nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
カテゴリ:レース備忘録( 11 )
Fun Trails 50kの作戦
さて、いよいよくも膜下出血復帰第一戦、そして今年初のレースとなるFun Trails50kのレースまで4日と迫って来た。

試走の感じから9時間切れるかな、どうかな?という手応えだった。でも、主催者はボリュームゾーンのタイムが8時間27分という。そのタイムを目標にせざるを得ないだろう。
だけど、レースに出れるように回復したことをまずは喜ばないとね。まあ、今回はタイム狙いより無事にフィニシュすることの方が重要である。このレースがスタートだからね。

大会要領に必備の持ち物がある。物によっては不要と思われるものもあるが、大会のルールなので、もちろんすべて持参する。必要不要は選手が判断することでなく、大会主催者が判断すること。それがレースなのである。

一応、身に着けるものは以下の通り
<レースウェアなど>
上から
・ニット帽か雨なら帽子
・ネックウォーマー
・ファイントラックのアクティブスキン
(2012年八ヶ岳の寒さ対策で買った奴)
・アンダーアーマーのピッタシした長袖
(これはだいぶくたびれているが娘たちからのもらい物である)
・TREK NAO シャツ
(尊敬する大好きなNAO女史チームウェアなのだ)
・ユニクロのパンツ
(まあユニクロで十分)
・NBのルーズタイツ
(レース必備品として。ザックに入れるのも面倒なので着て行く、これもくたびれている)
・ファイントラックのラミースピンソックス
(穴を縫いまくりのソックスである。なかなかソックスを買う勇気が出ない)
・指切り手袋
(これは2015年に買った一番新しいグッズ)

・シューズ 悩み中 くたびれ果てたアディゼロXT3か、この間買ったHOKAラパヌイ。

<その他>
・ザックはinox

・食料 自作ジェル約1200カロリー ジェル2個 塩飴5個

・水 お茶600ml 水500ml 

*作戦
・A7鎌北湖まで2時間20分目標。渋滞を考慮
・A8顔振峠まで区間1時間35分目標累計3時間55分
・A9県民の森まで区間2時間45分目標累計6時間40分
・エイドの所要時間は1分を目標。水を補給して食料を手で持って食べながら進む
 汁物とかは食べない。もちろん座らない。

ほぼ全試走した時の食料は、自作ジェル1200カロリーとパンやおにぎりを2個だった。3ヶ所のエイドでパンなど、持ち出せるもので大丈夫だと思う。
水は鎌北湖まで250mlぐらいの消費だった。ユガテ手前の水場で補給、高山不動尊で補給。その他に鎌北湖、顔振峠の自販機でコーラを購入。3ヶ所エイドがあれば十分だと思う。

まずは無事完走したい。日和田山を登ったところで体調が良ければ、頭が痛くなりそうでなければ、ボリュームゾーンの8時間27分を目指すよ。

毎度のことだけど、スタートが肝心。自分のペースで進むこと。序盤の西武線の武蔵丘車両基地で、ここまで楽に来たかがポイントだろうね。そこからは比較的自分のペースに持ち込めそうである。




by nao-yamaniiku | 2016-11-15 22:20 | レース備忘録 | Comments(2)
ボリュームゾーン...
Fun Trails 50の大会資料が届いていた。要項・ゼッケン引換などが入っていたが、ガッカリだったのがレース予想タイム。
c0206177_22025333.jpg

速い選手は5時間23分ほどでフィニッシュするらしい。これはまったく関係なし。
問題はボリュームゾーンなるタイム。フィニッシュが15時27分とある。ということは8時間27分である。ムムム...
ボリュームゾーンというのは、名の通り一番フィニッシュが多い時間帯なのだろう。

2週連続で試走した感触では、9時間切れるかどうか?というレベルであった。うーん、想像以上に力が落ちているのか、周りのレベルが高いのか...

スタート位置やレースペースを再考しなければいかんな。周りの早いペースに巻き込まれないようにしないとね。
まあ、年齢的にだんだんレベルが落ちていくのは、仕方だろうなあ。


by nao-yamaniiku | 2016-11-11 21:47 | レース備忘録 | Comments(0)
今年のレース総括2015年
50代になって徐々にレースの内容が悪くなって来た。昨年の2014年は出場するレースのほとんどが不甲斐ないレースだった。もうレースはファンランするか、それとも、もう一度チャレンジが出来るような身体を作るか。出した答えは『せめて落とし前をつけてからやめようよ』であった。

2015年のレースは全11戦、そのうち落とし前レースは7戦だった。
ロゲは2回だけ。レースとブッキングばかりだったので出場機会は少なかった。

プロローグは青梅マラソン。これは小江戸大江戸の練習の位置付けだった。前日に受付ついでに青梅高水コースのトレイルと、自宅までのランで40㎞以上走り、レース当日の朝も10㎞走ってからの参加。さすがに序盤は足が重たかったが、ビルドアップ的にスピードが上がり2時間19分1秒でフィニッシュ。まずまずの出来だった。

落とし前レース第1戦は小江戸大江戸だった。昨年はプチロストもあったが、川越に戻って来た時は戦意喪失。大江戸パートのリングに上がれずKO負けだった。
今年は小江戸パートも順調にこなし、大江戸パートの150㎞から先はダレたものの、目標の30時間を大幅に短縮の27時間40分28秒で(27位)でフィニッシュ。気持ちいいKO勝ちであった。

第2戦は、ハセツネ30k。昨年はレース前にいろいろありで、最後尾スタートになってしまった。結果、4時間51分、766位と力が出せないレースだった。今年は醍醐丸までの下りT字からの登り返しまで調子良かった。だが、その後の登り以降でケイレンによる失速。でも、意地で3時間49分31秒と目標のサブ4は達成。判定勝ちということかな。

5月23日にオクム対策でぐるっと富士一周100へ昨年に続き参加。土曜日の午前0時スタートのため睡眠ゼロのキツイウルトラであったが11時間29分で完走。

落とし前レース第3戦は6月7日の奥武蔵ウルトラマラソン。過去2回は8時間オーバーだったので、どうしてもサブ8を達成したかった。折り返しからずっと辛かったが、粘ってスピードを維持して7時間39分2秒でフィニッシュ。サブ8達成の勝利だった。

2週後の6月22日は落とし前レース第4戦のTGGだった。過去2年は、リタイア、グロッキーでのゴールと、みじめなレースが続いている。今年は密かに前半のハイライトレースと位置付けていた。序盤の笠取山へ向けての登りで調子良く、雨も味方したのか10時間17分でフィニッシュ。ベストを1時間以上短縮するKO勝ちである。

その後、7月12日は落とし前レース第5戦のトレニックワールド飯能・越生だった。昨年は飲み会翌日に参加。二日酔い、暑さもあり、おそらく初めてであろう、関門時間を気にしながらのレースで、やっとの完走であった。今年は40㎞から10㎞距離が延びて50㎞へ。序盤から比較的前めのレース展開となった。中盤にケイレンでの失速もあったが復活。後半にまたダレたが9時間24分12秒でフィニッシュ。距離が延びても昨年並みの9時間30分と思っていたので完全勝利。順位も総合23位、年代別5位だった。

7月31日は3年連続の参加となった富士山頂往復マラニックに参加した。過去2回はタイムはまあまあも、お鉢巡りが出来なかった。今年はタイムはともかく、お鉢巡りするのが絶対条件にした。五合目まではほぼ走りきれ、富士山頂までは順位もタイムも好成績。お鉢巡りをして下りはくたびれたものの、18時間18分で完走した。

レースを3ヶ月空けて満を持してのメインレースのハセツネ。落とし前レースの第6戦である。2013年は反則負け。昨年は序盤の醍醐丸でリタイアと1ラウンドKO負け。『naoさん引退か…』と追い込まれてしまった。
今年の試走は11時間15分とPB。順調に仕上げて密かに期待した本番であった。しかし、ハセツネは本当に上手く行かない。醍醐丸の先でケイレン発生でスピードが出ず… 諦めかけたが気持ちだけは負けず、なんとか最低目標、サブ12の11時間37分55秒でフィニッシュ。微妙な判定勝ち。苦笑いのレースだった。おかげでしばらく、もうひと頑張りしなくてはならなくなった。

11月22日はFTR100k。ハセツネと神宮外苑24時間の間。しかも累積標高差7617mにビビリ気味。最大目標は21時間17分、最低目標は24時間にした。
久しぶりに序盤でトレイルで力が出ない病が出て苦しんだ。車中泊で一睡も出来なかった影響か。ようやく飯能から徐々にペースが出て来たが睡魔との戦い。結局、22時間36分9秒でフィニッシュした。

落とし前レース全7戦のラストは神宮外苑24時間チャレンジである。昨年は完走扱いになっているが17時間でレースを終えた。足底筋痛と身内の入院という言い訳をしたが、実際は気持ちが負けた。
このレースは日程的に、次はいつ出れるか分からないので、今回でベストを尽くすしかない。ロードのウルトラ対応をすべく12月に入り13日間で300㎞と走り込んだ。
レースは序盤から思惑通りのペースで進めた。ラストの4時間は、本当に足が痛くて辛かった。でも大目標の200㎞オーバーの202.5㎞と勝利。今年最後のレースを有終の美で終えた。

そんな訳で(自称)落とし前レース全7戦は、微妙は判定もあったが全7勝と今シーズンは完勝で終わった。よく言われる『練習は裏切らない』というヤツだろう。まあ、自分の場合、練習というより、体調を整えるための、狂わんばかりに辛かった禁酒がすべてかな。

中途半端にレースを入れて、不甲斐ないレースばかり。そうなるとリベンジしなければならないレースが増えるだけ。
自分のレベルだと目標のレースはせいぜい年に2回が精一杯だろう。しかも、トレイルとロードでは微妙に種目が違う感がある。
来年は、レースに出るなら目標を絞った方がいいだろう。歳も歳なのであれもこれもでは消化し切れない。もっとも『来年は…』と言っているのは、今のところ気力ゼロの状態なのである。良く考えなくても100㎞も200㎞も辛い思いをして走るのはノーサンキューだろう。
3月の小江戸大江戸(今回は233㎞)だけど、実はエントリーしたのを後悔をしているのである。


by nao-yamaniiku | 2015-12-29 23:32 | レース備忘録 | Comments(0)
FTR100k備忘録
11月なのに晴天の日がなかなかない。その代わり暖かかったので救われていた。でも、昨日からいよいよ寒くなって来た。レースが昨日、今日のような気温、天気だったら大変だったろうなあ。

FTR100kの備忘録、もしも来年出ればの話だけど…

優しい奥宮選手、飯能・奥武蔵・秩父のメジャーハイキングコース、Fun Trailっていう名称など、感覚としては簡単そうなコースに見えるが、国内のレースでは難コースの方じゃないかな。優しいのは制限時間が33時間ということ。もしOSJが同じコースで主催したら制限時間は26時間ほどで、完走率も低くなったと思う。

<ウェア編>
・上半身
アクティブスキン、マウンテンハードウェアの長袖、TREKNAOユニフォーム。
グローブは、指切り、夜間はエイド出発時にフラッドラッシュEXPをする。でもほとんど指切りでOKだった。

・下半身
アクティブスキン、ルーズタイツ、ラミースピンソックス

・シューズ
HOKAスティンソン・エボ

小持山先で撃沈もあり、雨に濡れたくなくトレント着用。名栗で脱ぐ。
パーサ(下)は未使用、ホッカイロミニも未使用
寒さ対策もさほど寒くはなく夜間も動いている分には大丈夫だった。

<ライト編>
腰にガンビットとハンドライトはSG309
スタート直後はハンドライトのみ、飯能でハンドライトの電池交換をした。
ガンビットは光量は最大、鎌北湖、刈場坂峠のエイドで電池交換をした。ケチケチしないのである。
ハンドライトは平坦地、登りは消灯してポケットなどに。特に問題はなかったので次回のナイトランも同じかな。

<食料>
・飯能まで
ペット500mlに約900kcalの自作ジェルとソフトパックに1400kcalの自作ジェルを持つ。
飯能までペットは飲み干し、ソフトパックは半分残る。
後はエイドで、おにぎり、パンなど。

・飯能にて
GMS系のジェル、OS1のジェル(ハセツネのおみやげ)

・飯能以降
ペット500mlに約1200kcalの自作ジェルとソフトパックの余り。フィニッシュまでにすべて飲み干す。
飯能でドロップバックに入れたどら焼き。
後はエイドで、お茶漬け、みそ汁、パンなど。

自作ジェルはなかなか使えた。次回以降もこれで行く、もう少し配合、味の種類を増やそう。

・水分
ペットをエイドで補給。エイド間が最大で17kmほどなのでハイドレは不要だと判断した。

<その他持ち物>
レギュレーションで定められた以外では、ドロップバックに長袖、シューズを入れていたが使用しなかった。
でも、シューズはHOKAが若干靴擦れしたので交換も考えたが、タグも移すので面倒でやめた。結果、飯能以降は靴擦れが気にならなくなり正解だった。
ガーミン、スマホの充電器は東峠エイドより充電、飯能でドロップバックにイン。

*今回は、例年ほどの寒さがなく走りやすい気温だった。

<その他の所感>
・ゴミが落ちていなかった。ブログやFBでマナーが良かったという意見もあるが、ハセツネやこちらでも選手のレベルは同じだろう。エイドがあるということと、エイドにゴミ袋があるということが大きい要因なのではないかな。

・エイドは全部で9ヶ所。約10㎞毎は自分的には恵まれすぎと思う。後ろの選手は水が不足したとも聞く。5~6ヶ所ぐらいでスタッフの負担を軽くして水などの量を多くした方がいいのでは。

・駐車場問題は、個人的には悩みどころである。やはり3時半ぐらいの到着では駐車場はギリギリのよう。それを心配して、前日の22時頃入ったが寝れなかった。これは毎度のこと。山を走る練習より夜間に車中泊の練習をした方が良さそうである。いや、マジで… まあ、近場に宿泊すれば解決だけどね。

・そもそもスタートの5時が早過ぎる。スタッフの方も大変では。個人的には、制限時間を30時間にして、スタートを8時にして頂くとありがたい。と勝手なお願いをつぶやくが、誰も聞いていないのは知っている。

・登山者には名栗まではほとんど会わなかった。子の権現からは、チラホラ見受けられたけど、逆に気持ちいい対応をされた。自分の時間では、天覚山頂上に30人ぐらい留まっていてコースが塞がれていたが、リーダーと思われる男性にコースを誘導されたり。よほどこちらの対応を悪くすれば別だけど、トラブルにはならないかなあ。
飯能の市街地、あるいは夜間のユガテ・八徳などの民家を通る時を気をつけた方がいいかな。

・地図は、序盤の雨に濡れてしまい役に立たず。ビニールに入れてなかったというミス... でも、地図を見る余裕はなかったなあ。事前に通勤電車でたっぷり眺めていたので、なんとなくどこにいるかは分かっていた。コースは分かりにくい箇所もあったが、ミスコースは刈場坂峠を越えて朦朧と歩いていた時に、何度かコースを外れたぐらい。エイドのテントに次のエイドまでの距離、累積標高があり、これは参考になって良かった。

・この大会の情報を取るのが面倒であった。HPはあるが、情報が更新されたのが分かりにくかった。FBをしてないと分からないことも多い。FBはアーカイブになりにくいので、過去情報に大事なことがあっても埋れてしまう。情報を取りに行くのはHPなので、HPを中心にして欲しい。

・スタッフの方の対応は、どなたも明るく元気だった。苦しい時にたくさんお声をかけて頂き、あまりいい返事をお返し出来なかった。本当に感謝しています。

コースはUTMFや八ヶ岳の100マイルよりは面白いと思った。標高がさほど高くなく、里山的なのでリタイアもし易く安心感がある。だけど岩場、急登、急下り、ガレ場、市街地、いろいろあり変化に富んでいる。将来的に100マイルも視野に入れているのかな? 
なんにせよ、自宅近くにいいレースが開催され、飯能・奥武蔵・秩父に行く回数が増えそうである。
c0206177_18283672.jpg
日々のトレーニングはこちらで。 naoのジョグノート

by nao-yamaniiku | 2015-11-26 21:19 | レース備忘録 | Comments(0)
2014年レース総括

12月29日(月)


今朝の通勤電車は半分以下の乗客だった。

冷たい雨模様でもあり車内は寒々しく感じた。

改めて今年のレースを振り返ってみるとお恥ずかしいような内容だった。

『こんなにダメだったのか』という内容である。

  ①1/19カーフマンジャパン北関東 ラン5㎞⇒BIKE28㎞⇒ラン5

   1時間4249

   得意のはずのバイクが全然ダメ。

  ②1/26石神井フォトロゲ5時間

  準優勝

  tsuneさんとコンビ。自分が撃沈しなかったら全CPコンプリートだった…

  ③2/16青梅マラソン30

 中止

 もともと法事が入ってしまったので、開催されていてもDNSだった。


④3/12小江戸大江戸202

小江戸部分92㎞でリタイア たぶん11時間30分ぐらい

外環でプチロスト、川越市内に入ったら急速にヤル気が失せてしまった。


⑤3/6日の出ロゲ

順位不明

2度目のtsuneさんとのコンビ。距離は稼ぐも無駄走り…

  

  ⑥4/13ハセツネ30k30

4時間515秒 総合800位 男子766

遅刻で最後尾スタートとなってしまった。入山峠までの渋滞は酷かった。


⑦5/5OTK65

岩茸山で調子悪くなりリタイア。


⑧5/17ぐるっと富士山一周マラニック100

12時間42

6位だということだけどこの大会の順位は関係なし。楽しんだかどうかということ。R138 は走りにくかった。


⑨6/15TGG65

12時間1316

強者にボコボコに抜かされてKO。だけどinox packが当たってしまった。


⑩7/13飯能越生トレイルラン42.7

9時間2815秒 104/379

前夜の飲み会でゲロンパしながらのレース。初めて関門時間に追われるレースだった。

完走率は40%と低かった。


⑪8/23富士山頂往復マラニック112

19時間35

昨年より17分ほど遅かった。


⑫9/7越生寄居トレイルラン42.2

DNS

前夜飲み過ぎで起きられなかった。禁酒を本気で考え出した。


⑬10/1213ハセツネ71.5

DNF

醍醐丸でおしまい。胸を強打してしまうがレース中のヤル気のなさの方が大問題。


⑭11/89神宮外苑24時間チャレンジ

137.8

足底痛のため17時間でストップ。レベルが高かいレースだった。


⑮12/7coedokawagoe6時間走

37.7

またも足底痛。ここは無理せず途中でおしまい。3時間287秒。


というような状況。

15レースも出て、まともなレースはないという不甲斐ない2014年だった。

10月から断酒をして、今はモチベーションが上がっているが、すでに時遅しということ。

でも、このまま維持して来年は…である。


by nao-yamaniiku | 2014-12-29 22:41 | レース備忘録 | Comments(2)
今年のレースの総括
12月30日(月)

今年のレースの最大のトピックスは、TTR(旧東京トレイルレース)の完走とトライアスロンの復活かな。
もとろん、両方とも返り討ちにあったけど。

TTRは、5月の山トピさん主催のOTK(青梅~鴨沢)のTTRハーフで、お願いして自己責任ということで後半部分を行かせてもらった。
何しろ数年来の目標だったけど、一人でやるには食料・飲料補給が難しいコースなので、コースの中間地点に補給が出来るOTK以外考えられなかった。
日原峠でコースミス(今年はハセツネも日原峠で反則失格)してしまい時間ロス。
浅間峠からは、吐き気と眠気でゴールの高尾駅までフラフラしながらの行動だった。
レース以外、一晩中、しかも一人で山の中を行動したのは初めてだった。

マンネリ打破との思いから、昨年12月からバイク復活、1月からスイム開始と10年以上振りのトライアスロン練習を開始した。
日程調整がつかず6月の東京都トライアスロン渡良瀬大会の一戦だけだった。
しかし、スイムで溺れ得意なはずのバイクもペースに乗れず。
順位は真ん中より後ろというのも、おそらく初めてじゃないかな。
バイクもちょうど真ん中ぐらいの順位と悔しいというか情けない結果だった。

それからTTRもそうだったけど、小規模の自主企画のレースに参加することが多かった。
正月明けの大山詣で(77km)に始まって、TTR 、TGG (序盤で撃沈DNF)、富士山頂往復マラニック。
こういった自主企画ものは、主催者が身近なのでひと味もふた味も魅力のあるコースである。
来年も参加出来たら走りたい。

メジャーなトレイルレースは、八ヶ岳とハセツネの2レースだけだった。
八ヶ岳は、昨年と同様、前半撃沈~後半復活と2年連続でなんとか完走。
ハセツネは、撃沈もフィニッシュしたが、途中の給水で反則するという失態。

ロードレースは、川口マラソン(ハーフ)の一戦だけだった。

ロゲイニングは、小田原、日の出の2戦とDNS扱いで一人での奥武蔵と前年までの参加数と比べれば激減した。
日程の調整がつかない大会が多かったかな。
その代わり2月の神田、5月の熱海、11月の島田とあまり役に立たなかったけどスタッフを経験させてもらった。

個人的には、2月に義父の死去、8月に孫の誕生と、その度ごとにレースやトレーニングでの影響があったけど、これは誰でも同じなので仕方なし。
それから肋骨を痛め、11月に1ヶ月走れなかった。
1ヶ月も走らなかったのは、2007年に腰を痛めた以来の出来事だった。
でも、その代わり、久しぶりにバイクの走行距離が1000㎞を超えることが出来たというおまけがあったけど。

来年も今年と同じようなことをしようと思うが、さてと、どうなるかな?
思いもかけないレースに出るかも知れないし、予定通りかも知れない。
まあ、どちらにせよ練習を積んで準備だけはしておかなければならないのだ。


今日でようやく仕事終了。
いつもながら慌ただしい12月だった。
バイクは、帰宅後のローラーで目標の500㎞達成。
ランは明朝、16㎞走って目標の200㎞だな。
しかし、こんな少ない距離でも苦労するよ…



日々のトレーニングはこちらで。
naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2013-12-30 22:22 | レース備忘録 | Comments(2)
今年のレース総括
c0206177_8583762.jpg

(2010年11月フォトロゲ越生でのナイスCP)

昨日のフォトロゲ川越にて今年のレースはすべて終了。
今年一年もいろいろあった。(あり過ぎたかな)
去年の今頃から思うと「まさか」がいっぱい。

まさかの第1関門でリタイア確実だったのに完走できた八ヶ岳、まさかの優勝清瀬ロゲ、オレなんかでいいの?トレラン王国の掲載。
まさかのハセツネ、奥武蔵での撃沈、勝田のリタイア。

トレイル・ロードレースは企画ものを含め11レース。
ロゲ大会は9レース。
自分としてはやり過ぎかもね。
まさか、100マイルを2発やるとは思わなかった。
この2レースだけで315㎞。
1ヶ月の走行距離に等しい。
加えて言うならトレイル・ロードレース11戦で740㎞走破。(勝田はリタイアで28㎞)

いいことも悪いこともそれなりに楽しめた一年だった。
さて、来年はどんな「まさか」の登場だろうか。
「まさか」を味あうために練習するのさ。
楽しみだぜ。




日々のトレーニングはこちらで。
naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2012-12-24 21:02 | レース備忘録 | Comments(8)
奥武蔵ウルトラマラソン備忘録(給水・給食編)

<奥武蔵ウルトラマラソンの給水・給食について>

前回の反省をふまえて極力給水・給食は短時間で済まそうと思った。
出来れば一つ置きぐらいでの給水・給食をとも思っていた。
結果、「こりゃ無理だわ。」
最初のエイドで給水。
以降、昨年と同じく全エイド制覇。
しかも、昨年は雷雲も近づいてきたこともあり最後の鎌北湖のエイドはパスしたが、今回はここでも給水&水かけ。

エイドの数も「まだかまだか」ということはなく、「またエイドか」という充実した数。
真夏の炎天下でのレースなので助かるし、エイドのみなさんは優しいし、励ましの声をかけてくれるし、ホント、オアシスだよ。

給水は、量としてはコーラ、水、ポカリ系、ジュースの順かな。
食べたのは、バナナ、スイカ、キウイ、オレンジと果物がほとんど。
その他に、キュウリ、梅干し・塩(ケイレンしてから)かな。
パン、おにぎり、そば等は摂らなかった。
かき氷も食べず。
後半、少しお腹が空いた感じだったが問題なかった。
それより、無用に水分を取ったせいか残り20㎞ぐらいでお腹が緩くなってきた。
後ろを振り返ったのは、追手との距離を測っていたのだけど、目的はガスを出すため。
人がいない頃合いを見計らって「ブッ、ブッ」とデカイ音を出していたよ。

ケイレン始めてからは、エイドの度に頭から水を被り、さらにケイレン箇所にも水をかけて頂いた。
ずっとビショ濡れ。
そのためか、レース後シャワーが混んでいたので身体を拭いただけだけど、汗臭くはなかった。
まあ2~3㎞ごとにシャワーを浴びていたのと同じだからなあ。
わりとさっぱりしていたよ。

氷はもらえるところでは頂いた。
手ぬぐいに入れて首に巻いた。
これはなかなかGOOD。
来年も手ぬぐいは必須アイテムだぞ。


今朝、レース後初めて走ったけど、気になっていた股関節、特に左側が痛くまともに走れず。
レース中にあれほど苦しんだフクラハギは、何事もなかったように涼しい顔をしてやんの。
もうしばらくは、リハビリジョグかな。




日々のトレーニングはこちらで。
naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2012-08-09 20:46 | レース備忘録 | Comments(0)
奥武蔵ウルトラマラソン備忘録(足のつる人)
c0206177_9594856.jpg

<鎌北湖22㎞ぐらい。ハリスポ様より>
昔のメッシュの大きいトライアスロン用のシャツ。スケスケのシースルーだぞ。

何がくやしいって去年の自分に負けたこと。
5㎞ごとのラップは今年も見過ごしてしまった時もあったけど、一応去年と比べられる範囲で見ると。
      
 
    <今年>      <去年>
20㎞地点 1時間50分49秒  2時間00分33秒  貯金9分44秒
35㎞地点 3時間31分56秒  3時間46分46秒  貯金14分40秒
50㎞地点 5時間23分46秒  5時間31分46秒  貯金8分00秒
60㎞地点 6時間31分17秒  6時間39分15秒  貯金7分58秒
70㎞地点 7時間40分42秒  7時間44分42秒  貯金4分00秒
ゴール  8時間36分20秒  8時間24分23秒  借金11分56秒

ケイレンしながらも35㎞地点では最大の14分40秒の貯金が出来たが、それ以降はケイレンも酷くなり、50㎞からは足も終了状態になり徐々に去年の自分に迫られる。
なんとか70㎞までリードするも北向地蔵からゴールまでの下りは、まったくスパート出来ず完敗。
35㎞から去年と同じペースならば8時間切れたかもしれない。
北向地蔵から元気なランナーにゴボウにされたけど、その中に去年の自分も居たのだ。
ムムム…くやしい~


『けいれんは、カリウムやナトリウム(塩分)といったミネラルが、汗と共に排出されたために体内のミネラルバランスが崩れ、筋肉の収縮と弛緩がうまくいかなくなった結果起きるものです。
 ナトリウムは、通常の食事をしていればほとんど不足することはありません。逆に、取り過ぎが心配されるほど(しかし、ハードなトレーニングなどで大量の汗をかいた時は補給する場合も)。しかしカリウムは意識して取らないと不足しがちになります。カリウムは、ある程度体内に貯蔵できるため、よくけいれんを起こすランナーは、日頃からカリウムを多く含む食生活を心がけましょう。』


って言うからバナナも前日、レース前、レース中に積極的に補給しているのに。
最近はドライフルーツも食べてるんだぞ。(旨くないけど…)
確かに塩分は血圧が高めなのでセーブしているけどね。

どうすればケイレン予防できるのか?
ハセツネ30kでもケイレン地獄。ハセツネは本戦もケイレン続き。
「そろそろヤツ(ケイレン君)が来るぞ、来るぞ」と恐怖の思い。
そして、やがてどこかしらピクピクし出す。
安全ピン作戦も覚えたけど何とかしゃきゃ。
c0206177_1023164.png

     ここに駆け込むか?


さて、学生が夏休みに入り、日中、電車の中に子供たち、地方からの東京見学のファミリーも多い。
来週あたりから夏休みに入る企業も多いようだけど、自分の夏休みは今のところ「ナシ」。
今週、来週の土曜日も仕事。そうだ、来週の月曜日は土曜日出勤の代休。
まあ、でもこんなもん。
来週は、お盆なので通勤電車は楽だけどね。

オリンピックはサッカーだけ見ている。
深夜の時間帯なので早朝のランは休業中。
オクムの疲れもあるけれど、そろそろ走り始めたいところだけど今朝もVSメキシコのため走れず。
今日の深夜はサッカーがないので明朝から始動だっ!
気がつきゃ、ハセツネまで2ヶ月切ってしまった。
やべ~ぞ。


日々のトレーニングはこちらで。
naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2012-08-08 18:56 | レース備忘録 | Comments(2)
まあ優勝したので記念に写真とか
フォトロゲ清瀬。
感覚的に35㎞ぐらいだと思ったけど、昨夜ジョギングシュミレーターで測ってみると、40.954㎞もあった。
ロゲ地図とCP写真を横に置いてコースをなぞるけど、覚えているもんですねぇ。
自分自身に感心してしまいました。
行き過ぎたところ、道路を渡った場所、記憶が蘇る。

4時間5分50秒で40.954㎞なので、ぴったんこキロ6分。
CPを探して立ち止まったり、信号待ちもあるので良く頑張ったと思う。
最後の3CPから相当ダレたけど、40km近く走っていたのであれば、自分の力量としては仕方ないだろう。

ちなみに水はペット500ml。
食料は、取らなかった。
背中のザックを降ろす時間ももったいなかったのだ。

シューズは、降ろしたての・・・某GMSにて2足5000円の5%OFF。
1足2,375円のアシックスのなんとか。
自分の実力ではシューズの優劣はわからんか?

走っている時の写真(終盤)
c0206177_17152690.jpg


表彰式にてTREKNAOさんから賞状をもらう
c0206177_1716686.jpg


ひとことが恥ずかしい
c0206177_17163475.jpg


恥ずかしい
c0206177_171651100.jpg

*写真はニャッキ!さんより

まあ、いい思い出かな。



日々のトレーニングはこちらで。
naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2012-04-24 23:01 | レース備忘録 | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
4月
22日(土)ファントレイル名栗23㎞

29日(土)OTK(青梅から鴨沢)65㎞

5月
20日(土)〜21日(日)
トレニックワールド100mile
最新の記事
KINEYA MUTEKI
at 2017-05-29 21:06
奥多摩駅〜武蔵五日市駅
at 2017-05-27 16:29
レース後
at 2017-05-25 21:37
失敗から学ぶ
at 2017-05-23 22:24
トレニックワールド彩の国10..
at 2017-05-22 21:46
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ