nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
カテゴリ:トレイルラン(その他地域)( 13 )
MT.FUJI 全走
7月16日(土)
c0206177_1624564.jpg

22日(金)は富士登山競争。
いつも平日の大会なので、この時期、この週は休めませんので参加できず。
でも、富士は20回は登っているかな。
今日は、奥武蔵の試走をしようと思ってたけど、絶好の晴天だったので富士山に登って来ました。

しかも今日は富士吉田市役所近くからスタート。
ほぼ富士登山競争の全試走です。しかも往復・・・プラスお鉢巡り・・・

昨日は、さっさと仕事を終わらせ22時に就寝。起床2時。
起きてスーパーの袋に荷物を放り込みます。
2時20分出発。
コンビニに寄り3時40分に市役所近くのパーキングに着。
仕度します。がハートベルト忘れ心拍数測れず・・・ガッカリ。今日は特に必要なのに。フットポットもあれ以来購入せず、単なる時計だよ。

c0206177_1617272.jpg

頂上まで遠いっす。
4時過ぎにスタート。
いきなりザック重てぇ。
セブンのおにぎり5個、ゼリー4個。
ハイドレ2L、ペット500ml。
ジャケットとか入っているので5kgはあるかな。

あたり前だけどスタートからず~と登り。
スタート地点の標高770m。3000m登って3000m下るというハードな企画。
馬返しまでのロードを走るけど後ろを引っ張られている感じ。
しかし、足の調子は良さそう。でも、先は長いので無理せずゆっくり行きます。
7.2km先の中の茶屋到着。
駐車場はガラガラ。
あ~ぁ、せめてここまで来れば良かったよ。
すでに市役所からのスタートを後悔。
中の茶屋から馬返しまでは登りも急になって来る。
なんとか走りきって馬返しまで。10.8km地点。
84分もかかっちゃいました。

ここからはトレイル。
ここも抑え目に行きます。やはり帰路が気になります。
心拍数が分かればいいのに・・・
しばらくするとランナーに追いつく。
c0206177_1629461.jpg

日本語がお上手で良かった・・・
レースに出るとのことです。
朝のスタートが早かったせいか頂上まではトレイルランナーは3人ほどしか会いませんでした。
佐藤小屋まで2時間24分。

ようやく森林限界地点を超え登山者が多くなります。
相変わらずここからはペースが上がりません。
だけど雲ひとつない天気です。
c0206177_16333030.jpg

頂上がくっきり見えます。
お腹も減っておにぎりを食べますが空気が乾燥していてなかなか喉に通りません。
こういう時はゼリーがいいですね。
いつも高山病の症状はそれほど出ませんが、7~8合目あたりの岩場ではフラっとしますね。
自分は高血圧の持病があるので自分の身体と相談しながらペースの強弱をつけます。
外国人のツアー客ですかね。やたらと今日は多かったです。
でも、思っていたほど登山者は多くなかったです。
連休初日と今日からスバルラインのマイカー規制からかな。
そして、なんとか頂上着。
4時間55分もかかってしまいました。
c0206177_1636514.jpg


5分ほど休憩してお鉢巡りです。今日は反時計周り。
c0206177_4122453.jpg

途中、登山道に雪渓がありました。冷たくて気持ちいい~。
c0206177_16391114.jpg

南アルプスもいい感じで見れます。
今年は久しぶりに北岳行こうかなあ。
c0206177_483791.jpg

そして剣が峰。3776mの日本最高峰です。
c0206177_16403859.jpg

下りの登山道までお鉢巡りは46分ほど。
c0206177_4103623.jpg

戻って来ました。
c0206177_16433657.jpg

富士吉田が遠くに見えます。
あそこまで降りるのか・・・
やれやれもうすでにいっぱいだよ。
無理せず下ります。
そして、砂ぼこりに備えます。
c0206177_16461037.jpg

佐藤小屋手前の山小屋でペット2本購入。1個300円。
そして、シューズとくつ下の砂を出します。
休んでいると下からどんどん試走者が来ます。
11時ぐらいなので時間的にランナーが多く出没のよう。
佐藤小屋まで1時間24分。

馬返しからトレイルの下り。もうバネはない感じ。
この辺りはたくさん試走者が登って来ます。
このルートはトレイルランナーばかりですね。
そして、馬返しまで37分。

でもまだここから11kmほど残っている。
しかも、下るにつれどんどん暑くなってくる。
顔をゆがめながら走ります。下りとはいえキツイです。
c0206177_4162861.jpg

走っているので富士浅間神社(神社内は走りたくない)は通らず一般道を進む。
車も多く暑く苦しいけど我慢。
なんとか走りきり、途中コンビニに寄ったけど馬返しから77分でゴール。
振り返ると富士山の五合目より上はいつの間にか雲がかかっていました。

休憩とか入れた全タイム8時間58分59秒でした。
距離は45kmほど。

風呂も入らず13時半に出発。
予想通り渋滞はなく15時前には家に着きました。
もう、ヘロヘロ。もう富士山はいいや。
今週レースの出る方はがんばって下さい。

水はハイドレ2L、ペット3本、合計3.5L消費。
セブンのおにぎり5個、ゼリー4個消費。
持ってきた食料は全部食べました。
セブンのおにぎりもしばらくはいいや。
by nao-yamaniiku | 2011-07-16 16:57 | トレイルラン(その他地域) | Comments(2)
TTR(終盤)試走
10月31日(日)
昨日は、遅い台風24号で「第2回横浜ロゲ」が中止!
エリアは金沢八景、海の公園の会場で鎌倉方面も範囲だったよう。
普段行行かない所なので楽しみにしていたんだけどね。
6時まで待機しアクセスすると「中止」の連絡が、しょうがないなあ。

今日は、ようやくTTR終盤の試走。
アプローチは高尾から。
本当は五日市からと思っていたけど、朝8時半に野暮用が出来てしまって時間が無くなってしまった。
昨日はランなしだったので朝5時半から10kmほど走る。

用事を済ませクルマで高尾駅前のコインパーキングへ。
準備して9時50分スタート。

まずは高尾山口までジョグ。
17分ほどでケーブル下の駅へ着。
c0206177_175611.jpg

今日は台風一過とはいかず、いつ雨が降ってもおかしくない天気。
そのためか休日なのに珍しく人は少ない。

さてここから高尾山までだけど、実を言うとこの登りでいっぱいになっちゃった。
稲荷山コースへ進む。
ここは、トレイルが広くなっているので登山者のすれ違いにストレスが少ない。
といってもいつもの休日は数珠つなぎで強引に走ったらダメ。
今日はあまり登山者がいなく結構がんばってしまった。
頂上付近ですでに足がダルイ。
c0206177_17122737.jpg

高尾山口から37分13秒。心拍数162。
高尾山(599m)頂上につくと同時に小雨が降って来た。
メガネをかける。

城山まではまったりとした感じで進む。
今日はさほど寒さを感じなかったのでランパン&Tシャツ、アームウォーマー。
登山者はみんなレインウェアかジャケット着用。
城山(670m)まで高尾山から28分ほどかかる。
c0206177_17201621.jpg

人気の山なのでここのところ避けていたから久しぶりです。

さてここからがTTR終盤。
来た道を少し戻って分岐を大垂水峠まで行く。
c0206177_1725416.jpg

濡れてスリッピーなトレイルを下る。
でも、注意していても2回しりもちをつきました。
しかもまともにお尻から落ちたのでアゴまで振動が来たぜ。クソッ。
c0206177_17293947.jpg

大垂水峠到着。この区間19分55秒。

ここから大洞山~中沢峠までは短い登り下りが続く。
今日は情けないけど登りの足がもうおしまい。
中沢峠から三沢峠までは平坦部分が多く走れる。
そして、町田市最高峰の草戸山(364m)到着。
c0206177_17402897.jpg

大垂水峠から1時間13分もかかってしまう。

さて高尾駅まで行くけど、ここからも小さな登り下りがあり足を使う。
初めてのコースで道迷いもしてしまった。
左側下から甲州街道を通るクルマ、バイクの音は聞こえるが寂しいトレイル。
イノシシが土を掘り返してあるようなとこもたくさんある。
四辻の高尾山口方面に行かず高尾駅に向かう。
時折建物も見え始める。
c0206177_17494166.jpg

やがて民家の塀のあたりへ。
でも、イノシシ注意の看板があったりして嫌なところだなあ。

草戸山から1時間14分かかる。ヘロヘロ。
トータル4時間18分50秒でした。

城山からは2時間50分43秒。
TTRコースは100km以上たどり着いて、そのまま高尾山へ向かえばいいものの最後の最後に苦労させられる。
完走出来るかなあ。
来年日が長い時期にとは思っているけど・・・
by nao-yamaniiku | 2010-10-31 18:01 | トレイルラン(その他地域) | Comments(2)
陣馬山レースコース試走
23Km+2Km/184Km

陣馬山トレイルレース試走

8:30拝島発~9:18藤野駅着
30分ほどで「ふじのマッゴルフ」のスタート位置へ。曇り。
横で着替え出発。9:50
今日は、電車利用のため、リアクターに着替え(ジャンバー、ジャージ(下)、長そで2枚、下着、タオル)、水2ℓ、ゼリー4個、財布、定期、鍵、携帯と荷物満載。レースでは空身なのだろう。曇りでこの秋一番の冷え込み、けどハセツネと同じ格好でスタート。途中腕が冷えることもあったが大丈夫だった。この時期から山での服装が難しくなってくる。


特にレースに出場するわけではないが、近郊のレースコースなので試走してみっか、ということで実施。今後、出来る限りさまざまなコース、トレイルに行きたいと思う。

コースはところどころ不明な場所あり、特にスタートからふじの幼稚園のあたり、着替えていたら3人のランナーが通ったので慌ててついて行くが、靴の紐がきちんと結ばれなかったりでダメダメ、落ち着かねば・・・
スタートからの最初の分岐まで24’12かかる。アスファルトの上り。その後、シングルトレイルの山道へ。走りやすい、が今回、電車のため着替えとかあり。ザック重い。やがて久しぶりに明王峠へ。ここから陣馬山は以前は高尾山からよく通った道だがあまり覚えてない。でも走れる道だ。登山者も多い。
明王峠~陣馬山まで17’13かかる。陣馬山は久し振り。最近は高尾山の人気高く高尾山からのピストンは不適な感じですっかりご無沙汰だ。走るのであれば夜しかないな。でもあまり面白くないコースだが。
陣馬山は休まず通過。これから約4.5Kmの下り。快調に飛ばす。しかし、登ってくる登山者多く何度もスピードダウン。これが結構トレになったりして。ガンガン下って落合着。29’55。
ここから、アスファルトの登り。ハセツネ30の醍醐のようなコース。林道は展望も似たような感じで精神的に辛い。しかも上がりはキツイし。けっこう時間かかる。56’33。
ようやく分岐へ。ここから再度下り。25’30。最後少し道迷うが無事スタート地点へ帰る。
全コースタイム 2:54’44。ウ~ン2:30ぐらいで走りたかったが、だめだ。
レースであればどれだけ短縮できるのだろうか?ザックも重かったがそれは言い訳。このコースは山岳レースだがほとんど走れる。スピードが勝負。でもあまり面白くないコースだな。冬とかは南側走ることが多いので積雪の心配なく快適なランが出来そう。夏は暑いだろう。
帰りは藤野駅でビール飲んで15時前に家に着く。

本日の考察
①陣馬山付近は登山者多い。陣馬山からの下りも多かった。登山者の前では必ずスピードダウンすること。
  危ない。年配の方も多いので配慮すること。
②下りは慎重に集中。今日は飛ばせる下りが多かった。怪我をしないよう注意すること。
③スタートは準備万端に。靴の紐とかその他万全にスタートするように。レースと同じ。
④初コースはメガネ持参が良い。低山といえど山には変わりない。
⑤やはり今日のように今まで経験のないコースをなるべく行こう。いろいろ勉強になる。
by nao-yamaniiku | 2009-10-24 21:53 | トレイルラン(その他地域) | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
7月
9日(日)
トレニックワールドin外秩父約50㎞

10月
8日(日)、9日(月)
日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
3年...
at 2017-07-24 22:04
935その後
at 2017-07-23 20:22
予定は未定
at 2017-07-22 19:10
ツールドフランス
at 2017-07-20 21:26
夏か...
at 2017-07-19 21:34
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ