nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
OTK2017年版
久しぶりの参加となったOTK。
コースは、青梅の永山公園から棒ノ嶺。日向沢の峰から長沢背稜を経て雲取山。そして、七ツ石山から鴨沢までと走りごたえは十分ある。

5時半頃、電車でご一緒になったタマさんと永山公園に着いた。申告では5時45分スタートにしたが、気がついたら時間になっちゃったので、5時50分のスタートにした。強豪6時スタート組と一緒になりたくなかったのだ。とは言うものの10分の差なんて無いと同じ。
その他、4時スタート組、5時スタート組がいて、総勢で20人ぐらい。

まずは楽なペースで林道を走る。慌てることはない。トレイルに入ってしばらくすると、後ろから気配を感じる、と猛スピードで迫ってくるランナーがいた。トレイルのインターバル練習でもしているのかと思った。『頑張りましょう』とそーけんさんとフナッチくんが抜かしてゆく。なんだよあれは・・・ 同じ人間とは思えない。
c0206177_15102777.jpg

写真なんて撮る暇もない...
気を取り直して先に行く。やがて雷電山、そして、少し降って平溝橋までのダークな下り。ますます道が悪くなっている。
c0206177_15102747.jpg

平溝橋に着いたら、後ろから気配が...
青梅トレラン部御一行3名に追いつかれる。捕まるのが早すぎる。
c0206177_15102878.jpg

エイドを出して頂いてあったので、コーラを有り難く飲ましてもらう。
平溝橋まで1時間17分。悪くないタイムだけどね。
c0206177_15102877.jpg

3人はさっさと行ってしまった。
高水山への登り。自分としては気持ち良く登れたと思う。意外に早く登れた。
区間40分15秒。まあまあ。
さらに岩茸石山、12分40秒。
c0206177_15102998.jpg

ここまでの天気はまずまず。今日の予報は雷雨というが... 走力はないがなんとか雲取山まで雨が降る前に辿り着きたい。

棒ノ嶺までは、実はあまり好きなコースではない。たいした距離でないが時間がかかる。
黒山の手前でモーリーくんが追いついて来た。
c0206177_15102965.jpg

あとはキャプテントットさんがいるが、実質ビリである。この辺では、落ち込んでいたよ。分かっちゃいるが、走力に差がありすぎる。そろそろオレも潮時か、なんて。
棒ノ嶺、区間58分34秒。累計3時間10分。
3時間20分でいいと思っていたので、自分的にはよろしい。しかし、16.5kmしか進んでないが、累積標高は1650mもある。キツイコースなのである。
c0206177_15103048.jpg

棒ノ嶺からの下りに入ったところでつまずく。あれ?先週も同じところでつまずいたっけ。日向沢の峰までは、FTR名栗とほぼ同じ。違うのは長尾丸に登ること。
c0206177_15103020.jpg

地味な頂上。
そして、ここから日向沢ノ峰の急登である。以前より道がしっかり付いているが、キツイことには変わりない。
喘いで日向沢ノ峰へ。1時間23分。
雲が出て来た。今日の天気予報、そしてビリということを考えると、一杯水避難小屋でやめた方がいい。
c0206177_15103137.jpg

なので少し遊んだり...
やめると思うと力が入らなくなるものである。蕎麦粒山ってこんなに急だったっけ...

やがて一杯水避難小屋へ。
区間、58分57分秒。累計5時間33分だった。
PBより5分早い。
ここはエイドがあり賑やかである。モーリーくんと、あれ?ハリ天狗師がいた。ハリ天狗師は先週の宮古島の疲労が取れず、ここでおしまいという。そりゃ、そうだ。
c0206177_15103179.jpg

みんなのラップ表をイッシーさんに見せてもらったら5時スタート組の通過時間は、少し先ぐらいだった。俄然、ヤル気が出るという相変わらず嫌な奴である。
しかし、ここのエイドのフルーツは女史らしい気遣いがあった。ひと仕事あり美味かったなあ。コーラも1本頂いてスタート。

休んだせいか、ここから調子が良くなった。水松山分岐までの10kmほどは走れる区間である。でも、トラバースのトレイルの下は落ちたら終わり...というところが何箇所かあり、集中しなくてはならない。
c0206177_15241249.jpg

酉谷避難小屋でtazoeさんに追いついた。
区間、1時間1分。一杯水避難小屋の休憩所含む

さらに水松山の分岐を目指す。空は雲がかかり冷たい風が吹きつける時がある。でも、雲は低くないので大丈夫か?
ヘリポートで今度はゆぅさんに追いつく。
c0206177_15241390.jpg

ここからゆぅさんは雲取山まで少し後ろを付いて来た。なかなかちぎれん...
水松山分岐、48分32秒。

ここから芋ノ木ドッケまで登りが続く。後ろにいるゆぅさんを意識しながらなので、スピードを落とせない。一緒に行ってもいいが、そうすると気の弱い自分は遅れてしまいそう。
いい感じの道標が出来ていて迷うことはない。
c0206177_15241357.jpg

途中でアズさんにも追いついた。ハセツネ以来の山というが、いきなりでこのコースのチャレンジはたいしたものである。
c0206177_17112593.jpg

芋ノ木ドッケへの倒木もだいぶ道が鮮明になった。この登りで自作ジェル水が無くなって、頂いたコーラを飲む。
今日の水は、自作ジェル水がペット2本。1本400カロリーほど。あとはペットでお茶と烏龍茶。全部で2リットルほど。その後、雲取山荘で少し水を補給したが、コーラがなくても涼しいというか、肌寒さもありちょうど良かったかな。
ちなみに食料の消費は、ゼリー1個。おにぎり2個、クリームデニッシュパン1個、塩飴数個だった。余は、ゼリー1個、ジェル2個。水兼自作ジェルペット2本が良かった。マルトデキストリン120グラム+クエン酸+ハチミツ+塩+水。これが飲みやすく、かつ水分補給にもなる。カロリーを多くしようと、欲張ってドロドロにするとそのうち胸焼けがする。

芋ノ木ドッケの登りは根っこで急な登りもあり、くたびれている時間帯でもありキツイ。
芋ノ木ドッケ、57分11秒。
この区間は、PBを出した時より大幅にタイムを縮めた。11分ぐらい短縮か...後ろのゆぅさんのおかげである。

大ダワへの下りは相変わらず道が悪い。誰か道を付けてくれないかなあ?なんて思ったり。わがままなのである。
大ダワまで16分38秒。

この辺りから登山者が多くなる。逆にここまではあまり登山者はいなかった。土曜日だからかな。
登山者から『どこから来たんですか?』と聞かれたので、『青梅からです』と言ったら『じゃ、奥多摩駅から...』と言われた。どうやら青梅在住と思われたよう。この場合、本当のことを言うと面倒なので『そうです』と言って逃げる。
雲取山荘で少し水を補給。辺りの様子から宿泊客は多そう。

雲取山への登り。これを登ればあとは七ツ石山だけだ。頂上に近づいたらばぶぅさん発見。ようやく追いついた。じつは目標だったのである。
c0206177_17112539.jpg

後ろ姿をパチリ。でも、ここからばぶぅさん、ペースアップして頂上までは逃げられた。
c0206177_17112624.jpg

区間、31分33秒。

抜かしたばぶぅさんが後ろから『雪だよ』と。本当だ。雪がパラついている。
下るけど、実はずっと右が山側のトラバースが続いたせいか、右のくるぶしが靴擦れになって痛む。今日はトレニックワールド彩の国100マイル仕様でHOKAだったけど、ちょっと心配だなあ。
痛みを我慢しながら下る。
左に巻いたら、巻かなかったモーリーくん発見。しばらく後ろからついて行く。
c0206177_17112671.jpg

テン場はカラフルなテントがたくさん。いい匂いも立ち込めている。
いつの間にか晴れて暑くなって来る。どうやら天気は持ったようだ。良かった。

七ツ石山は登りやすいトレイルである。
c0206177_17112769.jpg

ここも立派な頂上の石碑が作られていた。
区間、36分42秒。
累計9時間51分。
足の調子から11時間前後かな、と思う。でも、ベストだからいいか。

下りもしばらくモーリーくんについて行く。でも、走力の差かしだいに離されてしまう。一呼吸入れようと、立ち止まって雲取山荘の水を飲む。

意外に早く堂所を通り過ぎた。ここからは走りやすいトレイルになる。だんだん火が点いて来た。この先のことを考えると、年齢とか病気とかね... 今日、がんばらないと。
ここからは懸命に走り続ける。自分にとっては大事なレースである。

いったん道路に出て鴨沢バス停へのトレイルに入る。しばらくすると、ハーフコーストライアルのJ子さんとほえるさんがいた。挨拶もそこそこに走り続ける。
やがてフィニッシュ地点が見える場所を通る。普通は立ち止まって手を振るが、右手を上げただけ。愛想のない奴なのである。

青梅街道を出て右へ。もう必死。がんばれば10時間50分を切れそう。たぶん、参加者の誰より突っ走ってのフィニッシュだった。
同時に倒れこむ。
あー、終わった。
がんばれたことに満足である。
c0206177_12401012.jpg

区間、57分16秒。
トータルタイムは10時間48分22秒だった。
PBを26分ほど短縮。
距離と累積標高は、みんなと協議の上、60km、3900mとした。

バスの時間は18時36分。2時間近くあるので、まったりしていた。

帰りのバスはJ子女史とほえる女史の間に入って、女史トーク。奥多摩駅までの中途半端な長い時間も楽しかった。
奥多摩駅から青梅駅までの電車は、参加者達とのバカ話し。優勝のそーけんさんをみんなでなじったり。そりゃそうだ、抜かされたメンツが揃ってるからね。こちゃさんが長尾丸を巻いちゃったなんて。思わず失格!の声が。するとゆぅさんが高水山巻いたら、降って来たハリ天狗師とばったり。バツが悪かったと言っていた。えーっ、高水山、巻けるの?tazoeさんも知ってたみたい。みんな楽することには熱心だね。どうやらトイレの脇から行くらしい。来年はオレも...と決心したのであった。

by nao-yamaniiku | 2017-04-30 18:20 | TTR(OTK) | Comments(4)
Commented by tazoe at 2017-04-30 19:29 x
素晴らしいPB、おめでとうございます。

昨年の大病、その後の体調不良を乗り越え、驚異の復活を成し遂げただけでも凄いのに、病前のレベルを超えてしまうというのは、少なくとも私の知る限り空前絶後の奇跡に近いです。

それを、こうやってさらっと語ってしまうのが、またnaoさんならではですね。
とはいえ、緻密に測定されたポイント間タイムからは、その遠大な戦略が垣間見えますし、序盤抜かれたランナー達を後半で次々に交わすネガティブスプリットは、頭脳派ランナーの証明です。

naoさんの背中が、また遠くなって少し寂しい、日曜日の夜、、
Commented by nao-yamaniiku at 2017-04-30 20:55
tazoeさん

昨日は、たいへんお疲れ様でした。
まあ、これ以上のレベルアップは難しいですね。なんとか落ちないように努力します。
落ち込んだり、盛り上がったり、忙しいですよ。(笑)
Commented by yahushige at 2017-05-01 09:40 x
naoさん、お疲れ様でした。
自己新での完走、お見事です!。
中盤からの加速はnaoさんらしいもの
がありますね。

帰りのバス、電車・車中での会話はワタシ墓まで持って
いきます。(^^)
Commented by nao-yamaniiku at 2017-05-01 12:42
yahushigeさま

29日は、本当にありがとうございました。おかげさまで楽しい山ランが出来ました。時期的に毎年は、諸々の関係があり難しいですが、今後もよろしくお願いします。
お疲れ様でした。
<< 2017年4月のこと OTKの目標タイム >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
7月
9日(日)
トレニックワールドin外秩父約50㎞

10月
8日(日)、9日(月)
日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
935その後
at 2017-07-23 20:22
予定は未定
at 2017-07-22 19:10
ツールドフランス
at 2017-07-20 21:26
夏か...
at 2017-07-19 21:34
ガーミン935
at 2017-07-17 21:55
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ