nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
<   2014年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧
さて週末は富士山頂往復マラニックだっ
7月29日(火)

c0206177_119288.jpg

富士登山競争、オクムと夏の名物大会が終了。
そして、今週末はいよいよnaoさまの出陣である。
昨年に続いての「富士山頂往復マラニック」に出場する。
田子の浦の0mから富士山頂、3776mの片道52㎞を登り続けてから下り続け112㎞走り、気温差約30℃というレースは日本で唯一のものである。
昨年は頂上付近で寒さに震え、ラストの富士宮駅過ぎでは暑さでグロッキーになってしまった。
18時スタートのため明け方にたどり着く富士山頂では、疲れと寒さでめげてしまう。
昨年は、お鉢巡りをパスしてしまったけど今年はなんとか周りたいが、果たして…
なにせ、リタイアしても田子の浦まで戻らなければならないので、慎重に行動せざるを得ない。

トレーニングの方は、7/20前までは、なにかと早い出勤やW杯で滞りがちだったけど、先週からようやく毎日走れるようになった。
なんとかランと山の合計の月間走行距離は275㎞ほどになった。
ここは、300㎞に乗せたいところだけど、このところのレースで不甲斐ない結果が続いているのでまずは体調を整えたい。
なので目先の走行距離は追わないこと、と肝に銘じている。
マラニックとはいえ、満足した走りをして次につなげたいからね。
今夜は暑気払いの飲み会だったが、早々に引き上げるという大人の対応をしたのである。
(実は最近、飲み会パワーがなくなったのは内緒です。)

日々のトレーニングはこちらで。 naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2014-07-29 22:39 | 最近のこと | Comments(4)
奥多摩駅~鋸山、大岳山、御嶽駅
7月28日(月)

相馬選手がマッターホルンで遭難』という耳を疑うような情報が入って来たのは、土曜日の15時過ぎだった。
ちょうど家のことが終わって、走ろうとしていた時のことだった。
走る気がなくなり、その日は19時過ぎにはいつの間にか寝てしまった。

昨日の日曜日は、富士山にリトライかオクムの応援のつもりでいた。
だけど、なんとなく虫の知らせでクルマの運転をしたくなく、相馬氏のことを考えると華やかな場所に行くことがためらわれた。

前日、早く寝たので2時過ぎには起きてしまい、未明のランニングを12㎞ほど。
少し休んで、結局、奥多摩駅から鋸山、大岳山へと行った。
拝島発9時4分発のホリデー快速。
自分としては朝が遅い行動だった。
c0206177_10594615.jpg

10時過ぎに奥多摩駅から鋸山へと向かうけど、100mも登れば汗でビショ濡れ。
軽い熱中症にかかった感じでペースは上がらず、鋸山まで1時間30分もかかってしまう。
ここから大岳山までは走れる区間だけど早歩き状態だった。
こんな日でもランナーが結構いたけど、おそらく一番遅かったんじゃないかな。
でも、気にせず。
c0206177_1102484.jpg

c0206177_1104549.jpg

相馬氏がなんとか生還して欲しいと大岳神社、御嶽神社、長谷川恒夫氏の碑で参拝。
15回のハセツネで彼が優勝した時、「新しいのが出て来たなあ」と思った。
でも、その強面の風貌から近寄りがたいものがあった。
だけど、その後のハセツネで、故障があったようで12時間30分以上もかかってゴールした時、最後までレースを捨てない気持ちの強さに感銘を受けた。
以来、奥宮選手と相馬選手がマイベストレーサーとなったのだ。
FBを通じて経過を待つだけだけど、とても心が痛む日が続く。

御岳山で雷の音が聞こえ始めた。
今日は雨対策をさほどしていなかったので、雨に打たれるのはノーグッドなのだ。
御嶽駅まで逃げる。
多摩川の橋のたもとで、短パンとTシャツを着替える。
ちょうど御嶽駅に着いたら雨が降って来た。
16.1㎞、4時間7分の山行きであった。



日々のトレーニングはこちらで。 naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2014-07-28 22:47 | 奥多摩トレラン | Comments(0)
明日は週末なのに筋肉痛中
7月25日(金)

今日は会社の人達の休みが多かった。
「お前らまさか…」
たくさんのお知り合いの方々が出場した富士登山競争。
苦しさを楽しむことが出来でしょうか。

自分はというと、情けないことに火曜日の富士登山の筋肉痛が取れず。
今朝もゆっくりでしか走れなかった。
体重は、昨日は節制したので63㎏台前半になった。
でも、まだ腹周りが膨らんでいる感じがする。
筋力が落ちたのかなあ。

昨日もそうだったけど、自分が走る朝の5時ぐらいだとまだ暑くはない。
走り終わって、TVで「今日は暑くなる」と言っているが「そうなの?」って感じ。
だけど、仕事に行く頃になるとうだるような暑さ。
昨日まではおとなしく社内にいて、お昼も弁当だったので、外に出なかったため暑さにやられることはなかった。
しかし、今日は午後から出かける用事があったので、ビッショリ汗をかきながら筋肉痛に疼く足で歩き回った。
電車の中がホッとするひと時なのだ。
果たして明日は筋肉痛が続いているのだろうか。

日々のトレーニングはこちらで。 naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2014-07-25 22:04 | 健康管理 | Comments(0)
LSDで体重管理か
7月24日(木)

23日(火)の富士登山。
お腹の調子が悪く、ゆっくりのペースだったけど筋肉痛はやって来る。
最近は、次の日の日中に痛くなって来るので、登山当日は動けるうちにさっさとシューズの手入れ、ウェア、ザックの洗濯をする。
翌朝は、まだ筋肉痛前なのでランニングする。
だいたい仕事場の机に向かって昼近くなると脚が固まって来る。
帰宅するころにはすっかり筋肉痛で動きがぎごちなくなる。
というパターンである。

今朝は、大腿四頭筋が筋肉痛で固まっていたのでバイクをと思ったが、シューズの底が剥がれたままであった…
仕方なく歩きでもいいやと外に出る。
ゆっくりと走り出す。
3㎞ほど我慢して走るとこなれて来る。
12㎞、90分のLSDであった。
早朝は曇っていて、まだ暑さはキツクない。
発汗量はすごいけれどね。

この7月は、これまで出張などで忙しく、プライベートな会合もあり、孫ツアー等で食べまくり。
練習も予定したほど出来ず。
別に食べなくてもいいのだけれどね…
おかげで体重は、なんと64.2㎏だって。
今朝のランで63㎏台にしたけど、節制もしなければならない。
お腹回りがちょっとね。
そういう意味ではLSDはいいだろう。
8月の土日も何日か仕事になってしまうけれど、朝は走れる日が続きそう。
まっ、毎年のごとく夏休みは取れそうもないけど、短い時間でも走って秋につなげたいものだ。


日々のトレーニングはこちらで。 naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2014-07-24 22:39 | トレーニング | Comments(0)
富士山頂へ2014年
7月23日(水)
c0206177_13115094.jpg

力のないポーズ。
ビニール袋は朝飯用のパン。

5時30分前に馬返しを出発したけど、一合目を過ぎたところで、やはり下腹がゆるゆるして、胃がむせ返ってくる。
一度、馬返しまで戻ってクルマで待機。
お腹が治まるまで横になる。

兵庫のお土産は特大のスイカ。
食べてばかりいたので、昨夜はそのスイカだけビールを飲みながら食べた。
これがいけなかった…
まったく子供みたいなことをしているよ。
朝は、2時半に目が覚めたけど気持ち悪くて起きただけ。
c0206177_13122169.jpg

なんとか8時前に再スタートを切る。
五合目の佐藤小屋まで心拍数を130台にしてゆっくり登る。
今日のウェアは、また普通の恰好。
登山者に紛れて今日は好都合か。
3合目あたりでなんとかペースがつかめてくる。
佐藤小屋まで1時間30分。
いつもより30分余分にかかるが仕方ないだろう。
c0206177_13131345.jpg

c0206177_13124812.jpg

佐藤小屋を過ぎたところで『富士山保全協力金』の徴収があった。
缶バッチをもらってinoxに付ける。
どうやら1シーズンに一度の協力金でいいみたい?
その気になれば、毎回出してもいいのだけど…
でも、静岡側からは別料金のよう。

六合目の開けたところにやって来て登山者の数を確認。
やはり3連休あとのためか、この時期にしては登山者が少ない。
山頂へ向けて登り始めるが、今日は外国人が目立つ。
1/3は外国の方だったんじゃないかな。

このウェアの欠点は、それなりに山をやっていそうな人を抜かすとついてくるということ。
特に山小屋で休憩後に一緒になると、30mほどは元気なので抜かそうとされる。
これがめんどう。
でも、ムキになることはなくペースを守ればしだいにちぎれて行く。
ランナー恰好だったら、みなさんすぐに諦めるけどね。
今日は、自分も何度か山小屋で座って休憩する。
たまにはいいだろう。
ガスで視界が利かなかったけど、9合目あたりからは青空が見えるようになった。
そこから少しだけペースを上げて山頂へ立つ。
佐藤小屋から2時間52分。
馬返しから4時間22分だった。
いつも高山病にはならないけど、今日は3400mを超えて少しフラフラした。
でも、山頂に立つと大丈夫。
お腹の調子も大丈夫。
だけど、あまり食べていないのでグロッキー気味。
ジェルをゆっくりすする。
少し休んでお鉢回りへ。
剣ヶ峰へ立つ。
c0206177_13152356.jpg

c0206177_13135633.jpg

こんなのが建ててあった。
昭和54年だと20歳の頃だかあ。

グルッと回って56分ほど。
時刻は13時を過ぎていたけど、今日は平日なので帰路の渋滞を気にすることはない。
登山者もさほど多くなく、やっぱり山は平日だね。
下りに入る。
人が少ないのであまり止まることなく進める。
でも、だんだん腹が減っているのか、調子悪いのか胃がきりきりと痛みだす。
1.5ℓほど水を持って行ったが、下痢なので脱水気味か水の消費も多い。
佐藤小屋でコーラが飲みたい。
1時間55秒で佐藤小屋へ。
400円のコーラをゆっくり飲む。
いつもは、がぶ飲みだけどね。
NHK?の取材があるみたい。

さて、馬返しまで下るけど、意外と登って来る登山者が多い。
14時半ぐらいだけど、これから山頂泊まりのよう。
何人かの人に声をかけられる。
五合目までの距離を聞かれたりする。
中には「山頂まで行けるでしょうか」と聞いてくる。
これには答えようがなくて困る。
c0206177_1316194.jpg

馬返しの手前、明大管理の山小屋でボランティアの方がエイド?を出していた。
冷たい麦茶を2杯頂く。
感謝です。
そして馬返しへ。
佐藤小屋から58分ほど。
トータル時間は7時間17分、距離は25.23㎞だった。

まっ、朝の調子からでは家で寝ているような体調だったけど、富士山へ登れて良かった。
せっかくの休みだからね。
ということで久しぶりの4連休は終了、とうことはnaoさんの夏休みも終了か。



日々のトレーニングはこちらで。 naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2014-07-23 22:18 | トレイルラン(その他地域) | Comments(0)
伊那で宿泊中
7月20日(日)
c0206177_139083.jpg


大勢の大人にいじられ孫もいい迷惑だったな。
naoさんは、ちょっと離れて見ていただけ。
でもさ、抱っこするよりしぐさを見ていた方がいいのさ。

今日は、兵庫から長野県の伊那まで。
中央アルプスや南アルプスは雷雲らしきものに覆われていた。
でも、梅雨明けはもうすぐみたいですね。

明日は家に帰る。
さて、明後日はどうしようか?
実は久しぶりの4連休なのだ。
毎年、年間80日〜90日ぐらいの休みだから、たまには罰が当たらないだろう。
まあ、オイラはこのぐらいの休みのペースがいいのである。

by nao-yamaniiku | 2014-07-20 23:23 | 最近のこと | Comments(2)
三連休は孫のもとへ
7月18日(金)

結局、練習出来ない一週間であった。
そして、明日からの3連休はnao一族7人で兵庫の孫に会いに行く。
今回は、息子1号も一緒なので絶対運転させるのだ。
しかし、渋滞必至であろう。
そんなわけで、ブログの方も夏休みになるかも。
走る時間なんていらない。
せめて半日の半日ぐらいゆっくりしたいよ。
あしたは3時過ぎに起床なのでもう寝るわ。
階下では、集まって来たツアー客がうるさい。
どうせ、ヤツラはクルマの中で寝ているだけだからなあ。
いつもながら本当に不条理な世の中である。


日々のトレーニングはこちらで。 naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2014-07-18 23:03 | 最近のこと | Comments(0)
ストレス+疲労困憊
7月17日(木)

昨日は大分でこってり怒られ、今日は郡山で同じ目に遭って来た。
こっちが下手に出ると言うわ言うわ。
しかし、50を超えて文句言われるのは辛いよ。
でも、宇都宮では握手が出来てひと息入れられた。
まったくカンベンしてくれだぜ。

先週の時点では、さほど今週は忙しくなるような気配はなかった。
だけど、見ぬふりをしていた案件が、一気に問題になりアタフタと動き回る一週間になってしまった。
今週の練習予定は、レース後も休養なしでがっちりスピード練習をするつもりだったけど、
それどころではない。
今日までで4㎞しか走れていない。
じゃ、さぞかし足は休めただろうということだが、さもあらず。
とにかく精神的にも肉体的にも疲労困憊状態。
睡眠も浅く睡眠時間も少ない。
おかげで、午後は時々うつらうつらしていたよ。
日頃、打たれ強さを自慢しているnaoさんも今回ばかりは弱気なのである。

そんなモチベーションダウンの中、トレニックワールドより9月7日(日)の越生のレースが定員になったとの情報があり、慌ててランネットに繋いでみた。
「もうどうでもいいか…」とフテ気味。
9月初めは仕事の関係で躊躇していたが、もう待ったなしになっていた。
幸い40㎞の部もまだエントリーが出来た。
ということでハセツネ前の調整レースが確定である。

横浜マラソンのエントリーも始まっているが、どうする?
所詮、抽選連敗記録を作るだけだろうなあ。
コースがコースだけに、参加希望人数>定員数から想像すると倍率はたいへんなことになるだろう。
自分が横浜マラソンを走っているのを想像してみた。
ファッショナブルな男女に交じって、ニコニコしながら走るオレ。
どう考えても似合わねぇ。
恥ずかしくて居所がないだろう。
ということでした。



日々のトレーニングはこちらで。 naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2014-07-17 22:32 | 最近のこと | Comments(2)
レース後は忙しい
7月16日(水)

月曜日からの朝はW杯の決勝、そして、超早の出勤、出張で練習はお休み状態。
今日は、大分まで詫びを入れに行った。
向こうは3人出て来てご立腹。
そりゃそうだ。
ボコボコの1時間であった。
そして、ものすごく疲れた。
まだまだ電車で家着は0時を回るのは間違いない。
従って、明日も走るのは難しいか。
こういう時こそ、走ってスッキリしたいけどね。
もう少し、世の中はnaoさんに優しくした方がいいと思うよ。
by nao-yamaniiku | 2014-07-16 22:56 | 最近のこと | Comments(0)
第1回飯能・越生トレイルレース
7月14日(月)

この何年間は、レースの日取りが先に決まって、家の事情、仕事などはあとから決まるケースばかり。
昨日の「第1回飯能・越生トレイルレース」もそう。
レース前日の土曜日に親族の会合が決まってしまったのは6月の中旬であった。
7月13日(日)のレース当日は、なんとか4時半に起きるが明らかに二日酔い状態だった。
まあ、予期していたけどね。
そのため今日はランナーでなくウォーカー仕様。
スタートも最後尾付近。
c0206177_8225469.jpg

なぜか山形県からの参加?
c0206177_821484.jpg

こんな恰好なので、他の選手からはシロウトに見えたみたい。
まあ、そうなんだけど。

8時にレーススタート。
調子を見ながらのロードラン。
でも、驚くことに多峯主(とうのすやま)へ左に曲がるところを、大勢の選手がまっすぐに進んでロストしたようで戻ってくる。
これは、自分にとってあまりよろしくない。
シングルの山道で実力者にせっつかれたくなかった。

登山道に入ると、さっそくこみあげてくる 。
3㎞ほどで最初にリバース。
何も食べていないからか、とジェルを飲むとよけい気持ち悪くなりリバース。
レースにお呼びでない状態であった。
ペースの割に心拍数は10ぐらい高かった。
とにかく我慢して復活を待つ。

しかし、コースはアップダウンばかりでキツイ。
息をつくところがない。
最初の10㎞ほどで2時間もかかってしまう。
20㎞の関門時間(西吾野)の5時間が気にかかり始める。
前坂から子の権限の山道で完全にグロッキー状態。
だけど、なんとなく酒は抜けて来たみたいだ。

子の権限から西吾野までは下りのはずだけど、登りも多い。
まったく、がっかりなコースなのである。
ようやく西吾野に到着した時は4時間30分が過ぎていた。
関門時間まで30分ない。
今日は、ずっと関門時間を気にしてのレースであった。
20数年、レースに出ているけど初めてだよ。
この関門で150人ほど引っかかったらしい。

ここまでようやく半分の距離である。
そして、ここからの関八州見晴台までの登りもたいへんだった。
いったん、高山不動尊のエイドでひと息ついて、急坂を関八州見晴台まで登る。

登りきったところで、全洞院まで下る。
が、ここも登り下りがあり楽が出来ない。
ここも吐き気がすごかったなあ。
しかも、いつもの腿の内側がケイレンしたり…
でも、この辺りになるとだいぶ選手間はバラけているので醜態をさらすことはない。
全洞院の第二関門も残り20分あまりしかなかった。
このエイドでフルーツ缶詰を大量に食べる。
甘くておいしい。
どうやらこれが良かったみたい。
その後は、ペースが落ちることなく、胃やお腹の調子も良くなった。
わからんなあ?
ここまで30㎞ほど。
残りの約13㎞、なんとか行けそうである。
とは言え、最後まで厳しいコースであった。
最後の第3関門の9時間も残り20分切るぐらいで生き残り。
c0206177_8234383.jpg

やはり探検隊みたいか。

結局、9時間28分30秒でフィニッシュ。
順位は総合397人中104位であった。
まあ、こんなもんだろう。
コースのわりに関門時間、ゴール時間が厳しかったのではないか。
完走率も低いと思われる。
(どうやら完走率は40%程度のよう)
先週のキタタンよりキツイという声も聞かれた。
自分も過去2回キタタンに出たがこちらの方がキツイと思った。
来年開催されればチャレンジャーが多くなるだろう。

エイドは42.7㎞の中で8ヶ所ある。
そのため水はペット2本もあれば十分。
食料も第2エイドからは各所でいろいろあり、食料の心配はなかった。
実際トレニックワールド主催のレース慣れしている方は、持ち物は少なかった。

挑戦する価値のあるレースなので来年も苦しませて頂きたい。
主催者、スタッフ、応援の皆様、レースでともに苦しんだ選手の皆様、ありがとうございました。

スタート
~スタートゲート    1'01
~丘の上公園    53’22
~大高山下分岐 1:51’20
~子の権現    1:11’44
~西吾野       37’01
~高山不動尊    56’05
~全洞院前    1:04’19
~諏訪神社    1:00’31
~桂木観音    1:09’54
~フィニッシュ     43'14

累積標高3,133m、心拍数AVE.148 ガーミン距離43.97m


日々のトレーニングはこちらで。 naoのジョグノート
by nao-yamaniiku | 2014-07-14 22:16 | トレイルレース | Comments(7)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
4月
22日(土)ファントレイル名栗23㎞

29日(土)OTK(青梅から鴨沢)65㎞

5月
20日(土)〜21日(日)
トレニックワールド100mile
最新の記事
奥多摩駅〜武蔵五日市駅
at 2017-05-27 16:29
レース後
at 2017-05-25 21:37
失敗から学ぶ
at 2017-05-23 22:24
トレニックワールド彩の国10..
at 2017-05-22 21:46
彩の国100マイル敗退
at 2017-05-21 09:10
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ