nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
カテゴリ:奥多摩トレイルラン(五日市起点)( 52 )
旧ハセツネ17kコース
昨日の疲れもあったけど、6時前から入山峠に向けて出発。
1時間5分だった。
林道を下って急登へ。
c0206177_17072510.jpg
いつもの場所を撮影。7時前なのにすでに春霞になっていた。

今日のポイントは下り。病気のため、トレイルの力量はいったんリセット。ならば、どちらかと言うと苦手の下りをマスターしようというもの。目が悪かった時は、二重に見えて下れなかった。もう、ずっと続くかと思ってしまった時もあった。見えるようになったので、一から頑張るのである。
ちょんちょんと足の指の付け根で着地するように意識する。なかなか良い感じ。
今熊山から変電所まで9分50秒。まあまあ。
昨日の疲れもあったが走れるものである。少しだけ復活かな。
c0206177_17134626.jpg
今日は、途中でジャケットを脱いだ。この格好が今のところちょうどいいかな。
18.19km、2時間43分6秒、累積標高は1115m。

9時半には家に帰って、昨日から来た孫2号と遊んだのさ。
c0206177_17185790.jpg
しかし、くたびれたぜ。

by nao-yamaniiku | 2016-05-01 20:04 | 奥多摩トレラン(五日市起点) | Comments(0)
また入山峠まで
今日は、水曜日とまったく同じコース。
入山峠から林道を下り、トンネルを越える急登の30kコースへ。そこから入山峠へ戻り刈寄山。そして今熊山、30kコースを下って五日市へ。

ガーミンの奴、優秀で距離は前回、水曜日と同じ18.15kmピッタリ。でも、タイムは30分ほど早い2時間55分だった。休憩しなかったからね。
でも、もう少しゆっくりの方がいい。どうしても登りだと心拍数が150超えてしまうが、出来れば130台ぐらいで押さえたい。
c0206177_20301690.jpg
新緑のトンネルを抜けると何が待っているのだろう。
c0206177_20303064.jpg
曇り空の山もなかなかである。なるべく少しでも毎週山に行きたいものである。
c0206177_20304705.jpg

by nao-yamaniiku | 2016-04-23 20:18 | 奥多摩トレラン(五日市起点) | Comments(0)
入山峠辺り徘徊
病院の予定もいろいろあって無くなった。午後は少しだけ仕事用もあった。そんなわけで、午前中に山に行くにはチャンスだろう。

武蔵五日市に着いた時、グローブを忘れたのに気がついた。まあ、大してスピードは出さないからいいか。

今熊神社までゆっくり。今熊山もゆっくり登る。でも、登って行くうち頭が怠い感じがして来た。さらにゆっくり登る。入山峠に着く頃にようやく調子が出て来た。入山峠まで1時間21分。まあいいだろう。そこからあっちこっち少し行ってみる。
c0206177_13525514.jpg
暑いぐらいの気候だけど、変わらず厚着である。
今日、確かめたかったのは下り。入山峠からどんなもんか?と思っていたが...
おおっ、見えるではないか。メガネをかけない方がいい。メガネをかけると自分の目でないみたい。目が回る。

ちょこちょこステップを刻んで、今熊山からの30kの下りもOK。山頂から変電所まで9分40秒。このひと月でだいぶ進歩した。気持ちいい下りだった。
c0206177_13530774.jpg
4月初めから調子が悪かったのは、身体を治すためだったのだな。今は身体からのシグナルには逆らわないようにしょう。
18.15kmを3時間24分47秒。累積標高は1097mだった。
明日は休足にしないとね。

by nao-yamaniiku | 2016-04-20 21:23 | 奥多摩トレラン(五日市起点) | Comments(0)
山へ行った
c0206177_14265540.jpg
手術して一週間後意識が戻った次の日のこと。激しい頭痛、40度前後の高熱、200を超える血圧で苦しんでいた。
看護師さんに『山が好きなのですか』と言われた。『山に行きたい、山に行きたいっておっしゃていましたよ』
そんなこと言ってたんだ...
看護師さんは『大丈夫、山に行きましょうよ』と言ってくれた。『行きましょうよ』という言葉が、一緒に頑張りましょうと言われたようで嬉しかった。
『そっか...』看護師さんに背中を押されたのだった。

それから、イマイチ動きが悪い左手、左足をモゾモゾ動かし始めた。その時は走れるなんて全然思ってなかった。歩ければいいぐらい。でも、再び山歩きをしたくなって目が覚めている時は、辛く苦しかったが、手足を動かすようにしていた。
c0206177_14273801.jpg
そして、今日、ようやく少しだけど山に行った。
拝島駅から青梅へ行くか武蔵五日市へ行くか迷ったが、武蔵五日市駅行きの方が早く来たので乗車。
最近話題らしい工事中の東京裏山ベースからスタート。昨日は休足したので調子がいい感じだったけど、広徳寺手前ですでに歩き。まあ、いいさ。
c0206177_14275793.jpg
今熊神社で無事生還の御礼。緩い登りのいつも走れている所も走れず。
それより、やはり視界が問題。良く見えない。特に右側が山、左が谷の場合、左がどこまで道になっているのか分からない。2度ほど左足を踏み外した。ゆえにゆっくりでしか行けない。
いつもの里山とは違う。だんだんガッカリして来る。山に行けるだけでも有難いと思わなければいけないのに、まったく欲張りなものである。
入山峠まで1時間20分かかる。まあ、いいか。
c0206177_14281682.jpg
入山峠を中心にあちらこちら行ってみる。とにかく山に慣れなくてはいけない。T字方面に降りて30kコースの急坂を登ろうとロードを下った。だけどロードを走るとフラフラする感じ。なので途中で引き返したり。刈寄山への登りはまあまあ。でも、あまり無理は出来ない。そんなこと分かっているけどね。
c0206177_14283188.jpg
おそらく花粉の散布量はハンパなかったと思う。このところ朝方喉がかれているので、とうとう花粉症か?と思ったりしたが、山では何ともなかったので大丈夫みたい。
c0206177_14284567.jpg
今日の収穫は、自作ジェルのマルトデキストリンにブルーベリーのジャムを入れてみた。すごく飲みやすかった。これは使える。

結局、19.17kmを3時間50分ほど。たくさん休憩したとはいえ遅い。
5~6時間遊びたかったが、まあ、今日のところは、こんなもんでいいか。

しかし… 体力はある程度戻れそう。でも、急激に心拍数を上げるのはまだ怖い。数年ぶりにマェトン理論登場か。日にちが経つにつれて徐々に心拍数も上げられそう。
問題は『目』だ。いくら速く走れても視界不良では不完全燃焼である。右目だけで見ればキチンと見える。でもなあ…
もう少し様子見だ。
なにせ自分の病気の平均入院日数は92日、約3ヶ月だという。それから自宅療養に入る。平均値だったらまだ入院していることになる。まずは順調だと思っておこう。

「習うより慣れよ」トレイルで苦戦しょう。


by nao-yamaniiku | 2016-03-18 17:26 | 奥多摩トレラン(五日市起点) | Comments(2)
日の出山から初日の出
9年連続の日の出山だった。
でも、昨日のランは、まだハムストの調子もイマイチだったが、何と言ってもかったるかった。やっと21km走った。最後の3kmは歩いたりしたけどね。
そんなランだったので、今朝は自信がなかった。なので日の出までの2時間前に武蔵五日市駅を出発した。

まずは五日市会館までジョグ。ところが調子いいではないか。金比羅尾根の登りも走れそうだったけど歩く。今朝は登山者ウェアである。
真っ暗な中、腹ライト、ハンドライトで進む。昨年も11回のレースの内6回は夜間も走った。夜の山はいいね。
c0206177_21584911.jpg
ゆっくり行く。日の出時刻の6時50分ぴったりに着くつもり。寒い中、待機したくないのである。だが、今朝はさほどの寒さではない。
日の出山まで1.9kmの所からは歩く。五日市会館から1時間46分ほどで山頂へ。と言いたいが人が多く山頂から3m下でストップ。
いい天気である。
c0206177_21580589.jpg
c0206177_21593165.jpg
帰路はつるつる温泉の分岐までは、登山者がいるので走らず歩く。分岐を過ぎたらスイッチオン。『いいのかなあ』と思いつつかっ飛ばす。神宮外苑からダルダルランだったけど、足はフレッシュのようである。
なんて、初ゴケもして五日市会館までは、61分30秒と途中まで歩いた割にはグッドであった。
やはり、山が好きなようである。
さて、そろそろ始動だ。

by nao-yamaniiku | 2016-01-01 21:36 | 奥多摩トレラン(五日市起点) | Comments(0)
日の出山TT、PB達成
c0206177_07321620.jpg
昨日の31日(日)は、日の出山タイムトライアム(五日市会館~日の出山)の日。
朝、6時前に五日市会館へ着くが、TTの場合、なかなかスタートが出来ない。どうしても、どのくらいのペースで行くか、撃沈しないかなど心配になってしまう。目標タイムは、PBの1時間12分47秒以内。だいぶ前に1時間10分台の記憶があるが、ラン日誌に記録がないので、現状では1時間12分47秒がPBである。2週間前のTTでは、がんばった割に1時間14分台であったので、もし今回もダメだったら自信を無くしてしまう。なのでTTは嫌なものである。出来れば避けたい。でも、レース以外で現状の自分の実力が分かるはTTしかない。なのでやるしかないのである。

『え~い、ままよ』とスタートを切る。平坦地を飛ばす。でも、金毘羅尾根の取り付きですでに喘ぐ。ここからはずっとゼーハーである。
目の前の路面しか見ない。なので景色は分からない。聞こえるのは自分の息遣いと鳥のさえずりだけ。前の方に見える急坂に心折れそうになるけど、まずは20~30m先を走る。走る。歩かないで走る。
登りきったところの平坦地で、息遣いが『ヒィーヒィー』して足が止まりそうになるが、身体を前にして走る。平坦地、下りではブッ飛ばす。(本人はそのつもり…)

早朝でしかも雨なので登山者はいないと思ったが、ナイトランをしたのであろう2組のランナー達とすれ違った。TTは登山者のいない時間帯でないとね。
65㎞ポストは44分9秒。
スリッピーな個所もあり、『やっぱり…』というところで手をついてしまう。コース状態が万全かどうかなんてどうでもいいのさ。自分の実力じゃ登りなら変わらないだろう。

日の出山直下の階段で走るのを止めて歩く。今日はそう決めていた。歩きを入れる方が走りきるより速いと思っていた。違う筋肉を使うのでいいだろう。階段以外は走る。この辺では完全にいっちゃっている感じ。階段途中でタイムをチラ見。1時間7分台だった。
さらにダッシュで日の出山頂の道標にタッチと同時にガーミンをストップ。
1時間8分47秒だった。
やれやれ、何とか…
山頂の東屋で倒れ込んで、スマホで写真をパチリ。
気がつけば雨は本降りだった。
でも、なんとなく気落ちしている案件もあり嬉しくない。

息を整えて帰路へ。
TTの途中ですれ違った、おそらくナイトランして来ただろうランナーさん達に道を譲ってもらってからは、ビルドアップ的にペースアップ。五日市会館まで60分9秒だった。

タイム短縮は、これ以上はキツイなあ。
次週は9月なので長いのをやらないとね。



日々のトレーニングはこちらで。 naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2015-08-31 21:53 | 奥多摩トレラン(五日市起点) | Comments(0)
日の出山TT失敗の巻
予定通り5時から日の出山タイムトライアル。
4時前に起きたけど、3時間半ぐらいしか寝てない。明らかに睡眠不足。小和田グランドまで車で行くが眠たかった。

五日市会館までジョグをしながら『目覚めよ筋肉』なんてボソボソ独り言。まだ曇り空で薄暗い。
スタートすると最初は涼しいが、金比羅尾根に取り付く頃には大汗。それでも条件はいい方だろう。
自分的には、結構走れているつもり。すっかりPBのつもりでいた。
日の出山直下の階段までは走った。階段も走り気味で進む。
『やったぜ』と思ってガーミンを止めたら...
1時間14分55秒の表示。
c0206177_20203347.jpg
あらら?
その前にひっくり返って喘ぐ。ついでに写真。
なんだあ、ダメじゃん。ベストより2分半ぐらい遅い。がっかりである。
グイグイ走れたつもりだけど、うーん、分からん? でも仕方ない。まっ、走れたからいいかあ。

すぐに帰路へ。
リズム良く行こうと思ったが、日の出山から下りきった所で、気力がなくなる。テクテクと歩き出す。こうなると残りの距離がとても長く感じる。
麻生山分岐まで歩いて、そこで気を取り直す。
毎回、ダメな時に気力がなくなるのでは、イカンぞ! だいたいいつもダメなんだから、ここはしっかり走らないと何も変わらんぞ。と言い聞かす。仕方なしに走り出す。
結局、復路は1時間12分7秒だった。

山足がなくなってないのが良かったかな。9時前には自宅に着いて眠さをこらえて野暮用をこなした。
なのでもう寝るわ。
c0206177_20195823.jpg

by nao-yamaniiku | 2015-08-15 19:57 | 奥多摩トレラン(五日市起点) | Comments(0)
入山峠2回
昨夜は0時ぐらいの就寝だったけど、4時過ぎに起きた。
小雨が降って、山は面白そうなのでワンコの散歩の後に五日市へ向かった。

疲労気味なので近場にした。入山峠へまず向かう。やはり登りのパワーはない。
入山峠まで59分かかる。
でも、そこからの下りはなかなか良かった。速くはないが、小刻みなステップで上手く下れた感じ。このイメージを忘れずに。
2回目の方が登りも下りも上手く走れた。
c0206177_11202368.jpg
24kmを3時間39分ほど楽しんだ。この時期は雨がいいね。
c0206177_11204292.jpg
c0206177_11210065.jpg
9時ぐらいに雨が止んだ。曇りだけど景色はなかなか良かった。

by nao-yamaniiku | 2015-06-14 11:06 | 奥多摩トレラン(五日市起点) | Comments(0)
日の出山へ初日の出
1月3日(土)

正月早々臥せっておりました。
ようやく先ほど、起き上がることが出来た。
35時間近く何も食べていないのでフラフラいたしまする…
『じゃ、体重は…』とこんな状態でも気になるところだけど59.1㎏だった。
やはり運動とセットじゃないと減らないようである。

元旦の夕食を食べた後からお腹が変な感じになった。
早めに寝たけど、深夜2時半ぐらいに目を覚ましトイレに駆け込む。
断酒してから下痢はなくなったので久しぶり。
すぐに吐き気がして嘔吐。
その後はずっと寝ていた。
家の中でもう一人吐いている奴がいると思ったら長男だった。
何かにあたったのかなあ。

午後になって、病院に担ぎ込まれた。
点滴を打ったけど、なかなか血管が浮き出ないみたいで、看護師さんに腕をパンパン叩かれながら『ちゃんと食事してますか』なんて。(バレタカ…)
隣のベッドから長男が『58㎏以下にするとか云々かんぬん…』と余計なことをしゃべりやがる。
『食べないダイエットは身体にいいことありませんよ』と言われた。
家に帰ってからもひたすら寝続け、先ほどようやく起き上がることが出来たのである。
今はお腹の調子より身体中、節々が痛む。
特に腰が痛い。
ボーッとした感じということで、完治するまでもう少し時間がかかりそう。

そんなわけで元旦恒例の初日のランも遠い昔の出来事の感があるけど、来年行くときの参考に…
真冬の早朝なので当たり前だけど寒い、ガンガン飛ばして大汗をかいてから、停滞すると身体が冷たくなる。
そのため頂上には長居したくないので、毎年計算しながら日の出山山頂まで向かう。
今年は、例年より走力がありそう(なんて勝手に思っている)なので時間調整もやりやすいと思っていた。
武蔵五日市駅は5時20分スタート。
五日市会館まで6分、山頂まで1時間24分ぐらいかなと思っていた。
6時50分ぐらいが日の出の時刻なので丁度いいだろう。

五日市会館からライト・オン。
今日は胸ライトというより腰ライトの点検。
足元は腰ライト、先を照らすのはハンドライト。
1時間ぐらいの点灯時間だったけど、まあいいかな。
腰ライトをもう少し工夫して、腰から外さないで電池交換するようにしょう。
今日は、登りは無理せず歩き。
でも登り切った平坦地はスピードに乗せてみる。
途中で水平線の雲の状態を見ると太陽が顔を出すのに少し時間がかかりそう。
そのため、日の出山山頂手前の1.9㎞の案内が見えるところから歩き始めた。
c0206177_21303780.jpg
それでも山頂で12~3分待った。
今年も日の出が見れた。
c0206177_21305972.jpg
毎年のごとく、日の出山山頂は一年で一番人の多さである。
今年はランナーさんを見かけなかったなあ。
16分ほどの滞在で下山開始。
最初は、登山者の方が多いので後ろからゆっくり。
日の出山の直下の石段の下りは慣れていない人だとおぼつかない。
『そうだよな、やっぱ下りにくいよなあ』と納得。

毎度のことだけど日の出山からの下りはリズム良くということを意識する。
今日はだいぶ良かった気がするが、いかがなものか…
このコースに慣れたのか、山に慣れたのか、力がついたのか、思い込みか…
まあ、どれでもいいや。
でも、細かいステップの足さばきはだいぶ良くなってきていると思う。
c0206177_21311834.jpg
帰路は金比羅山の琴平神社に寄って参拝した。
五日市会館より
往路1時間30分46秒
帰路1時間6分46秒
山頂16分ぐらい
武蔵五日市駅~五日市会館往復14分ぐらい
合計3時間6分54秒





by nao-yamaniiku | 2015-01-03 07:01 | 奥多摩トレラン(五日市起点) | Comments(2)
御岳山ピストン
12月21日(日)

昨日と同じく武蔵五日市駅に着くと異様な睡魔が…
目が覚めると6時だった。
これからスタートじゃすぐ明るくなるので、薄明るくなった6時20分にスタートする。
だけど、昨日の山ランの疲労か足が重たい。
金比羅尾根も走れず…
でも、今日はこういう苦戦を想定しての山行きであったのだ。
残念ながら諸々の用事があり(主に掃除関係)12時には、家に戻らなければならない。
疲労気味の上、スタートの遅れで距離は稼げそうもない。

じっと我慢してペース、リズムが出てくるのを待つ。
スピードは出ないがそれなりのペースを掴んで走れるようになる。
昨日の雨は、この領域の山でも雨だったよう。
昨日より寒さは感じたけど問題なし。
c0206177_14022317.jpg
日の出山は1時間31分51秒と平凡なタイムだった。
少し休憩して御岳神社へ向かう。
ここからはなんとなくまったりした感じ。
御岳神社は、早い時間のせいで誰もいなかった。
これで大岳神社、今熊神社、御岳神社とmy山の神に今年一年の御礼が出来た。
長谷川恒男氏のレリーフにもご挨拶。
c0206177_13530480.jpg
c0206177_13523199.jpg
ガックリと疲れが出て来たが、辛抱して走り続け日の出山へ。
まだ、山頂には誰もいない。
少し時間があったので久しぶりに日の出山から麻生山へ向かう。
麻生山から五日市側の下りから東電の送電線へのトレイルに入ってみる。
なんとなく道は不明瞭で急な下りだけど、なかなか面白い。
結局、道が良く分からなくなり引き返すことにしたが、登り返しは結構キツかった。
こんな感じで道迷いするんだろうなあ、なんて思いながらコースに戻った。
コースに戻ると某ランナー氏に「naoさん、またベスト出せました?」と声をかけられた。
ムムム、今日はお恥ずかしながら…という感じでした。
c0206177_13535067.jpg
檜原街道にでると、たいがいここでメンチを買う。
実はメンチが好きなのである。
昨日は下山すると昼時でお客さんが多かったのでパス。
クルマに戻る前にメンチ3個を食べてしまうというのがnaoさん流。
今日は、出がけにインスタントラーメン、ラン中はゼリー1個でお腹がペコペコで我慢出来るわけないのである。

日の出山から1時間39分28秒かかった。

25.33㎞、4時間22分46秒、累積標高1515mだった。
まあ、面白かった。⇒ これ大事。
これで6周連続山行きが出来ている。
ブログタイトルにウソはなし。

昨日、今日と股関節あたりの稼働範囲が上がったよう。
上りや下りで大股になる時の足さばきが楽になった感がある。
毎日10分だけ走る時間を削って、股関節のストレッチをしている。
ただ走るより、走るための身体の部位を鍛えたりするのも効果があるということか。

by nao-yamaniiku | 2014-12-21 13:49 | 奥多摩トレラン(五日市起点) | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
7月
9日(日)
トレニックワールドin外秩父約50㎞

10月
8日(日)、9日(月)
日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
今熊山12本ピストン
at 2017-06-25 15:28
今の健康状態
at 2017-06-23 22:02
富士山ね、うーむ
at 2017-06-22 21:17
とにかく疲労抜き
at 2017-06-20 22:09
ハセツネ全周2017年6月編
at 2017-06-19 06:36
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ