nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
禁酒1000日
今日で禁酒1000日が経過した。2年9ヶ月程である。この間はいろいろあったなあ。もちろん一滴の酒も口に入れていない。『日数を数えてたんか』と突っ込まれるだろうが、そうなのである。
1000日というと千日回峰行を思い出すが、やはり大きな区切りである。飲酒時代の自分からするとよく止められたと思うよ。
今のところ飲酒が復活することはないと思っている。いや、信じていると言った方がいいか。ジュースと思って飲んだら酒だった、という事故は起きるかも知れないけれどね。

禁酒して1年ぐらいは、なんとなく『飲みたい』という気持ちが常にあった。煙草の禁断症状も辛かったが、酒の方がいつまでも悶々とする。両方止めてみて明らかに禁酒の方が大変だった。

つくづく思うのは、日本で酒は世間に認められているということ。忘年会、歓送迎会などの会合は、本来的には酒はなくてもいいが、酒とセットは当たり前になっている。普段飲まない人も乾杯だけは口につけることが多い。
『正月ぐらい...』と酒を勧められる。そう言う人には『正月ぐらい酒を飲まないで厳かに新年を...』と言い返したいよ。とにかく禁酒者は静かに、目立たないようにしているのである。
禁酒しても誰にも褒められない。何度か書いたけど、今だに禁酒したことに対して『つまらない』と言われるのだ。普段、人に対して『つまらない』なんて絶対言わないだろうが、こと酒は言わせるのだよなあ。
一方で煙草には厳しい。最近は家でも吸うなという人達が出て来ている。
本当は、たしなみ程度で酒を飲めればいいが、そんなこと出来ない。0か100しかないのである。0を選んだけど正しい選択だとは思っているよ。

酒を止めたのは、これ以上酒に生活を縛られたくなかった。いつも酒を飲むタイミングを考えていた。酒が飲めない旅行やイベントはあり得なかった。
毎日酒を飲んでいたので、常に不調だった。胃がムカムカする。下痢、飲み過ぎでダウン、血圧がいつも高め等々… 今は毎日が快調なのが普通になった。
体調の不良がなくなればレースでのパフォーマンスも上がるかなと思っていたが、その通りになった。自分にとっては、どんな練習よりも効果的だったと思う。でも、今は病後のため、酒が原因でない体調不良だけどね。なにしろ世渡りが下手くそなのである。

一生飲める酒の量は決まっているとよく言われている。どうやら自分のジョッキは、一杯になったということなのかな。それ以上飲んだら酒が原因で命がフィニッシュかもね。

特に禁酒を人に勧めることはしない。酒の飲み方は人それぞれだからね。でも、naoさんのように酒に生活を縛られていると思ったら、それはバカバカしいので脱出した方がいいと思う。でも、そういう人にも禁酒は勧めない。とっても難しいことだからね。障害は多過ぎるのである。

by nao-yamaniiku | 2017-06-16 21:01 | 健康管理 | Comments(2)
Commented by HAL at 2017-06-19 07:39 x
これまで21000日くらい生きていて20歳までが7000日なので14000日のうちたかが1000日、されど1000日。しないを続けるのは素晴らしい。
Commented by nao-yamaniiku at 2017-06-19 19:36
HALさん

経ってしまえば早かったと思います。でも、最初は大変でしたよ。今は中学生のように会合でも何とも思わなくなりました。
まあ、これからはあまり意識することなく禁酒を続けていきますよ。
<< ハセツネ全周2017年6月編 疲労の出方 >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
日の出山敗退、まだ痛む
at 2017-12-17 20:20
プチ故障
at 2017-12-16 21:24
クリスマスが近づいたけど...
at 2017-12-12 23:34
みたけ山トレイルラン応援
at 2017-12-11 21:16
誕生日
at 2017-12-08 21:40
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ