nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
血圧のこと
血圧が健康診断や人間ドックで指摘され始めたのは、40歳を過ぎた頃だったと思う。

そして、このブログを始めた2009年の人間ドックの検査で170ー108?とぶっちぎって再検査。結果、降圧剤を飲むようになった。ちょうど50歳の時期だった。もっともその時の数値は異常値で、だいたい140〜150、90〜100ぐらいだった。高いことには間違いないけどね。その後、薬を飲んで10ぐらい下がった。

画期的に改善したのは禁酒だった。これで130前後、80前後になった。降圧剤も止めても、この数値を維持出来た。飲み過ぎはダメよ。

血圧が改善したのに、くも膜下出血が発病。がっかりである。主治医からとにかく血圧を下げるようにと、アムロジピン5mgを朝晩に処方している。本人的には、血圧を下げてもダメだろ、と自虐的である。だけど、他によりどころがないので言うことを聞くしかない。

言われた通り、退院後は塩分に気を使っている。
スープ、汁は飲まない。なるべくサラダは生。納豆のタレは1/3だけなど...
それで、120台と70台をキープして来た。

血圧の基準はいろいろある。どれが正解なのかはよく分からない。世界的には140以下、90以下らしい。でも、なんとなくシロウト考えで個人により、適性血圧の範囲内は違うのでは?と思うようになっている。どちらにせよ、低い方がいいに決まっている。

自分の中では、主治医のご意見も聞いて、130以下、80以下としている。朝、起床時は必ず測っている。意外と時間がありそうな夜はサボりがちである。

もちろん、毎朝、決めた基準値でないこともある。130や80超えることもある。でも逆に、110そこそこだったり、60台の時もある。血圧は気まぐれ。しかも、自分の場合、血圧の上下で体調の良し悪しは分からないのである。サイレントキラーたるゆえんである。

ところが、Fun Trails 50kが終わってから、一段と寒さを感じるようになった。そうしたら、血圧が上がり始めた。

一般的に寒くなる冬は、血圧が高くなると言われている。でも、昨年まで、夏だろうが、冬だろうがあまり変化はなかった。今年はマニュアル通りである。

今のところ、拡縮期、拡大期とも同時に上がることがはない。それでも1週間に半分は超えるようになった。130や80をわすがに超えてもいいじゃないか、とも思うが、それを許すと、そのうち、どうでもよくなってしまうのが、naoさんの弱いところなのである。

血圧を下げるといっても、自分の場合、食事しか思い当たらない。
血圧が安定してるからといって、少し塩分の高い弁当を食べてるじゃないの、スープ、汁、飲まないと言っても一口、口にすることが多くなったのでは、など...
白状すればいろいろ悪事を働いているのである。

よーく、覚えておくこと。
血圧が高くならない身体にはなっていないこと。薬や努力で人様並みに維持出来てるだけ。
勘違いしちゃダメである。

by nao-yamaniiku | 2016-12-13 21:41 | 健康管理 | Comments(0)
<< バラクバラを買った みたけ山トレイルラン見学 >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
4月
22日(土)ファントレイル名栗23㎞

29日(土)OTK(青梅から鴨沢)65㎞

5月
20日(土)〜21日(日)
トレニックワールド100mile
最新の記事
OTKの目標タイム
at 2017-04-28 21:15
OTKの作戦
at 2017-04-27 06:22
病院検査は異常なし
at 2017-04-25 21:22
FTR名栗備忘録
at 2017-04-23 22:17
FTR名栗レース
at 2017-04-22 17:16
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ