランになった。ユガテへの緩い下り、そして、顔振峠へ向かう。
ユガテから顔振峠までは、同じようなトレイルで精神的によろしくない。
だけど、連続するアップダウンを上手くこなしたと思った。

で、A8顔振峠、区間1時間35分だって。先週、先々週の37分と変わらん。もー、この区間はガッカリである。
でも、トータルは3時間51分とボリュームゾーンタイム4時間17分から26分の貯金が出来た。よろしいでしょう。
だけどボリュームゾーンタイムは、ここからが早いのである。最後まで競いたいが、それは来週のお楽しみ。今日は、時間もないし、疲れも溜めたくないので、関八州見晴台までで試走はおしまい。ヘロヘロになって逃げたわけではないと強調である。
c0206177_15270237.jpg

今日も天気が良い。

八徳へのトレイルへ向かうグリーンラインにFun Trailsのテープが落ちていた。拾って脇の木に付けておいた。来週のレースで見るのが楽しみになった。オレが付けたんだぞ、と小さい人である。
その後、八徳へ下っていたらスタッフの方が2名、コース案内を付けていた。立ち止まってご挨拶。もちろん落ちてたなんて言わないのである。

八徳からの登りでパンを食べる。ここまでは、ずっと自作ジェルを補給していた。エイドがあれば、自作ジェルだけで平気そう。もっともレースでエイドに寄る時間は1分以内と、先ほど決めたのである。

八徳からの登りは頭が心配だけど、今日は平気そう。どうも下手に心拍数を見続けない方が良いみたい。心拍数なんて忘れちゃうし、結果、頭のことも忘れてしまう。頭が悪いからね。
だけど、高山不動尊までの登りはキツイ。最後の階段で、登山者が20人ぐらい喘ぎながら登っていたので、そこは後ろからゆっくり。助かったりして...
この辺りから関八州見晴台までは登山者を頻繁に見かけた。レースで自分の通る時間は1時間あとになるので、もっと多いのでは... レースは雨の方がいいかもと個人的には思う。

高山不動尊で水を補給。レースではここで補給出来るのかな?
関八州見晴台へ登る。高山不動尊から割と早く着いた感じ。

関八州見晴台、4時間52分。31kmだった。
c0206177_15270379.jpg

c0206177_15270401.jpg

ここでしっかり休憩して景色を見せてもらう。

あとは西吾野駅まで下る。少し足がくたびれて来たけれど、まあいい感じ。
ロードに出た所で電車の時間チェック。11時32分発。今がその時間... 次は12時4分なので、走るのは終了。ここから1kmほどは歩く。いつもはダッシュで駅に向かうが、今日はノンビリ出来た。
トータル5時間39分7秒、35.2km。累積標高は2020m。

誰もいなかったので、駅の前のベンチでパンツ一丁になって着替えたのさ。

さて、先ずは疲労抜き、そしてレースのシュミレーションを楽しもう。



by nao-yamaniiku | 2016-11-12 16:46 | 奥武蔵トレイルラン | Comments(0)
<< ランナーと病気 ボリュームゾーン... >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
7月
9日(日)
トレニックワールドin外秩父約50㎞

10月
8日(日)、9日(月)
日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
3年...
at 2017-07-24 22:04
935その後
at 2017-07-23 20:22
予定は未定
at 2017-07-22 19:10
ツールドフランス
at 2017-07-20 21:26
夏か...
at 2017-07-19 21:34
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ