nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
カテゴリ:ロードレース( 42 )
勝田マラソンリタイア…
c0206177_12104410.jpg

勝田の風に投げ飛ばされて28.5kmでリタイアです。
リタイアなんていつ以来か?最後は2000年のハセツネかなあ。

あまりに情けなくて投稿拒否しようと思いましたが、まあ、今回のリタイアものちに励みになるかも知れないので、気が進まないけどレポです。

思えば、勝田マラソンに参加を決めたのは震災があったからでした。「勝田」はひたちなか市ですが、3.11の震災のため仕事関係で被災にあった地域のひとつでした。
当時は電車もストップ、高速道路も不通。ガソリンの供給も少なくようやく現地に行けたのは、一週間後の3月17日でした。
水戸市とひたちなか市の間の那珂川が津波で逆流したため通れる橋は少なく、ひたちなか市は那珂川から水道の供給をしており、それも破壊されていて断水状態。
そんな中、従業員(女性)を現地に一人住まわせていたので救出。
一週間、風呂も入れず、ろくな食べ物もない状況で生活していたようでやつれていました。
東京に戻るクルマの中で「旨い、旨い」と弁当を食べていました。
そんなこともあり、もし来年勝田が開催されたら出ようか?と思っていた。

昨日は、5時15分の西武立川駅発。
本当は日暮里駅から常磐線に乗るのだけど、勝田マラソンの影響で混雑状態が分からないので始発の上野まで行った。
上野から普通列車で勝田駅まで。常磐線で初めてのグリーン車を体験。
もっともフレッシュひたちでみなさんは行くのでしょうけど…
グリーン車は空いていた。
上野からちょうど2時間。
自宅から4時間近くかかる。

寒さは心配していたけど、回りの人たちは「暖かい」と言っている人が多く安心。
自分の感覚だと寒いのだけど人様の影響を受けるから。
おまけにワセリン忘れてしまって、肩や腕、腹に塗れず。

スタートは10時半で20分ぐらい前にスタート位置に行く。
スタート位置が心配だったけど、意外に空いていて先頭の見える位置のスタートラインに立てた。

スタートラインまでは34秒程かかる。
商店街を抜けて駅前通りになると道が広がり自分のペースで走れるようになる。
とにかくオーバーペースにならないように心拍数150台を目安に進む。
最初、スント君の調子が悪く心拍数の表示が出なかったけど、2km過ぎで作動する。
140台なのでまあ安心。
金曜日から咳が出て風邪気味なので喉の状態が心配だったけど大丈夫そう。
*5km 23’51 心拍数148

5kmを過ぎると何故か右の下腹が痛くなる。
あまりお腹が痛くなる事はないけど、知らん顔しておけばそのうち忘れるだろう。
この辺から風が気になりだす。
先週までの走りで冷たい風を受けて肩が痛くなったのを思い出す。
そんなこと考えると気になりだすんだよなあ。
でも、この時点では行ける感じでした。
*5~10km 23’01 心拍数150

15kmまではずっと北上を続ける。
今日は西風。
あいかわらず右のお腹が気になる。
とにかくペースを守って進む。
*10~15km 22’59 心拍数154

15kmを過ぎると3kmぐらい西風をまともに受ける。
少しペースダウン。
お腹がだんだん痛くなるのが気になる。
*15~20km 23’38 心拍数156

20kmから腰も痛くなる。
ペースは保てるけど残りの距離を考えると少し下げるべきか考えていた。
そんなことを思っているうちに23kmぐらいでいよいよお腹が痛くなる。
*20~25km 23’59 心拍数158

ちょうど、25km地点の常磐線の陸橋を上がって下るところだった。
いきなり右脇腹下が激痛。
一気にスピードダウン。
足は終わっているわけでないので完走は出来そうだけど、一気に気持ちが切れました。
こんな気持ちになるのは初めてか?
28.5kmぐらいの交差点の歩道で座り込む。
係りの人に会場までの道のりを聞く。
3kmぐらいみたい。
元気そうに見えたのか「もったいないよ」と言われたけど、ここからただちに逃げたい。
*25km~28.5km 19’40 心拍数142

歩きながらゼッケンを外す。
結局、2時間17分でレースは終わりました。
とぼとぼとジョグで会場まで走ります。
途中からサブ3の選手たちがゴール目指しての快走が見えた。

会場について、さっさと着替えて逃げるように駅に向かう。
帰りも普通電車。
罰としてグリーン車には乗りません。
時間が早いせいかあまり選手は乗っていません。
日暮里駅まで2時間15分は長かった。
ほとんど何も食べていないのでお腹が減り過ぎたか気持ち悪くなった。
咳をするとあいかわらず脇腹が痛む。

考えられる最悪な結果だった。
まさか、リタイアするとは全く考えていなかった。
家に着いて熱っぽいので測ってみると38℃。
もう、最悪。
20時前にはフテ寝。
今朝はたっぷり寝たので少しは楽になったけど、咳きこむと脇腹は痛い。

青梅マラソンも走りたくないし、2月1日のハセツネ30kのエントリーだって止めちゃおうか、とも思ったり。
もう、や~めた。
c0206177_12111489.jpg

としばらくは恥ずかしいのでダメ男は顔を隠しての出没です。
みなさまの優しいお言葉も辛いので今回はコメント不可としております。

だけど、今日は帰宅後、先ほど走ってやった。
6kmのうち3kmほどをキロ4分19秒ペース。
昨日のレースはいつもの週末の練習ぐらいの強度だったから疲れは残っていないみたい。
by nao-yamaniiku | 2012-01-30 22:23 | ロードレース
小江戸川越マラソン 1:29'10でした・・・
c0206177_15175223.jpg

とりあえず、1時間30分切りました。
グロスで1:29'10。
やれやれ、久しぶりに目標をクリア。

金曜日、土曜日はお通夜、告別式と悲しいお別れ。
モチベーションは、グッドダウン気味。
しかも、ブログで1時間30分切りが目標なんて、前に書いてしまったのでプレッシャーもあり。

で、今朝は4時半起床。
5時57分西武立川駅発の電車に乗る。
6時50分前に本川越駅に到着。
そこから会場の川越水上公園までシャトルバスで行く。
会場に着くけど、真冬と思うような寒さ。

受付を済ませ、着替えて、ロッカーにいったん荷物を入れる。
会場は大きなプールなのでロッカーはたくさんある。
時間は8時前。
スタートの9時15分までは、まだまだ時間がたっぷりある。
しかし、寒い。

会場近くの土手で座り込む。
ストレッチしたり時間をつぶす。
2kmほどアップ。
調子は悪くない、いや、いい感じだ。

8時50分に10kmのスタートを見て、スタート位置に並ぶ。
なんと、今日はAブロックでのスタートなのです。
A~Hまでの8レーンのうち、一番前。
いいのか?
こんなオイラがこんな前にいて?
エントリー者数は、5800人ほどのよう。
まあ、とにかくスタートでの不利はない。
そのかわり、言い訳も出来ない。
ますますプレッシャー・・・

9時15分にスタート。
ゲートまでは9秒しか、かからなかった。
ダッーと周りは勢い良く飛び出す。
自分も前の選手を追う。
まず、1kmのタイムを見る。
4分14秒。
スタート地点の9秒引くと4分5秒。
ちと、早くないか?
でも、いいや、行っちゃぇ~。

最初の5km通過。
20分55秒(心拍数164)
よしよし、いいペース、苦しいけど許容範囲。

小江戸と呼ばれる、古い街並みが見えるが、目に入るだけ。
今日は、沿道の声援にも答えられなかったです。
とにかく、このペースで大丈夫?と自分に問いかける走りが続く。

10km地点。
20分48秒(心拍数170)。累計41分43秒。
いいんすか?心拍数が170超えていますけど・・・
でも、あと半分なので行けるところまで行くしかない。
とにかく前の選手を追う。

10kmを超えるとキツクなる。
10Km ~15kmが一番辛かった。
この辺りになると、実力が同じ選手ばかり。
前を行く選手に離れないようについて行く。
うしろの選手も自分を見ながらついて行っていると思う。
みんな、知らない人で、知らない所で、みんなそれぞれがんばって走っているんだろう。
そう思うと、自分も負けないぞ!と思う。
がんばってついて行いくしかない。
沿道の応援も素晴らしい。
ホント、声援に答えられなくて申し訳なく思う。
心拍数がいっぱいいっぱいで・・・ 
息もキツク・・・

しかし、レースはいいなあ。
自分の持っている限界が出せる、いや、そうじゃない。
自分の限界を引き出させてくれるんだ。
いつも、一人で走っているけど一人では絶対出せない、チカラ・・・

15km経過。
21分9秒(心拍数173)。累計1時間2分53秒。
よ~し、1時間30分切れるぞ!

しかし、右のフクラハギがピクピクしている。
ケイレンの前兆あり。
そりゃそうだ。心拍数170越えじゃ来るぜ。
だましだまし走る。
特にコーナーとかは注意。
でも、「ここでがんばらないといつがんばるんだ」自分に言い聞かす。
18km地点からは、もう息は「ゼイゼイ」
しかし、先は見えたぞ。

20km経過。
21分1秒(心拍数177)。累計1時間23分54秒。

あと、1.0975km。
もう、あとは必死。
全力。ゴールが遠いぞ。

なんとかゴール。
1時間28分台だ!と思って手元を見ると1時間29分9秒。
「?」
ちと、待て。
まずは、呼吸が苦しい。
しゃがみこんで息を整える。

時計を見る。
「1時間29分9秒」
20kmから5分14秒(心拍数182)もかかっている。
そりゃない。しっかりラストスパートかけたぞ。
考えて見ると20kmの地点がもう少しゴールよりなんじゃないかな。
15km~20kmの21分1秒が速すぎている感じ。

正式タイムは1時間29分10秒。
ネットで1時間29分1秒。
総合順位248位。
年代別29位。

まあ、とにかく1時間30分切れたからいいでしょう。
まだまだ課題はある。
ハセツネの前あたりから始めた、プチスピードアップ練習。
まずは、成果があったのでしょう。
21kmをアベレージ4分13秒で走れるスピードがついた。

自分の好きな言葉、
「努力は、少なくとも自分を裏切ることはなかった。」とりあえずそう言えるかな。
なんにしろ、久しぶりに満足のいくレースでした。
次は、1時間28分台目指してがんばろう。


・・・レース前土手でストレッチしていたら、年配のランナーさんに声をかけられました。
70歳と82歳だそうです。
82歳の方は、60代の時はフルマラソンで年代別で入賞もしていたそうです。
お二人とも10kmのレースに出場するようで、10kmの制限時間1時間15分を気にされていました。
自分の方を見て、「若い人は楽勝だろ。」と言われました。
若くはないんですが、あの方たちから見れば、まだひょっこですね。

最近、若い女性ランナーとか若い世代のランナーが脚光を浴びています。
まあ、若い人たちが中心なのは、いつの時代もそうですが・・・
でも、これからの時代はもっと年配ランナーに目を向けて行かなければいけませんよね。
82歳で10kmを75分で走るのは、若い人達がサブスリーで走るより凄いことだと思います。
歳を取ったら10kmとか5kmがやっとがんばれる距離でしょう。
もう少し、5km、10kmの制限時間を年配ランナーに軸足を移して設定して行った方がいいと思います。
あの方々が、黎明期からの市民ランニングの礎を作って来た方々なのですから。
このことは、今日はレース日和で、河口湖、つくばとか走った何万人もの50代までのランナーの未来のためでもあると思います。

82歳の方が「地元だけど、80超えたじいさんは75分で走れないから出ないのじゃ。」とおっしゃっていました。
ウォーミングアップするとか言って、走り始めた背中はたくましく感動しました。

おしまい・・・

c0206177_15183680.jpg

by nao-yamaniiku | 2011-11-27 15:19 | ロードレース | Comments(6)
奥武蔵ウルトラマラソン備忘録
8月10日(火)
来年に向けて(来年も出るのか?)奥武蔵ウルトラマラソンの備忘録を記しておきます。

①コースとペースについて
想定外だったのは、スタートから鎌北湖手前の約18kmのコース。てっきり平坦な道だと思っていたのに結構な峠がありびっくりしました。
20km地点で約2時間、キロ6分でしたがここまでは1時間50分以内で走りたいですね。
スタートでの入りでもう少しスピードアップ出来るようにしたいものです。
鎌北湖から折り返しまでは想像していましたが、登り基調でやはり辛かったです。
折り返しからは、「もうななんでもいいや」の開き直りも。しばらくはすれ違いの選手も多く回りの選手も自分も元気になりますね。
ユガテ辺りの長い登りが最後のポイント。その後は下りのみ。下りは苦手だけどここからはゴールまでがんばれました。
今回は、歩くことなく走りきることを目標にしていましたが、目標通りなんとか全コース走りきれました。(遅いペースですけど…)

前半のペースをもう少しアップして望めば、体調次第だけど1時間で5分ぐらい短縮できる可能性はありそう。
逆に、撃沈してしまえばプラス5分以上かかるでしょうけど。
来年30分短縮で8時間を切りたいですね。

<今回のペース> ( )は平均心拍数
~20km2時間0分33秒(151)
~25km34分8秒(164)
~30km34分22秒(164)
~35km37分33秒(164)
~折返し地点1時間20分1秒(156) 合計5時間6分38秒
~50km25分8秒(147)
~60km1時間7分29秒(144)
~70km1時間5分27秒(145)
~77km39分41秒(150)  トータル8時間24分25秒

5kmごとにキロ表示があるようですが、20kmまでは気がつきませんでした。
その後も見逃すこと度々。
20km以降の登りはずっと心拍数164。
折り返し以降は、ヘロヘロで心拍数を上げられず。

②暑さ対策
手ぬぐいを首に巻いていました。手ぬぐいは氷を中に入れて巻きつけて走っても落ちず、首が冷たくて気持ちいい。とにかく軽くて使いやすいです。これはグッドアイテムでした。
あとは、日焼け止めクリームと帽子。
サングラスは鎌北湖までは使用していましたが、山に入ると日陰部分も多く鎌北湖以降は帽子にかけていました。来年は不採用ですね。
とにかくエイドの度に頭から水をかけて頂きました。
もちろん、水着美女をご指名。

③エイド
77kmに全部で24か所のエイド。3キロごとは真夏のレースでは助かりました。
長丁場なので50km以降のことを考え2つ目のエイドからバナナとかの給食を始めました。
全エイド制覇。
飲みまくり食べまくり水をかけまくりです。
食べ物は特に24時間走と同じくフルーツを大量摂取。
あたり前だけどお腹がすくことなくゴールを迎えました。
エイドに留まる時間が多かったですが、もう少し短縮できそう。
エイドの区間によってパス出来たところもあったはず。
トイレは2回。
最初の鎌北湖と折り返しの顔振峠あたり。
エイドで飲み過ぎか汗だけでは出す量が足りなかったのかな。
クルマのカギをランパンのポケットに忍ばせただけで空身でしたけど十分でした。

④体調の変化
家を出る前の体重は64.5kg。ベストは61kg前半。
この10日ほどの暴飲暴食の不摂生がたたりスタートから身体が重かった。
心拍数は140を目安にしていたけど150を越えてしまう。
心配していた足のケイレンは兆候もなかった。
お腹も全く大丈夫。
シューズは被る水に気をつけていたけどやはり濡れてしまう。
あまりマメが出来ることがないけれど、靴ずれしかかった感じで折返して刈場峠あたりのエイドで左のシューズを履き直す。
この時、イスに座ってかがんだ時、突然頭痛。
しばらくは頭痛が消えず知らないフリをしていました。ちょっと心配だったけどいつの間にか消えていました。

レース後の夜は寝ている時、足が痛く起きてしまうことがありましたが、月曜日は酷い筋肉痛にはなりませんでした。
火曜日からはジョグ開始です。

⑤来年に向けて
今回で概ねコースも分かりましたので試走も取り組みたいですね。
やはり試走は大事ですね。
出場している選手のレベルも高いみたいですし、もう少し頑張りたいです。
とにかく8時間切りを目指して苦手なスピード練習を今からしようと思います。(でもあまり自信なし)
by nao-yamaniiku | 2011-08-10 12:45 | ロードレース | Comments(0)
奥武蔵ウルトラマラソン2011.8.7
c0206177_4372179.jpg
奥武蔵ウルトラマラソンに初出場して来ました。
結果は、
8時間24分25秒
総合順位220位
男女別順位189位
年代別30位
でした。

先日のブログで年代別で30位ぐらいかな、と書きましたが全くその通り。自分の実力だけはよ~くご存知でございました。

朝は3時半に起床。4時出発。
途中でここのところレース前の定番になっているみそラーメンを食す。
会場には5時10分に到着。
少し車中で休んで受付へ。ここでぴのさんに所沢の24時間走の御礼。
トイレはこの時間は空いていました。
ブースでアシックスのランパン購入。今日はこれでレースに出る。
sasashinさんにもご挨拶。
その後はまったりとしていると、レース時間が迫って来たので7時15分前にスタート位置へ。
でも、なんか乗らない。
ここのところの暴飲暴食で身体が重い感じ。
61kg台がベストですが3㎏増。(もともと夏は太るのですが・・・)

真ん中よりやや前目でスタート。
やはり、スピードは出せない感じ。まあ、いつものことですが。
まずは鎌北湖まで18kmほど走りますが、平坦な道を想像していましたが登り下りがあり。がっかり・・・
暑く大汗。
kurisukeさんからエイドが充実しているので空身でも大丈夫ということで、何ももたず。
確かにいい感じの距離にエイドがあり助かる。
77kmの道のりなので2つ目のエイドから給食を始める。

スタート位置近くに戻って来た時はすでにヘロ気味。
鎌北湖への登り開始。
ここからは、登り基調。
そして、20km地点通過。
2時間0分33秒。平均心拍数151
心拍数は140台を目指して調整しているつもりだけど150を超えている。
キロ6分じゃ、帰路を考えるとダメかな。

北向き地蔵への登りは結構な急斜面。
この辺は、TREKNAOさんのロゲで度々来てなじみがあるけど、その先からは不明。
その昔は、トライアスロンのバイク練習でグリーンラインを走っていたけどバイクとランじゃ景色が違うし、もうコースは忘れている。
ここから、刈場坂峠まではキツかった。
距離感も分からないしどこら辺を走っているのか分からず。
それでも、なんとなく覚えている顔振峠、高山不動尊、関八州見晴台を通る。
とにかく、折り返し地点を目指します。

刈場坂あたりから先頭とすれ違いました。
その後は、だんだんすれ違いの選手が多くなります。
そうなると周りの選手も元気になるのか周りのペースが上がります。
抜かされることが多くなって来ますが、ここはまだガマン。

やがてYAMAYAさん登場。
昨年4位でしたので見失ったと思いましたが、今日はUTMBの調整のようです。
その後、ふぴおさん。早いですねぇ。
大野峠あたりでハリ天狗さん、ハリマネさんの応援。
c0206177_4195717.jpg

ハリ天狗さんより提供

折り返し地点近くでkurisukeさんとすれ違います。
今日も調子悪いのでしょうか?こんなに近くですれ違うとは思いませんでした。
ようやく折り返し地点へ。
折り返し地点まで、5時間6分38秒もかかりました。
カキ氷を食べます。
相当、参ってますがなんとかこのペースで行けそうです。

さて、来た道を戻ります。
往路でのところどころの下り、つまり復路での登りがいくつかあったのがいやらしく思います。
特にユガテあたりの長い坂はどうかなあ?
ここまで歩いていないのでなんとか走りきりたい。
sasashinさん、ゆぅさんとすれ違います。
再度、ハリ天狗さん、ハリマネさんを通過。
50km地点で「naoさん、ちょろだよ」と声をかけられます。
おおっ、ちょろさん。

ここから、エイドでは選手に会いますが、ほとんど一人旅です。
たまに抜かされたり、抜かしたり。
でも、ペースは同じです。同じ選手が前後します。
ゴールまでずっとこんな感じでしたね。
他の選手と前後すると自分の課題も浮き彫り。
登りで歩いている選手を抜かしますが、その選手が走りだすと抜かされる。また歩く、また抜かす。
下りはやはり苦手。登りで抜かしても下りで抜き返されたり。
ようするにスピードがないんだなあ。持久力はあるみたいだけど。

エイドでは5月の24時間走と同じくフルーツを食べまくり。特にスイカ。今年は高いですもんね。
全エイド制覇しましたよ。

ユガテの坂は想像していたけどキツった。
でもなんとか歩かずに走りきる。
ここからは下り。
北向地蔵を通ると、もう登りはナシ。
ここで、ペースアップ。
苦手な下りも飛ばします。いや飛ばしているつもり。
がんばって走りきりゴール。
マイクで「naoさん、ゴールしました」と聞こえたので、「ん?」と思ったら浴衣姿のぴのさんがゴール中継していたのでした。
コースでは、応援している方が多数。なかなか全部にはお答えできませんでしたが感謝です。

平均心拍数は153でした。
もうちょっとスピードつけたいな。
まだ、この歳でも大丈夫かな。
c0206177_4402258.jpg

ゴール地点で太鼓の演奏。カッコいい。
17時ごろまでゴールを見ていましたけど雷雨になったので大雨の中帰りました。
18時15分家に到着。19時半にはダウンでした。

大会関係者の皆さまありがとうございました。
選手の皆さまお疲れさまでした。
by nao-yamaniiku | 2011-08-08 04:46 | ロードレース | Comments(2)
24時間走考察
5月27日(金)
c0206177_320365.jpg

22日(日)8時、24時間走終了と同時にダウン
(miemingさんより提供)

<タイムとペースなど>
キロ6分少しでどれだけ行けるかも、5時間からだんだんペースダウン。
暑いせいもあったけど、スピード不足が露呈。でも、持久力はついているのかな。なんとかコースでは歩かず走りきれた。
c0206177_3251067.jpg

一応こんな乱数表を用意したけど、確認したのは2時間ぐらいまでと前日まで電車の中でニタニタしながら夢見てたぐらい。
本部前に1時間ごと周回数が記されていた。
5時間以降これを見ながらペースの確認。
結局173.7715kmなので1時間当たり7.24kmの走行。1時間当たり7.5kmで180kmなので今一歩だった。
休憩は長い時間。10分が2回。
トイレ(大)と20時間過ぎに横になったぐらい。

<ウェアと装備>
キャリーバックに着替えとか満載で行くが・・・
シューズを9時間、18時間で交換したぐらい。9時間の時はソックスも交換。
結局、着替えはなし。ゼッケンを付け変えるのも面倒だった。ゼッケンの付け方は考える必要あり。
やはり着替えはした方がいいと思う。
マカニさんはイス持参。これは使える。座り込むと疲労で立つのが大変。
ワセリンは結構使用。ただ事前に脇の下に塗ってなかったため擦れて痛んだ。

<給水と給食>
水はちょくちょく摂取。コースに2ヶ所水道があったので水をかぶるついでに飲んだりもした。
コーラ、スポドリ、ポカリ、お茶、なんでも飲んだ。
食料はさすがスポーツエイドジャパンだけに豊富。カレー、そば、うどん、雑炊、ラーメン、シチュー、パスタ、おにぎり、パン、なんでも食べた。あとは野菜とフルーツ。キウイなんて生まれて今まで食べた量よりたくさん食べたと思う。
自分で用意したゼリーは5個、アミノバイタル3個を消費。ゼリー系は持参した方がいい。
心配していた内臓系も大丈夫で最後まで固形物も食べられた。
逆に食べ過ぎ?24時間走ったくせに出発前61.8kgが帰宅後62.2kg?と太って帰った。
ハセツネとかだと3kgぐらいやせて帰るけど・・・
そんなのありなのかなあ。
c0206177_356526.jpg


<身体の変化>
4時間過ぎですでに大腿四頭筋が痛み出す。
トレイルでの痛みと同じ。これには参りました。
なぜなんだろう?これが中盤スピードダウンにつながっている。
特に半時計回りで内側の大腿筋は時にものすごく痛んだ。
途中でテーピング。
逆にフクラハギの痛みは一切なし。
深夜に睡魔が心配だったけど、全く眠くはならなかった。
終了後、ウエアを脱ぐと胸から下腹にかけてボツボツがいっぱい出来ていた。
あせも?なのか、痛くもかゆくもなかったけど。

(ペース状況) 時間、心拍数、周回数、距離の順。

 1H 140
 2H 144
 3H 150
 4H 154
 5H 156 53周 46.6km
 6H 153 62周 54.6km
 7H 147 71周 62.4km
 8H 141 78周 68.6km
 9H 132 85周 74.7km
10H 131 94周 82.6km
11H 130 
12H 126 108周 95.418km
13H 127 116周 102.0km
14H 126 123周 108.2km
15H 128 
16H 128 138周 118.7km
17H 125 144周 126.6km
18H 134 152周 133.7km
19H 126 160周 140.7km
20H 124 167周 146.8km
21H 124 175周 153.9km
22H 120 181周 159.1km
23H 123 189周 166.2km
24H 128 197周 173.7415km   
by nao-yamaniiku | 2011-05-27 04:14 | ロードレース | Comments(4)
24時間走の結果
5月24日(火)

12時間走in所沢、プラス12時間走の24時間走から2日が経過しました。
なんか時系列にレースのことは思い出せません。
ただただ辛く苦しい24時間でした。
結果がスポーツエイドジャパンのサイトに掲載されていました。

まずは最初の12時間走
「12時間走in所沢」の結果

95.418km 総合19位/95人 男子15位/75人

そしてその後の24時間走
「プラス12時間走」

173.7415km 総合5位/20人 男子3位/16人

c0206177_9121337.jpg

スタート前、スタッフのぴのさんに撮って頂きました。
結局、シューズとソックスは変えたもののウェアは24時間このままでした。

最初の12時間で100kmも走っていません。
4月の102kmでは荷物を背負って12時間ちょっとだったので12時間で105kmはいけると思っていたのですが、現実は甘くなりませんね。
暑いせいもあったでしょうね。たぶん30℃ぐらいあったのではないでしょうか。

その後の12時間はとにかく1時間、1時間の闘いでした。
誰かにやらされているわけでなく、自分が望んで走っているのだから諦めない。
コースにいる時はせめて走り続けると自分に言い続けて走りました。

1周わずか879.5mのグルグルコース。
12時間走に出走されたハリ天狗さん、YAMAYAさんに昼間は抜かされるたびに声をかけて頂きました。
深夜の時間帯はめっきり選手が少なくなりましたが、マカニートモさん(見事総合1位)が声をかけてくれました。

今回は、ペースが遅いのに5時間過ぎで早くも大腿四頭筋がツリ気味になってしまいました。
大腿四頭筋の痛さは引くことなくゴールまで続きました。
あとは、いつもの右足の母子球の痛さ。ゴール後は腫れていました。

ゴール直後は芝生に倒れ込みなんとも言えない達成感がありました。

スポーツエイドジャパンさんのエイドは充実。
深夜の辛い苦しい時間帯に応援頂き感謝です。
kurisukeさんご夫妻、み~みんさん、アゴヒゲさん、小虫さん応援ありがとうございました。

反省もあります。
もう少しやれる気がしますが、今はお腹いっぱいです。


昨年の9月に神宮24時間走を見学しました。
マカニさんが自分の前を通り過ぎた時、背中を追いかけてみようか?と思いました。
ちょいと背中を押されて一歩前に踏み出した感じです。小さな一歩でしたが自分にとって大きな意義と意味のある一歩となり、24時間走への挑戦の意志を固めました。
by nao-yamaniiku | 2011-05-23 08:44 | ロードレース | Comments(10)
24時間終了しました
12時間走in所沢プラス12時間走、24時間走を無事終えることが出来ました。

結果は172キロから173キロぐらいだと思います。
最低限の目標の100マイルは達成しました。

ヘロヘロでしたが、少なくとも最後まで歩くことなく、走り続けました。

詳細は後日。
しばらくは走りたくありません。
by nao-yamaniiku | 2011-05-22 13:59 | ロードレース | Comments(6)
青梅マラソン・・・大転倒の巻・・・
2月20日(日)
c0206177_8473158.jpg

青梅マラソンに参加してきました。
昨年は前日の熱でフラフラ2時間43分ゴール。
今年は、ラップ4分30秒が目標。ただし、スタートは渋滞で苦戦しそうなのでゴールタイムは2時間20分以内。さらにゴール後は15キロほど走って帰るUTMF対策を目論んでいたが・・・

10時過ぎに河辺駅に着きがホームから大渋滞。受付して着替えると10時45分になってしまった。。
パン2個、おにぎり2個食べる。これでお腹は持つか?
貴重品を預け荷物を体育館に持ち込んで11時10分。すぐにスタート地点に行く。
ゼッケンは6700番台なのでかなりの後方スタート。

スタート~5km 29'17 心拍数152
号砲もよく聞こえないまま歩いてスタート。スタート地点まで4分33秒もかかってしまう。
その後も、前をさばくのに大変。ダッシュしたり止まったり・・・
いきなり4分30秒ペースは断念。
渋滞していたがスタートからはキロ5分は切れている。
4キロすぎる少しずつバラケて走りやすくなってくる。

5km~10km 28'40 心拍数151
ここからキロ4分30秒ペースで進めるようになる。なかなかいい感じ。
9km地点でラップ確認すると5kmからの4kmは17分45秒。

ところが、突然の結末。
前の人が横にずれたのでかわそうと思ったとたん、大転倒してしまう。
あまりの勢いのよさに周りの人たちも心配そうに声をかけてくれる。
ケガは?
左手が痛い、左のこめかみも痛く手を当てると大きなコブが出来ている。出血もありそうだけど赤い手袋のため良く分からず。
スントの文字盤も傷だらけ・・・あ~あ・・・
たまたますぐ先に救護所があるということなので、ジョグで向かう。
ボランティアの医師・看護師さん達に止血してもらう。

再び走り始めるが7分ぐらいのロス。
ゆっくり走り10km地点通過。

10km~15km 23'43 心拍数164
しばらくは流れについて行くが足は大丈夫そうなのでスピードアップ。
ところが、せっかく序盤渋滞を交わして走って来たけど、また前がふさがり気味。
右や左に動いて抜く。心拍数も160を越えてしまう。

15km~20km 23'01 心拍数165
ゆるい下りを抜かしながら走るが、10kmからのこの走りは体力を使ってしまう。
途中、先程の救護所の方々に挨拶。

20km~25km 24'02 心拍数166
22kmぐらいからスピードを上げたり下げたりの走りのせいか左フクラハギがピクピクしてきた。
やばい、少しスピードダウン。
25km地点で2時間8分が経過。2時間30分も切れない。ガッカリ。

25km~30km 24'25 心拍数162
ケイレン寸前でスピードは出せず。もはや後半でレース終了状態。
走りながら明日から勝負の交渉があるのに、顔面腫れていたらまずいなあ、なんて思ったり。

結局、ゴールは2時間33分21秒でした。昨年より10分良かったけど、全然ダメ。
来年またリベンジかな。

やはり6700番台のゼッケンだとスタートまで、スタート後にマイペースで走れるまで前がふさがって思い通りにならない。でも、これはみんなもそうなんですけど。
実力がないということですね。

着替えて弁当を持ってきていたので歩道で食べる。
たんこぶが痛みだして来る。左の小指も痛くてあまり曲がらない。
ボクサーみたいなバンソウコウです。
c0206177_8454772.jpg

走って帰るのを止めようかと思ったけど、自分で決めたことだからと奥多摩街道を福生方面に向けて走り出す。
あらら、もうダメ、走れるような感じではない。歩くようなスピード。
小作駅までとも思ったり、いやいや拝島駅まで行こう。

足は痛いが走りながら考える。
転んだショックは大きいけど、自分の走力の無さにガッカリでした。
UTMFの出場者の中で真ん中あたりなんてエラソーに思っていたけど実力は下位の方ですね。
能力がない分、走るしかない。
今日だって、他の人たちより少しだけ多く距離を走らなければ追いつけないよ。
走れなくなったら歩けばいい。動けなくなるまで進むべき。
そんなことを悶々と考えながら自宅まで辿り着きました。
15kmを2時間半です。
レースと同じ時間でした。
by nao-yamaniiku | 2011-02-21 05:27 | ロードレース | Comments(6)
馬頭刈尾根トレラン&新宿10kmレース
1月29日(土)は久しぶりにトレイルラン。

大岳神社に初詣に行くのは決めてたけどコースはどうしょうか?と考えてたけど、当日朝、犬の散歩をしている時に大岳山~馬頭刈尾根に決めた。
ここは、前回猛暑の中、9月初めに行って大苦戦でした。今回はトレイルは久しぶりなのでどうか?
c0206177_17225727.jpg


8時40分武蔵五日市駅の駐車場をスタート。
ジョグで6分ほどで五日市会館到着。
ここからトレイルへ。

五日市会館~日の出山 1:31’49
金比羅神社への登りですでに苦戦の前兆。
登りがキツイっす。
バイクウエアの上にジャンバーを着てたけど、さっそくジャンバー脱ぐ。
でもひと昔、いや大昔?のバイクウェアにジャージの下なので似合わねぇ~。
c0206177_171287.jpg

寒いのを予想していたけど大丈夫そう。空気は冷たいけどね。
しかし、やっぱ平地のロードランと山は違うわ。
平坦部分、下りではがんばって走るけど登りはまるでダメ。
日の出山直下の植林の整備はまだ終了していないよう。
回り込んで日の出山頂上へ。

日の出山~長尾平 27’32
日の出山は休憩することなくスルー。
下って、今日は御岳神社にて参拝。もう、初詣客も少ない。
c0206177_1658777.jpg

長尾平~大岳山 49’34
途中、水場で水を補給。今日は500mlのペットのみ持参。
南面で日差しがあったのでベンチに座っておにぎり食べる。
今日は慌てる必要なし。トレイルに身体を慣らすのが今日の目的。
東屋から先は多少積雪があったが問題なし。
ここは、2月~3月は積雪でカチカチになってアイゼンがないと下るのが大変な時がある。
この辺でようやく登りの感覚を取り戻してきた。
せっせと登り大岳神社へ。
なんとか1月中に大岳神社に参拝出来た。
kegさんもブログで言ってたけどここから馬頭刈尾根への登山道は崩れて通行止めが続いている。
まあ、ここは大岳山に登らないとね。
12時前だったので山頂は結構な登山者がいた。
大岳山はいつも人気ですね。

大岳山~馬頭刈尾根~武蔵五日市駅 2:34’15
さて、ここからがもうひと仕事。
18kmぐらい山を走って疲労も出てくる。
でも、ここから馬頭刈山まではアップダウンもありキツイところ。
c0206177_1732918.jpg

冬は木々の葉が落ちて、大岳山のビューはこの尾根が一番いいと思う。
c0206177_1754136.jpg

途中、つづら岩を登る。(もちろん、右側からですが・・・)
下をのぞき込むと怖~っ。

ここから先はもうダメ。登りはヘロヘロ。
しかも、今週駅で捻った右ひざもチクンチクンと痛みが出てくる。やベー。
ようやく馬頭刈山頂へ。
ここからは下り。瀬音の湯方面へ。
「瀬音の湯」「瀬音の湯」とこれでもかと標識が出てくる。
瀬音の湯へ行く予定はなかったけど、寄りたくなってくるよ。
橋を渡って小さなピークではもういっぱいいっぱい。
瀬音の湯へ着いたけど、一般客に交じるとなんか違和感がある。
そのまま武蔵五日市駅へ向かう。

結局、5時間28分58秒もかかってしまう。
距離は35kmほどだったけど先週のたまリバーを70km走ったより疲労は大。
大腿四頭筋は筋肉痛。ひざは痛むし・・・
UTMFってトレイルレースですよね。あと、130km近く走らねばならいのか・・・想像出来ない。
やっぱ山行かねばと思いました。

そして今日、1月30日(日)は新宿シティハーフマラソンの10kmに出場。
昨日の筋肉痛はある・・・
朝から西武線が踏切事故とかで電車が遅れ着いたのはスタート40分前。
c0206177_1781453.jpg

43’28秒 総合171位 50歳以上男子20位でした。
やっぱハーフのペースとあまり変わらない。
3km過ぎで筋肉痛が出てきた。ひざも違和感あり。
まあ、でもこれが実力でしょうね。
10kmレースはもう出ないでしょう。
いやウソ、年取ってだんだん距離が走れなくなったらもちろん出ます。

本当は、途中下車して20kmぐらい走ろうと考えていたけど足が痛く止めた。
でも、今日でちょうど480kmなんだなあ。
by nao-yamaniiku | 2011-01-30 17:11 | ロードレース | Comments(4)
東京・荒川マラソン中止(ホントはDNS)
3月21日(日)

今日は、東京・荒川マラソンの日・・・

しかし、前日の午後から胃がムカムカするなあ、と思っていたら…来たぜ!
青梅マラソンと同じく、夕方より熱が38度以上。だめだこりゃ。
吐き気はするしお腹は痛いしでDNS決定。

気分悪く寝たり起きたりのくりかえし。朝方、風が強いなあ、と思っていたが7時半ごろ、大会中止の連絡があり。
まあ、自分はこんな状態なので、自分のような少数派DNSグループ以外の1万5千もの人は、がっかりだったろなあ。
風以外は絶好のマラソン日和なのに。
本来は自分もガッカリ派に入らねばならないが、どうもここのところいかん。

来週から山のレースが続くので体調を万全に・・・
今週は、日常生活を気をつけよう。

今週のトレは3月18日(木)のみ
7.5km/124.7km
残堀川

途中2kmほどキロ4'55ペースの調整ラン。これが今回のレースペースと考えていた。

でも、仕事の方は、2年間ばかり携わったものと3か月ぐらい注力していたものが一気に花開きバンザイ!
こんなのも体調崩す原因だったかな。
by nao-yamaniiku | 2010-03-21 18:25 | ロードレース | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
7月
9日(日)
トレニックワールドin外秩父約50㎞

10月
8日(日)、9日(月)
日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
3年...
at 2017-07-24 22:04
935その後
at 2017-07-23 20:22
予定は未定
at 2017-07-22 19:10
ツールドフランス
at 2017-07-20 21:26
夏か...
at 2017-07-19 21:34
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ