nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
ロードバイクミラー
昨年の病後は無理して乗っていたが、危険だと思い昨年10月を最後に6ヶ月ほど遠ざかっていた。
先月の4月に乗り始めてみたが、大丈夫そうであった。バイクに乗れると練習範囲が広がるし、何と言ってもバイクは面白い。
だけど… これは改めて近々書こうと思うが、バイクの危険度というのは看過出来ないのである。

目がね、どうもついて行かなくなった。でも、今は大丈夫。病気前と変わらないほどに回復した。ただし、振り返りに難がある。
バイクは車道の左側を通る。当然、速度的にクルマやオートバイに抜かされる。それに道の左側、端っこの路面は悪い事が多い。そのため、右側を振り返り、後方確認することが非常に多い。この右側に振り返った瞬間が、一瞬、二重に見えそして普通に見えるという状態である。問題ないと言えばそうかもしれないが、万全ではない。

そのため、当たり前のことだけど、ハンドル用のミラーを買った。以前から付けているバイクを見かけていて、心の中では『便利そう』と思っていた。だけどバイク乗りはカッコが重要である。ミラーを付けていると初心者っぽく見えるのである。『こいつ振り返りも出来ないのかよ』と思われそう。
他人から自分はどう見られているのかということは、平均的な小心な日本人の自分としては気になるのである。なのでみんなが付けないからオレも…ということになる。
だけど、そうは言ってられない。だいたいオレ様のポンコツなんて誰も興味ないだろう。で、先週の金曜日の仕事帰り、閉店ギリギリの時間に池袋のワイズロードに行った。こういうのは現物を見ないと判断出来ない。『これでいいや』とサッと買って帰った。1500円ほどだった。

しかし、このバカは買ったことを忘れて、次の朝に時間もさほどなく、慌ててバイクスタート。2kmほど進んだところで『あれ?そうだ』ということで、いったん戻って取り付けた。
c0206177_11224630.jpg
c0206177_11241844.jpg

見た目は微妙な感じだけど、後方はバッチリ見える。
もちろん、クルマやバイクと同じで、ミラーで確認、目視するということになる。振り返る時、クルマが迫っているのか、クルマがないのかが分かるので、事前準備が出来る。
普段は敬遠するけれど、土曜日はワザと交通量の多い道で確かめてみた。
振動でもびくともせず、ハンドルにピッタリ付いている。もう少しミラーが大きい方が見えるだろうが、横に跳び出してしまうし、おそらくダンシングに邪魔になりそう。このぐらいのサイズで十分である。

自分的には、クランクをデュラエースや高級ホィールにするより効果があるだろうね。バイクの運転が楽になったのである。
by nao-yamaniiku | 2017-05-08 22:10 | バイクメンテナンス | Comments(0)
<< アートスポーツ自己破産かあ 原点回帰 >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
7月
9日(日)
トレニックワールドin外秩父約50㎞

10月
8日(日)、9日(月)
日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
935その後
at 2017-07-23 20:22
予定は未定
at 2017-07-22 19:10
ツールドフランス
at 2017-07-20 21:26
夏か...
at 2017-07-19 21:34
ガーミン935
at 2017-07-17 21:55
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ