nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
カテゴリ:健康管理( 169 )
ランナーと病気
自分は普段、一般の人より身体は弱いと思っている。走っていることで身体が疲れている状態が多く、それにより風邪などにかかりやすい。年に3~4回は寝込む、または寝込む寸前の風邪を引いている。
今年は病後なので風邪を引くことに注意していた。だけど、復帰戦のハセツネの日に高熱を出す風邪にかかってしまった。詰めの甘さは相変らずである。
ハセツネ以後は、なんとなく頭の病気の回復が少し進んだ感じがして来ている。検査の結果が良かったことが、気持ちを楽にしたようである。

倒れてから10ヶ月が経った。振り返って思うにランナーである自分は、少しだけくも膜下出血という病気に強かったかな、と思ったりする。もっとも80%以上は運だけどね。

頭が激痛で成増駅まで我慢して電車から降りた。歩くのもやっとの状態だったけど、階段を上がり駅員室まで歩いて行った。電車の中でも駅でも『ここで倒れてはいけない』と思った。
意識が戻ったら『いつレースに復帰できるか』とまず考えた。そのあとはしばらく激しい頭痛、200近くの血圧、酷い下痢、強烈な腰痛など、辛い日々が続いた。

だけど、ランナーの端くれである自分は、レースで異様な足の痛さ、睡魔、身体が動かない朦朧とした状態を年に数度経験している。このことは大きかったような気がする。痛みや苦しさ、辛さに慣れていたようである。
ものの本などにくも膜下出血の頭痛は『今まで経験したことのないような激しい頭痛』とある。いろんな人からも『すごく痛かったろう』と言われる。
確かに痛かったけれど『今まで経験したことのないような…』と言われると『?』である。痛み慣れしているようである。
だからか、深刻な状態でも、ずっと先に出るであろうレースのことを考えていた。『これじゃ、制限時間ギリギリか』とか『目がダメだからバイクはダメ、トライアスロンは無理かなあ』なんて。もちろん、そんなこと当時は家族にも言えなかったよ。

まあ、普段は身体が弱いけれど、大病の時は、多少、一般の人より痛さの経験がある点で有利なようである。
もっとも精神力・気力が試せるような病気の状態ならば、という条件が付くけどね。



by nao-yamaniiku | 2016-11-14 21:45 | 健康管理 | Comments(0)
今日はMRI検診
大病になったら再発はしたくないものである。心配なのでくも膜下出血の再発率をネットなので調べてみると… なんと1年以内が60%、10年以内で60〜80%だという。ほとんどが再発するということ。このことに関して、日頃は見なかった、聞かなかったことにしている。
まったく『とほほ』の情報である。

今日は定期検診で、久しぶりにMRI検査をした。毎回、思うけれどなんで工事現場みたいな音がするのだろう。『頭を動かさないように』と言われると、目や鼻が痒くなる。15分間、ジッとしているのはシンドイのである。
しかし、不思議な機械だよなあ?考えた人は凄いや。頭の悪い自分には、サッパリ理解出来ないのである。

検査の結果は、良好とのこと。処置した箇所もそれ以外も異常はないという。まずはホッとした。

気になっている再発のことなどを聞いてみた。そんなに再発率は高くないと言う。『そんなに再発率が高ければ僕(医者)の必要はない』と言っていた。確かに…
頭が痛いのは脳疾患が原因ではないとのこと。気持ちの問題?いずれ無くなると言うが、本当だろうか...
忘れやすいのは仕方ない。なるべく脳を使うことだと。
まあ、なんにせよ、検査の結果がいいことは何よりの薬である。
とにかく主治医からは毎回、血圧だけは気をつけるようにと厳命される。もちろんボスの命令には従うだけよ。

身体のことを思えば、走らない方がいいのは分かっちゃいるさ。主治医は少しの運動は推奨している。でも、我々のやっていることは、普通の人では理解不能のよう。
以前、ハセツネを想定して『山を70km走っていいか』と聞いたことがあった。主治医は『???...』こいつ何言い出すんだという顔をしていた。結局、健康な人でも勧めないようなことを言っていた。なので、この手の質問はやめた。

本来は軽いジョグ、ウォーキングなどがいいことは分かっている。だけど、"生きがい"を思うとレースに出たい。
例え10年以内に再発して、それで命が終わっても... 生きてこそと言うかも知れないが、年齢を考えると、他のことは、もういいやと思う。子供が成人したことが大きいかな。父がいなくても勝手にやってね、ということ。
普通のおじいさんは、孫の成長を見続けたいと思うのだろうが、孫を2人も見ることが出来たので、もう満足である。

だけど、怖さはある。倒れる時の言いようもない激しい頭痛、苦しさ。そして、恐怖。そのまま終わればいいのかも知れないが、意識が回復した後は、長く辛い日々が待っている。次は無事では済まされない。きっと障害が残るだろう。そういう目には遭いたくないない。
でも、いずれ...という覚悟もある。

会う人からは、元気そうに見えるけれど、明日になればどうなるか分からないのがnaoさんである。
c0206177_09192944.jpg

今年は行けなかったが、来年は富士山に行けるかなあ。



by nao-yamaniiku | 2016-11-08 23:05 | 健康管理 | Comments(2)
山ランの疲労
10/8(土)から10/11(火)の4日間、熱(風邪)で寝込んで、ほとんどベッドで過ごしていた。39℃近く出た熱にも苦しまされたが、横になったままだったので腰・お尻の痛みも酷かった。食欲はないということはなかったが、体重は2㎏ほど落ちてしまった。

翌週の16日(日)に奥武蔵へ山ランに出かけた。自分としては風邪は完治していて、かつ10日ほど走っていないので、足はフレッシュなつもりでいた。実はどれだけ走れるか楽しみだったのである。

ところが確かに足の疲労はない感じだったが、それも走り始めだけ。2時間もすれば登りがキツイ。後半の飯能アルプスでは、どこでエスケープするかばかり考えていた。いわゆるnaoさんお得意の撃沈であった。


そして1週間後の昨日。ハセツネ後やる気ない病が発生していたが、他にやることもなくしぶしぶ山へ行った。
前日に久しぶりのバイクとスイムの疲労が残っていた。まったく弱くなったものよ… 『どうせ山へ行っても途中でおしまいに決まってる』と覚悟していた。
だけど、出だしから疲労感はあったものの一定のペースで最後まで行けた。しかも、後半になるほどペースがつかめて来た。

山ランの場合、目に見えない体調の良さ悪さがモロに出てしまう。ロードランやバイクだと走りきれる場合もあるが、山ではそういうわけにはいかない。前週は元気なつもりでも、病でやつれた身体が治っていなかったよう。
今週は病気も完治し、かつ前週に山に行って、山慣れした身体になったようである。いわゆるひと叩きというやつか。
前週は半分の東吾野で止めておいた方が良かったかも。後半の天覚山~飯能アルプスのせいで筋肉痛がなかなか取れなかった。今日は昨日の山ランの疲れがあるが、筋肉痛はさほどない。

先週は『山にいかねーぞ』と言っていたが、他に時間を潰すすべがないので行くしかないのか…




by nao-yamaniiku | 2016-10-24 21:41 | 健康管理 | Comments(0)
少しだけ疲れが抜けた
まったく危ないったらありゃしない。ここで勝たなきゃ気持ち良くレースを走れんわ。なんとか勝ったが、サッカー日本代表の前途も視界不良だな。


レース前の最後の運動はスイムをチョイス。昨夜、プールへ寄った。

ゆったり泳げばいいや、と思っていたが、スイムはそんなことは出来ず、セコセコ、ゼーハーになってしまう。ヤバいと思い、足にダメージの大きいキック練習はせず、1600mで止めておいた。そのあと終了時間までは、水中ウォーキングでほぐし。これがなかなかいい。時間のある時、1時間ぐらい歩いてみたい。

昨夜のスイムが良かったのか、今日の日中は、駅の階段も大丈夫。元気いっぱい上れた。いつもは、みんなさんに抜かされっぱなしなのである。ビジネスマン、レディの階段登り能力は侮れないのである。


明日からは、カーボ、これは炭水化物大好きオヤジなので嬉しい... あとはカフェイン抜き、これはお酒を止めて目覚めたので少し辛いかな。とりあえず、エネルギーを身体に貯めて万全にするよ。
by nao-yamaniiku | 2016-10-06 22:14 | 健康管理 | Comments(0)
禁酒2年です
10月に入って禁酒2年が経過した。
その間、アルコールはひと口もしてない。未遂は、2年前のバレンタインデーで、誤ってチョコボンボンを口にして『うぇっ!』と口から出しただけ。でも、それだけでも顔が赤らんだ。

禁酒については思うことはいっぱいある。ほぼアルコール依存症だったので、よく2年間我慢出来たものである。
酒を飲む理由なんていくらでもあるから、禁酒直前までは『今日だけ』という言い訳を何度も繰り返して来た。

同時に『ひとり飲み』2年が経過。
孤独のフリして、ひとり居酒屋でビールを飲むのが至福の時だった。飲み会もいいが、どうしても気持ちが高ぶり文句を言ったり、批判が多くなってしまう。その点、ひとり飲みはいいものである。

止めるのは大変だったけれど、さすがに2年経つと、自分の生活において、まったくお酒は不要になった。
お酒を止めても仕事上、飲み会は一般的な人より多くあると思う。もう、ジンジャエール、ウーロン茶、コーラなどで全然平気である。飲んでいる人から、気を利かせて、お替りを進められるが、2時間の飲み会でソフトドリンク2杯もあれば十分なのである。
飲み会がスタートして、積極的に料理を頼み、料理が運ばれてくる端からガツガツ食べて30分ぐらいでおしまい。飲んべぇに食べ物の気を使う必要は、まったくないことを経験上知っているのである。そしてそこから、『さあ、話をしましょう』となる。ファミレスで食事したあと、コーヒーを飲みながら話すのと同じである。

禁酒について人からあれこれ言われるが、年齢的に上の方になったのでタイミングとしてはいい時期だったと思う。30代、40代だったらnaoさんのような50代のおじさんから『面白くないから禁酒なんて止めろ』のひと言でおしまいだったと思う。
自分の禁酒のポイントは、飲み会の時だけしか飲むということは出来ないことである。0か100しかないのである。これがアルコール依存症たるゆえんである。

お酒を飲むことは、飲まない生活を手に入れてしまえば、大して大事なことではない。でも、お酒を止めるのは並大抵のことではない。
今の自分から見れば、周りにアルコール依存症は多い。まあ、もっともご本人はそう思っていないが…


禁酒して一番驚いたのはお金が余り始めたこと。でも、病後はあまり感じなくなったなあ。その分、2人の孫へご機嫌取りの投資である。走り関係のグッズは相変らず増えないのである。

もっとも、禁酒しました。そしたら1年後にくも膜下出血で倒れました、じゃ、禁酒して身体を壊したということである。なので、あまり大きな声で言えないのである。みんな、口にこそ出さないが、自分の禁酒は、重大な身体の危機からと思われているようである。もう、どうでもいいよ…


c0206177_07535988.jpg

先日、通った大森駅近くの路地裏の飲み屋街。何度か仕事帰りにひとりで寄ったことがある。雨の夜はネオンが生えるんだよなあ。それは認めるわ。

しかし… 月初め週初めの仕事は、上手く事が進まず。先週にちょっと怠ったことが大きく跳ね返って来てしまった。しかも、まだくすぶっている案件が多い。
こんな時に以前は気晴らしでお酒を飲んでた。まあ、飲んでも状況は変わらないけどね…
代りにプールに行ったがスッキリ...しねぇなあ。でも、身体は気持ち良かった。
by nao-yamaniiku | 2016-10-03 22:36 | 健康管理 | Comments(0)
食べ物の恨み…
昨日、横浜から好きな京急に乗って某駅まで。横浜からのクネクネな線路を進む様は、これぞ電車である。別に鉄ちゃんじゃないけれど、先頭車両で見てみたいのである。

駅に着いたら、ちょうどお昼前だった。ふと駅近くのみそラーメン屋系の看板が目に入った。このところラーメンはガマンしていたが、今日は食べてもいいかな、と思った。
入店して、みそラーメン630円也を迷わず注文。ちょうど、同じタイミングで入店した男性もみそラーメンを注文していた。

でも、しばらくして出されたラーメンを見て、超ガッカリ… 見た瞬間、絶対にまずいと思わせる一品であった。
口に付けず代金だけ支払って、他の店に行きたかったよ。同じものを頼んだ男性も後悔したろう。

仕方なく食べるが、やっぱまずい。くそぉ~、塩分をこんなもので取りたくない。なるべくスープを飲まないように食べたのである。


こうなると、おいしいラーメンを食べたくなるのは仕方のないことである。早くあの味を忘れたい。
今日は、池袋に戻ったのが14時近かった。お昼を食べていないのでどうしようかと思っていた。いつものように某店で塩分の少ない弁当とサラダでも買うか…

c0206177_12570994.jpg


でも、いつも行列が絶えない昨年出来た、みそラーメン専門店の鬼金棒に列はなかった。思わず並んでしまった。だけど食べたことがないので昨日のことがトラウマである。初めての店は怖い…
たかが昼飯だけど、失敗した時の食い物の恨みは忘れないのである。高い安いの問題ではない。

もやしカラビシ味噌ラーメン900円。ちょっと高め。というか仕事中のひとり昼飯で900円も使うのは病後初?ということは今年初じゃないかな。カラビシって何?と思ったが、辛い、しびれるということのよう。
辛さとしびれは?と聞かれ分からず、『普通』と答えるのは平均的な日本人である。少なめにすれば良かった。

出されたラーメンは、まあまあかな。でも辛かった。舌がしびれた。自分にはちょっと厳しいかな。でも、昨日に比べれば全然ましである。
というわけで2日続けてラーメンを食べてしまったので、しばらくラーメン禁止になった。
しかし、2日間とも暑かった。何も暑い日に汗をかきながらラーメンを食べることもないのにね。


どうも疲れが溜まっているのか取れない状態が続いている。
昨夜はスイムに寄ったが、1150m泳いで休憩時間。そのあとプル・キックのドリルをと思ったが、頭が痛くなりそうなので止めた。痛くならないようにすることの方が大事である。
今朝の走りだしは快調だった。途中、3㎞だけキロ4分50秒前後に上げてみた。久しぶりに汗びっしょり。
こんなことをしただけで、日中、グッと足と身体が重たくなる。
今、帰宅途中だけど、自分と同じで、ずっと不調が続いている代表戦がある。自分より先に、スカッとした勝ち方をしてもらいたいものである。



*走り用のアドレスに神宮外苑24時間走の『専属サポート(ハンドラ―)帯同有資格者』というメールが9/1届いていた。最近こちらのメールは関係ないと思っていたので、チェックしていなかった。昨年、ギリギリだけど200㎞以上走ったからのよう。でも、ハンドラ―を付けるようなエラそうな立場でないことは承知よ。
エントリーしてはみたものの、『本当に出るの?』と自問自答している状況なのである。

by nao-yamaniiku | 2016-09-06 20:46 | 健康管理 | Comments(0)
10kmランでの汗の量

土日は、曇り空であったが、山ではしこたま汗をかいた。やはり時期的に発汗量は多くなって来ている。
今のところ、汗の量が多くなっても塩分摂取量は変えず1日6gを基本にするつもりである。

でも、走ると果たしてどれほど汗をかくのか、また、塩分を消費するのか、興味があった。

今朝は、祭日のため出勤時間に多少余裕があった。ハタと思い立って、ラン前とラン後に測って汗の量を確かめてみることにした。

まずは走る前に体重計に乗る。58.7kg。まあ、こんなもんかな。

そして、走り出す。10km、走ってみる。
ペースは?昨日の疲れもあるかと思ったが、それなりに走れそう。少しずつペースを上げてキロ5分半を目安にする。
このペースだと汗の量は多い。スマホの温度によると25度、湿度は84%だという。
姿勢を正しく、フォームを意識して、なるべく小股で刻んで走るようにする。

朝のランは基本的に給水はしない。1時間~1時間30分ぐらいだけど、本当にヤバイ時以外は何とかなる。

途中でいつものようにストレッチをする。ほぼ10㎞を53分24秒。キロ5分18秒ペースだった。ちょっと速すぎたかな。

自宅に入りうがいをする。冷蔵庫を開ける。いつものクセはなかなか取れない。
『いかんまずは体重だ』 と体重計に乗る。”58.0㎏”
おおっ、700mg落ちた。これが全部汗ではないと思うが、結構な量である。
うわさでは汗に含まれる塩分量は0.3%だという。なので700mg=700mlだとすると、塩分量は2.1gである。自分の平均的な1食分の塩分量である。まあ、脂肪燃焼もあるけどね。

昨日は3時間だから6gか?一昨日は4時間だから8g以上の塩分消費か?そのままではないと思うが、結構な汗と塩分消費量には違いない。

汗で出た水分は、補わなくてはならない。じゃ、塩は?というと、同じ摂取量である。すると身体の中の塩がゼロにならないのかなあ、なんて...

頭は悪いので、じゃ、だからどうするの?というのはない。単なる人体実験である。

by nao-yamaniiku | 2016-07-18 21:21 | 健康管理 | Comments(2)
即席麺とカップ麺

即席ラーメンは、サッポロ一番醤油味と塩味がベスト。あとは出前一丁か。サッポロ一番味噌味は昔好きだったけど、どうも麺とスープが絡まない感じで今いちになってしまった。
カップラーメンは元祖日清だね。


週に2回~3回は食べていた。この歳では、コアなファンじゃないかな。まあ、この年代は自分のようなオッチャンが多いかな。

だけど、問題は、5~6gの塩分があるということ。1個で1日分の塩分を消費してしまうのである。そのため倒れてから今までの6ヶ月間は食べていない。
『今年は食べていない』と言いたいが、倒れたのが1月8日。調子悪くなったのが1月4日。正月の三が日を過ごしているので、間違いなくその間に食べたに違いない。年始年末のカップ麺、即席麺は毎年、必須である。

食べないからといって家に即席麺・カップ麺がないわけではない。自宅には、普段、顔を見せない愚息が生息しているのである。彼は、今、人生の中で一番に消費する年代である。そのため在庫は切らしていない。
思わず...と思うことがあるが、大丈夫である。そういう我慢は禁酒で十分に鍛え済みである。禁酒は『我慢強さ』を与えてくれたよ。

ラーメン屋の回数も激減した。それでも月3回ぐらい。でも、以前は間違いなく月10回以上は行っていた。ラーメンは大好きである。

本当にいろいろと小さいことも生活が変わった。小さいことが積み重なり生活は激変した。人間が一番嫌う変化である。でも、それを受け入れることが出来ている。
ダーウィンが残した言葉で印象的な言葉。『強いものが生き抜くのではない。賢いものが生き抜くのでない。変化出来るものが生き抜くのだ』
たかがラーメンごときだけど、病気にならなかったら、聞く耳を持たずに食べ続けていたろう。でも、残念なことは、『その効力は?』と言われると分からんということである。
しかし、つまんなくなったなあ。


今朝は『ゆっくり、ゆっくり』と言い聞かせながら10kmほど走った。キロ7分以上の目標だったが、キロ6分半切っていた。無理した感じではなかったので、まあ、いいか。疲れも残ってない。

by nao-yamaniiku | 2016-07-05 21:17 | 健康管理 | Comments(0)
体重制限
一昨年に禁酒したら体重が3~4㎏減って60㎏アンダーになった。入院時は54㎏に落ちてしまったが、現在は57㎏~59㎏の範囲内で収まっている。
本人的にはこのぐらいがいいと思っているが、最近は運動量がガクッと落ちているので、今後、体重増は避けられないかも知れない。

まだ暑さに我慢出来ると言っていたが、このところの夏の暑さにそろそろ白旗かな。でも、今日もヤセ我慢でスーツ&ネクタイだぜ。
暑くなると何故か食欲が増して来る。今年はどうかな?と思っていたが、ちゃんと食欲の夏がやって来た。食欲は、ないよりある方がいいだろうと、その点ではひと安心である。

3月はハセツネ30kの全周後に調子悪くなり、先月も六甲全縦走後にダメになるという、身の程知らずというか、山のダメージはそれだけ大きいということも言えるが…
ということで、しばらく運動量は自重するのである。

食事は、3食主義である。仕事がある5日間の昼食は、人と一緒の時も多いので食事制限は難しい。そのため、朝・晩と休日で調整する。調整といっても極端に少食にすることはない。

運動量と食事の関係で体重は増えるに違いない。でも、自分の身長から平均のBMIは、65㎏が適性のようである。まだ7kgほど貯金はある。

今は身体にいいようにしなくては。あまり体重を気にせず、ストレスなく日々を過ごして行こう。ってこれが出来れば脳疾患にならないか。
ランは途中で歩いてもいいし、止めてもいい。スピードは、キロ7分~8分で十分。トレーニングというより散歩するつもりがいいだろう。その点ではバイクの方がいいというのが、この1週間でよく分かった。

食事も腹8分ぐらいであれば問題ない。これが時として難しい場合があるけど… 続けている野菜を大量に、塩分は少なく、これだけをマストしておけばいいかな。

要は、ジョグノで定期的に体重を付けているけれど、『体重は増えるよ』という言い訳である。世間にオープンにしてるといろいろと面倒なのである。

そろそろ梅雨が明け夏がやって来る。
夏は高山に行きたいが、金も暇もなし。もっとも体力もない。じゃ、そこらを走り込もうと思っても、暑さで撃沈してしまうのが毎年のことである。
今年は、山とランは散歩のつもり、バイクはサイクリング。景色を楽しもう。暑くてダレたらお休みでいいや。

夏が終わって、いよいよスタートを切りたい。そう出来るように過ごすことが、この夏の目標である。
いいか、力をつけることではないぞ。身体を整えることだぞ。と言い聞かせ続けるのである。




by nao-yamaniiku | 2016-07-04 22:00 | 健康管理 | Comments(2)
微妙な調子悪さ…
梅雨は嫌いな季節ではない。どちらかというとこの時期は、雨の中を走るのは快適なので好きである。雨の通勤は面倒だけどね。

だけど今年はちょっと違う。ハセツネや神宮24時間走をレース予定に入れてしまったが、目標レースにはならない。とりあえず出るということになる。
目標がないのでなんとなく気が乗らない。曇天な空と同じように気分は沈んでいるのである。

目が改善して山を歩いても走っても見えるようになった。山は諦めていたので嬉しかった。いつも山ではセコセコと走ってばかりなので、ゆったり歩く山歩きが楽しみだった。
でも、おバカさんは少し調子が戻ると苦しんだ日々のことを、すっかり忘れてしまうのである。この間も同じようなことを書いたけれど、まだ上を目指したい(タイム)いう思いが強い。56歳にもなれば、普通はやり切ったレースもいくつかあり、ファンラン的に走る人も多くなっている。あとはレースから遠のくかである。
実際、レースエントリー者を見ると、自分より先輩の方はだいぶ少なくなって来ている。でも、数少ない挑戦する先輩たちに、負けたくないう気持ちがある。
ここで脱落するわけにはいかないのである。

まあ、その気持ちは分かった。でも、今年でなくてもいいだろう。笑っちゃうが何度も言い聞かせている。
6/18の六甲縦走や6/22の14㎞走が悪かったのか、それとも他に原因があるのか、この2日間は頭の調子が悪い。気持ちからの部分も多いと思うが心配である。

そんなこんなで、微妙に調子が悪いのである。
こういう時は、さっさと寝るに限る。
by nao-yamaniiku | 2016-06-24 22:03 | 健康管理 | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
5月
20日(土)〜21日(日)
トレニックワールド100mile
最新の記事
フォトロゲイニング日の出20..
at 2017-03-26 19:33
今日は孫2号と...
at 2017-03-25 21:52
春は足踏み
at 2017-03-22 22:33
三浦半島まで
at 2017-03-20 22:20
バイクの整備
at 2017-03-19 17:43
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ