nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
カテゴリ:ハセツネ試走( 54 )
ハセツネ最終試走
10月4日(土)

10Km/20Km
残堀川~昭和記念公園のいつものコース。キロ5’20~5’30台ペース。ラスト400m流し。これがちょっとムキになり過ぎたか、ラン終了後ストレッチしょうと頭を下げたら ボッー!となってしまった。あぶねぇ。気をつけねば、血圧心配。ラン自体はだいぶ疲労も取れてきた感じ。しかしだるさが続くのは歳のせいか。力がなくなって来ているのか。来週のハセツネでわかる。が自信喪失気味。

10月5日(日)

14Km/34Km
ハセツネ最終試走。スタートより入山峠まで7Kmピストン。スタート時間に合わせ12時50分より。今日は久しぶりの太陽現れ暑く感じる。当日もこんなんだと水2.5ℓ必要だな。五日市中学校正門よりスタート。同じ輩がいると思ったら誰もいず静かなトレラン開始。荷物はリアクターにレースと同じ5Kgを入れてある。重く感じる。広徳寺手前まで走りそこからは早歩き。レース想定し平地は多少ペース上げているつもり。登りもいつもより早いつもり。今熊神社まで24’20。まあ、こんなもんか?今熊神社よりの登りレースペースのつもりで登る。
ところどころ分岐点でレースの標識がある。係りの人もすれ違う。調子は悪くはなさそう、が良くもない。結局、入山峠61’15.うーん、遅い。自分としては58分ぐらいの乗りだったのでガッカリ。ハイドレ漏れている感じがしたので、取り出して見る。上部の水を入れる部分が多少へたって漏れている。満杯にしているが2ℓ守れば問題ないだろう。家から入山峠まで約3時間で50ccぐらい漏れていたか。
帰路は転ばないように下る。最後は歩き。14Kmだけど結構へたる。とにかくこれですべてのトレ終了。来週1~2日5Km程度の休養ランはあるかもしれないが無理はしない。あたりまえだが・・・
今日、ニューハレルヤを膝の部分に張ったがなんとなく効果ありそう。長距離ではたして痙攣ストップ出来るだろうか。

楽に55分ぐらいで行けるようになりたい。スピードがない。冬のトレランは入山峠まで辺りのスピードトレランも取り入れてみるか。平地でのスピードアップ、腹筋とかの筋トレもやりたいし満載だな。
by nao-yamaniiku | 2009-10-04 21:35 | ハセツネ試走 | Comments(0)
ハセツネ鞘口峠~五日市~先週に続き第2弾~
35km/254km
ハセツネ試走  鞘口峠~五日市

先週のナイトランに続き今週は日中の第2弾敢行。本日は、長岡より初ハセツネ挑戦のH氏と同行。7時半にいつもの駐車場で待ち合わせ。お互い挨拶。なかなかの好青年。8時22分のバスに乗る。試走者、登山者多くバスは2台出た。バスの中でいろいろ新潟のトレランの情報聞く。人の話は為になる。
9時半前に都民の森に着く。トイレ、支度し鞘口峠へ。H氏の実力不明のため、また、こちらも疲労が蓄積されっているのでゆっくり行きましょうということで歩き出す。
先週と同じく膝の部分テーピング。先週はテーピングしてた部分は効果あったように思われる。

鞘口峠~月夜見山P 36'18 休憩2’50
先週よりゆっくりめに入る。他の試走者に抜かされるがここは慌てない。今日はH氏初めてのハセツネコースなのでコースを覚えてもらうことと、自分は疲労気味なので疲れを溜めないような試走を心がける。えらそうにコース説明しながら無理しないランで月夜見Pへ。おにぎり(手製)補給。結構うまい。

月夜見山P~御前山 51’52 休憩5’43
ここからも無理しない。追いついてきた60歳代の試走者が後ろからついて来る。すごいなあ。途中、07年の事故現場で手を合わせる。今日は試走者多い。ゼリー補給。

御前山~大ダワ 29’07
ここからの下り、H氏新潟はこのぐらいの荒れ地は当たり前とのこと。どうやら下りは得意らしい。自分もペース守って走る。60代の試走者も遅れながらついて来る。

大ダワ~大岳山 40’38 休憩2’17
後ろのH氏を気にしながら大岳山の登りへ。コース、自分は足の着き場がわかっているがH氏は多少戸惑っているよう。大岳山の急登はキツいが自分は好きな登りだ。登山者多く下りてくる人もいる。頂上はたくさんの人。若い女性も多い。ゼリー補給。

大岳山~長尾平 38’26 休憩1’23
登山者多いので気をつけながらの下り。大岳神社で参拝。ここでハセツネのスタッフに登山者多いので気をつけるよう言われる。まあ、登山者とトレイルランナーとの事故は避けなければいけない。下って水場で水を飲む。長尾平までラン。

長尾平~日の出山 24’45 休憩1’50
今日はペース守っているためか攣りとかはなさそう。日の出山の登りも問題なし。頂上からの景色は良い。H氏も思わず声をあげていた。ゼリー補給。

日の出山~ゴール 1:10’31
少しずつ陽が出て暑くなってくる。ここからもややゆっくりめ。もっとスピードアップ出来たが、H氏もいるしあくまで今日はダメージ残さないように終了。70Km地点からは並走。話しながらのクールダウン。
なんだかんだ複数人の方が楽しい。H氏も若いが配慮とかあり好青年だった。

トータルタイム 5:05’44(休憩含む)

いずれ、新潟のレースとかで向こうに参上せねばと思った一日だった。トレラン仲間が増えることは良いことだ。2週続けて同じコースを単独ではなく走ったの初めて。
テーピングは効果ありそう。本番でも試そうと思う。あと手製のおにぎりは良かった。こちらも持参だな。
by nao-yamaniiku | 2009-09-26 21:52 | ハセツネ試走 | Comments(0)
ハセツネ鞘口峠~五日市
35Km/198km

19日(土) K氏にお誘いいただき鞘口峠~五日市 33.5Kmのハセツネ試走をした。
今回の試走のポイント
①お互い前週12日(土)にハセツネ全コース試走したので、果たしてどの程度のペースで走れるのか。
②先週痛んだ脛、大腿四頭筋にテープを張り固定。この効果は。
③ナイトランの実践

14:32武蔵五日市駅発のバスに乗車。数馬にて都民の森行に乗換。バスの中でK氏より情報収集。為になる。16:00都民の森着。鞘口峠へ向けて歩きだす。今回、時計が直前で電池切れのため、ラップ取れずK氏のブログよりラップは拝借。

鞘口峠~月夜見P 29’14 
自分が先行。後ろからK氏着いて来るので、プレッシャー感じ自然とペースアップ。早くもモモに張りが出てくる。一人だと出だしゆっくりだと思うからそれなりに効果あるか。意外に速いタイムにびっくり。
ハンドライトは練習にと思い手に持って行動。

月夜見P~御前山 44’03
先週はこの区間1時間以上かかったがスタートからではないので軽快に上がれる。K氏途中で先行。上がり途中まで走っていた。途中で離されそうになるが懸命について行く。御前山の登りもこのペースで行ければグッドなのだが。頂上でゼリー補給。ヘッドライト装着。

御前山~大ダワ 32’33
いやな下り、先行し下る。年々コースが荒れて来ている感がある。御前避難小屋で水場確認。チョロチョロ程度で使い物にならないか。小屋に3人ほど居た。下りの途中でライト点灯。明るくなる。下りは本番でもけちけちしないで早めの点灯がいいかも。下る途中少しずつ足にダメージ来る。モモと脛。大腿四頭筋はなんとか大丈夫そう。

大ダワ~大岳山 39’41
走れるところは頑張って走る。大岳山直下からの登りペース崩さず懸命に登る。この登りは急でキツイがなぜか好きな登りだ。頂上でゼリー補給。

大岳山~長尾平 36’03
ここでK氏のヘッドライト、アイコンと交換。明るさはほぼ同じぐらいか。大岳神社でいつものように50円の参拝。夜でガレているので慎重に下る。この時期怪我は避けねば。下る途中、ガサガサ大きな音が?こういう時は複数人だと安心だ。水場で水を飲み長尾平まで走る。次第にペース落ちる。

長尾平~日の出山 25’19
ペース上がらなくなって来て、途中からK氏が先行。懸命について行くが少し離される。日の出山の途中でゼリー補給。先週はこの辺は大雨であったことを考えれば今日は楽だ。山頂。夜景がきれい。ゼリー補給。さて、ここからつぶれずに走れるか不安。

日の出山~五日市 1:11’42
日の出山よりのしばらくの降りは慎重に。走るがK氏楽についてくる感じ。走りながらモモの攣り、脛痛が来そうな気配であるが何とかごまかし走る。が、残り5Km切ったところで転倒。両方のふくらはぎが攣る。キツ~!
8月コケて治りかけの肘がまた擦りむく。その後は、ペース上がらずも緩い登りはなんとか走る。途中ふくらはぎの攣り。やがて金毘羅山へ到着。長かった。

合計タイム 4:38’35

12日の疲労が残っていたにもかかわらず、いいタイムで走行できたのはK氏がいたおかげ。やはり複数人のトレーニングは妥協許さずで効果的だった。疲労はあったものの頑張れたと思う。
テーピングは効果あったか。大腿四頭筋の痙攣、脛痛はあったが、それほどでもなかった。それよりテーピングしていない部分、モモ、ふくらはぎの痙攣があった。来週も試してみる。
金毘羅尾根でこけてしまったが、サンジョルマンのヘッドライト、ハンドライトは十分明るくグッド。先行が多かったのでライト練習にはなった。
次週はも一度、日中同じコースを新潟の初ハセツネの人とラン。次回はゆっくり行きたいが・・・・
by nao-yamaniiku | 2009-09-20 08:53 | ハセツネ試走 | Comments(0)
ハセツネコース全試走
9月12日(土)は、K氏のブログの呼びかけでハセツネ全試走を決行。ここのところ、8月13日以来、トレランは4回すべて途中で撃沈状態で果たして71.5Km行けるのか不安で一杯。とにかくゆっくりでもいいから完走することを第一目標に。
この週の過ごし方としては、9月7、8,9日完全休養。10日に4Km、いつもの残堀川沿い。そしてストレッチ。
前日の11日に3Km同じく残堀川。両日とも休養ジョグ程度のトレ。しかしながらなんとなく疲労が残り気味、不安を残しながらの試走となった。

9月12日(土)当日
4時起床。支度し弁当持参。
武蔵五日市のいつもの駐車場に5時45分に着。弁当食べながら周囲を見るとそれっぽい人たちがいる。天気は午後から雨の予報。涼しく最近の暑い週末より条件は良い。暑いよりは雨の方がいいだろう。

<服装>
ユニクロTシャツ、パンツ(ポッケ付)、膝までの靴下、シューズ(ストリーク)
<持ち物>
グレゴリーリアクター、着替え(パンツ、半ズボン、Tシャツ、タオル)・・・途中リタイアに備え、ヘッドライト767H
ハンドライト309、キャップ、地図、携帯、財布
食糧・・・アミノゼリー5、ダイエーゼリー2、SOY JOY1、パワーバー1、パワージェル2 (あまりダイエーゼリー1、パワージェル1)
水・・・・・ハイドレ2L、スポドリ0.5L
*着替えとか余分で6Kg近く。

6時15分 武蔵五日市中学校スタート
五日市~浅間峠 3:57’27
とにかく、ゆっくり進む、広徳寺の後ろから2人気配があるがいつのまにか気配なくなる。変電所のあたりのラン、ここら辺でいつも体調がなんとなくわかるが、今日のところはなんとも言えない。今熊神社28分。ちょっと遅い。まあ、でも無理しない。いつものように50円で参拝。そして神社の水飲み出発。その後もたらたら行き、入山峠、1:10。最近の中では最も遅いペース。その後もなんとなくペース上がらず進む。この時点では、完走は「?」状態。まあ、行けるところまで行こうと思っていた。市道山、醍醐丸、三国峠と進む。いつものように登下降にやられるが、体力の低下はない感じ、まだまだ行けそう。
浅間峠3:57’27。やはり時間かかる。まあ、でもこんなものかな?
2分間休憩後、出発。東屋の温度計10℃だった。今日は気候がいい。天気はずっと曇り。いつ雨が降るか。

浅間峠~月夜見山P 4:33’26  累計8:32’56
その後、日原峠過ぎから両脛(スネ)が痛み出す。時々立ち止まり足首を伸ばしてストレッチ。う~ん、ゆっくり行っているのだがなぜだ。そして、いつものように大腿四頭筋が攣り始めた。したがってペース上がらず、脛、大腿筋の痛みがなくなるまでゆっくりランとなってしまった。まったく・・・笹尾根もスロージョグ、笛吹峠で座り込んでテーピング4分間。その間に一人先行された。その後もペース上がらず三頭山の上りへ途中で痛み出し登りも駄目。ここで二人に先行される。7時スタートのK氏もそろそろ現れるか、と思いながら進む。鞘口峠から水補給に都民の森まで下る。結構下る。そしてバス停付近で水確保。この辺りには試走終えた人たちが10人ぐらいバス待ちしていた。鞘口峠まで登り返す。これはキツイっす!本番でもこんなことないから・・・水は、ハイドレに100ミリリットル、ペット300ミリリットルほど余る。水は1.5リットル程補給。涼しかったが結構な消費。月夜見山Pへ到着。給水に28分以上かかってしまうが、それを差し引いても4時間以上かかってしまう。浅間峠までよりは短縮したかったがガッカリ。やはり足の痛み攣りが時間かかってしまう原因だ。

月夜見P~長尾平 3:25’37 累計12:02’36
御前山まで、脛の痛み、四頭筋の攣りもやや収まって来た。自分としてはそれほど悪いペースとは思わなかったが御前山まで1:03であった。また、この辺より15時近くなり試走者、登山者は全く見当たらず。雨はまだない。食料は今回コメ系を持参しなかったが何とかこれでなりそう。本番ではゼリーをお高いパワージェルに何個か替え軽量化を図りたい。大ダワまでの降りはいやだな。その後、大岳山までは走れるところは走る。
大岳山の登りは割と順調に登れる。暗くなってきた。大岳山の降り慎重に進む。神社で50円参拝。久しぶりだ。神社下のベンチでヘッドライト、ハンドライトを取りだす。その後の降りの途中から点灯開始。やがて水場で補給中に雨が降り出す。長尾平手前で雨は豪雨に。ちょっと降り過ぎだぜ。大雨、山の中、しかも夜。御岳駅へ・・の妥協策もあったがせっかくだからゴールまで進む。

長尾平~五日市(ゴール) 2:04’25 累計14:07’02 都民の森給水除く 13:38’39

いつもは軽快に進めるこの区間も大雨とガスで足元しか見えずでペース上がらず。少し心細かったが意外と何とかなるもんだ。ただ、慣れた道でも道迷いは怖い。初めてのコースでは雨、ガスでのナイトランは避けた方がいいだろう。残り6キロ地点ぐらいから足が終ってきて歩きになってしまう。でも、タイムはかかったが、それ程、時間の長さは感じられなかったのは大雨で緊張していたせいか。最後アスファルトに出てきて本来ならスパートかけるところだが、ダメージ食らうのは避けたいため軽いラン。最後は歩いてゴール。
20時半ぐらいで雨でもあり、周辺は静かであった。知らない人から見たらザック背負い、服は泥で汚れ、しかもびしょ濡れの変な人に見られてしまうだろう。

駐車場に向かう時、足が疲労で痛み時々立ち止まってしまう。そして、異様な寒さが襲って来る。コース上にいる時は感じられないのに・・・ ガタガタ震えながら途中のコンビニでカップヌードル買い、お湯入れて歩きながら食べる。駐車場に着くとK氏らしき車があり、あれれ?と思っていたがどうやらK氏もトータル14時間ほどかかってしまったらしい。

11時間台は難しい・・・ 大腿四頭筋の攣り、脛の痛みは要対策必要。ふくらはぎの攣りはここのところなし。
by nao-yamaniiku | 2009-09-16 18:52 | ハセツネ試走 | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
5月
20日(土)〜21日(日)
トレニックワールド100mile
最新の記事
今日は孫2号と...
at 2017-03-25 21:52
春は足踏み
at 2017-03-22 22:33
三浦半島まで
at 2017-03-20 22:20
バイクの整備
at 2017-03-19 17:43
ハセツネ30k2017年7回..
at 2017-03-18 17:38
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ