nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
日の出山ピストン途中敗退...
ようやく山に行けるが、日中は用事が多々あり早朝だけ。

暗がりの中、五日市会館をスタートする。
久しぶりのナイトランである。金毘羅山にかけての登りは調子よく、走りきれそうだったが、ここは無理せず、途中、歩きも交えて。

この時期に暗い山を行く人はいないと思っていたが、金毘羅山から例の橋のそばで、単独登山者に会う。向こうもこっちも、ガン見で挨拶。

調子は良かった。寒いが走れば汗も出る。バラクラマか暑いが、そこは我慢である。頭は冷やさないこと。

今日はハンドライトだけ。転ばないように足元を見ていた。
そして、突然、股間が木で突かれた。右に倒れたら、運悪く岩の所で、太ももの外側を強打。

ハンドライトは飛んで、真っ暗な中で倒れたまま呻く。股間が痛むが、急所からはズレているよう。それより太ももが痛む。
哀れnaoさんは、とうとう脳疾患が発病し、夜の山で倒れたという絵である。
ハイハイしながらライトを取って、しばらく様子見。どうやら打ち身だけのよう。立ち上がってパンツの中を見てみる。あらら、絶対擦り傷にならないような所に傷跡がある。まず、思ったのはシャワーである。これは大変だ...

走れそうなので先に進む。でも、100kmぐらい走った足の痛みのよう。気持ちが入っていないので、走るのは苦痛である。
歩いているうちに夜が明けた。
c0206177_20512901.jpg

麻生山側で日の出を迎えた。
今日はここまで。

痛みを我慢しながらの下りになった。やれやれだぜ。
今日は日の出山嬢にフラれてしまったのだ。
金毘羅山でいつもの記念写真。
c0206177_20512932.jpg

今日の格好。
c0206177_20513011.jpg

よく分からない写真だけど、上にある木にど突いたようだ。下ばかり見過ぎなのだな。

今日は痛くて歩きにくかった。案の定、足の付け根に出来た擦り傷は、風呂で悲鳴を上げさせてくれたよ。

15.4kmを2時間19分ほどだった。累積標高は698m。
これが今年最後の山ランじゃなあ。冴えねぇぞ。

by nao-yamaniiku | 2016-12-30 21:39 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
<< 10年連続日の出山 年末年始休暇 >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
5月
20日(土)〜21日(日)
トレニックワールド100mile
最新の記事
春は足踏み
at 2017-03-22 22:33
三浦半島まで
at 2017-03-20 22:20
バイクの整備
at 2017-03-19 17:43
ハセツネ30k2017年7回..
at 2017-03-18 17:38
冬も終わりつつある
at 2017-03-16 22:01
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ