nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
<   2015年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧
小江戸大江戸200kの作戦
2月27日(金)

始発か始発に近い電車が続いたのであまり走れず。
といってもレースが近いので走る必要もないけどね。
本日は、めずらしくお昼にブログを書いている。
こういうゆったりした昼食がわれらにはないよなあ。

小江戸大江戸の作戦を考えてみた。

1.小江戸パート91㎞の目標は11時間。走っているペースはキロ6分30秒、休憩みでキロ7分15秒ほど。
2.小江戸パートのエイドは5分以内に切り上げること。
3.蓮馨寺では30分以内で仕度をする。
4.成願寺の128㎞までは走る続けること。途中の2ヶ所のなか卯は寄らない。
5.大江戸パートのエイドも10分ぐらいで…とにかく雨が降る前に距離を稼ぐ。

なんて机上の空論かなあ。
日曜日は雨らしいけど、今のところいつ降るかはわからない。
でも、降れば風を伴って強くなるという。
当然、誰でも思うのは出来るだけ雨に当たりたくないということ。
で、あるならばエイドでゆったりするより、雨の時間を少なくするほうが大事だろう。
思惑通り展開が進んだ場合、雨が降ったらカサを差して歩くよ。
c0206177_09421698.jpg
昨日、『神宮外苑24時間チャレンジ』の報告書が届いていた。
全90ページ超のなかなかしっかりした冊子である。
読んで行くうちに、レースのことが思い出されてくる。
今年は今のところ出るつもりはないけど、明日のレースは24時間走に通ずるものがあるので少しだけモチベーションが上がって来た。
しかし、自分の手記もあるが、中途半端に終わってしまったのでお恥ずかしい限りである。





by nao-yamaniiku | 2015-02-27 13:12 | 最近のこと | Comments(0)
落とし前レースの始まり始まりぃ〜
2月24日(火)

昨年の不調は小江戸大江戸で始まった。
小江戸の85㎞手前の川島ICでコースアウトしてしまい、20分ほどロストしてしまった。
そのことで、なぜか急速に気力がなくなり、小江戸の91kmでDNFしてしまった。
その後の春以降のレースは、同じように途中で気力がなくるような状態が続いた。
打破すべきと8月にロードを700㎞走ってみたり、ワラーチを投入してみたり。
9月に入ってハセツネ試走を始めるが、一度だけ浅間峠まで行けたけど、あとは市道山分岐(11.7km)手前で撃沈が続いた。
ハセツネ本番も同じパターン。
市道山分岐手前で気力がなくなり、タイミングがいいのか悪いのか市道山分岐先で転んで、胸を強打して肋骨を痛め、醍醐丸で最速リタイアだった。
打たれ強いのがnaoさんの利点のはずだけどね。

9月がダメだったので、ド根性で10月に入って禁酒していた。
このまま禁酒を続け、もう一度だけ頑張ってみようと思った。
禁酒は大変だったけど、それはまたね。

しかし、悪いことは続くもので、今度は右の足底筋を痛めてしまう。
神宮24時間、coedoの6時間走も足底筋が持たず途中で離脱してしまった。
結局、昨年の一年間はダメレースばかりであった。

だけど、その後、禁酒の効果か、練習の成果か、身体が整って来たようで、11月からの山行きでは、力ある走りを取り戻した実感が出て来た。
体重も正月以降は58kg台、BMI19台、体脂肪率8%台(体脂肪率は当てに出来ないが...)とランナーらしい身体つきになって来た。
12月、1月、2月と練習の他に身体のケアにも気にかけて来た。

そして、いよいよ自称「落とし前シリーズ全7戦」の初戦が近づいてきた。
プロローグの青梅マラソンでは、あえて前日に40km、当日朝に10km 走っての参加だったが、思いのほか走れて、まずは「ヨシ!」であった。

小江戸大江戸は、春からのウルトラレースの調整、あるいは楽しむレースとして位置づけている選手が多いと思う。
でも、オレはギラギラしているのである。
と言っても才能なく、実力なく、若くもないので、タイムなんてたかが知れている。
過去のリザルトを見ると30時間あたりが、全出走者の10%ぐらいになりそう。
まあ、目指すところかな。
小江戸パートを11時間、大江戸パートを19時間でどうか。
まあ、がんばってみるわ。




by nao-yamaniiku | 2015-02-24 22:01 | 最近のこと | Comments(0)
今日はロード+トレイル
2月22日(日)
c0206177_18223562.jpg
曇り空の寒い一日だった。
今日は、自宅から草花丘陵のトレイルに入り二ツ塚峠の先まで…
本当は五日市側へ降りようと思ったけど、青梅側の吉野街道に出てしまった。
ここは、良く分からないなあ。
吉野街道に走るクルマを避けて、滝山街道からまたトレイルに戻った。
結局、永田橋から福生を経由して自宅まで。
ちょうど6時間を42.73㎞ほど。
うちトレイルは17㎞といったところか。
c0206177_18182165.jpg
朝、たまリバーを通ったけどランナーは少なかった。
27万人外れたはずなのにどうしたんだろう。
草花丘陵からのトレイルはランナーや登山者にほとんど会わず。
その代りMTBは20人ぐらいすれ違った。

トレイルの30㎞過ぎで急に力が無くなった。
ハンガーノックである。
最近、走る時はあまり食べなくったからかな。
ジェル2個を補給する。
35㎞近くになって効いて来たみたいで元気になった。
やはりトレイルは楽しいな。

今日で山と合わせた今月の走行距離は500㎞を超えた。
明日からはとにかく疲労抜きである。
このところ恒常的に腰が痛いというか重たい。
足も重たい。
c0206177_18192592.jpg
大澄山近くの謎の建造物の中に『1970年』の落書き。
naoさんが11歳の時だよ。
その他にも『昭和48年』とか、思わず見入ってしまった。


by nao-yamaniiku | 2015-02-22 18:23 | トレーニング全般 | Comments(2)
土曜日だけど練習はお休み
2月21日(土)

昨日は遅くまで仕事だった。
遅くなるのが分かっていたので、帰宅ランのつもりでいた。
最近、真夜中に走るのが楽しくなりつつある。
翌日は休みだしね。
c0206177_21080934.jpg
上石神井駅を降りたのは0時少し前。
新青梅街道まで歩いて、そこから自宅まで走った。
だけど、荷物が重たい...
今日はあらかじめ走れるのに近い格好だったけど、それでもダメだ。
歩荷ランになってしまう。
通勤ラン出来る人の環境はどういうのだろう?
20kmちょっとを2時間31分かかってしまった。

寝たのが3時半という、いつもなら、もう30分ほどで起きる時間である。
でも、歳のせいか7時半には目が覚めてしまう。
来週の土日はレースなので、今日は家のことをいろいろ済ませておいた。
というわけで、もう眠いのである。
明日は、山行きのつもりだけど分からない。
腰の辺りに疲労が溜まっているみたい。
なんにせよ無理はしちゃダメだな。
起きてから決めればいいさ。

by nao-yamaniiku | 2015-02-21 20:56 | 最近のこと | Comments(0)
小江戸試走
2月19日(木)

今日は昨年の小江戸部分でリタイアの原因になった、川島ICのルートの調査へ行った。
この一年間、高速道路を通る時、圏央道の「川島」という文字を見るたびにドキッと心拍数が上がったのだ。
これマジです。
ついでに小江戸パートの後半部分も走って、当日に地図なしでOKにしようという作戦である。
当初は小川町駅からと思ったが、外はまだ寒そうだったので、東上線の鉢形駅まで行った。
駅からすぐそばにある浄恩寺エイドからのスタートにした。
c0206177_18513834.jpg
この辺りは、ロゲや東松山のスリーデーマーチとコースが同じような感じで、地図だけ見ても思い出せない所だったのである。
だけど、走り出すと去年のことが思い出されて来る。
しばらくはゆるい上り下りが多い。
一応、レース当日に右側、左側の通るルートもしっかり覚えるつもり。
みどりヶ丘歩道橋の先のマックに立ち寄って一応、仕事メールのチェックと返信をする。
こちとら休みだけど、世間は動いているのである。
20分ぐらいの滞在だったけど、この時間は時計を止めていた。
ペースが分からなくなるからね。
今日は、まだ疲労が取れていない。
走り始めはペースがつかめずキツかったが、10㎞過ぎてからようやく身体がほぐれて来た。
だけど、疲れを溜めたくないので、ゆっくりジョグ。
c0206177_18444335.jpg
c0206177_18453676.jpg
c0206177_18462333.jpg
マックでFB見てたらエイドが、石橋センターからこちらの唐子センターに変わったよう。
まっ、全然影響ないけどね。

そして、川越の会場、連馨寺より7㎞手前あたりから圏央道が見えて来た。
う~ん、緊張するなあ、なんて。
c0206177_18501519.jpg
でも、ルートは特に問題なかった。
なんだよって感じ。
だけど、スッキリした。
これで準備OKである。
c0206177_18520333.jpg
平日でも観光客の多い「時の鐘」の横を通り連馨寺に到着。
前回100㎞走った時、参拝しなかったので今日はしっかりとご挨拶をした。
全走行距離は40.63㎞、4時間42分7秒。
ペースとしてはキロ6分56秒といったところ。
本番でもこのペースで小江戸パートの91㎞を走れればいいけどね。






by nao-yamaniiku | 2015-02-19 18:57 | トレーニング全般 | Comments(0)
期待外れ
2月18日(水)

今朝は、てっきり雨だと思っていた。
4時過ぎにトレントを着て外に出たが雨は降っていなかった。
このところトレント君の活躍の場がなく、雨中のランの案配も確かめたかった。
10㎞ほど走ったけど結局雨に打たれることもなく、仕事に行くのに外へ出たら雨が降り出した、というタイミングの悪さであった。
期待外れの天気だった。
今朝で今月の走行距離はロードラン+山ランの合計で400㎞を超えた。
仕事も忙しいので、小江戸大江戸の一週間前に350㎞ぐらいと思っていたが、割と距離を延ばせたので良いだろう。
c0206177_08543695.jpg
実は青梅マラソンより、その前日の青梅高水コースの山ランの方が気になっている。
前半の榎峠まで、そこからの常福院までは思惑通り順調だった。
だけど、復路になって頭が冷たく頭痛がしそうだったので、ペースを落とした。
それは別に仕方ないのだけど、ペースを落とした途端に足が重たくなり走るのがキツクなってしまった。
心拍数は下がって頭痛はすることもなく、頭の冷えもなくなったけど、榎峠からフィニッシュまでの走りはダメダメだった。
疲れはあったが、調子は悪くないと思ったのにガッカリなのである。
こちらも期待外れな走りだった。

こんな走りだと焦って山に行きたいところだけど、最近のパターンだと返り討ちに合う確率が大である。
そうなると、また自信がなくなってしまう。
日曜日に山に行くつもりだけど、今回は基本『歩く』つもり。
トライアルは小江戸大江戸で結果を出してからである。
その前に明日はLSDで小川町から川越に行く予定だけど、朝起きて気が変わるかもね。

by nao-yamaniiku | 2015-02-18 23:36 | トレーニング全般 | Comments(0)
ダメージ
2月17日(火)

とりあえず、おとなしくしている。
今朝のランは、なんと10㎞をキロ9分以上の超スロージョグ。
セルフマッサージとストレッチも入念にね。
やはり、このところの股関節のストレッチのおかげか、股関節が痛くなることはなくなった。
以前だったら激しい走りや、走り込んだ後は股関節が痛くなった。
この歳になって日々のストレッチなど身体のケアが、重要だということを知ったよ。

いつもより時間はかかったけど、雨前の曇り空だったせいで寒くはなかった。
久しぶりに昭和記念公園まで行ってみた。
最近、早朝ランは同じコースばかりだったので気分転換にはなる。

思ったほどの筋肉痛はないようだけど、身体全体がだるい。
でもそれが山の疲れかレースの疲れかは分からん。
今週は木曜日に少し長い距離をゆっくり走る。
日曜日は「春一番?」らしいので山歩きかな。
もう激しい練習はしないと言っても、時間があるともったいないからねぇ。
なかなかジッとしていられないのである。

by nao-yamaniiku | 2015-02-17 21:29 | 健康管理 | Comments(0)
青梅マラソンレポ
2月16日(月)

青梅マラソンの早朝、いつものコースを10㎞ほど走ってみた。
前日の青梅高水山のトレイルランと、そのあとの帰宅ランの疲労がある。
足は重たく『こりゃ、キロ6分で30㎞はしんどいかも知れない』と思った。

前日に受付をしてあったので、ゆっくり会場へ向かう。
拝島駅から10時20分ごろの青梅行きだけど、この時間は座れる。
スタートもゼッケン番号順のブロックで決められているので、何十分も前から場所取りをする必要もなく、結構ギリギリで大丈夫である。
ここで体調が思わしくなくDNSのヤフシゲ氏に会う。
こんなたくさんの人がいるのに良く会えたなあ、なんて。

今回のゼッケンは過去最高に若い2700番台だった。
遠くのスタート位置も、どうにか見える場所である。
でも、いつものように、いつスタートしたのか良くわからないまま出発。
最初はだらだら歩き。
でも、スタートゲートの通過は1分34秒と過去最速。
ゲストの高橋尚子選手に手を振ったり。
やっぱ、あのお方はいいよねぇ…

最初のうちは、どのくらいのペースで走れるか分からなかったので、自重して前の人を抜かしたりはしなかった。
全体のペースがアップするのは、思ったより早かった。
足は痛かったけど前について行くしかない。
少しずつ登りになると抜かせるようになる。
でも、この辺での心拍はまだ抑え気味。
残念なことに今日は心拍数ベルトを忘れてしまって、感覚で行くしかないのである。
すでに喉の渇きと尿意がある。
でも、最初の給水は右側を走っていて取れなかった。
5㎞通過は26分57秒。
いつもの大きな数字のゼッケン番号より2~3分早い。
スタートからキロ5分ちょっとで走れている。
そうなるとトイレはガマンするしかない。
『出来るだけフィニッシュタイムを上げてやろう』という色気が出て来た。

下りはペースは上がるけど大腿四頭筋が痛む。
上りの方がラクに行ける。
徐々にスピードアップするが、得てして疲れている時は、早いペースのつもりでも遅かったりするのが常である。
だけど、抜かしっぱなしなので悪くはないだろう。
ようやく給水も出来た。
しかし、いつもそうだけど、ロードレースの給水はコップの中の水をほとんどこぼしたような飲み方になってしまい、いくらも飲めていない。
しかも鼻に入ったり、ガバッと一気に喉に入ったりしてよろしくない。
いつもは、立ち止ってゴクゴクと飲む給水ばかりだからなあ。
5㎞から10㎞は、22分58秒と思ったよりペースを上げられていた。

まだ苦しくはならないけれど、このペースが維持できるか分からない。
御嶽駅付近のハリマネ嬢は見つけられず…
だけど、14㎞過ぎで折り返して来たハリ天狗師はチラ見で確認出来た。
10㎞から15㎞は、22分57秒とほぼいい分ペース。
果たして今日は、20㎞からの残り10㎞をダレルことなく走れるのだろうか。
この辺になると足もこなれて来た感じがする。
痛いけど『オレはどこも痛くない。なぜならマシーンだからである』と最近マイブームのヘンな暗示をかける。

20㎞手前で高橋尚子選手が、コースの真ん中で選手に声をかけながらハイタッチしている。
彼女はさすがにアスリートだなあ。
元気な声だし、いい場所にいるよ。
ハイタッチしてもらって俄然元気になったフリをする。
今日は、ペースが上がらないと思ったので、アンダーのスキンメッシュの上に長そで、さらにTREKNAOの半そでと厚着であった。
日なたでは暑いぐらいだった。
風が強い日だったけど、走っている時はあまり感じなかった。
下り基調の15㎞からの20㎞は、22分6秒とペースアップが出来た。

20㎞からの長い登りもさして苦しいとは感じなかった。
そのあとの下りの方が辛い。
登りで一人抜かれたけど、その緑のシャツの人を追って行く。
ゴールまで自分のペースメーカーになった。
20㎞からの25㎞は、22分26秒だった。
登りがあったけどペースは落ちていない。

ここから心拍数を上げてラストスパート。
といっても緑シャツの人を必死に追いかけるだけ。
ゼーハー言い出したのがラスト3㎞。
時計を見ると2時間6分台のよう。
こうなると2時間20分を切るしかない。
沿道から「がんばれ~」の声援がありがたい。
でも、がんばってるんだけど…
フィニッシュ近くでよっちまんさんのかけ声を頂いた。

ガーミンの時計では2時間18分58秒だった。
『やった』と思ったが、速報を見ると2時間19分1秒だった。
25㎞から30㎞は21分37秒とスプリットベスト。
まあ、いいや。
『2時間45分が精いっぱいかな』と思っていたし。
ちなみに累積標高は249mだった。
もう少しあると思ったけどね。

とりあえず、自分的にはグッドだろう。
予想の2時間45分より25分以上も早い。
ケイレンもなかったし、故障もしなかった。
実は、ちょっと恐れていたんだけどね。
やはり、このところの走り込みと断酒により身体が整えられたのかな。
でも、レースはやはり前日や当日に過度な練習をすべきでないか、とも思ったり。
まっ、なんにせよ、いい方向で終わったのでよろしい。

青梅マラソンをエントリーしたのは昨年の9月19日。
5ヶ月先の予定なんて分からん。
エントリーした時は自己ベストを目指してと思ったけど、その後、いろいろありで大きく目標が変更になり、青梅マラソンの意味がなくなってしまった。
来年はどうかな?とも思うが、その時々での走り方もあるかもねなんて思ったり。
近いし、30㎞という距離は魅力的だし、ランナーのレベルは高いし、まあエントリーしてもいいかもなんてね。

昨夜は足が痛くて浅い眠りだったけど、日中はそれほど筋肉痛ではなかった。
だけど、調子に乗るとあとからガクッと来るのは必至なので自重するようにと自分に言い聞かせるのである。
c0206177_13281429.jpg

よ〜し、やったろーじゃんか。

by nao-yamaniiku | 2015-02-16 21:09 | ロードレース | Comments(0)
青梅マラソン完走
2月15日(日)

とりあえず完走しました。
タイムは2時間19分1秒。
走る前はどうなるかと思ったけど、やはりレースは違うなあ。
詳細は後日。
疲れた身体であるが、もうひと仕事家の用事があるのだ。
ヘロヘロだせ。
キビシィ〜。
c0206177_17162707.jpg

by nao-yamaniiku | 2015-02-15 17:12 | ロードレース | Comments(2)
青梅高水山コース~青梅マラソン受付~自宅
2月14日(土)
c0206177_17365822.jpg
予定通り山とロードで40㎞走った。
まずは、青梅高水山コース。
このコースは久しぶり、山も3週間ぶりである。
疲労はどうかな?と思ったけど、最初の林道はすべて走りきれた。
なかなかいい感じだった。
山道に入って、開けたところがカチカチに凍っていた。
少しのアイスバーンならこれでいい。
c0206177_17352695.jpg
c0206177_17354850.jpg
このコースを走った感想は「こんなにいい道だったっけ?」であった。
榎峠まで1時間7分53秒。
そこから常福院を目指す。
登りで汗をかいているが、頭が冷たい。
常福院まで31分24秒。
往路は1時間39分17秒。
3時間そこそこで戻れるかななんて思ったり。
久しぶりの参拝。
c0206177_17360580.jpg
登山者がいたので留まらず、すぐに折り返す。
この先はまた少し凍っていてゆっくり通過する。
なちゃぎり林道は積雪もあるが走れる。
山道を下って榎峠へ戻る。
36分34秒。
下りのくせに時間がかかる。
でも、距離もあるしね。
榎峠よりガーミン計測、往路2.51㎞、復路4.26㎞。

榎峠からの登りでロールパンを2個食べる。
が、なんかまだ頭が冷たく頭痛になりそう。
この場合、ペースを落とすしかない。
禁酒のおかげで血圧は正常になったけど、頭とかは怖いからね。
ペースを落とすと足も重たくなる。
結局、榎峠から1時間18分34秒もかかってしまう。
トータルは3時間34分27秒だった。
累計標高1624m。
少し休憩。
c0206177_17363817.jpg
そのあと青梅総合体育館へ青梅マラソンの受付に行く。
走り出すけど足が重たい。
もう少し走れると思ったのに…
3㎞弱で受付会場へ到着。
さっさとTシャツ、ゼッケンを受け取り自宅までラン開始。
新青梅街道に出て自販機でコーラを購入。
最後の食料であるゼリーと共に飲み干す。(別にコンビニで補給してもいいけど厳しくね)
予想以上に足にダメージがありペースは上がらず…

でもカランバを覗いてから走り出したら、何故かラッスンゴレライのリズムが頭をめぐる…「ちょっと待って、ちょっと待って、お兄さん」もね。
これってランには合うリズムである。
おかげでペースが少し上がって自宅へ到着。
16.93㎞だった。
2時間3分もかかってしまう。
山と合わせて40㎞ちょっと。
思惑通りである。
さて、明日のレースはどうなるのだろう?
楽しみである。

by nao-yamaniiku | 2015-02-14 17:50 | 奥多摩トレイルラン(青梅起点) | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
ランナーの旅行
at 2017-10-21 23:37
夏休み中
at 2017-10-19 23:13
静養中にUTMFの手を上げた
at 2017-10-17 23:26
奥武蔵の山へ
at 2017-10-15 17:55
運動会
at 2017-10-14 21:47
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ