nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
カテゴリ:ハセツネ試走( 58 )
二日続けて浅間峠
昨日のハセツネの浅間峠までは3時間44分だった。
序盤、撃沈しないように入山峠までは61分。だけどやっぱり峰見通りでキツクなって来る。
なぜなんだろう?市道山分岐1時間53分。撃沈した先週より1分遅い…
エスケープとも思ったけど、とにかく予定通り浅間峠まで行くことにする。醍醐丸2時間27分。
昨日は、4時40分ぐらいのスタート。上川乗バス停を8時47分発のつもりでいたが間に合うのか、この時点では微妙。
フレッシュなはずの足だけど力が出ない。心拍数が高め。
なんとか3時間44分で浅間峠に着く。8時25分。バスの時間まで22分しかない。
ここからはダッシュ。なんだ走れんじゃん。ガッカリである。
15分でバス停に到着。まあ、最後の走りは良かったかな。

昨夜は疲れなのか寝ている時に頭が痛くなった。今日はレストにするかバイクで軽くと思っていた。
だけど、予定していた用事がなくなった。
そうするとあられもない事を考えてしまう。JR東海じゃないが『そうだ浅間峠へ行こう』である。
『習うより慣れろ』いや『馬鹿の一つ覚え』か…
撃沈覚悟、5時間以内で行ければと思って、8時過ぎにスタートした。

平地と下りは走れる。広徳寺への登りも走れる。でも、足は重たい。当たり前である。
今熊神社までは24分。今熊山への登り。ここで足が先でなく、上半身で進むのを意識する。どうせタイムはでないだろうから、足さばき、フォームを考えながら進む。なんか昨日よりガシガシ行けてる感じがする。疲れているはずだが… 分からん?
入山峠は62分。昨日より1分遅いけど身体は楽である。
苦手の峰見通りだけど、意外とリズミカルに行ける。
市道山分岐1時間52分。
さらに醍醐丸2時間24分。
ここで休憩中の獣人キャンプのメンバーと遭遇。久しぶりにkegさんにお会いする。
今日のメンバーは速そうな方ばかり。その他にも今日は試走の方が多かった。
c0206177_16581172.jpg
12時8分のバスに間に合うかもしれない。出発する時は、13時38分発のつもりでいた。
スピードを上げたいところだけど、ペースを守る方がいいだろう。
走りながら、どうしてなのか?と思う。昨日の疲労があるはずなのに… というか、なんで昨日はダメだったのだろうとしきりに首をひねる。
気持ち良く浅間峠に到着。3時間34分と昨日より10分早かった。でも、自分的には、昨日は3時間20分、今日は4時間の方がいいのである。
まあ、naoさんらしいのか。打たれ強いということか。
12時8分のバスに間に合ってOKの一日であった。
c0206177_16583948.jpg
さて、次はどうなるのだろうか…


by nao-yamaniiku | 2015-09-13 17:04 | ハセツネ試走 | Comments(2)
トラウマのハセツネコース
昨年の9月はハセツネのコースに入るたびに自信を失う走りだった。
さて、9月に入りハセツネ試走の開始。今年は今までの調子から去年のようなことはないだろうと思っていた。
昨日は浅間峠ピストンをしようと7時半に五日市中学をスタートする。今回も本番のスタートのシュミレーションのつもりで今熊神社まではスピードを上げて入る。
まずは今熊神社に21分50秒。そして今熊山の登りにかかる。思えばこの登りでいつもより足に力がない感じがした… それでもこのところのTTではいい感じで走りきれていたのでそのつもり。登り切ってやや下る。調子は悪くなさそうだけど、登りになるとちょっといっぱい感がする。
入山峠57分28秒。気分は55分台のつもりだが…
ここでハセツネの試走でいつも見かける女史とご挨拶。いつも単独で自分以上にコースに入っているに違いないので、リスペクトしていたのである。

ここから峰見通りに入る。鉄塔までの下りは調子良さそう。だけどその後の登りでは、やはり力が出ない。ゼーハー息も切れる。この辺りでおかしいと思い始める。それでも走り続けていれば慣れて来るだろうと思った
途中の登りで速い二人組に抜かされる。う~ん… ここからはゆるい登りも走れなくなる。
開けた所での登りでとうとう苦しくストップ。去年の9月と同じだ。全然、力が入らない。止まっているのに心拍数は170近くもある。ヤバイ… こりゃハンガーノックか?ゼリーを食べる。ようやく登って座り込む。
c0206177_17052946.jpg
もう、ダメ。おわり。
ここから市道山分岐のわずかな距離も時間がかかる。市道山分岐までちょうど1時間52分。先に進んで市道山山頂へ。ここでしばし休息。パンを食べる。心拍数が80ぐらいに落ち着いたら立ち上がろうと思うがなかなか下がらない。フラフラする。20分ぐらいストップ。
c0206177_17042556.jpg
ここから臼杵山へ向かい荷田子へとルート変更。でも、歩くのもやっとの状態。何度も立ち止まる。
前の晩はあまり食べなかった。朝は空きっ腹だったけどパンを一枚だけ。いつもはそれで走りに行っても大丈夫。そりゃそうだ負荷が全然違う。あーあである。とにかく手持ちの食料(パン、大福、ゼリー)を全部食べた。
臼杵山まで2.3㎞を55分かかる。市道山の道標に『臼杵山2.3㎞』とあったがガーミンで2.36㎞とピッタリ。どうでもいいのだけど…それより早く終わりにしたい。
c0206177_17014229.jpg
荷田子峠までの下りは少しだけ力が戻ったようでゆっくり走れる。荷田子峠。ここも『臼杵山2.8㎞』とあったがガーミンは2.74㎞とほぼイコール。
小和田グラウンドの駐車場まで4時間38分でなんとか到着。クルマに戻ったらフロントガラスに紙が貼ってあった。誰だろう?
c0206177_17001577.jpg
というわけでガッカリな試走であり、自信が一気にしぼんでしまったのである。さて、来週はどうしょうか?




by nao-yamaniiku | 2015-09-06 17:11 | ハセツネ試走 | Comments(0)
ハセツネ~ハセツネ30kコース
4月27日(月)

昨日の日曜日はハセツネからハセツネ30kコースを走って来た。
おとといの疲れがあると思ったが、意外なほどダメージはないのが不思議である。
おとといは三頭山まで5時間46分とそれなりにがんばったので、本当なら筋肉痛で苦しんでいるはずである。
まあ、歳を取って脳ミソがおかしくなったかもしれない。
だけど、入山峠59分、市道山分岐1時間47分、醍醐丸2時間19分と微妙におとといより通過タイムが悪い。本人は調子良く感じていたけど、やはり疲れがあるのだろう。

醍醐丸から第2関門へ下る。2週間前に2500人以上のランナーが通ったせいでトゲトゲ区間はきれいなトレイルになっていた。sasashinさんがジョグノで言っていたけど、まさに今が走り時である。こんないい状態なのに秋になると、またトゲトゲが復活するのだろうか。
第2関門から森久保分岐は27分以上かかってしまいガッカリ… 登り返しで少し歩いてから走り出すが、割と苦しくなく走れたけど、苦しくなく走ると入山峠までは39分と平凡なタイムだった。
c0206177_13115789.jpg
入山峠からは、オクムの下りを想定して盆掘林道のロードを下る。でも、途中で飽きて本日休業の採石場の自販機にてドクターペッパータイム。相変わらずのコロンの味がなかなかよろしい。
淡々と下って総時間4時間29分。距離は32.5㎞だった。

実はこのところというか、以前より両足の小指の爪の部分が痛んでいる。特に下りはシューズに触れて痛くなる。HOKAはその点ではだいぶ他のシューズよりは痛みが少ない。だけど、HOKAは木の根、石、岩に当たることが多く、転びやすい。実際、おとといも醍醐丸の登りの手前の平坦地でコケてしまった。
でも、今のところのマイ在庫はどれもロクなシューズがない。ならばと2012年のUTMFで使った1足2375円のシューズを履いてみた。要はただの運動靴である。木の根、石、岩に当ることはないが、小指は痛くなる。
今のところロードレースは昨年のお下がりのHOKAを使っている。青梅マラソン、小江戸大江戸200kmにも使った。ウルトラな距離ではOkである。
問題はトレイルであるが、小指の痛みと合わせて新しいのを検討すべきかな。小指の方は一度医者に診てもらった方がいいかも知れないが…
c0206177_13122297.jpg
一日おきのトレイルだったけど、山対応が出来つつあるのか、先ほど書いたようにいよいよ身体がおかしくなったのか、筋肉痛はない。なくはないが普通に歩ける。もちろん身体はダルイ。一応、今朝は休足したけど走れる体調だった。でも、最近、休養も大事なトレーニングだという位置付けに変えたのである。無意味な走りはしない。走行距離は追わない。その代り質の良い走りを続けるのだ。


by nao-yamaniiku | 2015-04-27 22:01 | ハセツネ試走 | Comments(0)
ハセツネ試走2015年1回目
4月24日(金)

貯まりにたまった休日を一日だけ取った。
OTKかハセツネかで迷っていたけど、結局、五日市へ向かった。
6時ちょうどスタート。
c0206177_18264698.jpg
一応、レースのシュミレーションでスタートダッシュを広徳寺まで。
それ以降、落ち着かせて今熊神社を22分50秒。今年はがんばりますと参拝する。行きたい気持ちを抑え気味に走る。調子は良さそうである。
入山峠58分ちょうど。
苦手な峰見通りも今年はすでにハセツネ30kのコースとなったので、6回目である。下りと平坦は後ろから選手に突かれている意識をし、登りで休む。今日はずっと足裏の土踏まずでの着地を意識する。
市道山分岐1時間45分47秒。まあまあかな。
醍醐丸2時間16分11秒。ここまで累積標高はマイガーミンで1366mあった。
実は、この先の日原峠先で給水するつもりだったが、入山峠を越えた辺りから『水はあまり要らないかな』と思い、ほとんど給水せず綾広の滝まで持たそうと思った。これが失敗。加えて今日はめずらしく朝から食欲がなく、給食もあまりせず。これも失敗か。
c0206177_18281353.jpg
c0206177_18292653.jpg
軍刀利(ぐんだり)神社で久しぶりに参拝。

醍醐丸から先は去年は一回しか行っていない。でも、過去何度も走っているので思い出すものである。ゆるい登りも走れてご機嫌である。
浅間峠3時間24分35秒。累積標高1896m。
c0206177_18311042.jpg
今日の天気は清々しいとはこのことだというような天気。とても走りやすい。平日なので人もいなくグッドである。
ゼーハーもせず淡々と進む。トレイル状態も良く走りやすい。
西原峠4時間55分25秒。ここで三頭山の登りで給食しようとミニクリームパンを取り出す。
三頭山の登りも最初はキツイが慣れてくる。ミニクリームパンを2個食べる。途中、三頭山の避難小屋を覗いてみる。以前よりきれいになっていた。なんて以前入ってみたのは10年ほど前だけどね。
三頭山5時間46分52秒。累積標高は3048m。
約36㎞で先週の六甲全山縦走と同じ累積標高である。
c0206177_18320627.jpg
昼時になりお腹がすいてきたけど、鞘口峠からの登り返しで食べればいいやと下りだす。セコセコしないで、山頂でゆっくり食べれば良かったよ。

鞘口峠まで下って登り返し。ここはキツイパートである。登りながらパンを食べる。ゼリーも飲む。そして給水。
登り切って下っている途中に突然、胃がムカムカし出す。まったく前兆は無かったのに… 気持ち悪くて走れない。歩き。
以上、これで終了…
最後まで行けないことはないが、今日はおしまいにした方がいいだろう。せっかく三頭山まではいいペースだったけど仕方ない。

やっぱ、こまめな給水と給食だね。いつまで経ってもド素人さ。
まっ、今日は最初から鞘口峠までのつもりということにしておこう。

風張峠から周遊道路に出て、浅間尾根から数馬に降りた。
バス時間待ちは1時間以上あり、少し先に進んでバス停でひっくり返っていた。
でも、浅間尾根ではもう気持ち悪さは無くなっていて、ルンルンに走っていた。まったく…なんだよ。

奥多摩の山を走るには今がいいですね。これからのGWにおススメいたします。
c0206177_18325189.jpg

by nao-yamaniiku | 2015-04-24 18:33 | ハセツネ試走 | Comments(2)
ハセツネ30kスタート練習
4月4日(土)

早朝、4時前に咳が激しくなって起きた。今日は近所を軽くと思っていたけど、寝ると咳が出そうなので、クルマで五日市駅方面に向かった。
結局、ハセツネ30kのコースを北沢峠まで行ってみた。

朝、6時過ぎのスタート。
ダルダルだったけど、小和田橋を登り切ったらなぜか調子が出てきた。変なの? じゃ、本番のシュミレーションでもということで北沢峠まで1時間を目標にする。前回の試走でだいたいペースは把握出来ている。今朝は採石場まではダンプが多い。ちょうど、ダンプの出動と重なったかな。遊ばせて頂いている身なので、何度か端に寄って通り過ぎるまで止まる。
勾配がキツくなる9km過ぎで少しペースを落とし息を整え、次は『山だぞ山だぞ』と身体に言い聞かせる。この作戦はいいかも。
c0206177_17421653.jpg
北沢峠まで59分ちょっと。シュミレーション通りである。本番はスタートロスがあるだろうけど、ほぼこのペースでいいや。
c0206177_17414632.jpg
そこからは、入山峠から今熊山まで約19分。さらにフィニッシュまで21分。転ばないように気をつける。それと小刻みに刻んでロング対応の練習をしてみる。
全走行17kmほど。1時間49分の山行きだった。

ほぼ小雨模様の中で、しかも風邪引きだけど、帽子も被らず、レインウェアもなく。クルマに戻ってもタオルもなしという、相変わらず脳ミソが足りない準備なのである。着ていたウェアを脱いで髪などを拭いて暖房を最強にして帰ったとさ。
だけど山は早朝がいいなあ。


by nao-yamaniiku | 2015-04-04 17:23 | ハセツネ試走 | Comments(0)
ハセツネ30k試走2015年4回目
3月14日(土)

久しぶりにたっぷり寝て、いつもの小峰公園の駐車場へ。
性懲りもなくハセツネ30kの4回目の試走である。今日は4時間にどれだけ近づけるのか挑戦。
c0206177_04053856.jpg
9時半ごろ、秋川リバーティオをスタートする、といっても工事中なので看板の所から。
いつものように3㎞ぐらいまでは、大してスピードを上げていないのに苦しい… ペースは悪くない感じで登っていく。林道終点のところに集団がいた。奥宮選手のFunTrailの試走会だった。
~北沢峠 59分16秒。
c0206177_04062996.jpg
苦手な峰見通りへ。登り下りのアップダウンで息が上がってしまう。ここはがんばりどころとペースを維持する。
~市道山分岐 41分23秒。

まあまあかな。気分的には40分切っているつもりだけど…
しばらく下り基調。今日は1か月以上前に買ったHOKAのSTINSON EVOを初めて履いた。下りでは、やはりよろしい感じである。
やがて登りへ。だけど思ってたよりパワーが出ない、トルクが出ない。ちょっと、いや、かなりガッカリ…
~15kポスト 26分33秒。

1月の積雪の頃は、40分近くかかっていたのでタイム的にはまあまあか。トゲトゲは回避して醍醐丸から回り込む。でも、この辺でいっぱい感が出始めて来た。
~第1関門 10分1秒。

本番でトゲトゲ方面だと、どれぐらい短縮するのだろうか。林道の下り初めで一人抜かしたら付いてきた。こういうのはチキンのオイラには厳しい。下るにつれて大腿四頭筋が痛くなり始めて来た。集落のやや平坦地でリカバリー。
~森久保分岐 24分16秒。

23分台かと思ったが… この区間のペースはキロ4分35秒だった。
ここから2㎞林道を登る。登り始めは苦しいけど走りきる。ここで走れないとタイムが稼げない。森久保分岐までの下りをもう少し楽に行った方が良かったかな。
林道が終わり、激坂な登山道へ。『ヒィーヒィー』言いながら登る。ここはコース上一番キツイところだ。登りきって入山峠まで走れるところは走る。当たり前か… でも、ここを走るのは辛いのである。
~入山峠 36分1秒。

過去3回は40分を回っていたのでよろしいだろう。さて、ここから4時間切るべくスパートをかけたいところであるが、大腿四頭筋が痛くて攣りそうな気配があり、スピードを上げられない。だましだまし走る。まったく情けないし悔しい。なんでダメなんだろうと思いながら進む。今熊山への階段では攣る一歩手前。
~今熊山 20分3秒。
c0206177_04071437.jpg
*今日はユニクロのストレッチパンツ… 天気が良ければ自分レベルだと問題なし。

ここでタイムを止めていつもの記念撮影。初めて立ち止まった。でも時間をかけないで喘ぎながらタイマー撮影である。下りは最初、様子見しながら。だんだんスピードアップする。下りきって変電所からは『ゼーハー』言いながらロングスパート。
だけど、フィニッシュ地点の道路は工事中なので、スタートと同じリバーティオで終了ということで。
〜フィニッシュ 20分40秒。

トータルは、3時間58分17秒。
31.97km。累積標高1760m。

なんとか4時間切ったけど、撃沈気味になったので不満足。もっとスピード、パワー、トルクが欲しい。まだまだだよ。

走り終えて、傍らの岩に座ったら立ち上がれず。足がピクピクして攣る寸前。筋肉系の疲労は小江戸大江戸以上である。




by nao-yamaniiku | 2015-03-14 21:08 | ハセツネ試走 | Comments(2)
ハセツネ30k試走第3回目
1月26日(月)
c0206177_14555094.jpg
昨日の1/25(日)11時40分は新宿シティハーフマラソンの10㎞のスタートだった。
だけど、その時間は入山峠への急登で喘いでいた。

結局、ワケありでエントリーした新宿の10㎞のレースも今となっては意味のないものなので止めた。
でも、当日の朝までウダウダどうしようか?と迷っていたのだ。
山行きの方を選んで、行ける山はいくらでもあったが、昨日のハセツネ30kの疲労が、同じコースだとどうなるのか確かめたくて、2日続けて同じコースを辿って来た。

スタートして小和田橋先の登りで早くも後悔…
全然、パワーがない。
こりゃ、何時間かかるかわからないという状態だった。
でも、しばらく行くと右側の歩道に見覚えのあるワンコを連れて走っている人がいた。
なんとビルダーさんとシロだった。
そこから途中で離されると思ったけど、併走してくれた。
シロをペースメーカーにしておしゃべりしながら進む。
これには助かった。
しかも、とろいペースに付き合ってくれたし。
c0206177_14545817.jpg
峰見通りからは付いて行けず離されるが、仕方なし。
昨年のハセツネ30kの年代別入賞者だものね。
でも、シロが心配そうに自分の方を振り返ってくれる。
とにかくキツクて遅いけどなんとかペースを維持する。
登山道から市道山分岐まで「55分」とひとり言、実際は54分56秒とピッタシ。
自分の実力はよ~くご存じである。

市道山から一ヶ所滑るトラバースの手前でアイゼンを付ける。
あるとナシでは全然違う。
トラバースを終えたところで、ビルダーさんとシロがお食事タイムであった。
ここからは離されるけど、お待ち頂きフィニッシュまで一緒に行って頂いた。
感謝です…
ひとりだったらダレていた。
今日は自分的には運がいい日であった。
五日市周辺の情報も得られてグッドであった。
シロありがとう。
c0206177_14552558.jpg
トータルタイムは5時間20分02秒。
心拍数AVE133、昨日は158
心拍数は上げられないけど、ゼイゼイと息は激しく疲労困憊状態。

~登山道   1時間8分28秒 *ボイスモード全開
~市道山分岐 54分56秒 疲労大
~15kポスト 43分23秒 疲労大
~第1関門   15分10秒
~T字     31分42秒
~入山峠    45分00秒 急登にヘロヘロ
~今熊山    24分02秒 意地のラン
6分44秒休憩
~フィニッシュ 30分34秒

by nao-yamaniiku | 2015-01-26 22:13 | ハセツネ試走 | Comments(0)
ハセツネ30k試走2015年2回目
1月24日(土)

先週に続いてハセツネ30kの試走に行った。
コースの全容が明らかになり、盆堀林道からは入山峠手前の登山道に入るよう。
c0206177_15575923.jpg
溝に沿って行くがあまり歩かれていないよう。(当たり前か)
c0206177_15592455.jpg
c0206177_16004893.jpg
写真移りが悪いけど、50mほで右手にリボンがありそこを右折。
c0206177_16023508.jpg
見覚えのあるところに出てきた。

全体的に積雪は先週より少なかった。
だけど、市道山分岐から先はアイスバーンになっているところがあり、途中のトラバースで難儀した。
アイゼンをクルマに置き忘れたのであった。
一瞬、取りに戻ろうか?なんて思ったり。
今、どこだと思っているのだおバカが…という苦笑い。
でも、大反省。
結局、直登したよ。
c0206177_16062341.jpg
直登して振り返ったところ。
こういう準備の悪い奴が滑って下まで落ちるんだ。
c0206177_16075453.jpg
醍醐までは登りでも滑る。
c0206177_16083559.jpg
無事で良かったね。

結局、4時間28分58秒かかってしまう。
距離は32.4㎞、累積標高は1776m。

ちなみに区間タイムなど。

~盆堀林道終点 58分0秒(10.0㎞)
~市道山分岐  48分22秒(3.9㎞)
~15kポスト  39分25秒(2.78㎞)*積雪、アイスバーン
~第1関門   13分19秒(1.14㎞)*醍醐丸から回る
~T字     26分3秒(5.32㎞)
~入山峠    40分2秒(3.41㎞)*グロッキー状態
~今熊山    20分57秒(2.56㎞)
~フィニッシュ 22分46秒(3.31㎞)

c0206177_16165835.jpg
会場の秋川リバーティオは素敵な建物が建ち始めていた。

by nao-yamaniiku | 2015-01-24 16:19 | ハセツネ試走 | Comments(0)
ハセツネ30k試走2015年1回目
1月18日(日)
c0206177_18084880.jpg
ハセツネ30kのコースが大幅に変更になったよう。
今日は、先週から試走をしようと思っていて、区間ごとの目標タイムを設定していたけど白紙になってしまった。
小峰公園そばの駐車場に車を止めてスタート地点にジョグで行く。
やはり、前日の未明までの50㎞走の影響で身体がダルイ、でも足は大丈夫そう。

8時10分過ぎにスタート。
沢戸橋の先の橋まで2㎞、12分23秒。
そこから盆堀林道へ入山峠まで進む。
ここは、和田峠まで八ヶ岳100マイルの時に練習した。
オクムの練習にもなるかな、でも、地味なコースである。
舗装路の登りをひたすら登る。
なかなか陽が出ないので顔が冷たい。
c0206177_16010005.jpg
砕石場から先は徐々に坂道が急になって来る。
c0206177_16011753.jpg
c0206177_16015247.jpg
6㎞の杭があった。
ここから先はところどころ積雪があるけど、登りは大丈夫。
沢戸橋から入山峠まで1時間1分かかってしまう。
マイガーミンの距離は8.13㎞、スタートから10㎞ちょっとである。
10㎞あればだいぶバラケルだろうから渋滞はなくなるだろうなあ。

入山峠からはハセツネコースを行く…のでいいのか?
*実際は入山峠の手前をはいるのでした
山道に入ると、途端に50㎞走の影響が出てしまう。
しばらく調子が出るまで慌てずに進む。
c0206177_16022316.jpg
しかし冬の山は景色がいい。
今日は昨日のような風もなく、それなりに寒いけど快適と言っていいだろう。
市道山分岐まで50分31秒、まあこんなもんか。
c0206177_16024572.jpg
そこから醍醐までは予想通り雪が多くなり歩きにくくなる。
でも、『ザクザク』という音を出しながら進むのはなかなか面白い。
15kポストまで35分6秒。
c0206177_16033365.jpg
ここからトゲトゲ地獄を通って第1関門まで行く。
ここは何人ものランナーの高級タイツを破っている曰くつきの場所である。
そのため、今日はマーモットの登山用ズボンを履いて来た。
トゲトゲ野郎を踏みながら行くが、頭に巻いたネックウォーマーが引っかかったり。
チクショー、と思っていたら、顔面に一撃くらってしまった。
鼻の下がカミソリ負けのように血が出てきた。
大苦戦である。
しかも、誰も通っていないみたいで、シカの足跡しかない。
ということは、このnao様がシーズン第1号か、フフフ…
醍醐丸から和田峠への登山道近くになると、回り込んできた試走者がいるみたいで足跡が見れるようになる。
まっ、バカはオイラだけってことよ。
第2関門への坂道を下って醍醐林道へ出る。
15kポストから20分57秒の格闘であった。
ここで少し休憩。

第1関門からの下りは快調に走る、が途中でアイスバーンになっていて滑る滑る。
歩くよりゆっくり慎重に行くけど、それでもコケそうになる。
民家が現れてからT字まで意外に距離がある。
27分58秒もかかってしまう。
距離は5.28㎞、5分17秒ペースだったけど、本人的には5分切っているつもりだったのでガッカリ…

T字からはまたロードの登りが2㎞ほど続く。
この登りで歩き出すかな?と思っていたけど、勾配がそれほどキツクなく走りきれた。
ここから以前のハセツネ17kのコースに入っていいのか?
c0206177_16042348.jpg
c0206177_16044823.jpg
木が切られて視界がいいけど、勾配がキツクて先を見るとガッカリだよ。
トンネルの上を超えてハセツネコースに戻る。
この辺で、もういっぱい。
T字から入山峠まで41分16秒、3.46㎞だって。

入山峠から今熊山へ。
必死になることはないのだけど、がんばって走りきった。
もうおじいさんはヘロヘロである。
二人の孫の名を呼びながら『じいさん、もうダメ、疲れた…』とボソボソ言いながら走る。
今熊山まで21分3秒だって。
またもガックリ…
c0206177_16051062.jpg
5分ほど大休止。
あとはクルマを止めている小峰公園に向けて進む。
5時間8分25秒、距離は32.92㎞だった。
マイガーミンは累積標高を1,875mと言っている。
くたびれたけど面白かったよ。

でも、これでコースは合っているのであろうか?



by nao-yamaniiku | 2015-01-18 16:06 | ハセツネ試走 | Comments(0)
市道山までの男
10月5日(日)
c0206177_07542475.jpg
昨日は、市道山~臼杵山~城山に行った。
午後から中学校の同期会があるのであまり時間がなかったのだ。
先週、まったくヤル気が失せたので、今日は『ゆっくりね』と言い聞かせての山ランだった。
朝、五日市駅を6時40分過ぎのスタートのためか、市道山までは登山者2名、ランナー2名だけにしか会わなかった。
とにかくバカみたいに一人で作り笑いしながら進む。
『笑いながら苦しむのだ』といっても市道山まではあまり苦しくなく進めた。
c0206177_07532100.jpg
c0206177_07535625.jpg
市道山分岐を計ったようにちょうど2時間。
まあ、今日はこれでいいだろ。
折り返しで人に会いたくなかったので、臼杵山方面へ向かう。
だけど、城山までのルートはアップダウンが『こんなにあったっけ?』と想定外であった。
臼杵山頂上で、同じくらいの歳で、明らかに『山やってます』という女性2人組に『クマが出たそうよ』と要らない情報を教えてくれたり…
出てきたら戦うしかない。
クマには遭わなかったけど、サルには2匹ほど出会った。
一瞬、『ドキッ』とさせやがる。
c0206177_07552066.jpg
c0206177_07561408.jpg
城山頂上手前の真下からの鉄塔萌え~
城山到着。
ここは、五日市の街並みが見えてなかなかいい所である。
しばし休息。
結局、21㎞ちょっとを4時間36分だった。
ちなみに累積標高は1768mだった。


その後、中学の同期会に行くが、アルコールは口にしなった。
このオレ様にはあり得ないことである。
先月、飲んだ元サッカー部のバカたれ共にさんざんたしなめられたよ。
だけど、なんとかなるもんだ。(今だけ面白がって止めているだけ)
シラフだと酔っ払いの話も面白いものだ。
さて、台風対策か…

by nao-yamaniiku | 2014-10-05 08:00 | ハセツネ試走 | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
駅伝マン
at 2017-08-17 22:12
雨が続く、ランも続く
at 2017-08-16 22:19
8月15日
at 2017-08-15 22:07
夏休み終了
at 2017-08-14 21:02
浅間峠撃沈編
at 2017-08-12 20:50
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ