nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
24時間走の所感
6時間しか走ってないので偉そうなことは言えない。しかもケツから4番目だし...

やはりペースが難しい。走力があるメンバーが多数いるので、彼らはキロ5分そこそこで序盤は刻んでくる。それに周りがつられる。出場する選手全員がそれなりの走力があるので、そのペースで走れる。
2時間までは抜かれるばかり。3時間が経過して、やっと落ち着いたペースになって来る。

走りながら思い出したけれど、昨年も、最初の3時間、6時間、9時間と3時間ごとにガクッと来る。重要なのは踏み止まって、最小限にペースダウンを押さえられるかどうかである。それには、そこまでのペースが無理していないかどうかが重要になる。

6時間抜かされた感じだと、抜いて行った選手は、みんな200kmオーバーなペースである。だけど、多くの選手は、どこかの時間帯でブーキがかかったようである。

そういう自分もキロ6分15秒ぐらいと思っていた。だけど途中でタイムを見たら2時間54分で29kmほど。15秒ほど早いペースだった。しかも休憩込みだし。

もちろん気分は良かった。3時間から4時間が一番いい時間帯だった。でも、4時間過ぎて頭がおかしくなり結局、6時間ちょっとで終了。

昨日までは、トレイルとの両立は難しいし、来年もこの時期だったら仕事も忙しいので止めようと思っていた。実際、日曜日に仕事に行って良かったのである。
だけど、今日になると頭に問題がなかったら、一体、どのくらいの距離を走れただろうと思うようになった。それと24時間走りきれたか?ということ。

24時間走は自分には合わないと思っている。だけど24時間走が好きな人、合う人なんていないよなあ。

これで24時間は4戦で2回完走。もっともフルの距離を走っていれば完走になるが....
2回は24時間走りきった。2回は途中でおしまい。まあ、負けである。この競技は例え目標距離に届かなくても、24時間走り続けられたら勝ちである。目標距離に達しなくても勝ち、というのは変だと思うかも知れない。でも、走ってみればわかる。目標に届かなくなって、モチベーションを落としても、走り続けるというのは凄いことなのである。

さて、負けず嫌いな奴は、勝ち越さなくても平気なのであろうか。
答えは来年のエントリー開始日に出るだろう。
by nao-yamaniiku | 2016-12-19 22:28 | 24時間走 | Comments(2)
Commented by tsune_runner at 2016-12-20 18:03
お疲れ様でした。
まずは体調悪くならなくてホッとしています。
私は2戦2敗。負け続けて、ナオさんの言葉が身にしみます。2回神宮を走ってみて24時間走には24時間走の走り方(気持ちも)があるんだな、とようやく分かりました。
来年の参加はまずないですが、もし次に出るなら生半可な気持ちではなく、しっかり準備して臨まないと勝てない事だけは確かです。
来年のナオさんの走り、楽しみにしています。
Commented by nao-yamaniiku at 2016-12-21 08:02
tsuneさん

お疲れ様でした。
おっしゃるように24時間走は、それ用の走り方がありそうですね。
来年?こんなこと書きましたが、今のところはなさそうです。(^_^)神宮を準備するのは、面白くない練習が続きますからね。それと仕事のこともあります。まずは年末年始、元気に過ごしたいものです。
<< リ・スタートした レース後 >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
山ランは難しい
at 2017-08-21 21:41
日の出山ラブ
at 2017-08-20 21:30
不調...
at 2017-08-19 20:35
駅伝マン
at 2017-08-17 22:12
雨が続く、ランも続く
at 2017-08-16 22:19
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ