nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
カテゴリ:ハセツネ試走( 54 )
浅間峠まで
今日はsasashinさんのグループにお邪魔して、浅間峠までハセツネの試走に行った。というか連れてって頂いた。
いつも100%ひとりなので、グループ走行なんて、いつ以来だろう?
c0206177_19060136.jpg

明らかにウェアが違い強そーなのでキンチョー気味。

でも、ペースは今のクソ暑い時期にはいい感じで助かる。
朝、ワンコ達の散歩の時、まだ、空は雲があったが大岳山はくっきり見えたので晴天を予想。当たりであった。
c0206177_19060281.jpg

暑いけど、山に入ると涼しい風も吹く。だけど暑い...

1人だったら市道山で撃沈してたに違いない。
c0206177_19060267.jpg

昨年のレース以来の軍刀利神社で参拝も出来て良かった。
c0206177_19060394.jpg

浅間峠まで6時間30分。
水はハイドレの修理がまだなので、ペット・バイクボトルで1700mlほど持つが全て消費。
今日の疲労度を思うと、浅間峠まで3時間半で行くのが信じられない。

上川乗バス停まで7時間8分。23.66km。
ガーミン君の距離はシビア。
累積標高は2202mとだいぶ盛ってる感じ。

とにかく7時間、山で活動出来て良かった。グループだと励みになるなあ。

by nao-yamaniiku | 2016-08-21 18:46 | ハセツネ試走 | Comments(2)
ハセツネ撃沈病
ハセツネ撃沈病とは、ハセツネのコースに行き過ぎて、ついつい調子のいい時の区間タイムを目指してしまい、撃沈してしまうという病気である。
だいたい今熊山~市道山までで発病する。この病にかかると完治は不可能である。そして、何より帰路が力が出ず下りなのに相当な時間がかかってしまうのである。

今日は日中に時間が取れた。浅間峠まで、いったん下って上川乗から浅間嶺を経て払沢の滝方面へと画策していた。
未明のチャンピオンズリーグファイナルのせいか、武蔵五日市に着いたら、山に行くというより眠くて仕方がなかった。この時点でなんとなくやな感じだった。
c0206177_20031341.jpeg
スタートの五日市中学校の前には強そうなグループがいた。そ~と先に行く。
今熊神社まで23分30秒。ちょっと速過ぎるので止まって心拍数を下げる。今熊山の登りはまあまあな感じだった。
c0206177_20034881.jpeg
トイレ横でまた立ち止まって一息つく。
心拍数をあまり上げたくないので、何度か上りの部分で立ち止まる。でも、だんだん気力が無くなり始める。入山峠まであと少しでみぞおち辺りが重たくなる。
入山峠到着。1時間2分だった。休憩した割にはまあまあかな。
でも、ここで気力が無くなる。『やめよう』判断は早い。
c0206177_20042655.jpeg
しかし、ここから五日市までが遠い… とりあえず座って休憩。
1時間40分かけて武蔵五日市駅まで戻る。
13.8㎞で2時間42分だった。累積標高は700m。

さっさと帰って昼寝。
いろいろ野暮用をこなして夕方、バイクに乗った。
31㎞ほど。時速24.5㎞。
解禁になったバイクがいいや。

by nao-yamaniiku | 2016-05-29 20:25 | ハセツネ試走 | Comments(0)
ハセツネ30k2016年勝手にレース
今日、時間が取れた。
武蔵五日市に着いたのは、9時過ぎだった。
さっさとスタートする。
股関節が相変わらず痛いけど、大丈夫かなあ。
でも、ペースは悪くない。上げようと思えばもっと行けそう。上りはいいんだけど...
だけど、途中で一人抜かされた。まあ、いいや。林道の終わりで抜いた人は休憩していた。
そのまま、北沢峠へ。
65分12秒。いつもより5分以上遅い。

ここから15kポストまでが問題。
上りはいいんだけど、やはり下りが見にくい。
下りは頭に響くしね。難しいのである。
上がりも曲がったりするとバランスを崩したり。トラバースもダメ。谷側が見えない。
まあ、いろいろあるけど、仕方ないだろう。
市道山分岐までの上り下りで喘ぐ。あまり心拍数を上げたくない。
今日は一週間前なのか試走者は少ない、というか3人しか見かけなかった。登山者の方が多かった。
市道山分岐まで52分47秒。
c0206177_19012246.jpg
山の景色はいいものである。
市道山分岐からしばらくの下り基調はゆっくり進む。
でも、昨年のハセツネ本戦以来で、今年はコースに入れないと思っていたので、上出来だろう。
ここで、登山届を出し忘れたのに気づく。まだ、不安だからね。なんか嫌な予感。面倒くさいから、昼の分の薬を飲んだ。
今日の補給食はいつもの自作ジェル。オレンジジュースで味つけ。これもなかなか良い。自己申告で1300kcalほどある。

上りに入ると調子が出る。といってもいつもよりは遅いけどね。
今日は上りはまあまあかも知れないが、下り、トラバースがまったくスピードが出ないので、レースだったら間違いなくボトルネックになったろう。しばらくは一人で遊ぶしかないな。トレイルの場合、上り下り平坦と得意な分野が人によって微妙に違うので、集団走は難しい。
c0206177_19010149.jpg
15kポストは久しぶりでここで記念撮影。比較的暖かい日だったけど、頭はがんじがらめで厚着なのである。
第一関門までの下りもゆっくり。
第一関門、41分11秒。

ロードの林道を下る。いつもはキロ4分30秒切るぐらいで進むけど、今日は6分切るぐらいで下る。ロードは下りでも視界はまあまあなんとか...
T字まで31分6秒。こんなもんだろう。

ここから2キロのロードの上り。トレイルの急登手前で崖崩れがあるらしい。
ロードは走ったり、最近マイブームの早歩きで行く。

崖崩れの現場は工事中だった。レースまでには撤去されるよう。
c0206177_19002859.jpg
最後の急登はやはりキツイ。心拍数が上がってしまうのでゆっくり登る。ガレて滑ったり。ここの下りは嫌だな。
喘ぎながら登りきって、上がり基調の小刻みなアップダウンをゆっくりと走る、歩く。
ようやく入山峠46分46秒。時間は4時間前。

ここからは下り基調なのでスピードは上がらず。2度ほどコケる。まあ、スピードが出てないのでたいしたことはない。
今熊山26分44秒。

今熊山からの下りも苦手。足の疲れも出て来る。この区間も2度尻もち。まったくしょうがねぇなあ。ケガをしたらつまらないので、さらにゆっくり。
リバーティオ28分24秒。

トータルは4時間52分47秒だった。5~6時間かなと思っていたので、まあいいや。
でも、これからはもっとゆっくり行こう。

by nao-yamaniiku | 2016-03-27 19:57 | ハセツネ試走 | Comments(2)
最終試走(浅間峠まで)
ここまでの試走は毎年のごとくパッとしないものであった。どうもハセツネのコースは鬼門である。ヘビに睨まれたカエル状態なのだ。

8月の暑い時期は、浅間峠までの苦手区間に入るのを避けていた。ヘタに入ると自信をなくすだけだからね。8月30日(日)に五日市会館~日の出山のタイムトライアルで1時間8分台のPBを出し、自信を持って9月を向かえたはずだった・・・

9/5(土)市道山分岐 1時間52分 いつもと同じ撃沈。一気に意気消沈。
9/12(土)浅間峠 3時間44分 撃沈もなんとか浅間峠まで。
9/13(日)浅間峠 3時間34分 2日続けて。昨日よりタイムが良いのが不明。
9/20(日)入山峠 60分11秒 時間なくTTのつもりもダメ。
9/27(日)野山北 ハセツネコースは怖く地元の山で茶を濁す。
10/4(日)浅間峠 3時間50分 満を持して全周も市道山手前で捻挫。
10/11(土)全周 11時間15分19秒 ようやく満足ももう一回は難しそう・・・
10/18(日)入山峠 57分18秒 前週の疲れもあり入山峠までにした。

と8週のうち1回しか、まともな試走が出来なかった。実力的にはサブ12はあるようだけど、本番になるとどうなるか分からない、というか難しいだろう。


さて、風邪も回復したようだし、浅間峠までなら大丈夫だろうと試走して来た。
本日のポイントは、①序盤はポジション維持のためダッシュ気味、変電所からペースを落ち着かせる。②レースウエア着用。②荷物もレースと同じ重量で。③ニューHOKAの靴擦れ防止でテーピング。④お腹にライトを巻き、ハンドライトを持つ。
など本番のシュミレーションをした。
c0206177_19543245.jpg
少し肌寒い6時前に五日市中学校をスタート。でも、実は熱で寝ていた時にいなげや前で車にはねられるというリアルな夢を見たのである。『オレはもう・・・死ぬのか・・・でも、走っている最中に死ぬのは本望か…』 突然ガバッと起きて『あぶねぇ・・・死ぬとこだった』なんて。
いつもは市道山分岐前後の調子が問題だけど、今日はスタート直後がポイントになった。檜原街道を渡る時は信号を守って・・・ 車が走る広徳寺までは注意した。

予定通り変電所まではスピードを上げているつもりで走り、そこからは心拍数を150ぐらいにするつもりで抑え始める。今熊神社でガーミンを止めて参拝。タイムは23分台と予定通り。
今熊山への登りは前に選手がいるつもりでついて行く感じ。とにかく淡々と進む。
今熊山から入山峠の緩い登りはいつものように走る。風邪のため運動してなかったので、足はフレッシュのようだ。
入山峠57分30秒。まあ、来週もこのタイムならグッドである。

苦手な峰見通りも前の選手について行くつもりで走る。慌てる必要はないのである。入山峠を60分切っていれば前の選手をペースメーカーでいい。思い通りのタイムで市道山分岐まで導いてくれるはず。今日はスピードアップ出来そうな感じもしたけど、せめて醍醐丸までは何もしない方がいい。
市道山分岐1時間47分2秒
醍醐丸2時間19分6秒

ここまではまあまあだった。
あとは浅間峠まで公称7㎞ちょっとを鼻歌交じりで行く。
途中の『生藤山・三国山』といった道標に書かれている距離が、遠いと感じるか短いと感じるか来週はどうかなと思った。今日は、特に何とも思わなかったなあ。それもいいかも。

結局、浅間峠までは3時間27分39秒だった。
疲労度はというと、まだ行ける手応えがあり最終試走としては上手く行ったのではないかな。

上川乗バス停までの下りも時間の余裕もあり、転ばないように、ケガをしないように慎重に下った。
バス時間は50分ぐらいあったので、本宿まで行った。
c0206177_19535392.jpg
レースウェアは再考。タイツと長袖を着ることにした。ニューHOKAの靴擦れはテーピングしても問題あり。お腹ライトは気にならなかった。ハンドライトは登りはポッケ。下りと平坦地は光を当てているつもりで走った。まあ、日中だし慣れているといえば慣れている行為なので問題なしかな。

これにて2015年のハセツネの試走は終了。
あまりいい試走ではなかったが、ここまでは、あれこれ悩み考えながら楽しめたのである。

さてと、問題はこれからなのだよ・・・


日々のトレーニングはこちらで。 naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2015-10-24 19:57 | ハセツネ試走 | Comments(0)
ハセツネ全周11時間15分19秒
一年前は、最低最悪のハセツネ醍醐丸でリタイア。
実は2年間、ハセツネの全周をしていないのである。足首の調子もあるけど、今日やらねば日程的に厳しい。
c0206177_22371853.jpg
7時過ぎにスタートする。
足首にテーピング+サポーター。シューズは買ったばかりのHOKAスティンソンATR。

ゆっくり入ったけど、入山峠は59分とまあまあ。でもその先で早くもつまずいて『アイテェテェ…』とわめく。
市道山分岐までは浅間峠までかと妥協案も…
でも、そこからリズムが出て来た。
登りはガニ股、下りはチョコチョコと足つきを多用する。
浅間峠までは3時間31分だった。しかも今までの中で一番楽チンである。ほとんど足の疲労はない。

日原峠からは絶好調。登りも走るが、『ダメ』と足を叩いて自重する。先は長いからね。
しかし、今日は涼しく走るには絶好の気候である。
水はハイドレに2.5リットル、ペット2本にジェルを入れて合計3.5リットル持って行った。浅間峠までは500mlぐらいしか消費しなかった。
登りと平坦は大丈夫だけど、下りは慎重に走る。下りの走り方がいいのかなあ。
だけど、右のテーピングで固めたのと新しいHOKAがケンカしているようで、くるぶしが靴擦れがして痛い。
三頭山の登りはランチタイム。ウィンナーパンを食べるがパサパサしていてなかなか喉に入って行かない。
ペースが上がらないような気がしたが、疲労感はない。
時間がかかったと思ったが西原峠から49分だった。三頭山までトータル5時間52分。まあまあ。

鞘口峠の下りは登山者もいるし、靴擦れが痛むので鞘口峠で止めるか考えながら下った。
下りきってから、靴擦れごときなら後で大して引きずらないだろうと先に進む。
月夜見駐車場は6時間52分。この調子なら12時間は切れそうである。

ハセツネコースで一番嫌な、月夜見駐車場~御前山~大ダワの区間。
御前山まで53分、大ダワまで33分。いい感じ。
でも、大ダワの下りの平坦なところで転んでしまう。

今日、一番苦しんだのは大ダワ~大岳山区間だった。
途中で、胃がムカムカして咳き込む。もう、水が尽きていた。早く綾広の滝の水場でめいいっぱい水を飲みたかった。
ようやく水場に着いてガバガバ水を飲む。御岳のみやげ屋でコーラと思っていたが要らないな。
長尾台平9時間41分。

日の出山まで23分。
山頂でお腹にライトを巻き、ハンドライトを持つ。ここからはナイトランである。
この時点で11時間30分以内は確定。タイムはいいからケガをしないように走る。
五日市会館まで1時間10分。
トータル11時間15分19秒だった。
c0206177_22375905.jpg
上手くいった全周だった。浅間峠までも楽だったが、全周も一番楽だった。
だけど、これ以上ペースを上げられるか?と問いても難しそう。認めたくないがスピードはないのである。
強がりを言えば、このペースであと30㎞ぐらい走れたかなということかな。

ペット2本にジェルを2個溶かした。
手持ちのジェルは数種類を11個。
スニッカーズミニ2個。
ウィンナーパン1個。
余りはジェル1個、スニッカーズミニ1個。
全部食べたほうが良かったか。

ガーミンの距離は63.6㎞しかない。累積標高は4494m。

トレイルランナー29人を抜かした。
鞘口峠まで抜きつ抜かれつが1人。
1人だけ抜かれたのはKou氏だった。

今日のハセツネ嬢は優しかったが、気まぐれなので次は難しいだろう…

ラップタイム(休憩含まないネット)

今熊山23分3秒
入山峠36分42秒
市道山分岐50分4秒
醍醐丸32分0秒
浅間峠1時間8分43秒(3時間30分32秒)

西原峠1時間29分41秒
三頭山49分57秒
鞘口峠21分3秒
月夜見山P38分11秒(3時間18分52秒)

御前山53分53秒
大ダワ33分46秒
大岳山44分18秒
長尾平37分1秒(2時間48分58秒)

日の出山23分43秒
五日市会館1時間10分35秒(1時間34分41秒)





by nao-yamaniiku | 2015-10-10 22:35 | ハセツネ試走 | Comments(0)
捻挫した
c0206177_20240649.jpg
HOKAを履いてよく言われるのは『捻挫しません?』である。捻挫はしてもいつも軽いので、捻挫の心配はあまりしていない。
だけど、今日は市道山分岐の手前の下りで、2回尻もちをして、その2回目に明らかに右足がへんな向きで着地してしまった。その時は、さほどの痛みはなかった。
市道山分岐を1時間47分、ちなみに入山峠は58分で通過。まずまずのペースで気分も良かった。

醍醐丸手前で見城語録さんと会う。しばらく一緒に走ったが、その時は痛さがなかった。
醍醐丸は2時間19分、見城語録さんは休憩したが、そのまま進む。
醍醐丸から直後の階段状の下りで痛くなってきた。ヤバイ... 少しペースダウン。登りで痛みがます。とうとう立ち止まる。参った。
追いついてきた見城語録さんの背中を見ながら進む。見城語録さんも気にしてくれているようで、ご迷惑をかけてしまった。
c0206177_20252716.jpg
行く気になればそれなりのペースで走れるが、ジワジワと痛みが増して来る。
浅間峠まで、3時間50分。ここまででおしまい。
今日は全部のつもりで、それなりに調子は良かったのに残念。

浅間峠で休んでから上川乗に向けて下るが、痛みはあるけれど進めそうなので、鞘口峠までとも思ったが、無理してもね。
下ってしばらくすると、足首の外側が痛み出した。くるぶしの下辺り。
ゆっくり進んで上川乗のバス停到着だけど、13時38分だと。1時間近くあるので、先へ進んだ。すると、あら不思議? ロードは走れる。
11km走ったところでバスに乗り込んだ。

しかし、ハセツネコースは大鬼門だよ。今日は、調子が良かったのになあ。


by nao-yamaniiku | 2015-10-04 20:55 | ハセツネ試走 | Comments(4)
二日続けて浅間峠
昨日のハセツネの浅間峠までは3時間44分だった。
序盤、撃沈しないように入山峠までは61分。だけどやっぱり峰見通りでキツクなって来る。
なぜなんだろう?市道山分岐1時間53分。撃沈した先週より1分遅い…
エスケープとも思ったけど、とにかく予定通り浅間峠まで行くことにする。醍醐丸2時間27分。
昨日は、4時40分ぐらいのスタート。上川乗バス停を8時47分発のつもりでいたが間に合うのか、この時点では微妙。
フレッシュなはずの足だけど力が出ない。心拍数が高め。
なんとか3時間44分で浅間峠に着く。8時25分。バスの時間まで22分しかない。
ここからはダッシュ。なんだ走れんじゃん。ガッカリである。
15分でバス停に到着。まあ、最後の走りは良かったかな。

昨夜は疲れなのか寝ている時に頭が痛くなった。今日はレストにするかバイクで軽くと思っていた。
だけど、予定していた用事がなくなった。
そうするとあられもない事を考えてしまう。JR東海じゃないが『そうだ浅間峠へ行こう』である。
『習うより慣れろ』いや『馬鹿の一つ覚え』か…
撃沈覚悟、5時間以内で行ければと思って、8時過ぎにスタートした。

平地と下りは走れる。広徳寺への登りも走れる。でも、足は重たい。当たり前である。
今熊神社までは24分。今熊山への登り。ここで足が先でなく、上半身で進むのを意識する。どうせタイムはでないだろうから、足さばき、フォームを考えながら進む。なんか昨日よりガシガシ行けてる感じがする。疲れているはずだが… 分からん?
入山峠は62分。昨日より1分遅いけど身体は楽である。
苦手の峰見通りだけど、意外とリズミカルに行ける。
市道山分岐1時間52分。
さらに醍醐丸2時間24分。
ここで休憩中の獣人キャンプのメンバーと遭遇。久しぶりにkegさんにお会いする。
今日のメンバーは速そうな方ばかり。その他にも今日は試走の方が多かった。
c0206177_16581172.jpg
12時8分のバスに間に合うかもしれない。出発する時は、13時38分発のつもりでいた。
スピードを上げたいところだけど、ペースを守る方がいいだろう。
走りながら、どうしてなのか?と思う。昨日の疲労があるはずなのに… というか、なんで昨日はダメだったのだろうとしきりに首をひねる。
気持ち良く浅間峠に到着。3時間34分と昨日より10分早かった。でも、自分的には、昨日は3時間20分、今日は4時間の方がいいのである。
まあ、naoさんらしいのか。打たれ強いということか。
12時8分のバスに間に合ってOKの一日であった。
c0206177_16583948.jpg
さて、次はどうなるのだろうか…


by nao-yamaniiku | 2015-09-13 17:04 | ハセツネ試走 | Comments(2)
トラウマのハセツネコース
昨年の9月はハセツネのコースに入るたびに自信を失う走りだった。
さて、9月に入りハセツネ試走の開始。今年は今までの調子から去年のようなことはないだろうと思っていた。
昨日は浅間峠ピストンをしようと7時半に五日市中学をスタートする。今回も本番のスタートのシュミレーションのつもりで今熊神社まではスピードを上げて入る。
まずは今熊神社に21分50秒。そして今熊山の登りにかかる。思えばこの登りでいつもより足に力がない感じがした… それでもこのところのTTではいい感じで走りきれていたのでそのつもり。登り切ってやや下る。調子は悪くなさそうだけど、登りになるとちょっといっぱい感がする。
入山峠57分28秒。気分は55分台のつもりだが…
ここでハセツネの試走でいつも見かける女史とご挨拶。いつも単独で自分以上にコースに入っているに違いないので、リスペクトしていたのである。

ここから峰見通りに入る。鉄塔までの下りは調子良さそう。だけどその後の登りでは、やはり力が出ない。ゼーハー息も切れる。この辺りでおかしいと思い始める。それでも走り続けていれば慣れて来るだろうと思った
途中の登りで速い二人組に抜かされる。う~ん… ここからはゆるい登りも走れなくなる。
開けた所での登りでとうとう苦しくストップ。去年の9月と同じだ。全然、力が入らない。止まっているのに心拍数は170近くもある。ヤバイ… こりゃハンガーノックか?ゼリーを食べる。ようやく登って座り込む。
c0206177_17052946.jpg
もう、ダメ。おわり。
ここから市道山分岐のわずかな距離も時間がかかる。市道山分岐までちょうど1時間52分。先に進んで市道山山頂へ。ここでしばし休息。パンを食べる。心拍数が80ぐらいに落ち着いたら立ち上がろうと思うがなかなか下がらない。フラフラする。20分ぐらいストップ。
c0206177_17042556.jpg
ここから臼杵山へ向かい荷田子へとルート変更。でも、歩くのもやっとの状態。何度も立ち止まる。
前の晩はあまり食べなかった。朝は空きっ腹だったけどパンを一枚だけ。いつもはそれで走りに行っても大丈夫。そりゃそうだ負荷が全然違う。あーあである。とにかく手持ちの食料(パン、大福、ゼリー)を全部食べた。
臼杵山まで2.3㎞を55分かかる。市道山の道標に『臼杵山2.3㎞』とあったがガーミンで2.36㎞とピッタリ。どうでもいいのだけど…それより早く終わりにしたい。
c0206177_17014229.jpg
荷田子峠までの下りは少しだけ力が戻ったようでゆっくり走れる。荷田子峠。ここも『臼杵山2.8㎞』とあったがガーミンは2.74㎞とほぼイコール。
小和田グラウンドの駐車場まで4時間38分でなんとか到着。クルマに戻ったらフロントガラスに紙が貼ってあった。誰だろう?
c0206177_17001577.jpg
というわけでガッカリな試走であり、自信が一気にしぼんでしまったのである。さて、来週はどうしょうか?




by nao-yamaniiku | 2015-09-06 17:11 | ハセツネ試走 | Comments(0)
ハセツネ~ハセツネ30kコース
4月27日(月)

昨日の日曜日はハセツネからハセツネ30kコースを走って来た。
おとといの疲れがあると思ったが、意外なほどダメージはないのが不思議である。
おとといは三頭山まで5時間46分とそれなりにがんばったので、本当なら筋肉痛で苦しんでいるはずである。
まあ、歳を取って脳ミソがおかしくなったかもしれない。
だけど、入山峠59分、市道山分岐1時間47分、醍醐丸2時間19分と微妙におとといより通過タイムが悪い。本人は調子良く感じていたけど、やはり疲れがあるのだろう。

醍醐丸から第2関門へ下る。2週間前に2500人以上のランナーが通ったせいでトゲトゲ区間はきれいなトレイルになっていた。sasashinさんがジョグノで言っていたけど、まさに今が走り時である。こんないい状態なのに秋になると、またトゲトゲが復活するのだろうか。
第2関門から森久保分岐は27分以上かかってしまいガッカリ… 登り返しで少し歩いてから走り出すが、割と苦しくなく走れたけど、苦しくなく走ると入山峠までは39分と平凡なタイムだった。
c0206177_13115789.jpg
入山峠からは、オクムの下りを想定して盆掘林道のロードを下る。でも、途中で飽きて本日休業の採石場の自販機にてドクターペッパータイム。相変わらずのコロンの味がなかなかよろしい。
淡々と下って総時間4時間29分。距離は32.5㎞だった。

実はこのところというか、以前より両足の小指の爪の部分が痛んでいる。特に下りはシューズに触れて痛くなる。HOKAはその点ではだいぶ他のシューズよりは痛みが少ない。だけど、HOKAは木の根、石、岩に当たることが多く、転びやすい。実際、おとといも醍醐丸の登りの手前の平坦地でコケてしまった。
でも、今のところのマイ在庫はどれもロクなシューズがない。ならばと2012年のUTMFで使った1足2375円のシューズを履いてみた。要はただの運動靴である。木の根、石、岩に当ることはないが、小指は痛くなる。
今のところロードレースは昨年のお下がりのHOKAを使っている。青梅マラソン、小江戸大江戸200kmにも使った。ウルトラな距離ではOkである。
問題はトレイルであるが、小指の痛みと合わせて新しいのを検討すべきかな。小指の方は一度医者に診てもらった方がいいかも知れないが…
c0206177_13122297.jpg
一日おきのトレイルだったけど、山対応が出来つつあるのか、先ほど書いたようにいよいよ身体がおかしくなったのか、筋肉痛はない。なくはないが普通に歩ける。もちろん身体はダルイ。一応、今朝は休足したけど走れる体調だった。でも、最近、休養も大事なトレーニングだという位置付けに変えたのである。無意味な走りはしない。走行距離は追わない。その代り質の良い走りを続けるのだ。


by nao-yamaniiku | 2015-04-27 22:01 | ハセツネ試走 | Comments(0)
ハセツネ試走2015年1回目
4月24日(金)

貯まりにたまった休日を一日だけ取った。
OTKかハセツネかで迷っていたけど、結局、五日市へ向かった。
6時ちょうどスタート。
c0206177_18264698.jpg
一応、レースのシュミレーションでスタートダッシュを広徳寺まで。
それ以降、落ち着かせて今熊神社を22分50秒。今年はがんばりますと参拝する。行きたい気持ちを抑え気味に走る。調子は良さそうである。
入山峠58分ちょうど。
苦手な峰見通りも今年はすでにハセツネ30kのコースとなったので、6回目である。下りと平坦は後ろから選手に突かれている意識をし、登りで休む。今日はずっと足裏の土踏まずでの着地を意識する。
市道山分岐1時間45分47秒。まあまあかな。
醍醐丸2時間16分11秒。ここまで累積標高はマイガーミンで1366mあった。
実は、この先の日原峠先で給水するつもりだったが、入山峠を越えた辺りから『水はあまり要らないかな』と思い、ほとんど給水せず綾広の滝まで持たそうと思った。これが失敗。加えて今日はめずらしく朝から食欲がなく、給食もあまりせず。これも失敗か。
c0206177_18281353.jpg
c0206177_18292653.jpg
軍刀利(ぐんだり)神社で久しぶりに参拝。

醍醐丸から先は去年は一回しか行っていない。でも、過去何度も走っているので思い出すものである。ゆるい登りも走れてご機嫌である。
浅間峠3時間24分35秒。累積標高1896m。
c0206177_18311042.jpg
今日の天気は清々しいとはこのことだというような天気。とても走りやすい。平日なので人もいなくグッドである。
ゼーハーもせず淡々と進む。トレイル状態も良く走りやすい。
西原峠4時間55分25秒。ここで三頭山の登りで給食しようとミニクリームパンを取り出す。
三頭山の登りも最初はキツイが慣れてくる。ミニクリームパンを2個食べる。途中、三頭山の避難小屋を覗いてみる。以前よりきれいになっていた。なんて以前入ってみたのは10年ほど前だけどね。
三頭山5時間46分52秒。累積標高は3048m。
約36㎞で先週の六甲全山縦走と同じ累積標高である。
c0206177_18320627.jpg
昼時になりお腹がすいてきたけど、鞘口峠からの登り返しで食べればいいやと下りだす。セコセコしないで、山頂でゆっくり食べれば良かったよ。

鞘口峠まで下って登り返し。ここはキツイパートである。登りながらパンを食べる。ゼリーも飲む。そして給水。
登り切って下っている途中に突然、胃がムカムカし出す。まったく前兆は無かったのに… 気持ち悪くて走れない。歩き。
以上、これで終了…
最後まで行けないことはないが、今日はおしまいにした方がいいだろう。せっかく三頭山まではいいペースだったけど仕方ない。

やっぱ、こまめな給水と給食だね。いつまで経ってもド素人さ。
まっ、今日は最初から鞘口峠までのつもりということにしておこう。

風張峠から周遊道路に出て、浅間尾根から数馬に降りた。
バス時間待ちは1時間以上あり、少し先に進んでバス停でひっくり返っていた。
でも、浅間尾根ではもう気持ち悪さは無くなっていて、ルンルンに走っていた。まったく…なんだよ。

奥多摩の山を走るには今がいいですね。これからのGWにおススメいたします。
c0206177_18325189.jpg

by nao-yamaniiku | 2015-04-24 18:33 | ハセツネ試走 | Comments(2)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
5月
20日(土)〜21日(日)
トレニックワールド100mile
最新の記事
春は足踏み
at 2017-03-22 22:33
三浦半島まで
at 2017-03-20 22:20
バイクの整備
at 2017-03-19 17:43
ハセツネ30k2017年7回..
at 2017-03-18 17:38
冬も終わりつつある
at 2017-03-16 22:01
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ