nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
カテゴリ:ランニンググッズ( 35 )
自作ジェル③トレイル使用編
FTR100の大会案内が届かないと思ったら、メールで送られてくるとのこと。
今回、この大会の情報を得るのは大変な感じ。HPを見ても、特に新しいニュースは出ていない。もっぱら情報はFacebookで流されるだけ。従ってFacebookをしてない人にとって情報は流れない。せめて情報を取りに行くHPに最新の情報が、すぐに分かるようにして欲しい。そうすれは、頻繁にHPを覗きに行くのであるが、いつも変わりなしだと、あまり見に行かなくなる。しかも、スマホだとなかなかHPの画面に移行しない。さらに、この大会を検索するのも英字があって面倒なのだ。オジサンは面倒くさいのは苦手なのである。
という、珍しく文句が出てしまう...

先週は、自作ジェルの昼食を面白がって2回ほどやった。200gと300g。しかし、あんな粉を大量に摂取して身体にいいのかなあ。でも、病院などで、必要な患者さんには食事の補助として使っているよう。
カロリーだけはあるので、食べた感はしなけど、あまり空腹になることはないということと、昼食のお金がかからないということが確かめられた。

14日(土)はFTR100の試走に行った。飯能市民会館から高山不動尊、そこから西吾野駅までの約30㎞、時間にして5時間ぐらい。
いよいよ自作ジェルが本来の目的である行動食になるか確かめた。

500mlのペットボトルに粉飴300g、アミノ酸、ハチミツ、そして水を入れる。カロリーはハチミツは分からないけど、1164kcalはあるはず。
ちなみに試走前は、いつもの食事と同じ。パン1枚にチーズ、牛乳、コーヒーのみ。
最初は1時間後に口に含む。実は40分毎と思っていたが忘れていたのだ…
余りそうだったので、その後は約30分ごとに口に含んだ。

結果としては、5時間走り終えるまでガス欠になることなく走りきれた。
うーん、コストを考えればなかなかいいかも。
土曜日の試走でも200円かからなかったので助かる。
50ccでも100kcalほどあるので、500mlだと10個分のジェルになる。
週末のレースはエイドも充実しているようなので、これを中心にしてみるか。というか、それ以外の選択肢はないのである。



日々のトレーニングはこちらで。 naoのジョグノート

by nao-yamaniiku | 2015-11-16 21:47 | ランニンググッズ | Comments(0)
自作ジェル②使用編(昼飯)
今朝は、完全寝不足だったけど4時に起きれた。ホント、学生時代の自分から見れば別人だよ、と何十年も前のことを思い返して、今の自分をホメる。でも、『こんな時に走ってもどうなの?』と玄関でしばし座って考えたり。でも、また寝るのも面倒なので外に出た。最初は眠かったが、走っているうちにパッチリ目が覚めて来た。10㎞走り終える頃は絶好調になった。頭の中はマルトデキストリンのことでいっぱい。水と混ぜるだけなら簡単じゃんと作ってみた。

やってみるとなんのことはない、5分もしないうちに完成。粉飴200gと水300ml。ドロドロせず、ほぼ水。でも、これで776kcalほどもある。
飲んでみたが『甘っ、まずっ』 砂糖水みたい。ハチミツを少し入れてみた。今度はハチミツの味がする。まあ、こいつは美味しく作るなんてことは関係ないだろう。飲めりゃいいや。
c0206177_08145262.jpg

こんな怪しい色の水で776kcalもあるとは思えないが…
カロリー的には昼メシはこれで十分なはず。
レースと同じく1時間ごとに少しずつ口に含む。
でも、これだけが昼ごはんじゃ、かわいそうなのでおにぎり一個とみそ汁を買った。なので、13時は飲まず。14時、15時、16時と1時間ごとと思うが、打合せや商談、諸々で計画通りに行くはずはなく適当に。17時過ぎにすべて飲み干した。

手応えのあるものを食べていないので、お腹が空くのでは、と心配した。だけど、さほど空腹感もなく普通に過ごせた。おにぎりとみそ汁はなくてもいいみたい。でも、それじゃむなしいなあ。今日の自作ジェルのコストは100円ほどなので、これで昼代が済んでしまうという、ランニングでの効果の検証前に違う発見をした。ダイエットにいいかもと思ったり。でも、身体にいいのかなあ?分からん。
一応、すぐに飲めるし、飲んでから早めにエネルギーになる気がするのか思い込んでいるのか? 本来の目的の運動に使えそうということにしておこう。
粉飴300g、水200mlにすれば1164kcalにもなるし、ドロドロ感も出て飲んだ(食べた)気がするだろう。クエン酸やアミノ酸、塩など、いろいろ入れて確かめて見るか。

とりあえず、5袋は無駄にならなくて済みそうである。


外回りが多い日の昼飯にしようかな。
ということで使用1日目は、昼飯代が浮くということが分かったことである。
しかし、マルトデキストリンを昼飯にしている人は… 少ねぇだろうなあ。
by nao-yamaniiku | 2015-11-10 21:05 | ランニンググッズ | Comments(0)
自作ジェル①
もうすでにクリエイティブな諸氏はとっくにやっている自作ジェル。いよいよ、面倒くさいとか言ってられない。何せ資金難になって来たのである。

巷に売られているエナジージェル達は、だいたい250円(税抜)、税込で270円である。カロリーは120kcalぐらい。
某スポーツ店などでは売上アップのためか、UTMF、ハセツネなど大きなレースの前に20個だの30個必要なんてPOPが掲示されている。5400円〜8100円だぜ。そこまでは使わなくても、自分はハセツネでは12個ほど持って行った。それでも3000円は超える。他の食料を含めて全部で4000円ぐらい。だいたい食べ物だけで、1人4000円なんて自分的食生活では、1年で一番豪華なのである。ただし、しこたままずい。
本当は、普段の練習から使ってみたいが、そんな選択肢はあるわけがない。ごくまれに、もったいないと保管していたジェルが、賞味期限で仕方なく使うぐらいである。

ところがジェルを自作すると、一個270円が何十円かで出来るらしい。
ということでやるしかないのである。いよいよ自作ジェルデビューである。
c0206177_18383612.jpg
c0206177_18385551.jpg
自作ジェルで検索すると、いくらでもヒットする。多くのみなさんがこれを使っているよう。リアルショップでさんざん探したがなく、結局、ネット頼りとなってしまったのが悔しい。naoさんはリアルショップ派である。2500円以上で送料無料だというので、1kg500円ちょっとで5袋購入という大人買いだい。

どうやらエナジージェルはマルトデキストリンというので出来ているらしい。それが粉飴だという。まあ、なんのこっちゃ分からんがいいさ。100gで388kcalある。これを水などで溶かして使うようである。
今のところ、到着しているだけ。早く作ってみたいが、ちょいと忙しい。

昨日まで兵庫にいたが、今日は仕事で再び大阪へ。今朝は5時の電車でめげたよ。仕事の内容は、ペコペコ頭を3カ所ほど下げるだけなので、気は使うが頭は使わない。この歳になれば慣れたもんよ。
新幹線でブログ作成中だけど、帰りは遅くなりそうなので、ジェル作りは明日かなあ?


by nao-yamaniiku | 2015-11-09 21:10 | ランニンググッズ | Comments(0)
HOKA ONE ONE STINSON ATR
新品のスティンソンATRでハセツネ全周(71.5km)したのでその感想など。
まあ、旧型のインプレなんてどうでもいいだろうが、おそらく来年は今の新型を買うので、今のと比べる意味で自分的備忘録としてね。
意外と後で役に立つのである。

アウトソールはエボと全く同じ。だけど新品なのでグリップは良かった。当たり前だけど特に下り。足首に問題を抱えていたので良かった。しかし、新品のグリップの良さは感激である。やはりトレイルレースでは、新規に購入して一番役に立つのはシューズだと思った。
シューズの中に小石、枝などの侵入が少なかった。(エボと比較)エボより多少締め付けがあるからかな。

今回は、右の足首にテーピングをしていたせいなのか、外側のくるぶし下部分がシューズに当たり痛くなった。いわゆる靴擦れというやつ。途中でテーピングを取ってしまったが、最後まで痛んだ。実は最初のHOKAのラパヌイも最初に同じことがあった。
ヒールの周りを触るとエボより固いようである。また靴擦れになるかどうかは、次に使ってみないと分からないので、週末にもう一度確かめてみる。

ロードもトレイルもOKとのことだけど、ロードは真新しいアウトソールだと擦ってしまったり、なんか走りにくい感じがする。たまにロードなら気にならないが、ずっと長い距離だとどうなのかなあ。アウトソールは少し使い込んだ方がロードにはいいような気がするが。(あくまで個人の感想です)

あとはエボと同じ。自分の足には合っていると思う。足の疲労が他のシューズに比べて少ない。この間、イノベイトを買ったけど、スピードを出すならいいが長距離だと足にダメージがあるような感じである。それは今まで履いたことのあるシューズすべてに共通。
今回のハセツネ全周は過去にないほど、足が楽だった。サロモンなど興味もあるシューズもあるが、試し履きも出来ないし、今のところHOKAがマイベストシューズである。言い切るところが今までのシューズと違うところである…


土曜日のハセツネ後は、日曜日、月曜日と世間は休日だが仕事だった。ふん、いつものことさ。日曜日は楽勝だったけど月曜日はちょっといろいろありで慌ただしかった。まあ、疲労を取るためにたいした練習も出来ないから仕事でもいいのであると強がり…
それでも昨日は真っ暗な早朝に13㎞ほど走ったが割と走れた。今日も走りたかったが、なかなか時間が取れないのである。

この3日間は暇さえあれば足をさすったり、叩いたりのセルフマッサージ。そしてストレッチ、はたまた貧乏ゆすりなど。とにかく足が固まらないようにした。もちろん、上半身も同じようなことをしていた。食べ物は無制限に食べまくり。

今のところ酷い筋肉痛はなく、疲労も取れて来た感じである。
でも、また週末にベストな山ランが出来るように平日は調整とする。先週は、足首の調子もあり休足が多かった。きっと、それも良かったに違いない。もう、あと2回の週末の山行きでしか追い込まない。リフレッシュな状態が大事なのだ。

日々のトレーニングはこちらで。 naoのジョグノート

by nao-yamaniiku | 2015-10-13 23:11 | ランニンググッズ | Comments(0)
inov8
新しいHOKAが欲しくて仕事途中(サボっているわけではない)や仕事後にスポーツショップに寄ったりしていた。そして、当りをつけていたショップでいよいよHOKAを買おうと意気込んで行ったのは、8月下旬だった。自分としては2万円近い買い物は勇気がいるものである。

そして某ショップで、チャレンジャーATRを履いてみる。今年はHOKAもラインナップが多くて選ぶのが面倒である。でも、スティンソン・エバと同類のようなので『これでいいや』ということ。
いつもの26.5cmを履くがなんとなく大きい。26.0cmを履いてみる。こっちの方がいいかなあ。『???』迷う。
迷っていたので店員さんと少し話をする。
「ロードのロングではソールの薄くなったラパヌイを使ってる」と威張り気味。
「アウトソールのすり減っているシューズだと膝を痛めますよ」とカウンターパンチ。
「(膝)?」(神宮24時間、小江戸大江戸、オクム、富士山一周、富士山頂往復マラニックに使ったが膝は平気だけど…)
「アウトソールはどのくらいが限界ですか」とあえて聞いてみる。
「500~600㎞ですね。それ以降だと履かない方がいいですよ」だって。
「・・・」
ここで、計算してみる。一足15000円だとして使用期間500㎞だと… 1㎞30円、10㎞で300円、30㎞で900円…
う~ん、急速に購買意欲を失ってしまう。基本的に走るのは『タダ』だと思っているので経済論理が絡んでくると気持ちがしぼんでしまう。
シューズがしっくりこなかったせいもあり、その日は買うのを止めた。
オレのクソ足は2万円のシューズだろうと、2000円だって走りに変わらんわということ。

そして、数日後、帰りに高田馬場のかもしかに寄ったら、別場所でアウトレットセールをしているというので行ってみた。あまりトレイルランのグッズは期待していなかった。でも、奥の方で目についたのは、特売のモントレイルのマウンテンマゾヒストだった。そして横にinov8があった。半額で6500円。
履いてみた。26.5cmでは大きい。26.0cm、まあちょうどいいか。履いた感じはしっくりしているよう。
というわけで買ってみた。だいたい速攻買いで、普段は店員さんにご迷惑はかけない。
c0206177_17490670.jpg
そして、買ってからinov8のことを調べるという知識のなさなのである。読み方だって「イノブハチ」かなと思っていたが「イノベイト」と読むのだという。
mudclaw265という種類だけど2013年製のよう。265というのはシューズの重さらしい。インプレに素肌感覚で中距離ぐらいまでのようなことが書いてあった。さらにシューズは、大きめに作られているようで通常よりワンランクサイズが小さくていいようである。なるへそ・・・ 要はデサントみたいだけど、そういえばデサントのシューズは初めてかも知れない。

まあ、なんでもいいが試してみようと、今まで4回ほど山で履いている。
おっしゃる通り、路面状況がダイレクトに足裏というか足の腹に伝わる。自分としては悪くない。今のところ浅間峠までとか20㎞ちょっとの距離だが、足が疲れるということはない。普通にいいシューズである。
イボイボのアウトソールも滑りを押さえてくれている。トレイルシューズとして一番『いいかも』と思うところは、足の指が割と自由な感じなこと。(あくまで個人主観) 締めつけられる感がないのは自分としては好ましい。気になるところは小石や小枝が侵入しやすいこと。ひょっとしたら足指が自由ということは、サイズが大きいということなのかも知れない。ゆえにシューズの内側に入って来るのかも。でも、サイズ的にはピッタリだと思うが… 25.5cmを履いてみなかったので分からん。でも、半額で買ったからか、なんとなく安ぽい感じがするのは失礼か。

今のところ大きな問題はないようだけれど、インプレにあったように50㎞を超えた山行きだとどうなのかな?とも思う。でも、コストを考えれば十分であろう。

だけど、やっぱりHOKAが欲しい。店員さんにツルツルのアウトソールだと膝を痛めると言われたが、全然気にしていない。来年のロードのウルトラは、今あるスティンソンに決めているので、新しいHOKAがどうしても必要なのだ。
ん?ウルトラのロードはHOKAがいいと思うならHOKAのロード用を買えばいいのか…
どうする?

まだ、調子が戻らない。
今朝も5㎞ちょとでランはおしまい。その代りストレッチに時間をかけた。
どうも、背中から腰にかけて重い。
まあ、なんとかなるでしょう。


日々のトレーニングはこちらで。 naoのジョグノート

by nao-yamaniiku | 2015-09-22 22:31 | ランニンググッズ | Comments(0)
新しいHOKAが欲しい
c0206177_19244562.jpg
真夏の青空はアルプスを連想させる。
休憩中に思わず夢見てしまう。
c0206177_21535160.jpg



HOKAはソールの減りが早いという。確かに…
その他の部分は頑丈であるが、触った感でもソールはなんとも頼りない感じである。
スティンソン・エボを買ったのは2月だった。
その後、ハセツネ30kのためし履きに2回。ハセツネ30kのレース。日向沢の峰~川苔山、TGG、トレニックワールド飯能・越生と以上の使用である。
全走行は250㎞ほど。
c0206177_10224208.jpg
かかと外側のソールはすでになくなりつつある。でもそのほかの部分はなんとももない。ソール以外はまだ行けそうである。
c0206177_10230953.jpg
去年5月に買ったラパヌイのソール。ツルツルなのでロードのロング走に使っている。神宮24時間走、青梅、小江戸大江戸200k、富士山一周マラニック、オクムと550㎞ほどレースに使っている。トレイル用にと買ったがロードの方が活躍している。

HOKAはラパヌイの経験上、ソールが減っても厚底なため、HOKAの持つ履き心地はさほど変わらない。(あくまで私見) なので、スティンソン・エボもそのうちロード用になるのである。

HOKAの良さは、足に優しいこと。いっときの足底痛は別として、レース中、レース後でも足は痛くならない。
自分は足の小指の外側が痛くなるクセがあるが、HOKAはまったく平気なのである。他のシューズでは下りでは痛くて気になる時がある。
シューズ自体は大きいので根っこや岩、石に当たることがあるけれど、前回の飯能・寄居ではあまり気にならなかった。
履いてしまえば当たり前になってしまうが、今までのシューズよりはるかに楽チンなのである。
特売以外でないと価格は高いが、一度履いてしまうと麻薬みたいで、なかなか逃れることは出来ないのである。

今のスティンソン・エボのソールの状況では、ハセツネ、FunTrails100kまでは、もったいなくて履けない。問題は、その他のトレイルシューズはロクなものがない。5月に練習用にとアディゼロを買おうとアートへ行ったが、いつもの癖で「やっぱいいや」と買わずに帰ったのが悔やまれる。6月の終わりごろに行ったら合うサイズがなくなっていた。まあ、練習用だったら今あるボロボロのシューズでもいいのだけどね。

出した結論は中途半端にシューズを買うよりHOKAをもう一足買った方がいいだろうということ。いろいろ種類があるようで良く分からないけど、トレイル用だったらなんでもいいや。ということで出かけ仕事の途中にHOKAを探すのが使命になる。


日々のトレーニングはこちらで。 naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2015-07-21 20:53 | ランニンググッズ | Comments(2)
OMMクラシック25のインプレもどき
4月7日(火)

OMMクラシック25を2~3回使ってみた。グッズに弱いnaoさんなので使った感想なんんていい加減だけど一応ね。
孫2号と昭和記念公園に行った時とポイントゲットラリーラン・イントトロの森の会場までと2回背負ってみたけど、その時はすぐに肩が痛くなって「こりゃ、オイラには合わないか?」と思ったり。
実際、山ではどうかと先日の青梅高水山トレイルレースの見学&応援でコースを徘徊してみた。ザックにはワザと荷物を入れて少し重量を付けておいた。
青梅駅から榎峠まで行くけど、早歩きはいいけど走るのは… 荷物が重たくて面白くない。でも、胸のチェストを締めれば、走ってもみんなが言うように揺れはない。肩も痛くなかった。
c0206177_19171696.jpg
人気のザックなので家にあったステッカーを貼ってみた。
c0206177_19173804.jpg
上のフタを下の方で止めているのと、背面のメッシュの止め方がミソなのか? ザック自体はフニャフニャだけど背面に入っているDou Mat がザックを支えている感じ。背中の上部にザックがピッタシくっ付くので汗をかくと少しベッタリ不快な感じがする。

これがなかなか閉まりが悪いのが難点かな。
c0206177_19180429.jpg
途中から調子が出てトップに追いつかれないようにプチ本気走りしたけど、自分の感想としては、重たい荷物で走りたくはないなあ。やはり非力なのでテント泊など荷物を大量に背負っての山行きは合わんかも。一日でどれだけ行けるのかが今のところよろしい。だけど、気温の温度差があって着替えが多く、24時間分とかの水・食料を持ってのスピードハイクにはいいかも。もちろん、レースの荷物運び用にはグッド。
c0206177_19182533.jpg
ホイッスルが付いているというので探したらチェストの留めるところにあった。吹いてみるけど変な音しか出ない。
まあ、9000円台で購入出来たのでコスパはいいかも。
c0206177_19184033.jpg
だけど、孫2号と一緒が一番だね。

by nao-yamaniiku | 2015-04-07 22:35 | ランニンググッズ | Comments(0)
OMMクラシック25が届いた
3月23日(月)

昨日、誰かに荷物が届いたと思ってたら自分のだった。海外通販で買ったOMMのクラシック25だった。まだ先かなと思ってたけど、1週間ぐらいで届いた。
c0206177_13261724.jpg
大きなザックが二つあるけど、どれも10年以上経って、そろそろ古めかしさがあり、最近は使わなくなった。だけど、小江戸大江戸の荷物の持ち運びが大変だったので、新しいザックが欲しくなったのだ。

去年からOMMは日本国内でもレースを始めた。だけど、自分に合いそうもない。決められた場所でテント泊があるみたいだけど、時間をどう潰せばいいのか… ビールも止めているし。テント泊用の装備を揃える金もなし。なんでみんなで一泊しなきゃならんのか、わからん。
でも、OMMのザックはよろしいとのもっぱらの評判である。標準的な日本人で影響を受けやすい自分としては選択の余地はないだろう。
クラシックの25と35を検討したけど、レース用の荷物運びなら25でいいだろう。このザックは人気があるようで、ショップで買うと値引きなしで15000円ちょっとする。しかも日本国内では品薄状態のようである。だけど海外通販だと9000円台で買えた。イギリス製なんてお初かな。

何やら荷物が重くなるほど性能を発揮できるとのことである。これがよく分からん。荷物は軽い方がいいだろう。まあ、いずれ分かるかな。

傍らにあった洗濯物の服を詰めて背負ってみた。まあ、普通な感じ。腰というより背中で背負うものらしい。揺れはどうか? 来週のトトロの森ポイントラリーの会場まで背負って見るか。

今朝も寒かった。ホッカイロを握っての11km程のラン。キロ6分ペースだった。夜も北風が冷たかったので、明朝も寒いだろうなあ。天気はいつものように、春が来たと思わせておいて寒くなるという意地悪さなのである。

by nao-yamaniiku | 2015-03-23 21:04 | ランニンググッズ | Comments(0)
昭島アウトドアビレッジが開店
3月16日(月)

昨日は、13日の金曜日に開業した昭島アウトドアビレッジの偵察へ行った。
近いので走って行こうかと思い、走り出したが、前日のハセツネ30k試走で足が重たく200mほどでUターン。改めてピストで向かった。ピストのメーターだと3.47㎞だった。
c0206177_16420711.jpg
16店舗があるみたいで、施設内はファミリー中心に人が多かった。まあ、オープン最初の休日だからね。アウトドアショップといっても登山店やスポーツ店、あるいはバイクショップはナシ。すべてメーカー系のショップであった。それが意図したものか、テナントが集まらなかったのかはわからない。軽井沢のような避暑地のような外観、内装の作りで、条件もお高いのかも知れない。このエリアでは相応しくない、原宿近くの明治通り沿いのようなアウトドアショップのイメージである。

そんなショップの集積なので特売はなし。興味があったのはサロモンの「168」シリーズ。店に入ってみると奥にあった。ジャケットは46,440円と37,800円、パンツ23,760円、Tシャツで11,880円だと。ずうずうしくも羽織ったりして…『なんで168?』の問いに「1週間、168時間いつでも走れるように…」とのこと。『なるへそ…』 いつも朝に走っている自分のウェアの10倍だぜ。走るのに着るなんて、もったいなくて出来ないよ。
まあ、この施設で買うものはないなあ、というか買えるものがないか… モンベルぐらいか。しかし、こういうアウトドアショップは本当に需要はあるのだろうか。どうやら施設の年商目標15億円らしいが、どうかな?
アウトドアブームと言われて幾久しいが、気軽に万単位のウェアなど購入出来るほど、一般人の収入は向上してるのかな。相当、商圏を広く設定して割とコアな人種が来てもらわないと。
もっとも、ここにあるショップは飲食を除いて、メーカー系が多いので売上がどうのというわけではないのかも知れないが…
自分は行かないなあ。まっ、逆に『お前には用はない』と言われそうだけどね。

帰りにピストで子供の頃を思い出した。運動会は運動着があったが、何か運動する時は『汚れる』からと着古しの洋服を着せられた。今はGMSなどで売られている洋服の素材も進化して来ているので、それでそこら辺を1~2時間走ったところで、どうということはない。ランニングって構えてするものではないし、あまりウェアにお金をかける必要はないのでは。な~んて言っているヤツは、まともなランニングウェアはないから、いつまで経っても皇居には行けないのである。

by nao-yamaniiku | 2015-03-16 22:08 | ランニンググッズ | Comments(0)
HOKA ONE ONE STINSON EVO買った
2月8日(日)

今日は軽く仕事があり。
ちょうどいいやとSUNWESTがバーゲンしてるらしいので、昼間に銀座まで行って来た。
買ったのはホカ オネオネ スティンソン エボである。
型落ちだけどこのオレ様には十分である。
税込10800円だった。
いつものように、サッと履いて『これでいいや』で終了。
HOKAはラパヌイを昨年購入したのが初めてだった。
それまでは、どうしても元の値段が高いので、自分のカタログからは外れていた。
でも、昨年あたりからバーゲンをするようになり、HOKAもウルトラやトレイルのランナー達には一般的になって来た。
レースでも活躍してるしね。
c0206177_16352788.jpg
赤はnaoさんにはお似合いではないか...
でも、2日目で色がなかったのだ。
初日の早い時間だったら試し履きが超安値だったみたい。

ラパヌイを使って見て、ウルトラな距離にはトレイル、ロード問わずいいと思った。
厚底でズルいかもしれないが足が楽である。
山でも下りの足が長持ちする。
実際、ラパヌイはロードの神宮24時間にも使ったし、先般の101kmのロードトレにも履いた。
自分の使い方としては、まずトレイルで使って、それからウルトラのロードに回すということかな。
今シーズンは、スティンソンをロングのトレイルで、ロードのウルトラをラパヌイで使用に決定である。

そんなわけで、休日出勤もいいものであるということさ。
雨も降って来たしね。
しかし、早く履いて山に行きたい。


by nao-yamaniiku | 2015-02-08 18:54 | ランニンググッズ | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
休足の休日
at 2017-11-23 21:22
UTMF当たっちゃった...
at 2017-11-21 21:17
リスク回避
at 2017-11-19 15:54
FunTrails 50k
at 2017-11-18 20:40
レース前日
at 2017-11-17 23:01
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ