nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
カテゴリ:奥多摩トレイルラン(五日市起点)( 65 )
ロードと裏山ファイブ
いつもより少し早い4時から早朝ランニング。今朝は寒いが、いつもの厳寒ということはなかった。小江戸大江戸が1ヶ月後に迫って来たので、レーススタートからのペース、キロ6分30秒のつもり。
だけどこのペースはダレる。キロ6分ぐらいで走らないと身体が暖まらない感じ。
20km走ったけど、とても疲れた。

珍しく複数人での山行き予定だったが中止になった。やっぱり1人なんだよ。100%に消費税の8%加えて、いつも108%、1人での練習である。
それならとロードのロング走へと8時過ぎにシューズを履いた。でも、ハタと家のカギを忘れたのに気づく。
シューズを脱ぐのが面倒くさい。いい加減な脱ぎ方をしたら、右の足首の関節技が決まってしまい痛さで悶絶...  
もともと右足首は痛め気味だったのでサポーターを巻いていた。キチンと紐を解かないとねぇ。いい加減に脱いでも、履く時は紐を緩めないといけないから同じなのに。
まったく...自分DVである。アホ。

走り出すが100mで痛くてストップ。いったん家へ戻る。気を取り直して再スタートするが痛い...  参ったなあ。でも、さほど大きな故障でもなさそう。
走っているうちに治るかと思いゆっくり走りだす。それに歩く分なら痛さはない。
まっ、走ったり歩いたりすればいいかなと思った。
でも、1kmも走ればつまらなくなる。気持ちも失せた。また、家に戻る。わずか2.8kmでおしまい。

結局、10時20分に武蔵五日市駅に降り立った。あちこち忙しいのである。
歩けるので山歩きのつもりでいいやと思った。裏山ファイブのコースを入る。
c0206177_15271825.jpg
積雪なのでモンベルのリバーシブルグリッパーを持参した。これは脱着が簡単なのだ。裏山ファイブのコースはロードも多いしね。
c0206177_15293952.jpg
1山目の天竺山から下って林道に入ると先行者2つの足跡。動物の足跡も1匹。琴平神社への登りも2つあったので同じ人だろう。おバカは自分を入れて3人と1匹である。
c0206177_15323659.jpg
c0206177_15331120.jpg
大悲願寺では節分会が開催みたい。出店の準備もしていた。
c0206177_16050302.jpg
高尾から網代城山に向かうが、ランナーとすれ違い。『イノシシのようなのがいたので気をつけて』という有難いご忠告をもらう。
『イノシシかあ...』(クマより怖い...)  
ランナーが遠ざかったところで『ウォーッ!』『アーッ!』とか大声を上げながら進む。戦う準備は出来ているが、動物を虐待するのもね...なんて。
c0206177_16424471.jpg
先週は雪がなかった急登もバッチリ積雪だった。当然、ペースは上がらず。まあ、仕方ないし右足首の調子を考えればね。だけど、不思議?山に来たら足首の痛さは気にならなくなったよ。やはり山とロードでは違うのかなあ。
c0206177_16503807.jpg
2山目の網代城山でいつもの写真。
ここまでちょうど60分。

今熊山の登りはさほど積雪はなかった。南側だからね。しかし、下りは...  今熊山からの下りはハセツネ30kと同じコース。雪は多かった。しかも柔らかいのでスパイクはあまり利かず。チェーンやアイゼンのほうがいいみたい。でも、何も付けないより、リバーシブルグリッパーをしている方がはるかにいいだろう。
c0206177_16550964.jpg
別ルートが開通していた。でも、足跡がない。迷ったがいつものコースをチョイス。弱いなあ...
c0206177_16560498.jpg
しかし、下りにくい。この場合、速く下るより上手に下った方が身のため。慎重に進む。うーん、トレイルの練習にはならないなあ。以前は雪道を面白がっていたのに、今日はそうでもないや。

しかし、今日は滑り止めを付けたり外したりである。こんな条件だから仕方ないか...

戸倉城山の登りも今熊山と同じ南斜面のため積雪はあまりない。
c0206177_17011424.jpg
城山から五日市方面。左の山が天竺山、右が網代城山。1山目と2山目の山が見える。ずいぶん遠くから来たんだなあ。
ここまで2時間54分。タイムがかかるのは仕方ないね。
c0206177_17042166.jpg
ここからの下りもよく滑った。ローブを手繰りながら下る。まったく...
だけど、この下りを降りてからは、滑り止めを使うことはなかった。

ラスト5山目は琴平神社の登り下り。
c0206177_17071769.jpg
あまりスピードを出さなかった、いや、出せなかったので疲労はあまりないよう。UTMFはこんな感じのペースかな。

20.14kmを4時間4分10秒。
累積標高は1268mだった。

給食はマルトデキストリンの自作ジェルとゼリー1個だけだったので腹が減った。今日は節分なので武蔵五日市駅近くのコンビニで恵方巻きでもと思った。だけど結構なお値段である。これならラーメンを食べた方がいいに決まっている。結局、家まで我慢したさ。歳を取ると節約が出来るようになった。

朝の感じからどうなるかと思ったが、やっぱり身体は山を欲しているみたい。だけど小江戸大江戸の練習をどうするか。なんか市街地のロードを走りたくないのだが...  

by nao-yamaniiku | 2018-02-03 19:07 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
気持ちはブルー...
ちょっと、いや、だいぶ気が落ち込むことが出来ちゃった。あっ、身体は元気ですよ。
くよくよしても仕方がないが、チキン野郎なので心臓にグサっと刺さってしまっているのである。

だけど走りの方は快調な感じ。
今朝はいつもの時間に20kmほどキロ5分32秒ペースで走る。スマホの今朝の気温は−6℃だったけど、もう慣れた。手は冷たくなって悴むけれどね。ガマン強いのだ。

今朝は935の充電を確かめてみた。ロングレースがあるからね。
c0206177_16564812.jpg
タイムを止めてバッテリーに繋ぐと上部に充電量が表示され、充電されているよう。
c0206177_16573263.jpg
だけどラップを取り始めると充電量が表示されない。
このまま10kmほど走って充電量を見てみる。充電前は92%だった。だけど88%だって。少なくなっている。充電されていない。むむむっ...  
こりゃ、当てが外れた。この後の小江戸大江戸やUTMFはどうしようか?
ちなみに昨年の12月になって、スマホと同期しなくなっている。いろいろやってみたがダメ。今回のガーミン君の相性は良くないみたいだ。

10時半からは武蔵五日市駅の駐車場へ。
積雪があるだろうが、山慣れしていないとね。裏山ファイブなら積雪が少ないと思った。
c0206177_17034311.jpg
c0206177_17040680.jpg
登りは問題ない。
c0206177_17042445.jpg
でも降りは若干滑る。
c0206177_17044908.jpg
林道部分の積雪は問題なし。カチカチじゃないのでガシガシ行ける。
c0206177_17052506.jpg
網代城山への急登は積雪あり。
あまりペースが上がらず、身体が冷えて来た。
c0206177_17063360.jpg
元気そうだけど、ダメ...
ここで気持ちがなくなった。気に病む事も考え始めたしね。武蔵五日市駅の駐車場へトボトボ歩いて戻る。
わずか7.9kmほどの山行き。1時間33分で終了。
c0206177_17093014.jpg
滑り止めのスパイクが仲良く両足共、同じところが取れていた。もう使えないなあ。
手の平を出したらおバカ犬がお手をして来た。お前は呼んでないぞ。

相変わらず冴えない休日だったけど、1月の走行距離は山とロードを合わせて424kmになり、400kmを超えた。走行距離じゃないと言いつつ気になるのは仕方がないなあ。

by nao-yamaniiku | 2018-01-28 19:10 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
五日市周辺の山を走る
東京は今年一番の寒さだという。だけど、積雪・極寒地帯のランナーから比べれば恵まれ過ぎている。周辺の山も積雪はない。山に通うしかないだろう。

とは言うものの病気持ちで虚弱なので、今日は早朝からの山行きは止めておいた。なんでぇ、弱々じゃねーの。

だけどきちんといつもの早朝ランを13kmほど走った。いったん家に帰り家の用事(家事ともいう)をして、9時過ぎに武蔵五日市駅に降り立った。オレ様的には遅い出勤である。

今日はいつも通り過ぎて行かないところの調査。5時間ほど低山でトレーニングである。
まずは金比羅尾根をいつものコース。いつも下らない所を下りいったん市街へ。
朝のランのせいか少し腿が重たい。
自分の備忘録的写真
c0206177_16282075.gif
そして金比羅尾根をコンクリート橋を過ぎて瀬音の湯の分岐まで行く。
c0206177_17024340.jpg
日の出山から五日市に向けて走ると、コンクリート橋から500m?ほどのところに瀬音の湯の標識がある。いつかは?と思っても一度も行ったことがないのである。今日はお初である。
作業車が入れる幅のトレイル。下りやすい。
c0206177_18022114.jpg
c0206177_17283630.jpg
今日の行動食はチャーハンおにぎりを3個。昨日、余ったご飯で作った。でも、作業手順に手違いあり...  さんざん炒めてからふと見ると、溶き卵が鎮座していた。慌てて入れたけど食感は変。でも、旨いと言うことにしておこう。
10年以上前の行動食は手弁当だった。半分づつ食べるのがマイルールだったな。

いったん十里木まで下りる。瀬音の湯から高明神社跡まで行く。
c0206177_17291595.jpg
瀬音の湯の駐車場脇から登るけど、この登りは意外とキツイのである。逆も下り難い。大岳山から最後、瀬音の湯フィニッシュという登山者も多いと思うが、結構たいへんだと思う。
c0206177_17311235.jpg
十里木への分岐。
ここで下ってもいいけど、せっかくだからさらに高明神社跡まで登る。
c0206177_17330147.jpg
ここから十里木まで下る。ここの下りが本道。瀬音の湯へのトレイルより下りやすい。
c0206177_17340698.jpg
里山の風情はいい。
今日はルートを探しうろうろすることも多いが、走りは快調な感じ。
c0206177_17355683.jpg
再度、十里木へ。
ここから城山へ登る。
c0206177_17364088.jpg
光厳寺でいつもの写真を一枚。

さらに沢戸橋から金剛の滝へ行く。
c0206177_17425599.jpg
c0206177_17431012.jpg
金剛の滝から今熊山へ登り武蔵五日市駅へ下る。
28.7kmを5時間9分ほど。
累積標高は1839mだった。

今日はロードと合わせて40km以上走ったのでよろしいだろう。
来週末は用事があって微妙だけど、週末はロング対応しなきゃ。


by nao-yamaniiku | 2018-01-13 19:38 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(3)
Xデー2年目と裏山スリー
くも膜下出血からちょうど2年が経過。
今日は倒れた時間の13時20分は家にいた。ちょっとドキドキだったなあ。

今日は12時までには帰宅厳守だったので、武蔵五日市駅へは、いつもの6時14分着の一番電車で行くつもりだった。
だけど、昨日は20時半前に就寝。早く寝過ぎたか、1時過ぎにいったん目覚めてしまう。その後、くも膜下出血の時の事をあれこれ考えてしまった...   寝付きが悪いのは珍しい。再び ハッと目を覚ましたら6時過ぎていた。あちゃー、寝過ごした。まあ、たくさん寝たからいいか。

この時間から山に行くのも面倒なので、地元の里山かと思ったが、くも膜下2周年だし少しの時間でもいいから、山で元気な姿を見せたいと思った。でも、いったい誰に見せんだよ...

武蔵五日市駅に着いたのは8時20分頃。11時2分発の電車で帰りたいので、そんなには時間がない。
結局、裏山ファイブコースを選択。これだと駅まで戻るのが楽である。

このコースは春まで使いそうなので、途中の神社仏閣に挨拶の参拝をした。
c0206177_12394112.jpg
c0206177_12395740.jpg
c0206177_12402463.jpg
三内神社、大悲願寺、高尾神社...
大悲願時はすごい名前だけど、蚊遣豚さんのブログでうんちくを知ったのだ。
c0206177_12424183.jpg
天気予報の予想気温は低くはなかったが、寒かった。首の後ろが冷たかったのでBuffを頭まで覆う。大げさなのだ。でも、カッチョ悪くても命を守る方が大切なのである。

走りの方は、まあまあ。平坦地はしっかり走れ、登りもそれなりの歩き。
今日は前回忘れた足首のサポーターを右足首に付けた。
c0206177_12521205.jpg
『どうなの?』と言われても分からん。でも、付けないよりはマシだと思いたい。

弁天山を下って今熊神社までロードを走るけど、naoさん的には小峰公園からトレイルに入った方がいいと思う。でも、今日はタイムを確かめたかったので、マニュアル通りロードを走る。

このコースは今熊山の登りは元より、弁天山・城山への登りがそれなりに角度がキツく、下り難いところもありコースとしてはなかなかいい。山から山へ繋ぐロードが邪魔とも言えるが、逆にそこをスピードアップして走ればオールアラウンドの走力が鍛えられるかな。
里山の登りは短いけど、短いから急登になる場合が多い。繋げばアップダウンでしごかれる。冬の間はいいトレーニング場になりそう。

今熊山山頂で1時間34分だった。距離は10kmぐらい。裏山ファイブコースの中間点ぐらいになるのかな。参拝しなければ1時間30分切ったと思う。従って全コース3時間そこそこが自分の走力かな。

沢戸橋まで行ったところでちょうど2時間。時間は10時20分過ぎ。今日はこれで終わり。武蔵五日市駅まで歩道を走る。

16.02km、2時間19分45秒。
累積標高は763m。

この3連休は用事が重なり、まとまったランが出来なかった。でも、健康であれば練習はいつでも出来る。健康が一番。
このブログを読んで頂いている方々も自分の身体を何よりも優先して欲しい。

とりあえず無事に2年が経過するようです。
そして、naoさんの2018年が始まりました。

by nao-yamaniiku | 2018-01-08 18:26 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
山の6神社参拝へ
お世話になっている山の神社へまとめて参拝に行った。
武蔵五日市駅へ6時24分着。平日のダイヤは慣れていない。寒いのでさっさと薄暗い中をスタートする。

先ずは今熊神社へ向かう。広徳寺は山門で一例。今日は多少ペース走で...多少ね。
今熊神社まで28分。駅からなのでまあまあかな。スマホの気温は−4.5℃だって。
c0206177_13354795.jpg
そして今熊山山頂神社へ。今年も何度も登るのだろうなあ。まあ、いつもと同じ感じ。調子は良さそう。ケツを意識。
c0206177_13370509.jpg
c0206177_13372405.jpg
今熊山頂上神社で参拝。
下りに入る。実は右の足首がいつも挫きそうになるので、足首のサポーターを買ったのだ。足首をやっちゃうと大変だからね。山の下りは危険がいっぱいである。ところがソファーに置きっ放し... 慣れないアイテムは脳疾患野郎だと覚えられん。

次は琴平神社だけど、五日市会館から回るのもつまらないので、沢戸橋から琴平神社へ向かう。今日も昨日と同じくらい空気が冷たい。でも、山は風はなかった。これが救い。
葉が落ちて見通しのいいトレイルはこの時期だけの景色。これが好きなのだ。冬の低山はランナーに優しい。今日は素晴らしいビューだった。
c0206177_13400771.jpg
そして元旦にも通った金比羅尾根へ。今日はなるべく走る。でも、心拍数が上がりそうな時は歩きに変える。
c0206177_13414237.jpg
日の出山山頂から今日は御岳山方面の写真。
ここまで2時間51分。想定通りのタイムだけど、それだとがっかりだよなあ。
パンを食べる。止まると寒い。ランナーさんが3人先に行った。目標になるな。
そして御岳神社へ、先ずは下り。

山上集落の辺りからは参拝客も多いと思ったが、普通の休日ぐらいの人数だった。スマホの圏外を脱して、仕事電話もしたけど、日の出山から30分もかかってしまう。今日が仕事始めの取引先もあるからね。微妙なのである。
c0206177_13450964.jpg
御岳神社で参拝。
c0206177_15165293.jpg
どうやらinox氏にFuriosaを背負っているのを撮られた...
大岳山の登りは登山者が少し。いつもの人数ぐらいかな。ストレスはなし。緩い登りは走れるが、急登になるとどうもパワーが出ない感じ。こんなもんかなあ。
c0206177_15301914.jpg
一番行きたかった大岳神社。『今年もよろしくお願いします。健康に気をつけ... やっぱ健康になるようお願いします。住所、名前...』お願いするつもりはなかったが、やはりお願いしてしまった...  でも、ここに来ると入院中にもう一度大岳山に行きたい、と思ったことが甦りホロリとするよ。
c0206177_15300405.jpg
大岳山頂は今年一番の富士山だった。目標のランナー3人組はすでに登頂していた。ガッカリ...
ここまで4時間11分。24.4km。距離は厳しいなあ。

鋸山と馬刈山方面の分岐まで下る。下るにつれ犬の遠吠えが聞こえ出す。嫌な予感....  やがて猟犬が1匹、どころでなく6匹に囲まれる。しかも付いて来やがる。分岐まで一緒だった。猟師さんがいて解放される。犬は慣れているが強そうだからね。自分と同じウチの弱ちぃワンコと大違いである。
馬刈山方面へ進む。

しかし、改めて思った。大岳山から瀬音の湯までは下りの練習になる。瀬音の湯直前までキツイ下り。当然、逆は登りの練習になる。
おおよそ、すべての下りパターンがあるのではないだろうか。しかも長い。足場の悪いところもありスピードは出せない。
c0206177_15434073.jpg
途中、大岳山が楽しめる。馬刈尾根からの大岳山が一番眺めがいいね。

馬刈山のベンチに座りパンを食べる。ここで水は尽きた。まあ、後は下るだけ。ちょっと嫌な下りだけどね。
c0206177_15465461.jpg
高明神社跡でも参拝。これで6神社ミッション終了。
何度か躓き、尻餅をしそうになるがこらえる。瀬音の湯まで6時間19分。トータル7時間以内で終えたい。場違いな瀬音の湯はさっさと通り過ぎる。駐車場は満車だった。みんな温泉が好きなんだなあ。naoさんには分からん。
ヘロヘロ気味だけど檜原街道のロードは走れた。なかなかよろしい。

武蔵五日市駅まで38.1kmを6時間52分16秒。累積標高は2395mだった。
40kmあると思ったが、ガーミンのヤツなかなか厳しいや。

これから週末は山通いが始まるのである。やっぱりUTMFに出るからには完走狙いじゃなく、勝負したい...

by nao-yamaniiku | 2018-01-04 17:04 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
11回目の初日の出の日の出山
c0206177_21043252.jpg
2018年明けましておめでとうございます。

11年連続の初日の出の日の出山。
昨日からちょっと頭の調子がイマイチだった。5時過ぎに武蔵五日市駅を出発して、6時50分ごろの初日の出まで時間調整のため、走ったり歩いたり。11回もやってるとドンピシャのタイミングは分かっているのである。

昨日はあまり食べてなかったので腹が減っていた。途中でソフトフラスクに入れた自作ジェルのマルトデキストリンをチューチュー吸う。今年最初の食料である。今年も自作ジェルにお世話になりそうである。
c0206177_21082992.jpg
グラデーションを楽しむのである。

1時間半ほどナイトランが出来、ヘッドライトを確かめる。ハセツネからヘッドライトに戻したが、腰よりこの方がいいかな。夜の山はいつもながらなかなかよろしい。
c0206177_21330814.jpg
武蔵五日市駅から1時間47分かけて日の出山へ。毎年のごとく一年で一番賑わっている。
11回目だけど、まだ、雨や雪はない。どころか曇りもなく?(覚えてないが多分...) 毎年太陽を拝むことが出来るのは運がいいか。

山頂に着いたらすぐに陽が出てきた。
昨年、1年間の無事の御礼をする。自分的には初日の出は始まりというより、1年が無事過ごせた感謝の日になるね。

山頂へでは10分ほどの滞在で下りに入る。いつもながら、つるつる温泉方面に行く人で最初の階段は混み合っているので歩き。山慣れしていない人が多く、下りの歩き方はぎこちないからね。自分もゆっくり行くのである。トレイルランナーはこういう場合、人様を驚かせてはいけない。
分岐から走り出す。

どうかと思ったが快調である。
だけど、瀬音の湯分岐手前で左腿がケイレン気味になる。少しゆっくり...  すると今度は右腿だよ。お前らは本当に仲がいい。特に痛めるほど追い込んでないけどなあ。

五日市会館まで61分。さらに武蔵五日市駅まで走る。
トータル20kmを3時間5分ほど。
累積標高は952m。
来年も初日の出に行けるように精進しないとね。

お約束の1月9日までに体重59.5kg厳守の本日は60.15kgだった。あとは簡単そうに見えるが、ここから維持して行くのが難しいのである。

by nao-yamaniiku | 2018-01-01 21:31 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(2)
裏山ファイブ他
予定通り五日市までロードラン。
でも、灯油とガソリンを入れに行ったので30分程スタート時間は遅れてしまった。まあ、仕方ない。
5時半過ぎに走り始めたが、この時間はとにかく寒い、冷たかった。予備で持っていたホッカイロをグローブに入れた。久しぶり。
右足ふくらはぎ下部の痛みが心配だったので、ゆっくり走る。休養十分なので身体は楽である。途中、コンビニ補給2回。
14.5kmを1時間42分。
c0206177_23204877.jpg
裏山ベースは人の気配があったので、小心者は交差点スタート。ここから裏山ファイブのコースに入る。
先週、kojiken氏とモーリー君が裏山ファイブの事を話していて、モーリー君から傍にある地図をもらった。その時は『ふーん...』と聞いていたが、その後、調べたら結構な人がコースに入っているらしい。影響されやすいnaoさんは行くしかないだろう。
c0206177_23254098.jpg
走り出すが天竺山はお初なため、いきなり道をロスト。登りで左のふくらはぎが少し痛くなる。ふくらはぎに負担がかからないように登る。痛みはいつの間にか引いていた。
c0206177_23272174.jpg
c0206177_23273597.jpg
裏山ファイブの名通り5つの低山を越えるが、低山特有の直登、直下りがあり、なかなかハード。
c0206177_23290878.jpg
2山目の網代城山。
上はブロックテックパーカー、下はジョガーパンツとすっかりユニクロが定着してしまった。
ここで先に行ってしまい道を間違えてしまう。
c0206177_23384465.jpg
上川町から今熊山へ進む。知らなかったが、こんな看板が何個かある。
c0206177_23393520.jpg
今熊神社で参拝。
今日は地図確認やロストがあったが、走っている時は快調。右のふくらはぎも痛みは出なかった。良かったよ。
c0206177_23411961.jpg
ようやく今熊山で暑くなって来たので、上着を脱ぐ。天気予報通りだった。この時間から走ると楽だね。

久しぶりの戸倉城山への登りは急登。
ここで4山目。
c0206177_23435313.jpg
いつもながら眺めはよろしい。
そして、最後の琴平神社へ。どうやら裏山ファイブパートは3時間半を過ぎそう。まあ、でも想定通り。
武蔵五日市駅へと向かう下りで、女性ランナー発見。久しぶりのあんさんでした。少し立ち話しをする。

結局、35.6kmを5時間35分。累積標高1448m。
裏山ファイブパートの時間は3時間53分ほど。
コースが分かったので30分は短縮出来そう。


by nao-yamaniiku | 2017-12-23 23:52 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
日の出山敗退、まだ痛む
一番電車で武蔵五日市駅へ。改札をタッチして走り出す。今朝のスタート地点は改札である。
足は大丈夫そう。昨日は気のせいだった。ホッとして思わずニコニコ微笑んでしまう。モチベーションアップだぜ。と思った...

だけど、金毘羅山の登りに入ったら、徐々に左足ふくらはぎ下が押されるような痛さが出て来た。昨日と同じ。うーん...
徐々に痛さが増してくる。それでもこの程度なら走り続けられそうである。
c0206177_19230436.jpg
太陽が出るまで少し時間がかかりそうなので先へ進む。

しかし、駅から4kmほどの所で痛みが増したのでストップ。様子を見る。が見たところで良くなるわけはない。
c0206177_19262023.jpg
佇みポーズをタイマー撮影。どうしたんだろうか?
c0206177_19270063.jpg
大岳山まで果てしなく遠く感じた。

引き返す。日の出山ぐらいなら歩いてでも行けそうだけど、無理することはない。
帰路は琴平神社に寄る。
c0206177_19293775.jpg
先の展望台はいい眺めだった。
c0206177_19300797.jpg
スカイツリーは高層ビル群に交わらないので良く見える。
c0206177_19310486.jpg
裏山ベースはランナーでごった返していた。全員、日の出山バーチカルかと思ったが20人ほどは、最近話題の裏山ファイブのツアー?みたい。へぇー、こういうのみんな参加するんだなあ。
c0206177_19351568.jpg
日の出山バーチカルの面々。強そう...
本当は山頂でお出迎えのはずだったが...  山トピ御一行の山小屋忘年会へも顔を出せず...   笑っているが元気はなかった。

9.7kmを2時間1分。
そそくさと帰る。9時過ぎには自宅到着。あーあ、以前から今日はガッツリ山を走ろうと思っていたのになあ。残念。
仕方がないので、来週分の大掃除をやったよ。

足の具合は深刻な感じではない。でも、こじらせたら面倒。
明日朝、少し走ってみようか。

by nao-yamaniiku | 2017-12-17 20:20 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
五日市〜陣場山ぐるり
昨日は一日、出歩く仕事だった。痛めた右膝は何ともなかった。じゃ、山に行くか、と武蔵五日市駅へ一番電車で向かった。

浅間峠ピストンとも思ったが、右膝の調子もあり一度やってみたかった陣場山〜北高尾〜入山峠〜武蔵五日市駅にしてみた。

武蔵五日市駅からスタートする。
しばらくは右膝の様子を見ながら走る。
今熊神社で参拝と今熊山山頂に寄るのを忘れずに...
入山峠まで、2人の試走者に追いつく。全部と鞘口までだって。すごいなあ。

入山峠から市道分岐まで54分だった。まあまあ。そして、醍醐丸までは35分とこれもよろしい。暑いけど、水の消費はあまりない。
c0206177_16240805.jpg
ハセツネ30kコースは藪の中だった。
来年、koumiの100マイルに出るなら、ハセツネ30kのコースをグルグルと思っていたが、ダメだね。藪漕ぎが必要で違う山行になってしまう。
c0206177_16291897.jpg
陣場山でコーラと思っていたが、和田峠でローディーが飲んでいて、たまらずオレ様も購入。
しかし、風上でタバコを吸っていた人達の煙が気になり、場所を移動したり。ちえっ...  ここは一般の人も来るから休みにくいかな。

陣場山で周囲の山をグルリ鑑賞。ここに来るのはTTR以来かな。もっともその時は、真っ暗だったけど。
c0206177_16305187.jpg
夜中はこいつが怖かった。
c0206177_16305495.jpg
醍醐丸から連行峰を眺める。ハセツネコースに行っていたら、今頃、あの辺を登っていたかな、なって思ったり。

ここから堂所までは登山者が多いので嫌なものである。走るのは憚れる。まだ、10時前だけど、今日は登山者が多かったろう。
c0206177_16334451.jpg
道は良すぎるね。
高尾山〜陣場山ピストンは2002年頃、良く通った。今は行きたくないね。でも、夜中のライトテストならいいかも。

ランナーも多い、って、オレもだけど...  ここで走ってもレースでは使えない。
ようやく堂所山へ。北高尾からは人がいなくなる。
c0206177_16364714.jpg
一応、右膝はテープで固めている。どうなのか分からないけど、保護していると思っているので、いいか。気持ちが大事よ。
今日、一番良かったことは、右膝が何ともなかったことである。ひと安心。

この辺から和田峠でのコーラの一気飲みが良くなかったか、気持ち悪くなる。珍しい...  ゼリーを飲むがむせる。しばらくは時々立ち止まって『うぇ〜』と呻く。
c0206177_16422245.jpg
夕やけ小やけの里への分岐で、女性がお弁当を食べていた。いいねぇ。なかなか絵になっていた。あと何年したらnaoさんもこういう山遊びをするのだろうか。仲間には入れてくれそうもないな。
この分岐から2.5kmという標識だったが、結構、時間がかる。あまり人も入ってないよう。クモの巣がまとわりついてウザったい。ちょっと嫌な下りだった。

夕やけ小やけの里はファミリーがたくさんいたので、そぉーと目立たないようにする。
ハセツネ30kのいわゆるT字まで走る。登り基調だけど走れる。この辺で27kmくらい。

ハセツネ30kのコースに入ったら、歩いたり走ったり。もちろん、歩きの方が多かった。ローディーに3人抜かされた。くそぉ...
c0206177_16473293.jpg
崩れた所は石を端に寄せただけ。キチンと直すにはこの場所じゃ、予算は出ないだろうなあ。来年ハセツネ30kはここを通るのかな?
いくつかあって何だろう?と思って近づいたら、スズメバチが入っていた。
c0206177_16494405.jpg
何だよ、怖ぇーよ。
c0206177_16555728.jpg
急登を登るが、だいぶ草がウザくなっていた。
しばらく喘ぎながら進む。ふと前を見るとスズメバチが、2m先を高さ1mほどでホバリングしてやがる。
山で最大の苦手動物である。クマみたいにガンをつけて『やるか、バカヤロー』と言っても、彼には効果がない。

急登だけどダッシュで突破。ここが最大の心拍数だったろう。
トンネル傍のトレイルに逃げる。ここからは安全に林道を進む。
c0206177_16561731.jpg
この時期、ここは使えない。冬まで待とう。

入山峠からは走れた。
結局、五日市広場まで7時間30分もかかってしまった。長い山行である。
距離は38.42km。高度上昇2262m。
c0206177_16585406.jpg
いやいや疲れたよ。
水場で頭から水をかぶって、Tシャツを着替える。
するとランナーが2名ダッシュで顔を洗って去って行った。『ん?』と電車を調べたらあと4分で14時2分の電車が出る。負けてたまるかと、後を追いかける。今日、一番のスピードだったろう。何とかセーフ。
山が終わったらもっとゆっくりしたいよなあ。
セコセコ野郎はしょうがない...

危なかったのは、家に帰っても食べるものが無い。取り出したのはサッポロ一番しょう油味。ナベに水を入れたところで思い直した。水を捨てて、ご飯を炊く。炊き上がりまでガマン。
脳疾患野郎の塩分との闘いは続くのである。
外でラーメンは食べてるけどね...変なヤツ。

by nao-yamaniiku | 2017-09-10 19:01 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(2)
大岳山ピストン
c0206177_20004632.png
どこの山に行くか決めてなく、拝島駅に着いたら、五日市線、青梅線、八高線のどれかに乗って行こうと思っていた。こういう奴が遭難して行方不明になるのである。
c0206177_20030451.png
西武立川駅に着いたら、いい感じの大岳山が見えた。これで大岳山ピストンに確定。

大岳山ピストンの場合、五日市会館から5時間がマイ制限時間である。その辺を誤魔化すために武蔵五日市駅からスタートする。

スタート直後はいい感じだったけれど、金比羅尾根への登りで足が重く歩き出してしまう。やはり、29日の浅間峠ピストンの疲れがあるようだ。

まあ、いいや。この間と同じく心拍数を150台を目安にする。でも、ガーミンがおバカなのか、正しいのか6kmぐらいまでは130台だった。6km過ぎたら150前後になった。

しかし、今日は涼しい。前回の浅間峠とは全然気象条件が違う。おかげで撃沈しなかった。
c0206177_20090644.png
日の出山まで1時間28分もかかってしまう。
c0206177_20104102.png
御岳神社で参拝。
c0206177_20111162.png
綾広の滝水場上部から300mのところにトイレが出来ていた。往路では給水はしない。
今日はペット二本に自作ジェル150mg、それにはちみつとポカリ入り。エネルギーは1000kcalぐらい。ゼリーも持っていたが、食料はこれで足りた。節約なのである。今日は交通費330円だけ。
c0206177_20145278.png
武蔵五日市駅から大岳山山頂まで2時間48分。
1分半だけ休憩。すぐに出発する。

朝、結構な雨だったせいか登山者は少ない。12時過ぎなのに山頂は2人だけだった。この山域は登山者が多いので、昼ごろ通るのはあまり良くない。でも、今日はいいね。
c0206177_20271071.png
大岳山山頂から日の出山まではちょうど1時間。
途中の水場で給水。今日は水の消費も少ない。

気持ち良く金比羅尾根を下って、あと4kmぐらいのところで、左足が地面を踏み抜いた。拍子に右の膝を強打した。inoxからペットボトルが落ちる。しばし激痛に耐える。手で触ると腫れている。そして、しばらく歩き。ちょっとずつ走り出す。
日の出山から五日市会館まで1時間9分だった。

結局、31.17kmを5時間5分。累積標高は1724m。
五日市会館から大岳山のピストンは、4時間56分とかろうじて5時間を切った。

今日は涼しくて助かったよ。ガーミンくんの言う平均気温は21℃。秋の山だったね。
しかし、右の膝は痛くて走れない。参ったよ...


by nao-yamaniiku | 2017-09-02 21:20 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
実はオクムが苦手...
at 2018-02-19 21:26
今日は50km
at 2018-02-18 20:58
大江戸ナイトランも胃痛...
at 2018-02-17 18:15
走り込み月間
at 2018-02-15 22:12
三連休最後の日
at 2018-02-12 20:23
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ