nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
<   2015年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧
奥武蔵ウルトラマラソン2015年1回目試走
3年ぶりにオクムのコースを走って来た。
本当は、全部なんて思っていたけど、朝と夕方に用事が出来てしまい与えられた時間は5時間程度になってしまった。まっ、結果的に良かったんだけど…
c0206177_17272965.jpg
8時40分に毛呂山運動公園をスタートして、コースをなぞる。試走する人たちは、ほとんどが前半の20㎞ほどをパスしてグリーンラインに入るケースが多い。でも、レースと同じく20㎞以上走ってから鎌北湖への登り~グリーンラインを経験しておきたかった。

月、火と2日間休足したので調子はいいと思った。だけど、2度目の鎌北湖への登り北向地蔵への急登を終えると、とたんに足が重くなって来た。金、日の山行きの疲れが残っているのか、ザックが重いのか、力がないのか… まあ全部なのかな。
時間も迫って来たので、35㎞地点の先から折り返す。実はホッとしたりして… 折り返してからは下り基調なので多少ペースを戻せた。

結局、50.52㎞を5時間26分15秒。キロ6分27秒ペース。累積標高は1473mだった。全コースの累積標高は2127mだそうである。
c0206177_17255415.jpg
5㎞ごとに道路に距離表示が書いてある。でも、マイガーミンの奴は相変わらずの辛口である。道路標示が35㎞なのにガーミンは33.68㎞と言っている。道路標示が合っていれば多少救われるが…

タイトルに「第1回目」とあるけど、これからのスケジュールを考えると2回目は無さそう。日中に時間をかけて長い距離を走るなら今は山に行きたい。
天気は良くて気持ちのいいランだった。でも、もうちょっと速くなりたいなあ。

*備忘録5㎞ごとのラップ(ガーミンより)
~ 5㎞31分34秒
~10㎞28分49秒
~15㎞33分00秒
桂木観音への登り
~20㎞30分11秒
~25㎞37分38秒
鎌北湖、北向地蔵への登り、トイレ
~30㎞35分58秒
キツクなって来た
~35㎞37分40秒
ダメ…
~40㎞28分42秒
下り基調で調子が出てくる
~45㎞32分17秒
登り返しはキツイ
~50㎞27分25秒
下りオンリーも鎌北湖からダレた

by nao-yamaniiku | 2015-04-29 19:58 | トレーニング | Comments(0)
OTKはDNS

昨年は、情けなくも序盤で岩茸石山から御岳駅へ途中敗退したOTK(青梅から鴨沢)。今年の開催は、一週間後の5月5日(火)であった。
今年の『落とし前シリーズ第7戦』に入っていた。実はハセツネ30kなどもOTKを目標にしていたのである。コースはOTKの方が長いし(約65㎞)キツイからね。

すでにハセツネ30kの折に山トピの主、yahushige師には伝えていた。だけど、今日がエントリー締切日ということだったので、山トピの掲示板に参加表明した以上、正式に断らねばと「DNS」の投稿をしておいた。これで正式に不参加が確定。
まあ、仕方なしだろう…

でも、この場合、早めにアタックしないと、どんなに愛おしい相手でも期間が空いてしまうとさめてしまうのが、人生55年間の経験である。一応、GW空けの週末に画策しているが、果たして…
なにせ鴨沢まで着いたはいいが、帰りのバスの便が少ないのが難点。もちろん10時間以上かかるので、自分程度の走力だと早出がマストである。野暮用が多い身としてはスケジュール調整が大変なのである。

by nao-yamaniiku | 2015-04-28 22:22 | TTR(OTK) | Comments(0)
ハセツネ~ハセツネ30kコース
4月27日(月)

昨日の日曜日はハセツネからハセツネ30kコースを走って来た。
おとといの疲れがあると思ったが、意外なほどダメージはないのが不思議である。
おとといは三頭山まで5時間46分とそれなりにがんばったので、本当なら筋肉痛で苦しんでいるはずである。
まあ、歳を取って脳ミソがおかしくなったかもしれない。
だけど、入山峠59分、市道山分岐1時間47分、醍醐丸2時間19分と微妙におとといより通過タイムが悪い。本人は調子良く感じていたけど、やはり疲れがあるのだろう。

醍醐丸から第2関門へ下る。2週間前に2500人以上のランナーが通ったせいでトゲトゲ区間はきれいなトレイルになっていた。sasashinさんがジョグノで言っていたけど、まさに今が走り時である。こんないい状態なのに秋になると、またトゲトゲが復活するのだろうか。
第2関門から森久保分岐は27分以上かかってしまいガッカリ… 登り返しで少し歩いてから走り出すが、割と苦しくなく走れたけど、苦しくなく走ると入山峠までは39分と平凡なタイムだった。
c0206177_13115789.jpg
入山峠からは、オクムの下りを想定して盆掘林道のロードを下る。でも、途中で飽きて本日休業の採石場の自販機にてドクターペッパータイム。相変わらずのコロンの味がなかなかよろしい。
淡々と下って総時間4時間29分。距離は32.5㎞だった。

実はこのところというか、以前より両足の小指の爪の部分が痛んでいる。特に下りはシューズに触れて痛くなる。HOKAはその点ではだいぶ他のシューズよりは痛みが少ない。だけど、HOKAは木の根、石、岩に当たることが多く、転びやすい。実際、おとといも醍醐丸の登りの手前の平坦地でコケてしまった。
でも、今のところのマイ在庫はどれもロクなシューズがない。ならばと2012年のUTMFで使った1足2375円のシューズを履いてみた。要はただの運動靴である。木の根、石、岩に当ることはないが、小指は痛くなる。
今のところロードレースは昨年のお下がりのHOKAを使っている。青梅マラソン、小江戸大江戸200kmにも使った。ウルトラな距離ではOkである。
問題はトレイルであるが、小指の痛みと合わせて新しいのを検討すべきかな。小指の方は一度医者に診てもらった方がいいかも知れないが…
c0206177_13122297.jpg
一日おきのトレイルだったけど、山対応が出来つつあるのか、先ほど書いたようにいよいよ身体がおかしくなったのか、筋肉痛はない。なくはないが普通に歩ける。もちろん身体はダルイ。一応、今朝は休足したけど走れる体調だった。でも、最近、休養も大事なトレーニングだという位置付けに変えたのである。無意味な走りはしない。走行距離は追わない。その代り質の良い走りを続けるのだ。


by nao-yamaniiku | 2015-04-27 22:01 | ハセツネ試走 | Comments(0)
ハセツネ試走2015年1回目
4月24日(金)

貯まりにたまった休日を一日だけ取った。
OTKかハセツネかで迷っていたけど、結局、五日市へ向かった。
6時ちょうどスタート。
c0206177_18264698.jpg
一応、レースのシュミレーションでスタートダッシュを広徳寺まで。
それ以降、落ち着かせて今熊神社を22分50秒。今年はがんばりますと参拝する。行きたい気持ちを抑え気味に走る。調子は良さそうである。
入山峠58分ちょうど。
苦手な峰見通りも今年はすでにハセツネ30kのコースとなったので、6回目である。下りと平坦は後ろから選手に突かれている意識をし、登りで休む。今日はずっと足裏の土踏まずでの着地を意識する。
市道山分岐1時間45分47秒。まあまあかな。
醍醐丸2時間16分11秒。ここまで累積標高はマイガーミンで1366mあった。
実は、この先の日原峠先で給水するつもりだったが、入山峠を越えた辺りから『水はあまり要らないかな』と思い、ほとんど給水せず綾広の滝まで持たそうと思った。これが失敗。加えて今日はめずらしく朝から食欲がなく、給食もあまりせず。これも失敗か。
c0206177_18281353.jpg
c0206177_18292653.jpg
軍刀利(ぐんだり)神社で久しぶりに参拝。

醍醐丸から先は去年は一回しか行っていない。でも、過去何度も走っているので思い出すものである。ゆるい登りも走れてご機嫌である。
浅間峠3時間24分35秒。累積標高1896m。
c0206177_18311042.jpg
今日の天気は清々しいとはこのことだというような天気。とても走りやすい。平日なので人もいなくグッドである。
ゼーハーもせず淡々と進む。トレイル状態も良く走りやすい。
西原峠4時間55分25秒。ここで三頭山の登りで給食しようとミニクリームパンを取り出す。
三頭山の登りも最初はキツイが慣れてくる。ミニクリームパンを2個食べる。途中、三頭山の避難小屋を覗いてみる。以前よりきれいになっていた。なんて以前入ってみたのは10年ほど前だけどね。
三頭山5時間46分52秒。累積標高は3048m。
約36㎞で先週の六甲全山縦走と同じ累積標高である。
c0206177_18320627.jpg
昼時になりお腹がすいてきたけど、鞘口峠からの登り返しで食べればいいやと下りだす。セコセコしないで、山頂でゆっくり食べれば良かったよ。

鞘口峠まで下って登り返し。ここはキツイパートである。登りながらパンを食べる。ゼリーも飲む。そして給水。
登り切って下っている途中に突然、胃がムカムカし出す。まったく前兆は無かったのに… 気持ち悪くて走れない。歩き。
以上、これで終了…
最後まで行けないことはないが、今日はおしまいにした方がいいだろう。せっかく三頭山まではいいペースだったけど仕方ない。

やっぱ、こまめな給水と給食だね。いつまで経ってもド素人さ。
まっ、今日は最初から鞘口峠までのつもりということにしておこう。

風張峠から周遊道路に出て、浅間尾根から数馬に降りた。
バス時間待ちは1時間以上あり、少し先に進んでバス停でひっくり返っていた。
でも、浅間尾根ではもう気持ち悪さは無くなっていて、ルンルンに走っていた。まったく…なんだよ。

奥多摩の山を走るには今がいいですね。これからのGWにおススメいたします。
c0206177_18325189.jpg

by nao-yamaniiku | 2015-04-24 18:33 | ハセツネ試走 | Comments(2)
明日は山だ
4月23日(木)

今週は、月曜日から走っていない。完全休足なのである。
なぜなら、明日は山に行くからなのである。

OTK(青梅〜鴨沢)かハセツネ全周。OTKは山トピさんの企画が5月5日にあるけれど、どうやら出場困難な状況になった。OTKは、『落とし前レース全7戦』のうちに入っていたのだが...
そのため、本来ならOTKに挑戦するのが当たり前だろうけれど、なんか心はハセツネ全周に傾いてしまった。
昨日の夜まではOTK、今朝になってハセツネ、昼はまたOTKと何度も心変わりしている。

まあ、どっちみち同じ時間に家を出るので明日の朝に決めるよ。
問題は、先週の六甲全山縦走の疲労が取れていないような感じであること。しっかり休んだつもりだけど、歳を取って疲れが抜けなくなったのか?
とにかく撃沈だけは避けたい。
まっ、とにかく行って来ますわ。
なにしろnaoさんが最も好む平日の山なので、とても楽しみなのである。


by nao-yamaniiku | 2015-04-23 19:47 | 最近のこと | Comments(0)
体重のこと
4月22日(水)

禁酒する前の9月頃の体重は61㎏~63㎏ぐらいの間で、特に体重のことは問題にしていなかった。体質的に太りやすいかというと、ごく一般人の初老の方々と同じく、運動しなければ体重は70㎏近くになる。実際、40歳頃、走る時間がなかった時期は68㎏台だった。
禁酒して1ヶ月すると体重の変化はないけれど、何故か腹回りがスッキリしてズボンがゆるゆるになり始めた。こういうことも禁酒の喜びである。これは夢の60㎏アンダーのチャンスかと思ったけど、禁酒と同時にダイエットはキツイだろう。

だけど、正月に嘔吐下痢症になり体重は59㎏台に落ちてしまった。飲酒願望もなくなりつつあったので、ちょうどいいやと高校生時代の58㎏にすべく食事制限を始めた。
60㎏台からわずか2㎏ぐらいだけど、これがなかなか辛かった。

朝食は絶対欠かせず(休日は除く)、昼食も夕方まで腹が持たないとイライラして、仕事の影響がある。ということは夕食を何とかしなければならない。
まずいタイミングでオヤジ55歳にしてスィーツに目覚め、夜の楽しみになっていた。これを止めるのは可哀想だろう…ということで、当然、夕食の量を減らすしかない。
これまた禁酒と同じく結構キツイ。3ケ月以上経つけどまだ慣れてない。
最初の頃はお腹がグーグー鳴って寝るどころではなかった。今は寝る時は大丈夫だけれど、食事・スィーツを食べ終わっても物足りなさは残る。ついついたくさん食べてしまう日もある。

最初は、一日のカロリー計算なんてやって見たけど、めんどくさい。逆にストレスになったりするので止めた。
今週は運動を止めているので59㎏ちょっとになっているけれど、普通にランのある生活をしている分には、58㎏台でBMIは19台になっている。
この4ヶ月近くは努力の甲斐があり思惑通りとなっている。ただし、このことが走るのにどれだけ好影響を与えているかはわからんというのが、naoさんらしい。
ということは実は何のためにやっているのか分からないのである。

さて、これからが大変なのである。今までは寒かったので身体を温めるというエネルギー消費があり、ダイエットはし易かった。暖かくなってそれがなくなってしまうので、その分の食事量を減らさなければならない。暑くなって汗をかいても水分だけの問題で、痩せることは関係ないし。
あとは運動量を増やすか… これも大変だよな。


しかし… 夜にビールを飲みながら、たらふく食べていたのに、オレもずいぶん変わったものだ。

by nao-yamaniiku | 2015-04-22 21:37 | 健康管理 | Comments(0)
山対応へ
4月21日(火)

どうすれば疲労が早く取れるのか。山のレースや長距離の行動はロード以上にダメージが大きい。
今週は週末にまた長い山行きを予定しているので、平日は極力疲れを取ることにしている。なので昨日、今日とランは休みにした。
でも、休むこともなかなかのストレスなのである。今月のロードと山を合わせた走行距離は190㎞ほど。凡人なのでどうしても走行距離が気になってしまう。今さら走行距離を延ばすことが、力をつけることでないと分かってはいるけど…

実は、これからの練習をどうすべきか?と悩んでいる。といったら大げさだけど、ちょっと手詰まり感があるかな。
だいたい思うのは、①ロードのロングの対応②山への対応(登り下り)③スピードをつけるなんてこと。時間が限られているのにそんなに出来るわけなし。まして出来たとしても身体が持たんだろう。

ここは季節も良くなって来たので、まずは『山』だろうなあ。だけど、前述したように山をがんばると疲労が大きく平日は回復週となってしまう。これがもったいないような気がするのである。
まあ、休養も大事な練習ということ。でも、どうしても朝はいつものラン時間に起きてしまう。仕方ないのでワンコたちとゆっくり散歩。ワンコたちはnaoご主人の休足を喜んでいるだろう。
それに週一で山に行ける環境に感謝すべきである。
ということで単なる贅沢な悩みだったという結論であった。



by nao-yamaniiku | 2015-04-21 22:01 | 最近のこと | Comments(0)
六甲全山縦走2015年4月版
4月18日(土)

なんとなく疲労も残っているみたいだけど、チャンス到来なので六甲全山縦走をして来た。
昨年の2014年は4回もコースに入ったという、ハセツネのコース以上にマイコースとなっていたのである。
c0206177_19564708.jpg
8時過ぎにいつものように塩屋からのスタートにこだわっているのだ。大会は人数が多いから須磨からだが、本来は塩屋からなのである。
c0206177_19571080.jpg
c0206177_19573913.jpg
c0206177_19590801.jpg
c0206177_20000665.jpg
このコースは海、島が見え、園地、住宅地、アルプス、山上神社、川、ロード、別荘地、ゴルフ場、そして最後は静かな山旅が出来るという、なんでもありのコースでなかなか魅力的である。
コースは、頂上を登って下ってと累積標高は3000m以上ある。しかも前半の20kmちょっとの摩耶山で2000mほど稼いでいるのである。

走り始めて30分ほどのおらが茶屋からの階段状の下りで、すでに大腿四頭筋が痛み出す。でも、これは想定済み。ここからリカバリーするのが今日の課題でもある。しばらくは登りにあまり力を入れないで進む。
だけど、なんとなく調子はいいようである。
c0206177_19593718.jpg
このコースは若い人が多い。そして、高級タイツ着用率は高い。トレイルランナーのような出で立ちでカッコいいのだ。

菊水山までで2時間34分ぐらいだったので、気分がいい。
だけど、摩耶山から宝塚までで、自分としてはいい感じと思っていたけど、タイムは出なかった。

結局、7時間22分30秒だった。累積標高は3058m。
ゴール手前で集団の登山者を抜かした。彼らは間違いなく宝塚温泉に行くだろうから、コーラを我慢して宝塚温泉でフィニッシュ。
ゴールの目の前が温泉というのも楽である。

ハセツネ30kの疲れもあったけど、天気は良く楽しかった。たまには山で楽しまなきゃね。

~旗振山 18‘57
~横尾山 32’11  51’08
~高取山 47’06 1:38'14
~菊水山 56’14 2:34’28
~鍋蓋山 29’45 3:04'13
~摩耶山 74’03 4:18'16
~六甲山 94’04 5:52'20
~宝塚  90’06 7:22'30

by nao-yamaniiku | 2015-04-18 22:29 | 六甲縦走 | Comments(0)
その後…
4月15日(水)

日曜日のレース後の夜は、疲れているけど身体が痛く浅い睡眠だった。これは激しいレース後はいつものことである。
幸いにして?なのか筋肉痛は翌日に来た。だけど階段の下りで顔をゆがめるようなことはなかった。

火曜日も休足しようかと思ったけど、朝、目覚めると足が動きそうだったので外に出てみた。3㎞ほどでこなれて来て、10㎞ほどをキロ6分10秒ぐらいのペースで走れた。今朝は時間があまりなかったけれど、7㎞ほどをキロ5分43秒のペースだった。
まだ、大腿四頭筋は痛むが、走っている時は身体がガチガチになるようなことはない。

体重の方は、レース前が58.3㎏でレース後の月曜日の朝も58.3㎏と変わりなし。レース後の日曜日はそんなに食べたつもりはない。57㎏かひょっとして56㎏台ぐらいにガタ落ちしていると思ったけど意外だった。
月曜日から火曜日の昼間までは『いい物』を食べようとしたが、『レース後にいい食べ物』とは何だろう?と相変わらずのシロウトである。今回は小江戸大江戸の時のように身体全体、内臓まで痛んでないよう。なので昨日の夜からは通常のパターンの食事に戻した。
ハセツネ30kのご褒美にと1個800円ちょっともするゼリーをデパ地下で買って楽しみにして食べたが、あまり美味しくなくガッカリだった。ケーキ2個にすれば良かった… と女の子なのである。

山トピ様プレゼンツのOTK(青梅から鴨沢)はどうやらDNSとなりそう。GW中に兵庫から孫1号が来るらしいのである。「孫がオレのすべて」ということさ。だけど、その前に今週、関西の出張ついでに孫1号に会いに行くつもり。
なあんて、本当の狙いは『土曜日に六甲縦走』ということなのである。

by nao-yamaniiku | 2015-04-15 21:43 | 健康管理 | Comments(0)
ハセツネ30k2015年版
4月13日(月)

8時過ぎにスタートゲートに行く。だいたい3時間のプラカードの見える場所で待機する。頭の中で何度も4時間の各ラップを反芻していると自然に時間が経った。前日までの肌寒い天気と違って、走るには絶好の気候である。

いつものようにいきなりスタートになる。
『慌てないように…』と言い聞かせる。やっぱり最初は抜かれる一方である。でもこれは予定通り。檜原街道から沢戸橋を過ぎるといよいよ登りに入る。心拍数を160前後に調整する。このあたりでは調子がいいのか悪いのかまだ分からない。だけど、足が固まっている感じがするのが気になったりする。
周りの速いペースが気になるけれど、とにかく前週の試走通りのペースを守る。でも、少し速くなってしまうのはレースならではだけどね。
6㎞過ぎると周りも似たようなペースになり抜かれることはなくなる。8㎞から登りの勾配が増すと、みんなのペースが落ちてくる。そして計画通り9㎞ぐらいで『もうすぐ山、山』と山足に対応すべく言い聞かし、少しペースを落とす。
トレイルの取り付きでは10mぐらい並んでいた。時計をチラ見したら53分台だったような…少し立ち止まって北沢峠までは歩き。ロスはあるけどこのぐらいだったらいい休憩になるとおもえばいい。ここでチャンスと最初のジェルを食べる。この後の選手はだいぶ渋滞したよう。北沢峠でラップを押すのを忘れて、先の鉄塔でガーミンのラップを押す。

・スタートから北沢峠先 57分40秒 心拍数158
予定より2分半ほど早い。

さて、ここから毎度毎度撃沈の峰見通りとなる。前の選手にひたすらついて行く。少し前が空くと後ろが気になる。そうすると「今日もダメか」と思ったり。ここはトラウマだからなあ。極端に遅い選手は抜かし、とにかく集団の流れに乗る。それでもペースは早めである。やがて辛抱の甲斐があったか途中の長い登りでなんとなく調子が出てくる。開けているところの登りでは『やった感』があった。そして2個目のジェルを食べる。なんとか課題であった峰見通りをクリア出来そうで楽しくなって来た。


・北沢峠~市道山分岐 39分59秒 累計1時間37分39秒 心拍数166
予定より7分半ほど早い。ちょっとこの後が心配になる。

市道山分岐からしばらくは下り基調になる。この辺では後ろからのプレッシャーは感じなくなった。後ろを気にしなくてもいいんだけど、どうしても気になってしまうのである。
やがて平坦の走れるところを過ぎて、何段かの登りになる。登りになると調子良く前の選手をパスし出す。15kポスト手前で3個目のジェル。給食も予定通り。
15ポストから第一関門までは意外と距離があったのが予想外だった。道も泥で下りにくいのにスピードが出てたりして、足を使ってしまった感があった。

・市道山分岐~第一関門 30分30秒 累計2時間8分09秒 165
この間の予定は30分なのでほぼイコール。累計では7分ほど貯金。

第一関門からの下り。この調子だったら目標の4時間を切れそうだと思った。この下りはだいぶ選手間が空いてばらけている。あとから思うともう少しこの下りではゆっくり行った方が良かったかも知れない。大腿四頭筋をだいぶイジメてしまった。
でも、ここで飛ばしても後に影響しないような力を付けないと先に進めないよなあ。民家が見えるとやや平坦になり、なんとなくダレて来る。いい加減飽きて来るころにようやく森久保分岐となる。

・第一関門~森久保分岐 22分58秒 累計2時間31分7秒 心拍数165
予定より1分ほど早い。累計では予定より9分の貯金が出来た。この区間のペースはキロ4分24秒だった。

森久保分岐から今度は2㎞ほどの登りになる。意外なことにここで歩いている選手が多い。やはりみんな足を使っているのか。自分もどうかと思ったけどなんとか走れる。実は峰見通りからだけど、ずっと女子のウルトラトレイルのスペシャリストの小〇選手が見える位置にいた。50m先で彼女も走っているので目標として懸命について行く。そして、一番キツイ急なトレイルの登りとなる。
ここで、右のスネ、次に左のスネがケイレンしそうになり痛くなる。ペースを落として歩き4個目のジェルを食べる。登りきった辺りで痛みが消えた。
入山峠までは走れるところ。なんとか走って前を追うけど、鉄塔を過ぎたところから右の大腿四頭筋内側が痛くなりケイレンしそうになる。この部位はいつもケイレンするところ。なんとか誤魔化して走るけど、誤魔化せるわけはない。周りの選手は入山峠を目前にして元気が出たようで置いてけぼりになってしまう。ムムム…
なんとか足を引き摺るようにして入山峠にたどり着く。

・森久保分岐~入山峠 34分27秒 累計3時間05分34秒 心拍数171
目標は36分だったので1分半ほど貯金が増え、累計で10分近くなった。

入山峠でひと息ついてから進むが、100mほどでとうとう右、左とも大腿四頭筋の内側が大ケイレン。邪魔な場所だけど立ち止るしかない。端によってジッとケイレンが過ぎるのを待つ。『チックショー、ここでかあ…』ここで撃沈したら4時間切れない。少し立ち止まってゆっくり先に進む。しばらくすると左側は収まったが、右側が厳しくなって来る。『どうするどうする』、『そうだ安全ピンだ』とハリ天狗師より教わった安全ピンをチクチクと刺しながら歩く。ここで思ったことは、ここでケイレンにて終了は今日に限っては出来ない。あんなにキツかった禁酒、そしてダイエットを思うとちょっとの我慢じゃないか。ビールが飲みたくて我慢出来ず、深夜、コンビニに行ってビールの前で佇むこと一度や二度ではなかった。苦しんだことを思い出した。禁酒でわかったこと。我慢をして、いよいよ我慢が出来なくなった時から本当の我慢が始まるということ。
チクチクと安全ピンを刺していると不思議と良くなるが、今度は左側が痛んでくる… 『まったくいつもお前らはなんで交替なんだよ』左も刺す。すると右のお尻の下の部分…と痛いところが変わって行く。だけど、少しずつ走れるようになる。ここから広徳寺まで安全ピンを持ったまま行く。この区間は当然抜かされるばかり。情けない。なんとか今熊山へ。

・入山峠~今熊山 23分13秒 累計3時間28分47秒 心拍数159
予定でこの区間は20分だったので、3分ちょっとのオーバーとなってしまう。でも、大ケイレンの割にはこのタイムで収まって良かったとも言える。

今熊山からビビリながら下り始める。下りは大腿四頭筋をイジメルのでケイレン必至の状況である。加えて元気いっぱいな選手にガンガン抜かされる。このパターンはいつもながら嫌なものである。初めはゆっくり下りだすが、なんとかなりそう。前の選手を必死に追いかけるというかついて行く。変電所に出たところで再びケイレンし安全ピンを刺しまくる。その後は、フィニッシュに近づいているせいか足は痛むがぎこちない恰好でなんとか走りきる。苦痛に顔がゆがむがゴールでは作り笑いでフィニッシュ。

・入山峠~フィニッシュ 20分29秒 累計3時間49分31秒 心拍数164
この区間の予想は24分と甘めだった。とにかく目標の4時間切れてひと安心。だけど入山峠からの6㎞あまりが不甲斐ないせいか今ひとつ。ケイレンしたけど体力的にはまだまだ限界ということではなかった。でも、これも実力かな。
c0206177_15484979.jpg
『落とし前シリーズ第2戦』も小江戸大江戸200kに続いて判定勝ちだけど2連勝という自己採点。次もやるぜ。

スタート前、レース中、レース後に大勢のお知り合いの方に会えてお話で来てよかった。また、ブログを読んで頂いている方にお声を頂いた。ありがたいものです。
大会主催者、スタッフの方々、アプローチの悪い山中での応援ありがとうございました。
c0206177_15501665.jpg

安全ピンの跡である。虫刺されのよう。

by nao-yamaniiku | 2015-04-13 21:39 | ハセツネレース | Comments(6)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
7月
9日(日)
トレニックワールドin外秩父約50㎞

10月
8日(日)、9日(月)
日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
今熊山12本ピストン
at 2017-06-25 15:28
今の健康状態
at 2017-06-23 22:02
富士山ね、うーむ
at 2017-06-22 21:17
とにかく疲労抜き
at 2017-06-20 22:09
ハセツネ全周2017年6月編
at 2017-06-19 06:36
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ