nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
カテゴリ:ハセツネレース( 23 )
ハセツネ2013~浅間峠まで(撃沈編)
10月15日(火)
c0206177_16313586.jpg

あまり気が進まないハセツネのレポ。
まあ、ブログを書いている以上、ヘンな責任感もあるしね。

10時過ぎに山トピの皆様のご用意いただいた、グリーンシートにご厄介なった。
朝7時からの場所取り感謝いたします。
なんとなくまったりしてスタートを待つ。
今朝は、血圧が高くちょっと心配。
でも、緊張感からだと自分に言い聞かす。
c0206177_1632581.jpg

c0206177_16323573.jpg

c0206177_16325458.jpg

c0206177_16331620.jpg

c0206177_16334022.jpg

c0206177_1634679.jpg

c0206177_16393196.jpg

c0206177_16401269.jpg

スタートラインは、ゆぅさんと前の方のポジションを取る。
13時スタート。
少しペースが速そうなのでここは自重。
どんどん抜かされる。
けど、広徳寺の登りでいつものごとく、集団はペースダウン。
ここも前の人について行くだけ。
絶対に抜かさない。
その後のシングルトラックで、多少渋滞がある。
まあ、でも気にしない。
変電所から今熊山神社まで心拍数150台をキープして行く。
今熊神社までは、24分23秒。

今熊神社からの登りは、夏に通いなれているのですっかりペースが身についている。
アカさんが抜いていくけど、彼にはついて行かない。
いや、ついて行けないか。
マイペース、マイペース。
登りきったところで、今日は行けそうな手応えだったんだが…
足は快調、余裕あり。
序盤はとにかく前について行くペースで、決して自分の方から抜きにかからない。
入山峠は、1時間2分54秒。
まあ、タイムはこんなものでいいだろう。

後ろにいたリキさんに道を譲る。
下って鉄塔を登ったあたりから、なんとなく胃に違和感がして来た。
「腹減っているのかな」とCCDを飲む。
しかし、市道山までの登り下りでだんだん胃がむせてくる。
「やばい、八ヶ岳と同じだ…」
まったく、「どうしちまったんだ、オイラの身体」と怒る。
慌ててガスター10を飲む。
ペースは、ばったり落ちる。
もう走ると気持ち悪い。
最初のゲロンパは、開けたところの登りで。
周りの選手に気がつかないように静かに…
市道山分岐、1時間58分31秒。

すでにレース終了状態。
経験上、「このままでなく、どこかで復活するに違いない」と言い聞かすがあまりにも早すぎる。
この状態がいつまで続くのか…

市道山分岐からの下りをなんとかこらえて下る。
醍醐丸への登りはもう遅々たる進み。
どこで吐いてやるか探す。
醍醐丸の手前で大声援が聞こえる。
応援団の前で惨めな姿をさらしたくないので、少し山に入ってうずくまる。
「ウォオオオ!」と2発。

その後は、やたら口が渇くが、水を飲むとすぐにもどすという繰り返し。
これは、排泄物をまき散らしている違反失格行為だな。
本来ならゲロ袋を用意しないといけないか。
醍醐丸まで2時間40分21秒。
がっくりペースが落ちた。

浅間峠までヘロヘロ歩くようなスピード。
何度もうずくまる。
もう、水も少なくなる、飲んだ分、全部出してしまう。
アズさん、ABくん、tsuneさん、ハリ天狗師らに声をかけられる。
熊倉山手前では、せいごさんとHALさんコンビ。
うずくまっているとryokoさんが颯爽と走り過ぎる。
「ブログを見ています」という方も多数。
またも、生き恥をさらしてしまった。
通り過ぎる人の多くが「naoさんは後半強いから」と言われるが「もうダメ」
とにかく苦しくてよく覚えていない。
でも、追いつかれた新撰組さんも「目がチカチカ」するとか言って「オェ~」とか叫んでいてしばらく併走。
同じ境遇の仲間がいると救われる。
c0206177_16412587.jpg

必死の笑顔

なんとか浅間峠まで到着、4時間21分17秒。
山トピの皆様が出迎えてくれた。
yahushige師、タマさん、らっくさん、naokopさん、
ハリマネさん、イッシーさんは確認できなかったか?
naokopさんから「一番最後よ」と言われる。
あちゃ~、グリーンシート使用者でビリかあ。
来年は、グリーンシートに座れないや。
申し訳ないので、少し離れたところで、まずはうずくまり「ゲッ」
「行くかオレ」「やめるかオレ」
でも、水がもう一滴もない。
とにかく日原峠下の水場まで行こう。
気持ち悪いけど「水だ、水だ、水をくれ」と力石徹状態。
立ち上がって日原峠へ進む。

To be continued…




日々のトレーニングはこちらで。
naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2013-10-15 22:41 | ハセツネレース | Comments(0)
ハセツネ結果
10月14日((月)

とりあえず14回目の完走。
今日は、市道山分岐手前でゲロンパが始まった。
さらに、後半は、下腹部が痛くなった。
下腹と尿道。
なぜだ?
走ると痛かった。
またもダメ。

13時間49分だった。
もう、いいやって感じ。
普通のオヤジ、しじぃか、になるか。
ちょっと考える。


日々のトレーニングはこちらで。
naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2013-10-14 04:02 | ハセツネレース | Comments(14)
第20回ハセツネレース
左足のハムストリングスに続き、まったく身に覚えがないが、金曜日から右足のお尻の横を延ばしたような痛みも出て来た。
昨日の土曜日は一日気になっていた。

大会会場に着いても今一つ出走に向けて前向きにならない。
しかも雨。
まあ、雨はじきに止むと思うけど。
モチベーションは下がる一方。
c0206177_84242100.jpg

小学校体育館の山トピさんの場所に行くと皆さん準備完了。
うーん、やるしかないか。
クルマに戻ってとりあえず仕度する。
c0206177_8432059.jpg

c0206177_8435086.jpg

c0206177_844228.jpg

c0206177_8445596.jpg

c0206177_8452496.jpg

再び会場、そしてスタート位置へ。
kurisukeさんとスタートを待つ。

大会最高齢80歳の方の選手宣誓は良かった。
遠くてお姿は見えなかったけど、まだ40代、50代の声だったよ。
若いなあ。
自分も見習わなくちゃ。

今回、スタートまでの段取りが悪かったみたい。
押せ押せでカウントダウンもないまま号砲。
自分もモタモタしていたのであまりいいポジションじゃなかった。
走り出して小和田橋への下りで早くも故障個所が疼く。
c0206177_846163.jpg

その後、広徳寺を過ぎたら渋滞。
でも、この体調なら渋滞の方がいいかも。
歩いたり止まったり。
変電所からは渋滞解除、再び走り出す。
今熊山の登り。
なんか力が入らないぞ。
数珠繋ぎでペースは遅いのについて行くのがやっとの状態。
今熊山まで50分もかかってしまう。
その後も数珠つなぎ状態は続く。
入山峠は1時間18分。
せいごさんの応援を頂く。

ここから苦手の峰見通りも前の人に付いて行くだけ。
登り降りの連続。
降るときに故障個所が痛み、登りはパワーなしの状況が続く。
市道山分岐は2時間28分。
いつもより30分以上遅い。
この段階では浅間峠でリタイアか、とすでに弱気。
醍醐丸で休憩&作戦会議をしようと思っていたが、応援者多く大歓声なので先に行くしかない。
この時すでに3時間経過。

今回、水はハイドレーションに2リットル。
SAVAS5本を600mlのボトルに溶かしている。
しかし、なんかおかしいと思っていたらボトルが漏れていた。
SAVAS入りなのでベトベト。
1/3ほどなくなっていた。
ショック!!このボトルで850kcal、1000円のコストだぜ。
仕方ないので途中で一気飲みしてしまった。

その後、浅間峠までの間に何度か座り込んで考える。
「もうやめよう」というのが自分の気持ちの主流。
撃沈しているわけではないのだが。
故障個所も痛むけどこのペースなら行けそうな気配。
そして、故障個所をかばうせいか、大腿四頭筋がピクピクとケイレンの兆候。
だけど足に力が入らない方が気にかかるし気持ちを低下させる。
kryptoniteのお二人、yahusige師、kurisukeさん(みんなアルファベットだ)に抜かされたころが一番沈んでいた頃なのだ。
過去2回リタイアしたけど今でもそのリタイアは後悔している。
今回も途中でやめたらさぞかし未来の自分に怒られるだろう。
怒られるのもやだし、歩いてなら完走できそう。
明日の仕事も実はビビッているが、とりあえずレースを乗り越えよう。
というわけで俄然やる気が湧いてきた。

熊倉山でライト装着。
ヘッドライトとハンドライト。
浅間峠前でライト点灯は久しぶり。
ついでにアームカバーもはめる。
水も確認。
ハイドレーションにまだ1.5リットル以上ある。
水に心配することはなさそう。
本当は、夜間走行になったらメガネをかけるつもりだったけどそのまま進む。
今日はメガネなしでゴールまで行った。


結局、浅間峠は5時間5分(順位1203位)
このペースじゃゴールまで何時間かかるかわからない。
スタートから浅間峠までと浅間峠から月夜見までが同じ時間かかるとすると
5+5+5+3=18?
ヤバイ、これじゃ今年お情けで出させて頂いたTGGの出場が出来ないぞ。(TGGの基準はたしかサブ18?)

年々浅間峠での応援が華やかになっている。
ここは闇にまぎれて隠れるように休まず進む。
もうここからは休憩なしだ。
浅間峠で休憩している人が多いせいかしばらくはバラける。
そして、みなさんのペースが急に落ちる。
自分のペースは変わらないので、ここからはほとんど抜く一方。
やはり、浅間峠でみなさん力を出し尽くしてしまうみたい。

しかし、今年はみなさん明るいライトをお持ちですね。
抜かしても抜かした方のライトが明るくて自分が影になってしまう。
すぐ後ろからついて来ているのかと思い振り返ると10mぐらい後ろにいたり。
3つぐらいライト点けて明る過ぎないか?まあ明るいに越したことはないか。
自分はヘッドライトにハンドライト、もう4年ぐらい使っているかな。
前に人がいる時や登りではハンドライトは消灯。
すっかりこの一年の節電が身体に染みついたよ。
おかげでハンドライトの電池交換はしなかった。


笹尾根あたりはまた前が繋がって来る。
ここからは三頭山までは集団で進む。
このぐらいのペースが今日はいいだろう。
西原峠からしばらく走り三頭山の登りへ。
さてここでディナーだ。
普段はこまめに食するが、ペースが遅いせいかあまり食べず。
SAVAS入りのボトルを一気飲みしたぐらい。
急にお腹が空いて来た。
スニッカーズミニ2個、パワージェル1個、SAVAS1個、そしてパワーバー。
途中、夢中でパワーバー食べてたら根っこにつまずいてコケる。、パワーバーを持っていた右手で思いっきりアッパーを食らう。
目がチカチカしたよ。
後ろの選手たちの嘲笑が恥ずかしい…
三頭山の登りも数珠繋ぎ。
でもこのペースでいいや。
西原峠から三頭山まで1時間17分。
スタートから三頭山まで8時間15分かかる。
よく言われるのはスタート~三頭山のタイム×2がゴールタイムとのこと。
そうすると16時間30分かあ。
あまり足は使っていないので極度な疲労になっていない。
c0206177_8485816.jpg

三頭山をスルーして鞘口峠へ降る。
しばらくは単独で降る。
少しスピードは出せそうなのでアップしてみるが、とたんに故障個所が目を覚ます。
「イテテッ!」思わず声を上げてしまう。
こりゃダメだ。
おとなしく降って行き集団に付く。
本来なら鞘口峠からの登り返しはコース中でも嫌なところ。
でも、今日は三頭山の登りもそうだけど力は出ない分、力が余っているようでキツクはない。

見上げると木々の上に明かりが。
「あれ?ここから登りだっけ」と思ったら、いつの間にか雲が切れて月が出ていたのでした。
トレイルの状態は雨後なので、ドロドロの箇所や下りでスリッピーな場面もあるけど大幅なタイムロスはない。
それより一週間前の台風の影響が全くない。
おそらくスタッフの皆様がこの一週間コース整備した頂いたのだろう。
感謝です。

月夜見まで残りの水をチューチュー吸いながら進む。
少し風があり肌寒く感じる時があるが絶好のコンデションだろう。
水も余り気味だった。

月夜見は9時間32分。(907位)
三頭山から1時間17分。
遅いけど渋滞していた割には悪くないタイムじぁないかと自分に言い聞かす。
まあ、ところどころホメてあげないとね。
グロッキーでないので、ゴールタイムは16時間ぐらいかな。
まずは先が見えてホットする。

1.5リットルハイドレに水を補給。
ヘッドライトの電池を交換しやすいようにザックの前のポケット。
食料のゴミをザックに新たな食料をザックのポケットに入れ替える。

月夜見からは、故障個所の痛みも他の筋肉痛個所と混じってさほど気にならなくなる。
月夜見から御前山まではバラけて単独で進めるようになる。
御前山までの登りも毎回苦戦するが大丈夫。
事故現場を振り返って合掌。
とにかく今年もここに戻って来れた。
いろいろあるけど練習も含めて山ラン(ラン出来てないけど)は楽しいじゃん。
上手く事が運ばないからいいのさ、なんて思ったり。

途中、惣岳山まで意外に早く登れて「アレ?もう終わり」みたいな。
月夜見から御前山まで1時間4分。
いつもとあまり変わらないペースだぞ。

大ダワまで降る。
大ダワまでの真ん中あたりで前が詰まる。
大ダワ到着。
御前山から45分。
前が詰まらなかったら40分切れたかな。

大ダワでヘッドライトの電池交換。
パワージェルを食べてスタート。
その後、ゴールまでずっと空腹感があった。
ジェルやスニッカーズミニを補給しながら進んだんだけどね。
ラーメンが食べたくて仕方なかったよ。

大岳山は好きな登り。
結構、ここの登りが好きな人は多いみたい。
だけど、登り口で右足のシューズに石ころが入って、そいつを足の指でいじくったりで集中出来なかった。

大岳山山頂で仕方なくシューズを脱いで石ころを取り出す。
ついでにいつもの写真。
今日はカメラを持っているにもかかわらずほとんど撮影せず無駄な荷物になってしまう。
c0206177_8473299.jpg

大岳山からガレ場の下り。
まず、大岳神社に参拝。
ここは慎重に下る。
ここからゴールまで前が詰まることはなく、ずっと単独走だった。
途中のコース脇の水場で水を補給。
ここで、けえこさんに遭遇。
けえこさんは目標の15時間台が確実で早くもおめでとうの握手。
先に進んで長尾平着。
13時間1分。(692位)
月夜見からは3時間29分。
どうやら14時間台は死守出来そう。
浅間峠までの到達時間とその時の気力を思えば上出来じゃないか。
今回はつくづくリタイアしなくて良かった。
自己ベストの達成のため、攻めて攻めての撃沈・リタイアなら納得できるが、そうじゃないからね。

日の出山まで進むうちに、まったくオイラもしょうがないなあ。
明日の仕事のために、ゴール後のスケジュールを考えてやがんの。
レースに集中しなきゃ、レースを楽しまなきゃ。
長尾平から日の出山到着は24分9秒。
今年も夜景が見れた。

あとはひたすら走る。(ゆっくり)
ゆるい登りも走る。(ゆっくり)
ここからゴールまで一度も歩かなかったのは、最低限の意地か。
タイムは遅いけどね。

結局、ゴールは14時間41分52秒。(617位)

なんとかゴールで来て良かった。
こんな時間なので知り合いはいないと思ったけど、kurisukeさんとヒゲさんが祝福してくれた。

主催者の皆様、応援して頂いた皆様、選手の皆様、ありがとうございました。
また、来年もがんばります。




<ウェア>
フラッドラッシュスキンメッシュ+TREKNAOさんのシャツ
フラッドラッシュスキンメッシュ+ランパン
途中でCWXのアームカバー、手袋
ファイントラックのソックス
シューズはアディゼロXT3(試し履きの時はしっくりこなかったが、今回はグッドだった)

<水>
ハイドレーション2リットル
ボトル600ml(SAVAS5個溶かしたが途中で漏れてしまい1/3損失)

<食料>
SAVAS3個
パワージェル5個
パワーバー1個
スニッカーズミニ5個

*あまりはスニッカーズミニ1個だけ。(不足気味か)

<装備>
ザックはリアクター(そろそろ引退か)
トレントフライヤー(上)*使用せず
ヘッドライト(ジェントスの700何とか、もう忘れた)
ハンドライト(ジェントスSG309)
スマホ、現金、車のカギ
手ぬぐい

    





日々のトレーニングはこちらで。
naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2012-10-10 06:07 | ハセツネレース | Comments(6)
ハセツネなんとか13回目完走
第一関門 5:05’14(1203位)
第二関門 9:32’03(907位) 区間4:26’49
第三関門 13:01’37(692位) 区間3:29‘34

ゴール 14:41:52(617位) 区間1:40’15


今熊山の登りですでに力が出なく登りに苦戦。
右のお尻の横も変な感じで痛む。
三国山手前で20分ぐらい作戦タイムのため休憩。
故障個所は痛むが歩くことは出来る。
問題はまったく力が出ないこと。
「続ける」「やめる」の自問。
嫌気もさしたけど、のちにリタイアしたことを後悔しそうなので前へ進むことにする。
久しぶりに浅間峠手前でライト使用。

順位を見ると挽回しているように見えるけど、いつものことながら浅間峠を過ぎると、周りのペースが急激に落ちているだけ。
自分はとくにペースを上げているわけではない。
ずっと同じペース。

結果、こんなもんかな。
ハセツネ子は、なかなかオイラの愛を理解してくれない。
今年も見事にフラれてしまった。
また、来年プロポーズだっ!


ゴール後は、完走証とTシャツを頂きそのまま武蔵五日市駅前のセブンへ。
コーラ買う。
店員の人、変な目で見ていた。
今夜はこんな人が多かったろう。
ゼッケン付きレース着のまま、すぐに車を走らせ帰宅。

帰宅後2時間ぐらいの睡眠で会社へ。
午後は金沢八景に社用があるのだ。
筋肉痛はあるけど不思議と平気なんだよな。
身体が麻痺しているのか?
池袋に戻って、誘われたので飲んで帰ったのさ。
この時間になると、「筋肉痛がするけど昨日何かしたか?」って感じ。

だけど、高田馬場駅から西武立川駅へ行くはずが、気がつくと小平。
「ずいぶん時間がかかるなあ?」と思ったら、いったん終点の拝島駅まで行き、折り返しで西武新宿駅に向かっているのだった。
えらい寝過ごし。
結局、帰宅は23時前。
実に長い長い耐久レースだったのだ。
う~ん、自分はしこたま長いレースの方が合っているのか?


大岳山山頂にて、いつものドヤ顔。
c0206177_8465153.jpg





しかし、先週の山ランもそうだったが、まったく力が出ないのは何故なんだろう?
なにか身体に問題があるのかなあ?


*後のためキチンとしたレース内容は記事にするつもりです。




日々のトレーニングはこちらで。
naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2012-10-09 05:50 | ハセツネレース | Comments(6)
ハセツネ30kダメでした…
どうしてこーなるんだ?
左の大腿四頭筋、両足のフクラハギは痙攣しっぱなし。
後ろからどんどん抜かされる。
情けなさ過ぎて悔し涙も出ないぜ。


15kポストから入山峠まで58分以上もかかってしまう。
さらに入山峠から今熊山まで29分以上。

200m~300mおきにしゃがみ込む。
ハセツネはなかなかオイラにいい思いをさせてくれない。

第2関門まではいい感じだと思っていたんだけど。
そこからのトレイルで急に足が一杯になって来た。
そんなにオーバーペースでもなかったはず。
逆に少し遅いぐらいに抑えたつもりだが。

今日は、ちょっと自信があったけど見事に撃沈。
まあ、仕方なし…
落ち込んでも仕方ない。
「この恨み絶対晴らしてやる!」

しかし、知り合いのほとんどの方がいいタイムでゴールしたよう。
さすがです。
自分には、何か大きなものが足りないのでしょう。
グスッ…

一応、今日のタイム。

スタート~刈寄山登山道  25’03(心拍数160)
刈寄り山登山道~入山峠  22'47(心拍数162)
入山峠~T字          20'01(心拍数158)
T字~第2関門         35'10(心拍数166)
第2関門~15kポスト     14'13(心拍数164)
15kポスト~市道山分岐 24'38(心拍数159)
市道山分岐~入山峠     58'33(心拍数144)
入山峠~今熊山        29'23(心拍数134)
今熊山~ゴール      22'40(心拍数139)

トータル4時間12分34秒(心拍数152) 316位


ブログしているとこういうダメな時が恥ずかしく辛いです・・・ 
あっ、いつもダメか・・・
あ~情けなか・・・


はるばる新潟からのメンバー
c0206177_16234353.jpg

もちろん表彰台の人
c0206177_16275759.jpg

とーぜん入賞
c0206177_16294029.jpg

やっぱり女子年代別入賞
c0206177_16313127.jpg

c0206177_1649502.jpg

入賞の常連さん。ケガしているはずなんだけど。
c0206177_1634535.jpg

さすがロゲマスターです。
c0206177_16452280.jpg

女子年代別優勝!わが町のヒロインです。
kojiken師もグッドなタイムでした。
c0206177_164068.jpg

c0206177_16472133.jpg

年代別優勝!さすがです。
c0206177_1643560.jpg



うらやましい~
あ~あ、ますます落ち込んできた・・・

今日は、なかったことにしょっと。




日々のトレーニングはこちで。
naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2012-04-01 17:02 | ハセツネレース | Comments(4)
第19回ハセツネ~12回目完走~
10月23日(日)
第19回ハセツネが終わりました。

まずは主催者の皆さま、ボランティアの皆さま、会場、レースでお会いした皆様に感謝です。
もちろんこんなオイラを応援して下さった方々にも。

結果、13時間54分54秒 男子総合402位。
ケイレン地獄、ケイレン祭りでした。

雨予想なので、前日の昼間にダッシュでバカな悪あがきでシューズ購入。
以前からいろいろ店でためし履きしていたので、カナディア26cm。
ポイント使用やらで4000円也。

夜は、やはり飲み会。
なかなか逃げられず帰宅は1時過ぎになってしまう・・・


c0206177_1742048.jpg

そしてレース当日、8時に起床。
11時に受付をして小学校の体育館で待機。
雨がだんだん大降りになって来る。
でも、12時過ぎると雨は上がる。
しかし、この時点ではこれからまた降りだすだろうとみんなが思っていた。
雨が上がるとこの時期としては気温は高め。

13時スタート。
スタート位置は、先頭から30m~40m後ろ。
まあ、悪い位置ではない。
スタートして広徳寺先でモタモタしていて渋滞にはまってしまう。
流れに乗りながら進むけどこの時点では、調子が良さそうに思えた。
入山峠1時間5分。想定範囲。

しかし、心拍数が異様に高い。
ずっと170以上。
いつもなら心拍数を落とすべく調整するけど今日は構わず進む。
やはり、昨日の酒がまだ残っているみたい。
心拍数が高いと次に来るのはケイレン。
早くも入山峠と市道山分岐の中間点でピクピクしてくる。
そして、ピーンと右の大腿四頭筋がケイレン。
ここからケイレン地獄、ケイレン祭りの始まり・・・

不思議なもので右がケイレンして治まると、すぐに左がケイレンしだす。
時には両方いっぺんとか。
経験上、ずっとケイレンしっぱなしということはなく、どこかで治まるはずなので騙し騙し進む。

おまけに雨は降らず、なんとなく蒸し暑く大汗。
水は2リットルだけど、ケイレンで撃沈ぽいので水の量が気になる。

途中、軍刀利神社(ぐんだり)でランパンに忍ばせた50円で参拝。

浅間峠 4時間5分34秒。

スタート~入山峠1:05'49
~市道山     2:01''03(区間55'13)
~醍醐丸     2:37'48(区間36'44)
~浅間峠     4:05’34(区間1:27'45)

浅間峠でライトの準備。
ヘッドライトとハンドライト。
そしてメガネをかける。
ここからはほとんどヘッドライトで進む。
ハンドライトは下りのみ。
水は、1.25リット残っている。
日原峠の水場に行かなくても済みそう。
ケイレンで立ち止ることが多かったので、すぐに出発。

しかし、ここからが本格的なケイレン地獄でした。
走れるのだけどすぐにケイレン。
ホント、泣きが入った。
いやだいやだと先へ進む。
でも、山のレースは先に行くしかない。
笹尾根も攣らなきゃ快調に走れるのに。

三頭山の登り。
登りだしてすぐに両足ケイレン。
このケイレンはなかなか引かなかった。
斜面に倒れ込んで必死に足を伸ばす。
三頭山の登りは風が強かった。
でも、遠くに見える東京の街明かりはきれいだった。
ジッと見ている暇はないけど、このぐらいの楽しみはいいでしょ。
なんとか山頂に到着。
スルーで鞘口峠まで下る。
下っていると今度はスネだよ。
鞘口峠で水は尽きた。
あと4kmばかり水なしの生活。
冷たいウーロン茶が飲みたい。コーラが飲みたい。
水が無くなると喉が渇くのが我慢できない。
もう、タイムなんてどうでもいいから早くゴールしたい。


月夜見駐車場 8時間21分17秒

~日原峠4:38'14(区間32'40)
~笛吹峠5:25'50(区間47'35)
~西原峠6:06'41(区間40'51)
~三頭山7'06'59(区間1:00'18)
~月夜見駐車場8:23'27(区間1:16'27)

*区間は手持ち時計なので完走証と少しタイムログあり

月夜見駐車場に着くとまずは給水。
がばがば飲んでしまう。
この時すでに御前山の水場で給水するつもり。

ここから大ダワにかけて一番嫌いなコース。
まずはダラダラ下る。
すぐにスネがいっぱいになる。少しの登りでケイレン。
今日は、なかなかケイレンが引かない。いつもなら第2CP過ぎると治まるのだけれど・・・
でも、もう治まっても足はいっぱい。
おまけに御前山へ向けての登りでは睡魔が襲う。
フラフラ。
こりゃ、もう走れそうもないか。
とにかく残っている食料を食べる。
御前山山頂で倒れ込みそうなのを我慢して水場まで下る。
おおっ!さすがに雨後なので今日は結構出ていた。
助かったあ。
大ダワの下りはスリッピー。
慎重に下る。
大ダワ着。
ヘッドライトの電池交換。
ようやくここからケイレンが治まって来た。
でもいつものような復活はなし。
大岳山の登りも攣らないように登る。
もちろん、大岳神社で参拝。 
綾広の滝の水場で給水する。
長尾平まで走るけど下腹が痛む。
水の飲み過ぎか御前山水場の水が悪かったのか?
ゴールまで下腹の痛みは続く。

長尾平 12時間1分33秒

~御前山9:36'54(区間1:13'26)
~大ダワ10:26'37(区間49'42)
~大岳山11:19'54(区間53'17)
~長尾平12:01'30(区間41'36)

さて、微妙なタイムと疲れ加減。
13時間台でゴール出来るか。

一応、金毘羅尾根に向けてハンドライトの電池も交換。
日の出山まで進む。
でも、日の出山の登りはやはりケイレンを意識してスローな登り。
山頂はなかなかの街明かりの景色でした。
時計を見ると残り1時間29分。
ゆっくりでも走りきればなんとか13時間で行けそう。
でも、もうヘロヘロ状態なのでもう少し余裕が欲しかった。

ここからはガマンしてがんばって走る。
ケイレンも金毘羅尾根も嫌いだっ!
13時と14時間では大きく意味合いが違うから。
13時間台だと走っりきったという勲章?があるかな。

ゴール 13時間54分54秒

~日の出山12:29'36(区間28'05)
~ゴール  13:55'23(区間1:25'47)

食料はジェル系のみで2420カロリー
水は2リットル+1.5リットル+御前山、綾広の滝でいっぱい

レース服 上から
帽子、Tシャツ+アームカバー、タイツ+ランパン、靴下、シューズ(カナディア)

ニューシューズは良かった。
ドロドロの条件でも滑って転ばす。
一度だけ手を着いただけ。
いつものシューズだったら転びまくっていただろう。
これは大正解。
今度からメインレースの直前にシューズ買います、なんて。

まあ、反省もいっぱい。
思うこともいっぱい。
この辺はまた後日。
by nao-yamaniiku | 2011-10-23 17:04 | ハセツネレース | Comments(10)
第18回ハセツネカップ記録
10月10日(日)

c0206177_13575320.jpg

昨日からの雨は止んだ。どうやら雨に打たれることはないか?
あとはどれだけトレイルが回復しているのだろう。まあ、あまり期待しない方が良さそう。

重たい荷物を担いで五日市会館へ向かっている途中、「やべ~、スペシャルフーズ忘れた。」
全く幸先悪い。
今日の控室は、体育館が使えないので昨年アドベンチャーグリーンになったのでその控室利用。
でも・・・部屋は招待選手も一緒なので名だたるエリートランナーが目立つ。その中に年配の選手(アドグリ)がいる感じ。部屋を別にして欲しいなあ。恐れ多いよ。
でも、ゆったりしていたのでそこで待機。
スペシャルフードの替わりにパワージェル5個とショッツ1個買う。それと持参のゼリー2個で代用。

<スタート地点>
10時間の辺りにもぐり込む。
結構、暑い。
今日は、Tシャツ、ランパン。アームウォーマーとジャケットはザックの中。

・スタート~今熊神社 25'22 心拍数161
・今熊神社~入山峠  1:06'27(40'49) 心拍数169
・入山峠~市道山分岐 2:18'57(1:12'29)心拍数154

今回は、スタート地点から囲いがあったためスムーズにスタートできたと思う。
スタート後、小和田橋に向かっての下りですでに心拍数は160以上?おかしい。
その後も心拍数は追い込んでいるわけでもないのに10~15高め。
今熊神社25分台。う~ん、どうしたんだろう。
入山峠も1時間6台の普通のタイムなのに心拍数169もある。
多少、足元は悪いけどタイムに大きく影響するとは思えない。
入山峠手前からだんだん力が出なくなり走るのが辛くなる。
入山峠の階段を登り、その後のゆるい下りの部分がキツイ。

登りも力でず、これは心拍数下げねば潰れる、と思い市道山分岐までのいくつかのピークでストップ。
10キロも走っていないのにひざに手をあてて喘いでいるのは自分だけ。
きっと通り過ぎる選手は、あのおっさんリタイアだなと思われただろうなあ。
恥ずかしいので後ろ向き。
心拍数が150以下ぐらいになったところでスタート。これを何回も繰り返す。
どんどん抜かされるよ。でも、そうしないとゴールまで持たない。
無理して周りの選手に合わせて行くと自分が潰れる。
この歳(50)になるとピンチになった時はそれ相応の対応は出来るつもり。
自分の中では、リアイアはない。(なんて、2回リタイアしているけど)

結局、市道山分岐まで2時間18分台。まだ11.7km進んだだけなのにいつもより20分程遅い。
この時点では、浅間峠5時間。ゴールは17時間ぐらいかかると思った。
タイムが期待できないのならデジカメ持ってくれば良かった、なんて思ったり。
でも、まさかここまでダメになるとは思わなかった。


・市道山分岐~醍醐丸 2:59'45(40'49)心拍数154
・醍醐丸~浅間峠    4:25'53(1:25'50)心拍数150

醍醐丸までも途中立ち止る。
少しまわりの選手にペースを合わせられるようになる。
心拍数も150台になって来て醍醐丸からは走れるようになる。
第一関門手前で暗くなってくる。
4時間25分53秒。ここのところの試走より45分遅い。
タイムが遅いせいで足のツリの気配はなし。

ライトを取り出す。メガネをかける。
水は、ペット0.5リットル。ハイドレ1リットル残っている。
結構、飲んだつもりで月夜見まで持たないと思い、日原峠からのいつも試走で利用している水場で給水も考えたけど大丈夫そう。


・浅間峠~日原峠 4:55'53(25'50)心拍数150
・日原峠~笛吹峠 5:43'50(47'56)心拍数156
・笛吹峠~西原峠 6:33'52(50'01)心拍数143

浅間峠から腰を上げたところで雨が降ってくる。しかも一気に激しさを増す。
なんだよ。想定外。
でも、寒くない。アームウォーマーも使用せず。
途中、多くの選手がジャケットとか取り出していたけど必要なの?と思った。
しかし、日原峠までのゆるい登りとかグチャグチャで滑って進めない。これには参った。
登りなのに転ぶ。
メガネは所どころ見えにくいこともあるがあまり苦にならない。正解。
ライトは、この辺りでは省エネでハンドライトはあまり点灯せずヘッドライトのみで行く。
登りも下りもスピード出せないからヘッドライトだけで十分。

笛吹峠を越えたところで少しずつ調子が出てくる。
抜かしたい場面もあるがまだ無理はしない。
平坦な笹尾根も良く滑りあまり走れずでした。
西原峠までで何度もしりもち。


・西原峠~三頭山 7:33'39(59'47)心拍数143
・三頭山~鞘口峠 7:57'08(23'28)心拍数133
・鞘口峠~月夜見P 8:43'29(46'31)心拍数135
第一関門~第二関門 4:18'26

雨は止んだ。でもトレイルの条件は悪い。
三頭山の登りで前の選手につく。繋がっているよう。
行きたいとこだけど、我慢。
おかげで心拍数は登りなのに140台。
足の力も出て来て復活の気配。
三頭山山頂辺りは寒いかな?と思っていたけど大丈夫。
去年よりはかなり暖かい。

三頭山頂上は留まらず鞘口峠に向けて下る。
今日みたいな日のグチョグチョな下りはやだ。登りの方がまし。
しばらくは一人で進むけど、やがて前に選手たちが繋がっているとこに追いつく。
最後尾なのでゆるゆると進める。後ろに選手のいないのは楽だね。

鞘口峠からの登りはキツイとこ。
ここから月夜見Pまでは一人の場面が多い。
集団がないので抜きやすい。
走れるようになる。復活だ!
しだいにスピードを上げる。
でも、こういう時に罠がある。
なんでもない平坦なトレイルで転倒。
何でもないところで転ぶとダメージが大きい。
まず右足のふくらはぎがケイレン。イタタッ。
道の真ん中なので左側にずれる。
足を伸ばしたいがうまく出来ず。必死に伸ばしてなんとか立ち上がれる。
立ち上がったところで右ひじが濡れた感じ。
見ると大出血。血がボタボタたれている。
今日は、汗ふきともしもの時のハセツネ手ぬぐいを持つのを忘れてしまっている。
痛くないのでそのまま走る。
アームウォーマーつけてたら破れていたな、良かったなんて訳のわからないこと考えたり・・・

心配していた水もなんとか持つ。
40kmポストでペット飲み干し水なしに。

第二関門到着。
ハイドレに水1.5リットル補給。
係りの人が腕の血を見て「リタイアします?」なんて聞いてくる。
ニコニコと「大丈夫です」
第二関門までで8時間43分。ゴールは15時間に近い14時間台かな。


・月夜見P~御前山 9:46'05(1:02'36) 心拍数139
・御前山~大ダワ  10:25'27(39'22) 心拍数132

ここからはがんばる。
月夜見Pからの下りからしばらくガスもありメガネの視界悪い。
でも、どんどん抜かせる。
ゆるい登りは走る。
市道山分岐までの不調がウソのような感じ。
毎年、このパターン。

大ダワへの下りは滑るし慎重に。でも40分切れた。
2回ほどしりもち。

大ダワでライトの電池交換。
でも、ヘッドライトの電池が一個取れない。仕方ないので2個だけ交換。


・大ダワ~大岳山 11:17'18(51'50) 心拍数132
・大岳山~長尾台平 11:56'40(39'22) 心拍数132
第二関門~第三関門 3:13'11

心拍数も130台だけどいいペースで大岳山を登る。
大岳山からの岩場の下りは転ぶとケガ必至なので注意深く下る。
途中の水場で補給。
長尾台平着。12時間かかっていない。13時間台はいける。


・長尾台平~日の出山 12:20'28(23'20) 心拍数132
・日の出山~ゴール 13:37'55(1:17'26) 心拍数133

ここからは残っている力をすべて出す。
日の出山の夜景はキレイ。
この数年、自分が見た中で一番すばらしい、が見とれる時間はなく先に進む。

まだまだ走れそう。
ところが下りの道の悪いところでまた大転倒。
今度は、右のわき腹、右腰をしこたま打つ。
しばらく声が出でず。うずくまり痛さをこらえる。

歩きだしそして走ってみる。大丈夫そう。
しかし今日の金毘羅尾根は6.5km地点から最後のコンクリの下りまで誰にも会わず。
まるで、レースでなく一人で試走をしているよう。
そしてなんとか13時間37分55秒でゴール。


今日は、市道山分岐までの不調は何なんだろう。
前半を考えると後半の走りは不思議でしょうがない。
なんで後半復活できるのだろう。
月夜見Pからは抜かれることはなかった。
この一年間、自分の出来る限りの練習はして来たと思う。
そういう意味では、前半ダメでもロングに対応できる身体が出来ているのかな。
成果があったということかな。
力を出し切ったので悔いはなし。
でも、またいろいろと考えて対策たてないと・・・

<持物>
リアクター
水、ハイドレ2リットル(MUSASHI入り)+紅茶ペット0.5リットル
食料、SAVAS8個 パワージェル5個 ショッツ1個 ゼリー2個 アミノバイタル1個
    (余り)SAVAS1個 パワージェル1個)
    全部で2,207カロリー
ジャケット、アームウォーマー、ヘッドライト+ハンドライト 替え電池1セット メガネ 財布 携帯 
by nao-yamaniiku | 2010-10-11 14:10 | ハセツネレース | Comments(12)
第2回ハセツネ30k
レース終了より2日経過。
筋肉痛は消えず。階段の登り下りが辛い。
目標の4時間は切ったが醍醐からのケイレンがなければもっと早く行ける、と思うとやはり悔しい。
いつものことながらレース後は反省ばかり・・・

4月4日(日)
32km/36.6km  曇り 気温:寒い8度ぐらいかな

タイム3:57’52  男子174位

朝は、kurisukeさんと7時35分に武蔵五日市駅着。会場の青少年休暇村まで歩く。2kmぐらいあり,やっぱり会場まで時間がかかる。8時近くに受付会場へ着。
SNSのちょろさん、新潟からお初のはたさん、ryoさんとご挨拶。

あわただしく着替える。おにぎり食べるのを忘れてしまう。今日は余裕がないぞ。朝も家でごはん食べれず、コンビニでおにぎり3個購入。駅のホームで2個食べ1個は着替え中に食べようと思ったのに・・・でもゼリーだけは1個食べる。

レースウェア
ストリーク、ランパン、長袖シャツ、手袋(第2巻関門より着用)

持ち物
ステミュラス(ザック)、水1.5リットル、ゼリー3個、パワージェル1個、パワーバー1個、デジカメ
結局パワーバーは食べず。このぐらいの距離だ食べるのめんどくさいか。


スタート~刈寄山登山口入口   25'49 

スタート位置へは、渋滞を避けるため30分前に荷物検査し向かう。
すでにたくさんの選手がいた。結局スタート位置より30mほどのところで待機。
c0206177_5223144.jpg

スタートの30分ぐらいの待ち時間にも慣れたな。

スタート!
しばらくはロードを走る。突っ込まず心拍数に気を配る。
がぁーっと抜かされるが一定のペースで進む。
林道からは登りへ。そして、昨年のスタート位置通過。スタートから12~3分経過してたかな。
林道の登り。ここは慌てないが登山口からのシングルトラックで渋滞するので、それなりに前の方は気にしながら走る。
登山口着。心配していた渋滞にはなっていなかった。
ここまでは、ぴったしキロ5分で進む。


刈寄登山口入口~入山峠(第1関門) 25'50  累計50'50

シングルトラックへ。
ここで沢の段差で少し順番待機がある。
刈寄山へ向けて上がる。
ここは、数珠つなぎになっているのでとにかく前の人について行く。この辺の人たちは割と言いペースで進む。
刈寄山直下の登りは急だ。
そして入山峠へ。
ちょろさん、ハリマネさんの声援受ける。



入山峠~T字  19'45  累計1:10'36

アスファルトの下りに入る。
調子に乗らず淡々と下る。
ここは、心拍数158、キロ4'28で進む。
途中、獣人さんを先行。4時間ペースで淡々と走られていたようだ。さすが試走の鬼!


T字~第2関門 37'25  累計1:47'58

きついアスファルトの登り。がんばって走る。ゼリー補給のため少し歩きもあったがそのほかは走る。
ここは、歩く人が増えて抜かせる、が果たして走った方がいいのだろうか・・・第2関門からのトレイルを考えると体力温存したいところだが。
でもここを走らないと3時間30分とかは目指せないだろうな。
なんとかキロ5'56と6分切って走り切る。


第2関門~15kポスト  14'02 累計2'02'00

いきなりキツイ登り。ありゃりゃ、なんか調子でないぞ。しかもフクラハギがピクピクとツリそうな気配。
しかし、前後に選手がいるためスピードダウン出来ず(やはり負けたくないココロはある)だましだまし15ポストへ到着。


15kポスト~市道山分岐 23'52  累計2:25'53

前回来た時は、積雪だったので酷かったが、なかなか条件のいいトレイルになっていた。
しかし、自分の足はケイレン寸前!せっかくの下りもスピード出せず・・・
ここからは、全然ダメだった。
ここまであまり水を取っていなかったのでガンガン飲む。
足がツラないように小股で進む。
昨年は、この区間22'59だったので1分ほど昨年より悪いタイム。


市道山分岐~入山峠  46'08 累計3:12'02

市道山分岐から少し進んだところの急な下りで、前の選手を変な抜かし方したため右のフクラハギがケイレン。
うぁ~来たぜ。フクラハギを伸ばす。急な下りの所だったのでストレッチも足場が悪くやりにくい。
その後は、大腿四頭筋、モモ裏とかツリそう。
登りはともかく平坦、下りでスピードが出せないのは悔しい。
ゼリー、パワージェル補給。
昨年この区間42'23だったので4分も遅い。


入山峠~今熊山  20'50 累計3:32'52

ここも下り基調でガンガン行きたい所であるがペース守って、足と相談しながらのラン。
結構抜かされる。
トレイルに入って15kポストから抜かされる方が多い。普通はロードで抜かされトレイルで抜き返すのが自分のスタイルだが、トレイル好きの人間としては情けない・・・


今熊山~ゴール 24'58  累計3:57'52

今熊山でタイムを確認すると4時間まであと28分ほど。
うまくまとめられれば4時間切れるか。しかし、大きなケイレンが起ったらダメか。
下る。もっと行きたいがセーブ。前で集団になっていたので最後尾について行く。普段だったら楽について行けるペースも結構大変。そしてやがてモモの裏部分がピクピク。思わず歩いてしまう。
変電所からゴールまではなんとかツラずに走り切る。
そしてなんとか4時間切ってゴール。
ゴール地点
c0206177_643429.jpg


いやいや最低の目標は達したが反省反省。
でも、これが実力なんだろうな。昨年より距離が延びてタイムはかかったが、ほぼ同じぐらいのペースかな。
しかし、今回は後半のトレイルで抜かされることが多かったので昨年のような達成感はなく、ガッカリ感の方が強い。
まあ、いっか。次がんばろう。
by nao-yamaniiku | 2010-04-07 06:09 | ハセツネレース | Comments(4)
ハセツネ30k備忘録
2009年4月に初めてハセツネ30kが実施。

09年1月24日(土)にネットでハセツネ30kのエントリーゲット。実はネット勝負はこの歳では自信がなかった・・・ 今後、さまざまなレースのエントリーがパソコンでのネット勝負になるのは自分としては好ましくはないなあ。

事前の試走は2回。
2月7日(土)
ところどころコースが不明の所もあった。
4:46'19の試走タイム。結構時間がかかる。

2月15日(日)
4:27'48
このタイムから、本番は4時間前後を目標タイムとする。




第1回ハセツネ30K  2009年4月19日(日)

スタート地点まで早めに移動。
スタート30分前にスタート位置につくが、あとからどんどん人が来て、300人ぐらい前に人がいたかな。

スタート~入山峠 41'40
スタート直後の林道は登り。抜かされるがここは慌てない。ただ、試走から林道終了後のシングルトラックからは渋滞を予想していたので、前の方の人数は確認していた。
そして、林道終了。
やはり、多少の渋滞。歩きになるが立ち止るほどでもない。
たんたんと刈寄山に向けて歩く。

入山峠~和田峠手前 1:05'04
入山峠から下り。抜かされるがここもペースを守って走る。
T字路からしばらくは民家の並ぶゆる~い登り気味の道。ここで他の人はペースアップしたのでたくさん抜かされる。
おじいさん、おばあさんたちが笑顔で応援。こちらも余裕で手を振って返す。
その後、登りの林道へ。
がんばって走る。ここは歩いている人が多い。ここで抜かされた分、たくさん抜かす。
和田峠まで走り切った。でも、もう少しここで早くなりたい。

和田峠手前~醍醐 16'17
和田峠手前から再び登山道へ。
キツイ。ゆるい登りも走れない。
ここからが力の差が出るところだ。ここまででどのくらい力が残っているかが大きくタイムにかかわる。

醍醐~市道山分岐 22'59
下る。ここら辺は他の人とペースが一緒。この辺からはほぼ同じ実力の人たちの集団。

市道山~入山峠 42'23
ここはきつかった。登り下りの連続でヘロヘロ。
女性3位の人と前後しながら進む。
暑いので水も消費。2リットルほぼ飲み尽くす。

入山峠~ゴール 40'52
ここからは他の人について行くのがやっと。足もツリそう。
今熊山からは予想と違うコースにとまどう。
がんばってラン。
最後はスパートもかける。

タイムは、3:49'13 128位

目標の4時間切れ満足。力は出し切ったと思う。

ランパン、Tシャツ、グローブ、キャップ、サングラス(入山峠~和田峠手前の林道で使用)

補給食は・・・・これが記録になく思い出せない。たぶん、ゼリーとか摂ったと思う。

さてさて今年はどうか。満足な試走が出来てないのが気がかり・・・
by nao-yamaniiku | 2010-03-24 21:35 | ハセツネレース | Comments(2)
第17回ハセツネ~グリーン獲得~
レースから1週間近く立ち、なにやらやる気なし!の状態。筋肉のダメージも大きかったが心のダメージも引きずっている。さて、さて、ここいらでとりあえずレースの状況だけは記しておこう。

続き・・・
by nao-yamaniiku | 2009-10-17 15:01 | ハセツネレース | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
7月
9日(日)
トレニックワールドin外秩父約50㎞

10月
8日(日)、9日(月)
日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
今熊山12本ピストン
at 2017-06-25 15:28
今の健康状態
at 2017-06-23 22:02
富士山ね、うーむ
at 2017-06-22 21:17
とにかく疲労抜き
at 2017-06-20 22:09
ハセツネ全周2017年6月編
at 2017-06-19 06:36
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ