nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
カテゴリ:ロードレース( 42 )
ぐるっと富士山一周ウルトラマラニックに着いた
5月16日(金)

20時ぐらいに家に着いて、ダッシュでナポリタンをおかずにたまごかけご飯を食べるという、相変わらずトンチンカンな食事をして会場へ向かった。

満月が富士山を照らして美しい。
グッドな条件だ。
畏怖さえ感じる。
もう、すでにタイムなんてどうでもいい。
美しい富士山を見ながら、自然と一体になるのだ。
なんて贅沢なのだろう。

ということで楽しんで来ますわ。

日々のトレーニングはこちらで。 naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2014-05-16 22:41 | ロードレース | Comments(0)
小江戸大江戸リタイア備忘録
3月2日(日)
c0206177_12513435.jpg
c0206177_12520289.jpg
c0206177_12522399.jpg
c0206177_12535647.jpg
「顔を洗って出直してこい」「おととい来やがれ」「お呼びでない」
結局は、走り込み不足だった。
そのためか気力までそぎ落とされていたか。
日頃から叩かれ強いのがnaoさんの唯一の武器と豪語していたが、簡単に叩き落されてしまった。
この2年間で100マイルを3本やっていたので、少なくとも160㎞は行けるだろう。
そうしたら、あとは歩いてもいいやと思っていた。
だけど、それは過去のことであり、今の状態を知らない「身の程知らず」ということだったよう。

バカが、小江戸の91㎞のことは眼中になく、大江江戸の中井~赤羽までの試走やなか卯の試食をさんざんやった。
結局は、無駄なことであった。
家で朝を抜いて、池袋のなか卯で朝定食や昼も丼ものを食べたりしていたのだ。
牛すき丼のキャンペーンとかでサラダ、たまご、みそ汁の無料券はたくさん手に入れてたさ。

スタートは8時。
小江戸大江戸203㎞は375人、小江戸91㎞のエントリーは109人のエントリーがあったよう。
何人が出走したか分からないけど500人近い選手がスタートしたようだ。
レースを通じて細かい雨が降っていたけど、雨が自分をいじめることなく、かえって条件がいいぐらいだった。
レース中、何人かの方とお話ししたが、みなさん「さくら」や「萩」といったウルトラ経験者が多いですね。

最初のうちは、信号にかかるが前後に人がいる状態。
ところどころ矢印もあり迷うことはない。
玉淀エイド以降は、時々地図で確認したけれど、玉淀エイドまではまったく見なかった。
荒川自転車道を14㎞走り、途中の28.1㎞の熊谷エイドを過ぎると徐々にばらけてくる。
この辺りから少しずつ足が痛くなるがまだ平気。
c0206177_12554066.jpg
c0206177_12551996.jpg
玉淀エイド51.5㎞までは順調だった。
しかし、今日は距離がマイガーミン君とほぼイコール。
コースの距離をオイラのガーミン君で測ったのかと思えるほどだった。
非常に気持ちいい。
だけどし、コースは単調すぎて面白くない。
c0206177_12562215.jpg
71.9㎞の唐子エイドまで心配していたが走りきれた。
だけど…
83㎞過ぎのR254 と圏央道川島ICの交差点でやってしまった。
日頃、ロゲで高速のICや交差点は道迷いしやすいのは良く分かっていたはずなのに…
これで2㎞ぐらいのロスト。
がっかりだぜ。
これで簡単に気持ちが切れてしまった。
迷う直前まで、川越に戻って来てからの手順や山の手通りまでのイメージ作りをしていたのに。
それでも山田の交差点(88.1㎞)までは、やる気を取り戻そうとして「なんとなく前に進めるかな?」と思い始めた。
しかし、山田の交差点の狭い歩道で、おそらく小江戸ゴールまで1.5㎞ぐらいの地点だと思う、なんか気分がしっくりこなくて歩き始めてしまった。
どうでもいいが、月曜日の自分がリーダーの仕事のことも思い出してしまった。
そうすると、突然激しい足の痛みが出てきた。
ここでリタイアを決めた。
リタイア出来るように気持ちが足の痛みを誘発したのか。
他の選手は、小江戸ゴールが近づいているので元気に走っている中、自分だけはトボトボ歩いての到着、なんともみじめ。

さっさと着替えて風呂にも入らず帰ったさ。
でも、未練たらたらで本川越駅まで歩いていると、もう足の痛みはなく、お願いしてリ・スタートするか?なんて思ったり。
なんとも、しまらないリタイアだったのだ。

だけど、いいこともあったぞ。
川越ゴール後、「naoさん」って美しい女性に声をかけられた。
この場合、たいていは後ろにイケメンの男子がいるのが普通のパターンである。
後ろを振り返って「naoさ…」
いねえや、えっ、オレ?
お友達とブログを見てくれているという。
ますます恥ずかしいぞ、オレ。
春の富士のレースがんばって下さい。

一応、後日、自分のためのタイム。
1時間ごとにラップをした。
70㎞までは、1時間に8㎞、70~140㎞は1時間に7㎞、140㎞以上は1時間に6㎞となんとなくイメージしていた。

~1時間8.51㎞
~2時間8.40㎞ 16.91㎞桜堤エイド(16.8㎞)
~3時間9.11㎞ 26.20㎞
~4時間8.68㎞ 34.70㎞熊谷エイド(28.1㎞)
~5時間8.89㎞ 43.59㎞
~6時間8.04㎞ 51.63㎞玉淀エイド(51.5㎞)
~7時間8.58㎞ 60.21㎞
~8時間8.09㎞ 68.30㎞
~9時間7.01㎞ 75.31㎞唐子エイド(71.9㎞)うどん待ち、トイレ
~10時間7.76㎞ 83.07㎞
~11時間6.38㎞ 89.45㎞2㎞ほどロスト
~11時間30分台?3.70㎞ 93.15㎞
ゴールでタイム計測せず今のところ小江戸タイムは不明。
たぶん、11時間30分台だと思う。

小江戸は12時間でいいやと思っていた。
ほぼレースプラン通りだったけど、気力の問題でした。
いつもなら、やられると「リベンジだっ!」と言うが、今回はノーサンキュー。
なにより自分の目指すものを考え直さなければならない。


by nao-yamaniiku | 2014-03-02 14:24 | ロードレース | Comments(4)
小江戸91キロでリタイア...
3月1日(土)

小江戸91キロでリタイアした。
圏央道のところでロストして、モチベーションダウン。
いいペースで進んでいたけどね。
詳細は、あるか分からないが、今日のところはおしまい。

日々のトレーニングはこちらで。
naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2014-03-01 20:25 | ロードレース | Comments(2)
青梅マラソンはDNSかな
1月28日(火)

どうやら2/16(日)の「青梅マラソン」はDNSになりそう。
義父の一周忌に来る娘孫が、その日に兵庫に帰るらしい。
荷物があるし、まだ乳児連れなので新幹線のホームまでは送らねばならないのは当然だろう。
相変わらずオイラの親近者の方々は当てに出来なく、仕事と称しての宴会、スノボ、バイトだという。
ということは、オイラが青梅マラソンを回避するしかないのだ。
まあ、naoさんは今は『孫』だぜ。
孫が欲しがれば、借金してフェラーリだってマクラーレンだって買ってあげるぜ、なんて。
あれ、これはじいじの憧れか?

でも、こういうことは早く決まった方がいい。
青梅マラソン用の練習を続けて、直前になって「はい、ダメです」だとがっかりするからね。
今はすでに、その先の「小江戸大江戸200k」に気持ちは動いているのだ。
日曜日の石神井公園ロゲでは、走り込み不足を露呈してしまったので鍛え直さなければならないのだ。
しかし、トライアスロンのためのバイクやスイムもしなければならないし、山ランはどうすんの?ですべて中途半端になりそうな気配もあるが…
まあ、いいや。

これで「青梅マラソン」は2年連続のDNSとなってしまった。
今回のエントリーは、兵庫に行っている間にした。
エントリー期間、3日間のうち2日間はスポーツエントリーをしたがまったく引っかからずダメだった。
3日目に「ローソンチケットでエントリーしたほうがいい」との助言もあり、旅先の宿泊場所で入会、無事エントリー完了した。
苦労したんだけどね。
でも、その時もエントリー出来たけど、めんどうくさくなって「もういいや」なんて思ったりしたっけ。

今朝の体重は61.7㎏。
どうもこの辺で安定してしまっている。
これ以上は、やはりBeerを止めなきゃいかんのか?
う~ん…


日々のトレーニングはこちらで。
naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2014-01-28 21:13 | ロードレース | Comments(0)
久しぶりのロードレース
12月2日(月)

c0206177_1029643.jpg

10分以上先にゴールしたtsuneさんより頂き。


スタート通過まで20秒
~5㎞  22分52秒
~10㎞  22分29秒
~15㎞  24分27秒
~20㎞ 23分13秒
~フィニッシュ 4分20秒(ラスト1㎞で計測)
トータル1時間37分44秒

昨日の川口マラソン(ハーフ)は、やはり思った通りの結果だった。
まあ、最悪な結果にはならなくて良かった。
「キロ5分から徐々に上げて…」なんて思っていたけど、やはりスタートはペースを下げることは出来ず流れに乗ってしまった。
スタートゲートを出て、ペースは上がってすぐに「オレの身体じゃない」って感じ。
腹周りから下が、重たい重たい。
体重は維持しているのだけど、やはり一か月ぶりということだろうか。

5㎞で、足の裏、フクラハギ、ひざ、ももの裏といったところが痛くなる。
地面からダイレクトに伝わる部分かな。
そういう意味では、自転車は優しいなあ。

心拍数は160以下をキープ、というか160以上出せず。
ペースを上げたくても、足が痛くてスピードが出ない。
そういう意味では、ヘンな余裕があったので沿道の方々の声援には答えられたよ。

とにかくここからキックオフでどこまで上げられるかだなあ。
今日は、股関節、ひざが痛かった。
でも、その他は大丈夫みたいだけど、明日になってみないとわからないな。



日々のトレーニングはこちらで。
naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2013-12-02 22:25 | ロードレース | Comments(2)
川口ハーフマラソン
12月1日(日)
c0206177_18351789.jpg
こんな格好で受付したら受付の女史に「走りますか」と言われた。

川口ハーフを走って来た。
アバラを痛めたこともあって、11月1日以来ちょうど一ヶ月振りのランだった。

荷物を預けたり、トイレに行ったりでスタート地点に着いたのは3分前。
ちょっとはウォーミングアップをしたかったけど時間なし。
そういう意味でも、本当に一ヶ月振りのランになってしまった。

スタート位置は1時間35分のプラカードの見える位置だった。
9時スタート。
ゲートまでは20秒ぐらい。
しかし200mも走ると、もうダメ。
自分の足じゃないみたい。
重たい重たい。
なんじゃこりゃ。

だけど、身体がペースを覚えているのかゆっくり走れない。
だけど、今日は沿道の人たちにはなるべく手を上げたり、声をかけたりしたぞ。

5㎞も走ると足の裏、フクラハギ、モモが痛くなってくる。
バイクでトレーニングしていたので、心拍系は大丈夫。
足は痛いが、呼吸と心拍数は上がらない。
なんだかなあ。

キロ5分で1時間45分ぐらいかな、と思っていたが、1時間40分を切れそう。
だけど、あまりムキになって走りたくない。
途中で、tsuneさんに声をかけられる。
おおっ、tsuneさんさすがに速いや。
だけど、早く終わってビール飲もうぜ。

結局、1時間37分44秒。
40代以上172位だった。

ベストより10分近く遅い。
でも仕方なしか。

でも、結構いっぱいだったのだが…
まあ、いいや。
明日から少しずつ走って力をつけよう。
c0206177_18313830.jpg
終了後、待たせたtsuneさんとちょいといっぱい飲んで帰った。

参加した選手の皆様、沿道で応援してくれた方がら、スタッフの皆様、ありがとうございました。




by nao-yamaniiku | 2013-12-01 18:39 | ロードレース | Comments(2)
奥武蔵ウルトラマラソンに完敗(乾杯)!
c0206177_1503967.jpg

8月5日(日)、朝4時に起きる。
仕度してあったので4時半に家を出て、途中でチャーハン+半ラーメンを食す。
お腹は満腹、満足。
5時半にレース会場に到着。
すぐにトイレへ駆け込む。
この時間なら空いている。
Kurisukeさんと会えたのでしばらく体育館で待機。

前日の天気予報では曇り、午後にはにわか雨もなんて言っていたはず。
朝から、ピーカン照りなんだけど…

7時15分前にスタート位置につく。
このレースは、40代、50代、60代の参加者が多く、しかもみなさん屈強なランナー。
おじさん、おばさんがこんなキツイレースをよくやるわ、て自分もか。
すでに暑い。
レースウェアは、一昔、いやふた昔前のトライアスロン用のランシャツ。
下はランパンだけ、インナーは使用せず。
あとは、帽子といつもの手ぬぐい。
持ち物はなし。

スタートから15㎞ほどは、kurisukeさんと進むがこんなペースでいいのだろうか?
試走していたのでわかっていたけど、グリーンラインに入る前の20㎞は楽なコースではない。
しかも暑い。
20㎞の入りは1時間50分49秒。
ペースは悪くはないけど早過ぎないか?

2度目の鎌北湖への登り。
そして鎌北湖から北向地蔵へのコース中、一番斜度のある登りを走る。
ここの5㎞は、33分29秒。
しかし、ここから毎度毎度のケイレン君がお出まし。
今日は、フクラハギ。
ピクピクし出しペースは上がらず、我慢の走りが続く。
グリーンラインに入ると木陰は多少涼しく感じるけど、やっぱ暑いよ。
2~3㎞ごとのエイドが助かる。
エイドの度にフクラハギと頭から水をかけて頂く。
シューズに水を掛けたくなったが、もういいや
シューズはずっとグショグショだった。

ケイレン気味でこの10㎞は、1時間7分38秒。
キロ6分を大幅にオーバー。
35㎞で3時間31分56秒。
身体の状態を考えるとサブ8時間は断念、どころか8時間台も怪しくなってくる。

他の選手達も最初の20㎞で足を使ったせいか、登りで歩く人が多い。
ガツンと大ケイレンが来ないように、途中でフクラハギを伸ばす。
ゼッケンから安全ピンを外しチクチク刺す。
35㎞からの5㎞は、40分16秒。
もうダメ、完走できればいいや。
折り返してくる先頭ランナーは奥宮選手。
ブッチギリ、すごい。

40㎞からの50㎞は、1時間11分34秒。
50㎞で5時間23分46秒。
あと28㎞。
折り返し地点あたりでケイレンは治まって来たがフクラハギは痛む。
ここからは、情けないことにゴボウ抜きにされる。トホホ
下り基調でみなさん元気に飛ばす。
しかし、このレースの女性はみんな力強いですな。

昨年もそうだけど、登りは遅いながらも走れて前の選手を追いつく、抜かせる。
しかし、下りに入るとアッと言う間に抜かされてしまう。
でも、気にしないさ。
自分の今出来る走りをするまで。
しかし、フクラハギはもう限界。
エイドごと、5㎞ごとを目標に進む。
とにかく前に進めればゴールに近づける。
暑くてきつくて辛い。
でも、これがオクムなんだ。

ユガテからの最後の登りも歩くことなく走る。
そのせいで、北向地蔵からの急な下りでもう足は終了。
去年はラストでスルーした鎌北湖の最後のエイドでも水を掛けてもらう。

50㎞からのラップ。
50㎞~55㎞ 32分57秒
55㎞~60㎞ 34分28秒
60㎞~65㎞ 33分24秒
65㎞~70㎞ 36分01秒
70㎞~75㎞ 35分14秒
下り気味のコースなのにスピード出せず。

結局、ゴールタイムは8時間36分20秒
年代別35位
総合順位228位

昨年よりタイムも順位も落としてしまった。
あ~あ、自分に負けちゃったよ。
何が足りないんだろう。
なんでケイレンしてしまうのだろう。
まだまだだなあ。

ゴール後は、座ったらなかなか立ち上がれず、足が痛くてまともに歩けず。
なんとか家に帰ると今度は股ずれがひどくヒリヒリする。
風呂に入るときは悲鳴だぜ。
やはり、パンツは履かなきゃダメだ。
昨夜は、寝ていても足が痛くて時々目が覚めてしまう。
今日の仕事はどうかと思ったけど、人間の身体はたいしたものだ。
今日になって股関節が痛みだしたが、なんとかバレないように歩くことが出来た。
しかし、UTMFよりダメージは大きいかも。

奥武蔵ウルトラマラソンに完敗(乾杯)です。

主催者のスポーツエイドジャパンのみなさま、エイドで助けて頂いたみなさま、一緒に走った選手のみなさま、ありがとうございました。

c0206177_14582669.jpg

お久しぶりですが、シェイプアップされて秘密特訓を受けたみたいでした。
c0206177_14585679.jpg

c0206177_14592943.jpg

c0206177_150994.jpg

優勝おめでとうございます!


日々のトレーニングはこちらで。
naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2012-08-06 20:04 | ロードレース | Comments(6)
立川シティハーフマラソン(まあまあ)
c0206177_14193593.jpg

昭和記念公園の梅の花。
今年初めて見ました。

今日は、「立川シティハーフマラソン」に参加。
昨年までは、「立川・昭島マラソン」でしたが、今年からコースも変わりネーミングも変更。
さらに昨年は震災で最初の土日で中止になった大会のようです。

自宅からは最も近い大会なので、今日はチャリで会場まで行きました。
会場には8時過ぎに到着。
受付を済ませ芝生の上にビニールシートを敷きしばらくはジッと座っていた。
寒さに弱いので・・・
今日は、雨が降り出しそうな曇り空。
気温は上がりそうにない。

8時45分過ぎに行動開始。
レース服にゼッケンを付けて、着替えて荷物を預ける。
今日のウエアは、「青梅」での反省もあり、
上は、ファイントラック・スキンメッシュ+半袖Tシャツ+アームカバー
下は、タイツ+ランパン
寒がりの自分はどうしても生足に踏み切れなかった・・・

スタート地点の自衛隊の滑走路に行き、ウォーミングアップランをする。
この大会は、「日本学生ハーフマラソン選手権」を兼ねているので、大学のエリートランナー達も多数エントリーしている。
〇〇大学の集団に交じってアップ。
やつらのスピードは半端じゃない。
でもオイラもなんか速くなった感じがしたり、そんな訳あるわけないか。

今日のゼッケンは18000番台と大きな番号で、スタート位置が心配だったけど心配無用だった。
学生と陸連登録は前で、その他一般はどこでもよし。
しかも滑走路のためスタートラインは50m以上ある。
自分の位置はスタートラインから20mほどか。
今回は、スタートロスの言い訳は出来ないぞ。

9時30分にスタート。
なんか音声が不調なのかスタート音が良く聞こえなかった。
慌てて走るけど、すぐに自分のペースに入れる。
スタート直後はペースが良く分かりませんねぇ。
最初の1kmは、3分59秒。
明らかに速すぎるぜ。
少しペースダウン。
といっても10秒ほどのダウンなので配分が難しい。
2km以降のラップは4分8秒、4分7秒、4分8秒、4分4秒。
なかなかいい感じ。
でも後半潰れなければいいけど。
最初の5kmまでは、滑走路ラン。
普段、絶対走れないのでいい経験だ。
飛行機のように飛んでけぇ~。
5km、20分28秒。心拍数168。

その後は、自衛隊から出てロードラン。
西立川駅に向かうとすぐに学生の先頭集団がやって来る。
100m走かと思うような速さ。
西立川駅を折り返すと、今度は自分より遅れているランナーとすれ違う。
7~8kmあたりでいったんキツくなってくる。
ここはガマン。
腕を振ってフォームを意識する。
10km通過。
5km~10km、20分47秒。心拍数167。

ペースが合ってるのかどうか、気になっていたけど、もう行き続けるしかない。
13km手前で昭和記念公園に入る。
今度は、左側から昭和記念公園2週回目の学生ランナーに抜かされる。
スピードが全然違いますな。
昭和記念公園までは、真っ平らなコースだけど、ここからはちょっとだけアップダウンがある。
これが結構オッサンには利くんだよなあ。
10km~15km、21分04秒。心拍数169。
累計1時間02分20秒。

微妙なタイム。
1時間28分台をどれだけクリア出来るか?
ここからは、必死。
足も上がらなくなって来ているけどがんばる。
ラストの5kmはホントたいへんだよなあ。
まあ、みんなそうなのだろうけど。
15km~20km。21分17秒。心拍数173。

ありぁ、がんばったつもりもペースが落ちている。
小さなアップダウンのせいか?
20kmで1時間23分38秒。
「小江戸・川越」では、ラストの1.0975kmを5分以上かかっている。
今回はやるぜ、でラスト1.0975kmは4分37秒。

結果、1時間28分15秒。
c0206177_14221766.jpg


とにかくPB更新。
でも残念ながら27分台にわずか15秒足りず。
この15秒が大きいんだよなあ。

秋から始まったロードシリーズもこれで終了。
小江戸・川越ハーフマラソン 1時間29分10秒。
勝田マラソン           リタイア。
青梅マラソン(30km)     2時間22分57秒。
立川シティハーフマラソン   1時間28分15秒。

まあ、「終わりよければ・・・かな」
少しはスピードアップ力が付いたか?
さてさて、これからは山だ、山だ、山だ。
これからUTMFに向けて作戦会議です。

帰りは、昭和記念公園の玉川上水口から出れたので、12時前には家に着きましたとさ。
なんかレースに出た実感がないのだけど・・・
by nao-yamaniiku | 2012-03-04 14:28 | ロードレース | Comments(6)
青梅マラソン反省会
昨日今日と日中は寒さが和らぎましたね。
でも、あくまで昼間の話で、今朝のランも顔面が凍えました。

ところで、ハードランのあとの2日目のあの人(筋肉痛)がご来訪されないのですが…
おかしい、どこ行かれたのでしょう?
力を出し切ってない?そんなことはないだろ。
まさかの3日目か?

さてさて青梅マラソンの反省会といっても何を反省すればいいのか。
口を開きゃ愚痴になりそう。


公式タイムは2時間22分57秒(ネットタイム2時間19分48秒)
総合順位1431位。年代別227位。
スタート人数は13,192人との発表。


やはり記録を狙うにはスタート位置が重要。(当たり前だけど)
自分のゼッケン4800番台だと真ん中より少し前ぐらいか。
ゼッケン番号の1000番台や2000番台で、自分と同じようなゴールタイムの方を何人か調べてみると、
1000番台でスタートロスは30~40秒ほど。
2000番台でスタートロスは1分30秒ぐらい。
そして、だいたい5kmまでは22分~24分ぐらいで通過している。
4800番台の自分の5km通過は28分22秒。
序盤の4~5分差は大きい。
しかもなかなかまっすぐに走れないような状況。
これが10km近くまで続く。

やれやれ完全に負け犬の愚痴だよ。
これは他の人もみんな同じだろ。
若いゼッケン付けたきゃ実力で勝ち取れということさ。
来年はせめて3000番台ぐらいになれるかな。

でも、右や左にかわしながらもずっと攻め続けてはいたと思う。
結果的に20km過ぎからキツクなったけど攻めたせいだ、と思いたい。
5kmごとのラップは遅いけど、がんばって攻めた自分はほめないと。
ほめられなければ伸びないタイプなので…
ただし、ラスト5kmの24分5秒はいただけないなあ。遅っ!
もう少し後半粘れなくては。

とにかくまだまだということ。
リベンジ出来たかというと微妙。
一応、毎年、正確に10分ずつタイムを詰めているけれど、やはりグロスで2時間20分切りたかった。

レース日体重は60.6kg。禁酒は10日ほど節制。(1日だけ送別会あり)
かつてない体重減と禁酒期間。
だけど効果があったとは思えない。
なんか体重が減ったせいで筋力がなくなった感じ。
おまけにビールが飲めなくてストレスいっぱい。

レースウェアはダメだった。
特に手袋のホッカイロなんていらねぇ。
長そでも不要。
ファイントラックスキンメッシュ+Tシャツ+アームカバーで十分。
アンダーも、生足でも良かったぐらい。
ちょっと着過ぎ。
スタート時間の11時30分の気温は6.5度とのこと。
予想通りだけど、やはり自分のベースはどうしても早朝ラン時の気温になってしまう。
だいたいいつも-3~-5度なので6.5度ということは10度も気温が高いではないか。
次回は気をつけよう。

今回、特筆すべくグッドなことは心拍数が高いまま走れたことか。
5kmごと
152-165-169-169-171-173
170近い心拍数で走りきれたのは大きい。
練習でなかなか心拍数は上げられないので心配していたのです。
「もう歳だから心臓は動かんか…」とか。
もう少し走力をつければさらなるステップに辿り着けるか、なんて。


そんなこんなで来年は「三浦半島縦断トレイルレース」も視野にあったけど、もう一回かな。
今年の自分に勝つ!
そういう意味では、来年、もし若いゼッケンになっても今年と同じ4800番台のスタートラインで勝負するのもいいか。
ルール違反ですかね。
でもなんか燃えてくるなあ。
対決するのはやはり自分がいい。


次のレースは立川シティハーフマラソン。
あまり燃えるものがないが、家から近いのでチャリで行ってペース走の練習のつもりで挑みます。

ふとカレンダーを見ればUTMF まであと3ヶ月切った。
山だよなあ、山、山に行かなきゃ。
by nao-yamaniiku | 2012-02-21 21:47 | ロードレース | Comments(2)
青梅マラソンまあ普通の結果か
c0206177_4245265.jpg

大会前日に予定通り受付を済ます。
1時半過ぎに行ったけど結構な人が前日受付するのですね。
そのおかげで、当日は10時に西武立川発、10時22分に河辺駅着でした。
当日受付が10時半までなので、この時間だと電車は空いていて座れた。

レースまで1時間切るぐらいだと、すぐにスタート時間が迫る。
体育館裏のトイレの順番待ちが長く、自分のゼッケンの4800番台の位置に着いた時はスタート5分前だった。

レース服は、上はファイントラックスキンメッシュ、長袖、Tシャツ。下はタイツ、ランパン。
手袋には、いつもの朝練と同じくホッカイロ入り。
でも、風がないせいか寒さはあまり感ぜず。

11時30分スタート。
気合を入れて「やるぜい!」と小声で叫ぶが、毎年のごとく号砲も聞こえぬまま「今スタートしました」という放送が聞こえ、慌ててストップウオッチを押す。
ジョグでスタートラインを超える。
スタートロスは3分15秒ほど。
落ち着いて行くつもりだけど、やはり走力が合わない集団なので気がせいてしまう。
もうちょっと前でスタートしたいなあ。
ストップ&ゴーのくり返し。
ようやく3km過ぎで少しずつペースがつかめてくる。
しかし、5kmで時計を見ると28分17秒。スタートラインから25分3秒経過。
「う~ん遅いな」
でも心拍数は152もありやがる。

5km過ぎからようやくペースがつかめるようになる。
でも、昨年9km先の転倒箇所も無事通過。
予想に反して暖かく感じたので、給水所でホッカイロを捨てさせてもらいました。
途中、ランパンのポケットが気になったので探ってみると手袋が入っていた。
「なんだよ、いらねぇ~」
今日の給水は4回ぐらいだったかなあ。
軽く口に水を含むだけ。
沿道の応援の皆さまの差入れには手をつけず。
給食は一切しませんでした。
5km~10kmは22分14秒。心拍数165。
少し心拍数が上がり気味なのが気になる。

10kmからは上りこう配がきつくなって来る。
御嶽駅付近は毎年のごとく応援者が多い。
その先、しばらくすると早くも先頭集団とすれ違う。
あまりの速さにガッカリしちゃうよ。
折り返し部分は、思いのほか早くついてラッキー感。
10km~15kmは22分33秒。心拍数169。

しばらくは下り基調の中走る。
ここら辺でもう少し余裕が欲しいところ。
だんだんとフクラハギがきつくなって来る。
ケイレンの前兆も見えたけど、ストライドを変えたり騙し騙し走る。
もうひとつスピードに乗らない感じ。
それでも下り基調のため15km~20kmは22分9秒。心拍数169。
心拍数が高いけどもうあまり考えない。

20kmからは、長い登り返し部分がある。
自分もそうだけど、周りもペース維持が厳しくなる区間。
ここからの10kmが青梅マラソンの勝負ですね。
懸命に走るけどタイムを縮めることは出来ない。
20km~25km、23分32秒。心拍数171。
ペースが落ちた・・・

25kmからは、平坦部分にもかかわらず辛い区間。
昨年もここで大きくペースダウン。
25km地点で1時間58分47秒だったので2時間20分にどれだけ迫れるか。
しかし、もう足はいっぱい。
顔を歪めて必死に走る。
25kmまでは、抜かすことが多かったけど、この区間は抜かされることが多い。
がんばって走ったつもりも、25km~30kmは24分3秒。心拍数173。
ゴールタイムは2時間22分51秒でした。心拍数AVは165。

結局、目標の2時間20分には届かず。
まあ、現時点での力は出し尽くした感がある。
残念ながらこれが実力。
でも、次につながる走りは出来たと思う。

撃沈勝田後、いまひとつ練習は思い通りにいかなかったけど、禁酒は10日間ほど上手く行ったし、体重もレース当日は、60.6kgと絞れて臨んだ。

でもね、最初の5kmが28分以上かかったせいか、平均のキロタイムは4分46秒。
勝田がリタイアの28.5kmまでキロ4分48秒だからフルマラソンペースと変わらないでやんの。
しかも勝田はお腹は痛かったけどまだ走れたが(走れるんだったらリタイアすんじゃねーよか…)、今日はゴール後はヘロヘロ状態。
ムムム・・・

ゴール後、着替えようとしたらマカニさん登場。
マカニさんもラストの5kmはキツイ区間とのこと。
あのレベルの人もそうなのかとちょっと安心。

他に知り合いの人もいないし、腹がぺこぺこだったのでさっさと着替えて15時過ぎには家に到着しました。

次は2週間後の立川シティハーフマラソンだってさ。
もう、がっかり。
しばらくロードレースには出たくないのに・・・
by nao-yamaniiku | 2012-02-20 04:34 | ロードレース | Comments(6)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
撃沈したくなかった...
at 2017-09-24 18:58
休養の日になった...
at 2017-09-23 20:47
変わる...
at 2017-09-19 22:51
休養の日
at 2017-09-17 19:20
連行峰ピストン
at 2017-09-16 18:40
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ