nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
カテゴリ:奥武蔵トレイルラン( 16 )
Fun Trails 50kまたまたまた試走
c0206177_15383262.jpg

某国の大統領に『バカ、アホ、間抜け』と罵られそうだけど、5週連続でFun Trails 50kの試走をした。というとは、来週のレース本番で6週連続である。
たかが50kで何をそんなにイレ込んでいるんだ、と失笑されているだろう。しかし、自分の中に100kはないのである。来週は50kしか、レースは行われないと思っているのだ。

本当は久しぶりに別の山域と思っていた。だけど、昨日見た大会案内に入っていた、50kのボリュームゾーンの8時間27分というタイムは、このオレ様を煽っているとしか思えない。このところの試走で9時間切りが文字通り、『ギリ』な感じだけど、8時間27分というハードルを与えられてしまったのだ。こういうことには、素直に反応するのがnaoさんのいいところである、なんて...

それで、レースペースで(いや、いつもレースペースなんだけど...)前半走ってみようと決めた。今日は午後に用事があり、帰り時間は決まっているので、飯能までクルマにした。
c0206177_14072614.jpg

ウェアもレース仕様。inoxも登場である。
長袖とタイツが必需装備だったので、持つのも重たくなるので着用することにした。
着てれば他に持たなくてもいいのだよね?
シューズはいろいろ考え中。今日は2013年のベテランというか、穴の空いたアディゼロXTにしてみた。これが履きやすいのである。


6時ちょっと過ぎにスタートする。
多峯主山までは問題なし。なかなか足取りがしっかりして快調な感じである。だけど、心拍数は?とガーミンを見ると反応なし。あちゃー、心拍数ベルトを忘れてしまった。まっ、ペースと心拍数は手の内に入っているのでいっか。
配水場までは、レースを想定して渋滞回避でプチダッシュ、といっても大したことないけどね。
c0206177_14072643.jpg

c0206177_14072633.jpg

山頂からこれから行く日和田山方面。麓はガスがかかっていた。
今日は、頭の対策でニット帽&ネックウォーマー着用。少しずつ暖かくなって来たが、外すことはなかった。脳疾患野郎対策は万全にするのだ。

巾着田を超えて5週連続の日和田山への登り。
c0206177_15270157.jpg

すでに案内板が設置されていた。鎌北湖までだったので、まだ途中のよう。
日和田山までは1時間33分だった。まあまあのペース。平坦地・下りはいいペースだと思う。
c0206177_15372712.jpg

50kコースの15km地点の案内があった。ガーミンの奴は14.29kmだという。自分がコースをカットしてるのか、ガーミンがバカなのか...
A7鎌北湖は区間2時間15分。ボリュームゾーンのタイムは2時間25分。10分しか貯金がないのかあ。

今日はボリュームゾーンタイムとの闘いなので休憩はなし。可哀想なのである。いつものようにコーラが飲みたかった。
c0206177_15270285.jpg

鎌北湖は紅葉が少し進んだ。
鎌北湖をぐるり回って北向地蔵へ。参拝もなし。毎度得意のセコセコランになった。ユガテへの緩い下り、そして、顔振峠へ向かう。
ユガテから顔振峠までは、同じようなトレイルで精神的によろしくない。
だけど、連続するアップダウンを上手くこなしたと思った。

で、A8顔振峠、区間1時間35分だって。先週、先々週の37分と変わらん。もー、この区間はガッカリである。
でも、トータルは3時間51分とボリュームゾーンタイム4時間17分から26分の貯金が出来た。よろしいでしょう。
だけどボリュームゾーンタイムは、ここからが早いのである。最後まで競いたいが、それは来週のお楽しみ。今日は、時間もないし、疲れも溜めたくないので、関八州見晴台までで試走はおしまい。ヘロヘロになって逃げたわけではないと強調である。
c0206177_15270237.jpg

今日も天気が良い。

八徳へのトレイルへ向かうグリーンラインにFun Trailsのテープが落ちていた。拾って脇の木に付けておいた。来週のレースで見るのが楽しみになった。オレが付けたんだぞ、と小さい人である。
その後、八徳へ下っていたらスタッフの方が2名、コース案内を付けていた。立ち止まってご挨拶。もちろん落ちてたなんて言わないのである。

八徳からの登りでパンを食べる。ここまでは、ずっと自作ジェルを補給していた。エイドがあれば、自作ジェルだけで平気そう。もっともレースでエイドに寄る時間は1分以内と、先ほど決めたのである。

八徳からの登りは頭が心配だけど、今日は平気そう。どうも下手に心拍数を見続けない方が良いみたい。心拍数なんて忘れちゃうし、結果、頭のことも忘れてしまう。頭が悪いからね。
だけど、高山不動尊までの登りはキツイ。最後の階段で、登山者が20人ぐらい喘ぎながら登っていたので、そこは後ろからゆっくり。助かったりして...
この辺りから関八州見晴台までは登山者を頻繁に見かけた。レースで自分の通る時間は1時間あとになるので、もっと多いのでは... レースは雨の方がいいかもと個人的には思う。

高山不動尊で水を補給。レースではここで補給出来るのかな?
関八州見晴台へ登る。高山不動尊から割と早く着いた感じ。

関八州見晴台、4時間52分。31kmだった。
c0206177_15270379.jpg

c0206177_15270401.jpg

ここでしっかり休憩して景色を見せてもらう。

あとは西吾野駅まで下る。少し足がくたびれて来たけれど、まあいい感じ。
ロードに出た所で電車の時間チェック。11時32分発。今がその時間... 次は12時4分なので、走るのは終了。ここから1kmほどは歩く。いつもはダッシュで駅に向かうが、今日はノンビリ出来た。
トータル5時間39分7秒、35.2km。累積標高は2020m。

誰もいなかったので、駅の前のベンチでパンツ一丁になって着替えたのさ。

さて、先ずは疲労抜き、そしてレースのシュミレーションを楽しもう。



by nao-yamaniiku | 2016-11-12 16:46 | 奥武蔵トレイルラン | Comments(0)
FT50ほぼ全試走その2
c0206177_18373738.jpg

オレらしく、バカのひとつ覚えで、また、先週と同じくFT50のほぼ全試走に行った。
これで4週連続でコースに入るというおバカなのである。コースでそれほどトレイルランナーに会わないので、naoさんが試走王だぜ。なんて...

今日は序盤の巾着田までのコースが分かっているので、前回のロスト時間と今日は休憩時間を少しにした。結果、8時間11分と前回より30分以上の短縮が出来た。
なんとかサブ9の挑戦権を得たかな。でも、トレイルはロードと違って、レースより練習の方がタイムがいいのである。

このコースのレベルは、naoさん的には中ぐらい。一番の難所は、八徳から関八州見晴台までの登りだけど、もっと厳しい登りは他にたくさんある。低山特有のアップダウンもあるが、天覧山から子ノ権現の飯能アルプスの方が手強いと思う。
累積標高は2717mということだけど、50kmの山なら3000mは超えないとね。
なんて、よく言うがキツイことには変わりない。

だけど、山を走るにはいいコースである。
時間にもよるかも知れないが、日向和田山からユガテ以外は、登山者は少ない。自販機や水場もあり給水に便利。トイレもたくさんある。グロッキーになったら、西武秩父線にエスケープも楽である。
c0206177_18373788.jpg

コース上に神社仏閣も多く、今日はレースでは参拝出来ないのでなるべく寄るようにした。
御嶽八幡神社に始まって、日向和田山、北向地蔵、諏訪神社、高山不動尊、金昌寺など。

走りの方は、A7鎌北湖まで2時間17分。前回より12分短縮である。でも、たった12分かあ、と言うのがホンネ...
c0206177_19501399.jpg

鎌北湖の紅葉はレースの頃が見頃になりそう。

A8顔振峠までの区間は1時間37分と先週と同じ。これにはがっかり。絶対、先週のタイムよりいいと思っていた。こういうのが同じコースを走るとストレスになる。しかし、先週のオレも頑張ったのだなあ...

八徳からの登りはいい感じだった。高山不動尊で水の補給。さらに関八州見晴台まで登る。今日はここの登りは短く感じた。

関八州見晴台からは、グリーンラインを中心に両側の山に入る。グリーンラインを走る時は、頑張ってタイムと距離を詰めるのである。

大野峠手前の岩場前で、女子率が高い7〜8人のランナーに会う。なぜか山でランナーに会うと頭が痛くなるのである。分からん?羨ましい病かな。
レースだと沢山トレイルランナーがいるから、どうなるんだよ。
少しスピードダウンして様子見。大野峠手前で先週コケた所は大丈夫。
c0206177_19501446.jpg

刈場坂峠手前のつつじ山へ登る。ここの登りは心拍数を140ちょっとに調整。
コースを通して心拍数に気をつけている。150の前半まで。絶対160には入れない。ペースが速かろうが遅かろうが、心拍数でペースを作る。これが脳疾患野郎の鉄則である。

刈場坂峠を過ぎて丸山を目指す。丸山は960m。FT50で最高標高である。丸山からは、ひたすら秩父盆地まで下る。
c0206177_19501474.jpg

電波塔のすぐ先が丸山である。ダラダラ登りが続く。この登りで頭痛がなくなった。軽い痛みだけど気になる。主治医はそのうち無くなると言うが、それはいつなのだろう?でも、以前よりは痛さは緩く、痛くなる間隔も空いてきている。でも、気になる。

丸山からの下り、県民の森のルートは、やはりよく分からん。
c0206177_19501568.jpg

四番金昌寺の道標。よし、ここからは下りだ。
おそらく先週よりはペースアップしたと思われる下りは、なかなか良かった。別に速い訳でなく、頭痛もなくなり気持ちが良かったのである。
途中、塞いでいた倒木も無くなっていた。スタッフの方が片付けたのだろう。ありがたい。
c0206177_19501549.jpg

金昌寺まで7時間48分。でも、県民の森でプラス10分ぐらいかかるだろうから、実際は8時間ちょうどぐらいかな。
むむむ... ひょっとして、レースでは8時間台いけるかな?

ここからは、先週と同じく横瀬駅まで。今日のスタートは先週より30分ぐらい遅かったが、14時44分の同じ電車が乗れるか。
飯能中央公園から横瀬駅まで総トータル、8時間11分22秒。累積標高は2774mだった。

横瀬駅にはファミリーが大勢いた。なんかイベントがあったのかなあ。
着いたのは14時40分。残り4分。ダッシュで上だけ着替え、手、顔を洗う。今日は奥様達の視線が気になり、ズボンは替えず。

電車は当然座れず。チョー足が痛くて泣きそう。腹も減るし...
ファミリー達はみんな座っているが、おいらはおじいさんなんだぞ。優しくしてくれい...
いつも終わった後が大変なのだ。

さて、もう試走はおしまい。
なんとなく作戦の目処も立ったかな。




by nao-yamaniiku | 2016-11-05 20:01 | 奥武蔵トレイルラン | Comments(0)
FT50全試走(ほぼ...)
DNSのハセツネから3週間。毎週、山に行ったので、少しトレイル力がついたと勘違いしているよう。ならばFTR50全試走で実力を確かめてみようと出かけた。

時間がかかりそうなので、飯能中央公園を5時50分にスタート。ちょうど明るくなり始めた時間帯である。
c0206177_20130396.jpg

今日は目立たない格好である。

スタート位置が分からないが、多分この辺りと思えるところで出発。

主催者の地図を持つが、これがコースだけ記しがついているので、分岐などが分かりにくい。当然、山と高原地図(1993年度版)を併用である。
だけど、いきなり迷った。おそらく配水場の方かなと進む。
昨年の飯能のエイドに着いたら、武蔵丘ゴルフで女子プロのツアーがあるみたい。警備員さんが大勢いた。

巾着田でも迷った。でも、たぶんコース取りは合っていると思う。初めてコースに出る人は迷うだろうなあ。

女坂を登る。ここは問題なし。日和田山から高山不動尊までは、先週も通っているの地図は不要である。
A7鎌北湖、2時間29分49秒。距離は16.78km。
まあ、迷ったわりにはまあまあかな。
レースではここまでの区間、のんびり様子見しながら走りたいものだが... たぶん、渋滞はそれほどないと思うし。
ここで7分47秒休憩。
先週と同じくコーラを買っておにぎりを食べる。ついでにトイレも。

今日は朝が早いせいか登山者はあまりいず。実は登山者が気になっている。レース当日、500〜600人ぐらい通るので迷惑かけたら嫌だな。100の方は夜なので問題なし。
今日はコース通り鎌北湖をぐるりと回る。

ちょっと仕事で疲れ気味で、途中でおしまいもありかな、と思っていた。だけど、なんとか最後まで行けそう。
北向地蔵〜ユガテ。ユガテの手前では水場で補給。
A8顔振峠、区間1時間37分49秒。区間距離は9.55km。
先週より遅いが、鎌北湖を回ったからか。

ここでも7分ほど休憩。
パンを食べる。吾野から上がって来たというランナーと話す。彼も50に出るらしい。今日は県民の森から芦ヶ久保駅に降りるという。地図を出して見てみる。"なるほど、チミィそれいいね"とその気になったり...
彼とは高山不動尊まで前後した。彼が休憩中にセコく先に行く。トレイルランナーに会ったのは5人ぐらいかな。

さて、ここからが力の差が出るところである。だいたい半分を過ぎて疲れもある。
どうかな?と思った八徳からの登り。今日はダメだった。ちょっと頭に違和感が出て立ち止まる。小休止。無理はしない。だけど、違和感が出たのはここだけだった。
高山不動尊から関八州見晴台までの登りに喘ぐ。だけど、ペースがつかめて来た。

そこから先は、丸山までグリーンライン沿いのトレイルを進む。グリーンラインを通れば楽だけど... 30km超えるて疲れているが、登りも下りも淡々と進めるようになる。でも、キツイよ。
去年のレースでこの辺りは、猛烈な睡魔と夜中なので、まったく覚えてない。初めて通るような感じである。

飯盛峠〜ブナ峠〜刈場坂峠とオクムでお馴染の場所を通るけど、山道から出てくるので別な所みたい。
レースでは、刈場坂の手前でスタッフのkojikenさんと話したが、それがどこだか分からなかった。似たような道ばかりである。

名前の由来が知りたいカバ岳。
c0206177_20130479.jpg

小学生の頃、何故かカバが好きで、上野動物園によく行った思い出がある。

大野峠まであと20mという所で、並行しているグリーンラインを走る高級バイク達が気になり、躓いて転んでしまう。アホ。山道でヨダレを垂らしてよそ見するとこうなる。よそ見は立ち止まってからだぞ。

最後の登りの丸山。登りきったら、登山者が多かった。車で来ているのかな。
キツイところが終わったと思ったが、ここから金昌寺へのトレイルが分からず迷う。ウロウロする。仕方なくスマホを取り出し現在位置を見る。便利な時代になったものである。でも、反則だよなあ。

A9県民の森は、迷ったこともありラップを取らず...
まあ、どこがエイドで、どういうルートが正しいかは本番のお楽しみよ、ということで。

しばらくしてコースに復帰。昨年のレースでは、ここから目が覚めて、フィニッシュまでぶっ飛ばしたのでいいイメージがあった。今日もそれなり。実際は、レースの時はそんなにスピードは出てなかったと思う。イッチャッテいたからそう感じるだけだろう。
いい道だと記憶していたが、所々、道が悪い所がある。
金昌寺まで8時間18分。
c0206177_20130460.jpg

レースでは、ここからまだ、ウニャウニャと秩父神社まで行く。でも、今日は里心が出て早く家に帰りたい。心が弱いのである。汚い格好で、市街地を秩父神社までウロウロするのもオシャレでない。

横瀬駅に向かう。途中で電車の時刻を調べて、いつものようダッシュで駅に向かう。
14時44分の電車にセーフ。まったくいつも最後が疲れるぜ。

8時間44分39秒。50.61km。累積標高は2826mだった。
c0206177_20130528.jpg

終盤を端折ったので、やっぱり9時間は超えるだろうなあ。
でも、今年になって初の50km越えである。まあ、今更ね。

紅葉?景色を見ている暇はなかったなあ。いつもセコセコと必死に先に行くので余裕なし。山を楽しんでいないのである。

主催者が言うには、距離は約52km。累積標高は2717m。ガーミンくんの計測だと合っている感じ。トレイルの距離は主催者より少なめになることが多いが、昨年のレースもそうだけど、FTR100kの距離はガーミンくんとほぼイコールである。

食料は1000カロリーほどの自作ジェルをペットへ。400mlほど消費。あとはおにぎりとパン。塩タブレット4個。
3ヶ所、エイドがあるので自作ジェルだけでいいや。
水もエイドを考えるとレギュレーションの最低の量でOKかな。


c0206177_11230812.jpg

夜は武蔵村山市主催の村山デェダラまつりを見に行く。身内が出店しているからね。
前は自分もボランティアをやってた。でも、地元色が強すぎて、ていうか当たり前だけど... そういうのが交われないのだなあ。

by nao-yamaniiku | 2016-10-29 19:15 | 奥武蔵トレイルラン | Comments(0)
FTR50プチ試走
山に行きたくない。じゃ、休みの日は何すんの? 毎週、孫が遊んでくれるわけでもないし、掃除?そんなのは2時間が限界である。
結局、無趣味な自分はやる事がないのである。

家に大人しくいる柄ではないので、結局、山に行くしかない。山から逃れられない。毎度、お馴染みの低山撃沈シリーズである。


FTR50も迫っているので、東飯能駅から高山不動まで試走モドキをした。
今朝は7時半前に東飯能駅に到着。
レースコースは、飯能市民会館から多峯主山方面に行き、巾着田をぐるりするが、そこはパス。
東飯能駅から直接、巾着田から日和田山へ登る。レースでは女坂だけど、男坂をチョイス。こっちの方が面白いからね。
先週よりペースはゆっくり。ほぼ1時間で日和田山山頂へ。ここまで6.5kmほど。
c0206177_14012241.jpg

今日はトレック ナオシャツでレース仕様である。

物見山を通って宿谷の滝方面へ降る。道が悪い印象があったけれど、それほどでもなかった。滝では修行をやっているようで、寄ろうと思ったが止めておいた。
c0206177_14012309.jpg

日和田山から45分ほどで鎌北湖到着。ここまで10.6km。1時間45分が経過した。

c0206177_14012305.jpg

c0206177_14012451.jpg

鎌北湖はレース時にエイドになっている。なので休憩。コーラを買って、ベンチで座っておにぎりを食べる。今日は珍しくゆっくりと休憩である。昨日のバイクとスイムの疲れが残っているからね。ケアしないといけないのである。

鎌北湖もぐるりがコースだけど、面倒なのでやらず。アスファルトはつまらないからね。直接、北向地蔵に向けて登り出す。
c0206177_14012507.jpg

なにやらロードレースがあるよう...
ここの登りは大丈夫。それ程の勾配でもない。力のあるランナーは走れる。
北向地蔵には誰もいず参拝出来た。今日は天気もまあまあなので、もう少し登山者がいると思ったが、少なかった。

登山者は少なかったけど、猟師さんは目立った。すれ違う時『降りは足痛くねぇか』と声をかけられた。思わず『皆さんの方こそ道じゃないとこ行ってるじゃないですか』と返した。少し立ち話。若い頃は、犬と一緒に走り回ったとおっしゃっていた。おまけに『おぅ、猟師になれ』だって。いいかも...
この世界も高齢化しているよう。トレイルランナーは猟師が合ってるかもね。

ユガテで先行しているランナーに追いついた。今日は抜かしたあと、後ろを気にするのは避けたい。でも、立ち止まったので、行くしかない...
ユガテからはレース以来である。あの時は真っ暗だったけどね。
c0206177_16005728.jpg

諏訪神社の手前で今度は抜かされた。昨年のタイム、17時間台だって。トップ10じゃん。少しついていくが、レースタイム5時間の差は如何ともし難い。
お馴染みのグリーンラインを通り、顔振峠に到着した。
区間タイム1時間36分。区間距離8.6km。
3時間20分、19kmを越えた。
c0206177_16005896.jpg

ここもレースではエイドになっているので、10分ほど休憩。またコーラを飲んでパンを食べる。

ここのレースコースは、とてもイジワルである。
鎌北湖に降らせて北向地蔵に登らせる。顔振峠から八徳に降って高山不動尊まで登らせる。累積標高を稼がせているのである。
去年は八徳からの登りで超睡魔発生。この睡魔はかつて経験した中でも超上級であった。フラフラしながら登った嫌な記憶がある。
八徳からの登り始めはキツかったが、途中からリズムが出て来た。
そうそう、これこれ。これがnaoさんの登り方だよ。楽に登れるようになった。意外と早く登りが終了。

でも、ここから高山不動尊への道をロスト。瀬尾の方面へ降りてしまった。途中で気が付き登り返す。別に降って吾野駅でおしまいでも良かったが、高山不動尊へ寄りたかった。
c0206177_16005804.jpg

参拝しなきゃね。でも、ヘロ顔。
ここの区間は57分、4.83km。
4時間28分、約24kmが経過。
うーん、レースは約2倍の距離。やっぱり9時間は大幅に超えそう。
ここまででいっぱいだしね。

今日はここまで。
西吾野駅に向けて降る。
この降りの走りはなかなか良かった。
アスファルトに出たところで、電車の時間をチェック。12時32分発。時間は12時15分。あと1kmをダッシュ。やれやれだぜ。

駅の外のベンチで上半身裸でシャツを着替え、ランパン脱いでパンツ姿になってシャカパンを履く。もう、人に見られても恥ずかしくないお年頃である。

総トータル27.73km。4時間56分だった。累積標高は1641m。

さて、なかなか力の衰えを再確認した試走になってしまった。でも、八徳からのいい感じの登りを忘れないようにしよう。
しかし、とても疲れた...



駅に着いてスーパーに寄った。買い物カゴにパンを入れて、サラダでもと思って野菜売場へ。でも、やっぱり高くて買えないや。レジを見たら並んでいたので、パンだけ買うのも気が引けた。売場に戻して店から出て来た。
冴えないのは山だけではないのである。
あーあ...





by nao-yamaniiku | 2016-10-23 16:30 | 奥武蔵トレイルラン | Comments(0)
飯能ぐるり
どうもヤバイ。
ハセツネを初めてDNSしたら、心が折れた。キツイ山のレースに出るのが、バカバカしくなってしまった。
じゃ、バイクは?これもかったるい。危ないし。水泳もいい歳して何やってんだ?と思い始めてしまった。

昨日は、グリフェスでOTKの話題になり、モーリーくんに『TTRしよう』なんて言ったのは、自分の心に火を灯そうと思っただけ。

そうは言っても山に行ってみようと東飯能駅に向かった。
東飯能〜日和田山〜ユガテ〜東吾野駅〜天覚山〜飯能アルプス〜東飯能駅というぐるり予定。
でも、夏に2回やって2回とも、東吾野駅でおしまいという苦手なコース。当然、今日も東吾野駅でおしまいでいいやと思っていた。

9時15分にスタート。
c0206177_19205185.jpg

c0206177_19205284.jpg

北向地蔵までは、まあまあ。風邪後なのでゆっくり気味。なんせ11日ぶりに走ったのである。足はフレッシュみたいだけど、ぎごちない感じ。ロードだったらいいかも。山はパワーを使うのでダメ。

ユガテからの下りで、徐々に身体が重たくなって来る。でも、頭に違和感はなさそうなのでよろしい。

東吾野駅に到着。
ここまで16kmちょっと。2時間20分ぐらい。
ベンチでおにぎりを一個食べる。あとの行動食は自作ジェル。これが800カロリーぐらい。
c0206177_19205345.jpg

線路を渡って天覚山へ。
途中、尾根道と沢道があり、尾根道をチョイス。しかし、簡単な登りかと思ったが、結構なアルバイト量である。
c0206177_19205422.jpg

この辺りにはこんな道標が多い。大切にされているのが分かる。
c0206177_19205410.jpg

ようやく天覚山に到着。やはり、ここはいつも登山者が多い。飯能アルプスはあまり登山者は見られないが、ここはいつも賑わっている。

ここからは、登ったり下ったり。
もう、ヘロヘロ。
そして、転んでしまう。まったく受身を取れず、下りでそのまま全面セーブ。メガネが飛んだ。右のふくらはぎが痙攣。
右の膝と痙攣したふくらはぎが痛む。
c0206177_19205542.jpg

東吾野駅へと妥協しそうだけど、思い直して先へ進む。だけど、これが大変だった。
やっぱり飯能アルプスにやられてしまう。
c0206177_19205653.jpg

もう、終わっている。
やっぱ、こんなの止めようと超マイナス思考。『くっだらねぇ』なんてボソボソ言いながら飯能を目指したのである。
c0206177_19205736.jpg

やっと着いた多峯主山から、ぐるり回った山が見えた。

結局、東飯能駅まで25.2km。4時間58分。累積標高は1585m。

もう、山には行かねぇーよ。





by nao-yamaniiku | 2016-10-16 18:34 | 奥武蔵トレイルラン | Comments(2)
奥武蔵、また敗退...
日曜日のリベンジをと満を持して休みにした。

朝は拝島で電車を間違えることなく、順調に7時過ぎに東飯能駅に到着。前回より1時間近くスタートが早いのでご機嫌である。

だけど走り始めると蒸し暑さで早くも口をパクパクしだす。こりゃ条件は悪いなあと思いつつも高麗峠を目指す。
c0206177_10365763.jpg


日向和田山の登りはゆっくりのつもり。だけど喘いでしまう。わずか標高305mの山にやられてしまう。トレイルランナーの皆さんは、この10倍の標高を楽しんでいるのに情けないものである。
c0206177_10365896.jpg


今日は休むつもりがなかった先の自販機で、やっぱりコーラ休憩する。

宿谷の滝方面には行かず北向地蔵へ向かう。ここの道は楽勝。
c0206177_10365841.jpg

前回は、登山者が多く休んでいたのでお礼参りしなかったが、今日は独占である。
c0206177_10365943.jpg

ユガテへのトレイルはトレニックワールドの100マイルの標識があった。このレースは一体何人が完走できるのだろう?日本の100マイルで一番キツイのではないかな。

快調と思っていたが、ユガテから東吾野駅へ向かう下りで力尽きた。
いきなりお腹あたりが重たくなり気力がなくなるという、いつものトレイルやる気なくなる病が発症。
c0206177_10365976.jpg

まあ、ムチを叩いて先に行ってもいいが、今は何の効果もないだろう。
連続で東吾野駅で佇むのであった。
c0206177_10370099.jpg


だけど、ランナー、登山者はゼロで、短い時間だったけど楽しかったかな。
14.32km、2時間26分、累積標高598m。

帰りは最寄駅の西武立川駅に着くのを待っていたかのように、いきなり豪雨。
『まあ、いいや』とびしょ濡れになって帰った。

by nao-yamaniiku | 2016-08-18 15:08 | 奥武蔵トレイルラン | Comments(0)
奥武蔵の山敗退...
今日は、東飯能〜鎌北湖〜ユガテ〜東吾野〜天覚山〜飯能とぐるっと回る作戦であった。

拝島で八高線で、発車の音楽が鳴ったのに反応してしまい八王子行きに乗ってしまった。脳に問題あり。
じゃ、北高尾と思ったが、あのコースに今日は行きたくない感じ。キツイからね。
調べたら小宮駅で下りの電車が、すぐにあるようなので乗り換えて、無事に東飯能へ到着。

さらにザックを背負うとケツが冷たくなった。ハイドレが漏れていた... もう、そろそろ限界かな。直しつつし6年使っているからね。でも、今月はハイドレが買える予算がない。
取り出してみたら、補修してある箇所がダメになったみたい。もう少しがんばってもらわないとね。帰ったら補修だよ。
c0206177_14222627.jpg


モタモタしていたので、スタートは8時近くになってしまった。
まずは宮沢湖方面へ向けて走る。今日のコースは、FTRコースもモロかぶりである。というか模倣である。
宮沢湖は回らず、高麗峠を経て日向和田山の登りへ。レースでは女坂だけど、もちろん男坂をチョイス。超プチプチアルプスを味わうのさ。
今年は、いや、今年もアルプスへは行かず。病後ということもある。2、3年前までは夏の楽しみにしていたのに... なぜかアルプスを走ることに魅力が無くなってしまったのだ。だいぶランナーが増えているようだし。登山者も多いしね。危ないし。
だけど、滑落、転倒のリスクは低山でも同じ。今日は、山の日のウェットな路面と違いドライであった。そうなるとザレた所は滑りやすくなる。集中していないと危険度はどこの山も変わらない。

久しぶりの日向和田山の岩場は面白かった。そのあとのザレた下りは慎重にね。
途中のロードでコーラタイム。先週は仕事が忙しく出張も2回あり、睡眠時間が少なかったので、どうか?と思ったが、あまあな感じだった。(ここまでは...)
c0206177_14222638.jpg


宿谷の滝まで行ってみた。
その後、いったんロードに出て少し降るところを、試しにと上がってみた。
『なるほど』と思う場所に出て来た。鎌北湖は迂回になった。
c0206177_14222660.jpg


北向地蔵を越えてユガテまで。
そして、東吾野駅へ向かい、天覚山に登り返す...はずだった。

途中、10人ぐらいのトレイルランナーのグループに道を譲ってから走り出した。なんか頭に違和感が出て来た。ヤバイかなあ、とトラウマ。先週もランナーを抜かしてから頭痛がした。そうなると頭が痛み出す。山の日の頭痛と同じ。トレイルランナーは近寄らないで欲しい...

東吾野駅が近いので、そこでおしまいにした。
でも、ちょうど目の前を飯能行きの電車が通過。今日はついていない。30分ぐらい待ち時間があったので、やっぱ先へ行こうかと思ったり。
c0206177_14222704.jpg

いつものように上だけ着替えて佇む。

少し休んだら頭痛は消えた。
距離16.40km。タイム2時間54分。累積標高802m。

まあ、筋肉系というか、他が疲れているのだろう。今日もさほど暑くはなかったが、発汗は多い。夏は無理しても力がつかない。←あっ、初老の人はね。それに早く帰ればやる事もあるしね。
まっ、いいか、と強がりである。
by nao-yamaniiku | 2016-08-14 18:00 | 奥武蔵トレイルラン | Comments(0)
西吾野駅~子の権現~竹寺~大高山~飯能まで
c0206177_16405950.jpeg
山に行くことは決めていたが、どうしようか迷っていた。ユーロのイングランドVSロシアを見ながら、何気にトレニックワールドのサイトを見たら今日は飯能・越生のレースがあるではないか。
よし!とユーロは途中で止めて、山の仕度はしてあったので駅に向かった。
c0206177_16413215.jpeg
西吾野駅に着いたのは7時ちょうどぐらい。
ここからコースを逆走して選手とすれ違う作戦である。レースは飯能を7時半スタートなので、トップ選手は竹寺辺りですれ違うかな?と思っていた。

西吾野駅を出発して、コースを思い出しながら進む。山と高原地図は持ってきたがレースのコース地図は忘れたのである。
でも、やっぱり子の権現までのルートをロスト。仕方なので、途中で舗装路に出たのでそこから子の権現まで向かう。
でも、コースをロストしたのはこの区間だけで、あとは大丈夫だった。
c0206177_16451881.jpeg
西吾野からのトレイルはいい感じだったけどね。
竹寺ではエイドの準備をしていた。

選手とすれ違ったのは、前坂の先、飛村あたりだった。
そこからは、ずっと選手が前から来るので、道を譲りながら進んだ。でも、もっと数珠つなぎになるかと思ったが、そうでもなかった。どうも参加者は少なそうである。

大高山下の最初のエイドでは多くの選手が休んでいた。レースではここまで12㎞ぐらい。昨年は、スタートから2時間13分もかかったのである。コースのキツさは十分に承知している。
大高山までの間にお知り合いの方々とたくさん会えた。がんばっている姿に刺激を頂きました。『naoさん』とお声をかけてくれた選手もいた。みなさん、レースにも関わらず病気のことを心配してくれたり、余計な応援者であったかも。でも他の応援者は見かけなかったなあ。

大高山を過ぎると、あとからスタートした30㎞の選手が多くなっている。だけど、数が少ないみたい。
天覚山で最後の選手に会った。トップとすれ違ってから4㎞ぐらいじゃないかな。
天覚山からはスピードアップと言いたいが、こちらも20㎞ほど走ってダルダルである。スピードは出さないが辛抱強く走る。だけど、飯能アルプスのアップダウンはキツイよ。『多峰主山まで5㎞』の標識にはガッカリしたが、がんばる。

飯能までは27.13㎞。5時間37分36秒。累積標高は1838mだった。
いや~疲れたぜ。
c0206177_16425309.jpeg
そげんさん優勝おめでとうございます。トップなのにわざわざサングラスを外してくれたりして、すみませんでした。



by nao-yamaniiku | 2016-06-12 18:14 | 奥武蔵トレイルラン | Comments(4)
FTR100試走(飯能~高山不動尊)
西吾野駅まで降りて来てスマホを見たらパリが大変なことになっていた。楽しい雨のランだったけど気持ちが落ち込んだ。

飯能市民会館の駐車場を出発したのは8時前だった。まずは1㎞ちょっと先の飯能市観光案内所へウォーミングアップジョグ。ここは、7月のトレニックワールドのスタートと同じコース。トイレに行きたかったが、シャッターが閉まっていて使用出来ず…
c0206177_17144846.jpg
宮沢湖方面に行くが、ここの案内がおかしかったのかnaoさんがおかしいのか? 案内は高麗峠方面になっていて、一度高麗峠まで行く。でもコース図は宮沢湖あたりを回ることになっているので、いったん戻る。もう一度確認するが案内は、やはり高麗峠方面になっている。『まあ、宮沢湖あたりはいいか』と高麗峠から日和田山へ向かう。
c0206177_17090962.jpg
ここの登りで、いきなり左の膝が抜ける感じの痛さが出る。『イテテッ』やはりハセツネの疲れはこういうところに出てしまう。あまり膝に力が入らないように登る。女坂の方なんだあ。女坂は実は初めてかも。
c0206177_17100245.jpg
次第にはっきりとした雨になって来る。今日は雨のつもりなので降ってくれないと困る… でも、トレントを着るほどでもないし、さほど寒さも感じない。ちょうどいい。登山者もいなくて都合がいい。紅葉も進んで来ているのでなかなか良いぞ。
今日は、あまりムキになって走ることない。でも、ゆるい登りは走る。来週は50㎞以上走ってからなので歩きだろうけどね。
宮沢湖方面に行かなかったので意外と早く2時間かからず鎌北湖に到着。ここは6月のオクム以来である。
鎌北湖をグルリと回って北向地蔵、ユガテへ向かう。
c0206177_17114562.jpg
c0206177_17104198.jpg
ここのルートは分かっているようで…だったが、走ってみると『なんだあ』という馴染みのトレイルだった。
ここからは奥武蔵グリーンラインを中心に左右のトレイルを行く。登ったり下ったり。平坦地もあるがレースでは精神的にキツイかも。50kコースの選手はガンガン行けるだろう。

顔振峠でコーラでもと思っていたが水はいっぱいあるしスルーした。
ここからいったん下って、高山不動尊を登り返す。
今日は高山不動尊まで。疲れを溜めたくないし、なんとなくコースのイメージはつかめた。
26.22㎞を4時間18分だった。累積標高は1793m。まあ、今日はこんなもんかな。
あとは西吾野駅に下って総距離29.76㎞、4時間49分。
c0206177_17132000.jpg
雨だったけど結局、トレントは着なかった。パワーメッシュとアクティブスキンのWアンダーとユニクロのシャツでOKだった。下は、アクティブスキンとルーズタイツ。
シューズが問題。HOKAのスティンソンATRだったが、やっぱり右の外側のくるぶしが当たって痛む。下りは痛くて参った。レースではスティンソン・エボかなあ。
レースもせめて日中はこのぐらいの気温だと楽だけどね。どうかな。あまり期待しない方がいいかも。

by nao-yamaniiku | 2015-11-14 17:03 | 奥武蔵トレラン | Comments(2)
武甲山へ
山歩きをして来た。
裏山口駅〜武甲山〜横瀬駅。
まあ、fun trails 100の様子見。
武甲山の登りだけで結構、いっぱいになるかも。本番は、相当ゆっくり行かないと潰れてしまいそう。
c0206177_17501345.jpg
c0206177_17503865.jpg
レースでも紅葉が見れそうである。夜間の防寒対策含めて、作戦会議をしなくては。
18kmを7時間9分もかけて歩いた。たまにはゆっくりもいい。
c0206177_17530147.jpg

by nao-yamaniiku | 2015-11-05 17:45 | 奥武蔵トレラン | Comments(2)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
5月
20日(土)〜21日(日)
トレニックワールド100mile
最新の記事
カタクリを忘れていた…
at 2017-03-27 22:28
フォトロゲイニング日の出20..
at 2017-03-26 19:33
今日は孫2号と...
at 2017-03-25 21:52
春は足踏み
at 2017-03-22 22:33
三浦半島まで
at 2017-03-20 22:20
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ