nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
走る目的と目標
『走る目的は?』
達成感、充実感を得た人生を送りたい...  そのために走る。

その目的を達成するための『目標は?』
今は小江戸大江戸とUTMFで満足な結果を出すこと...   
まあ、こんな感じだろうなあ。

目的はいつでも変わらない。でも、目標がブレることがある。
前回のFT50kの時がそうだった。北向地蔵あたりで、『こんなのくだらねぇ』なんて思い始めた。レースに出ても達成感や充実感がない。
目的を達成するための目標は、レースでなくなってしまいそうだったのだ。

ベストタイムはずっと狙いたいが、それは不可能。タイムが悪くなったら...遅くなったらレースは目標ではなくなる...  そんなわけでもないけど...

下々の脳ミソでは一喜一憂、試行錯誤...  さりとてランナーを辞めて、より良い人生を送るため他に活路を見出す度胸もなし。

エントリー表をざっと見渡すまでもなく、年齢別だと最終ページになっている。すでに50歳前半は自分から見れば若手である。
打たれ強いのが自分の唯一の強味だと思っていたが、そろそろくたびれて始めてもいる。

FT50kが不甲斐なく終わって、これからどうしょう?と思っていた。来年はハセツネでなくkoumiを目標にするか?
でも、山の練習はキツイ。しかもほぼ1人なので孤独なもんよ。これはみんなも同じだけどね。だけど何十年も繰り返しているとマンネリになってしまう。3月に控えている小江戸大江戸の練習のロング走も辛いしね。
そんなことを考えて『やだなあ』と思っていた。

そんな目標を見失う危機を脱したのがUTMFの当選だった。当選したら現金なもので『さあ、練習、練習...』と思ってしまう。さっきまでくよくよ考えていたくせに、すっかり忘れてしまったのである。

UTMFが終わった後、どういう気持ちになっているのだろう。
まあ、UTMFは目的ではなく、あくまで春までの目標さ。


2012年の小江戸川越マラソンで82歳のランナーとお話ししたのを以前、ブログに書いたことがあった。
かつてはサブスリーランナーのようであられたが、今は10kmの制限時間の75分が目標だとおっしゃっていた。
『関門にかからず頑張るわ』と言ってウォーミングアップに走り出したその背中は...
とてつもなく大きく見えたのを今でも思い出す。

目標となる方は沢山いるのである。
c0206177_21035616.gif
今日はスーパームーン。
早朝は満月が見えていた。


by nao-yamaniiku | 2017-12-04 22:02 | 最近のこと | Comments(2)
Commented by HAL at 2017-12-05 07:20 x
MFの次の、彩の国とkonmi はよろしければご一緒させていただきます。
Commented by nao-yamaniiku at 2017-12-05 12:33
> HALさん
こんにちは。
えーっ、止めましょうよ、そんなこと...
100マイルは一年に一度で勘弁です(^^)
<< 忘年会シーズンin ロング対応 >>

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
ロードと里山トレイル
at 2018-01-20 20:28
最近の習慣
at 2018-01-17 20:13
五日市周辺の山を走る
at 2018-01-13 19:38
R×Lグローブ
at 2018-01-12 21:18
正月ボケ
at 2018-01-11 20:47
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ