nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
バイオリズム低下
ハセツネ30kのコースを4時間40分もかけて疲労があるはずない、と強がっていた。
だけど、たっぷり寝たはずの昨日の朝は、走り始めたら異様な眠さ。まるで徹夜で走って来たような感じ。こりゃダメだと家に逃げて二度寝した。これが気持ちいいのである。睡眠はバッチリだと思っていた。だけど、日中も眠気が収まることはなかった。

足の筋肉痛はない。でも、両腕がダルイ。雪上のトレイルで腕を使ったのかと思ったが、ハセツネ30kからの帰宅後に昨年は病気で出来なかった、バラの剪定をしたのだった。剪定というとその道の人に聞こえるが、要は枝を切っただけである。でも、バラはトゲがあり、おおざっぱに切ったらトゲが絡みついて抜けない。ビューンと顔面直撃もあるので、一本一本『イテテッ』とつぶやきながら切るので時間がかかるのである。でも、これごときで筋肉痛とは、トホホである。

もちろん寝るのは大好きなので、昨夜も20時半に布団に入った。病気になってから一段と寝るのが早くなったのだ。
朝までグッスリ寝ていたのに、目が覚めても身体が動かなかった。寝過ぎ…という症状とは違う。どうやら運動はNGサインのようである。自分的には疲れているはずがないと思っているが、どうなんだろう。

たっぷり寝たくせに、ランを休むとサボっていると思いがちである。自分はなんて怠け者で意思が弱いのだろう...
こういうことがストレス、ストレス...

たまにある、というか良くあるバイオリズムの低下のよう。この場合、逆らわない方がいい。


2月も中旬に近づき、目に見えて日照時間が長くなった。梅の便りも聞かれはじめた。午後になると風が吹く日もある。そろそろ花粉の季節である。春が近づいているしるしである。まだまだ寒い日が続くが、寒さにも慣れた。
春の近づきを感じてウキウキしていれば、バイオリズムも自然と上がっていくだろう。
c0206177_16245864.jpg
醍醐丸から降りてきた林道で。木々についている雪が花のようにきれいだった。脱日常… 山はいいネ。


by nao-yamaniiku | 2017-02-13 22:05 | 健康管理 | Comments(0)
<< 眠い... ハセツネ30k試走2017年3回目 >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
5月
20日(土)〜21日(日)
トレニックワールド100mile
最新の記事
新コース
at 2017-03-29 21:59
カタクリを忘れていた…
at 2017-03-27 22:28
フォトロゲイニング日の出20..
at 2017-03-26 19:33
今日は孫2号と...
at 2017-03-25 21:52
春は足踏み
at 2017-03-22 22:33
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ