nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
<   2016年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧
保険
親しい人からは、今回の病気でいくらかかったか聞かれる。
入院中に意識が戻り、考えられるようになると費用が心配になった。まったく見当がつかなかったのである。
手術、1ヶ月の入院中に救命緊急センターは2週間。その間は、看護師さんと一対一だった。
人件費だけでも相当なものだろう。

素人としては治療費、入院費が相当かかると思うのは当たり前である。はやめに退院したのも費用にビビったというのもあった。
そろそろ処置をすることがなくなって、2週間以上先に大きな検査をするという。なんなら退院してもいいと言われた。
ならばとすぐに退院を決めた。お金を用意しないといけないので事前に金額を聞いた時、『これだけでいいの?』というのが第一声。信用出来ず、『全部でいくら?』と再度聞き直したりした。高額医療費制度が効いてるよう。

さらにその後の生命保険。以前、子供が小さかった頃は死んだら多額の保険だった。でも、ある程度、子供が大きくなって見直しておいた。病気になった時や障害になった時に厚くしたのである。保険金もすぐに支払われた。しかも目の障害が残ったということになっていたので、小市民としてはビックリな金額である。
病気になって儲けたのである...なんて。

保険を見直したのは、保険会社の営業の人が病気になった体験を聞いたのがキッカケである。このオレが自分から調べて云々なんてするわけがない。でも、見直しておいて良かった。あの時のオレと営業の人に感謝である。


退院して家に帰ったらものすごく寒かった。2月9日で寒波到来の頃だった。しかも日中は、まったく当てに出来ないワンコ2匹だけである。当然、体調もまだ悪く、とても心細かった。看護師さんの有り難さを痛切に感じた。意外な治療費・入院費だったので、退院したことを後悔したのであった。
もう少しノンビリすれば良かったよ。
c0206177_21014058.jpeg
今日は、今年になって初めての関西行きである。ようやく出張もOKになった。
大したことはない、と思っていたが、完全アウェーでの交渉でノックアウトを食らうとダメージが大きい。
イジイジしてストレスを溜めるなよ、殺されるわけではないよ、と言い聞かすのである。






by nao-yamaniiku | 2016-06-16 21:21 | リハビリトレーニング | Comments(0)
SH-R171Lシマノバイクシューズ
6月4日(土)に孫2号家に行った時、暇に任せてポチッたバイクシューズ。
定価22,000円を半額ほど。それでも1万円を超えるので、ランニンググッズだったら躊躇してしまう金額である。でも、バイクの場合、フレームやホィールで10万円単位は当たり前なので金払いはいいのである。

買ったシューズは、シマノのSH-R171L。いろいろなメーカーを履き比べて来たけど、やはり日本人なのだろうか?シマノがフィットするような気がした。本当はバイクに乗って試さないといけないのだろうが、まあ、いいのである。
販売価格からカタログから消えた年度落ちかと思ったが、今年もまだカタログに入っていたよう。でも、在庫処分しているので、来年はニューモデルになるだろうね。

実は、20年以上バイクに乗っているがバイクシューズは3足目である。最初はsidi。これはトライアスロン珠洲大会で紛失。
急遽、買った安い、今では絶対誰も履いていない、珍しい、逆に価値があるか? アディダスを使い続けて十数年が経つ。
オレごときの実力ではたいして変わらないのである。バイクもポンコツだし。お似合いよ。

でも、足につけるものは走りに影響するというのが、バイク乗りが言っていることである。ちなみにペダルはアルテグラ。
病気から生還して、当初は諦めていたバイクだったが乗れるようになった。当然、ご褒美があってもいいだろう。
買うと言っても定価では買えない。で、半額近く割引になっていたから選択肢はなかったのである。本当はトライアスロン用が欲しかった。でも、トライアスロンに出てもトランジッションタイムを気にするほどの選手ではないしね。
c0206177_19411825.jpeg
色はブラック。でも、見た感は革靴みたいで、自転車に乗って仕事でも行くのかよ、という感じである。肝心の履いた感じは、『あっ、そう』であまりピンとこなかった。でも、ペダルを回してみると一体感がある。ソールが固くていいね。回す足が軽く感じる。でも、足を見ると革靴みたいなのでガッカリするけど、まあいいや。

バイクは心拍数を上げても身体に優しい。手、足裏、お尻の3点で支えているのでダメージは少ない。でも、転倒のリスクとメンテナンスの面倒くささはあるけどね。知識がないくせに、全部自分で組んでいるので当てには出来ない… でも、工賃は払えないのである。

今朝は、多摩湖のアップダウンの片道3㎞コースを何度も往復で40㎞、AVE26.2km 。なかなか面白かった。日の長いうちは早朝バイクがいい。

by nao-yamaniiku | 2016-06-15 21:38 | バイクメンテナンス | Comments(0)
西吾野駅~子の権現~竹寺~大高山~飯能まで
c0206177_16405950.jpeg
山に行くことは決めていたが、どうしようか迷っていた。ユーロのイングランドVSロシアを見ながら、何気にトレニックワールドのサイトを見たら今日は飯能・越生のレースがあるではないか。
よし!とユーロは途中で止めて、山の仕度はしてあったので駅に向かった。
c0206177_16413215.jpeg
西吾野駅に着いたのは7時ちょうどぐらい。
ここからコースを逆走して選手とすれ違う作戦である。レースは飯能を7時半スタートなので、トップ選手は竹寺辺りですれ違うかな?と思っていた。

西吾野駅を出発して、コースを思い出しながら進む。山と高原地図は持ってきたがレースのコース地図は忘れたのである。
でも、やっぱり子の権現までのルートをロスト。仕方なので、途中で舗装路に出たのでそこから子の権現まで向かう。
でも、コースをロストしたのはこの区間だけで、あとは大丈夫だった。
c0206177_16451881.jpeg
西吾野からのトレイルはいい感じだったけどね。
竹寺ではエイドの準備をしていた。

選手とすれ違ったのは、前坂の先、飛村あたりだった。
そこからは、ずっと選手が前から来るので、道を譲りながら進んだ。でも、もっと数珠つなぎになるかと思ったが、そうでもなかった。どうも参加者は少なそうである。

大高山下の最初のエイドでは多くの選手が休んでいた。レースではここまで12㎞ぐらい。昨年は、スタートから2時間13分もかかったのである。コースのキツさは十分に承知している。
大高山までの間にお知り合いの方々とたくさん会えた。がんばっている姿に刺激を頂きました。『naoさん』とお声をかけてくれた選手もいた。みなさん、レースにも関わらず病気のことを心配してくれたり、余計な応援者であったかも。でも他の応援者は見かけなかったなあ。

大高山を過ぎると、あとからスタートした30㎞の選手が多くなっている。だけど、数が少ないみたい。
天覚山で最後の選手に会った。トップとすれ違ってから4㎞ぐらいじゃないかな。
天覚山からはスピードアップと言いたいが、こちらも20㎞ほど走ってダルダルである。スピードは出さないが辛抱強く走る。だけど、飯能アルプスのアップダウンはキツイよ。『多峰主山まで5㎞』の標識にはガッカリしたが、がんばる。

飯能までは27.13㎞。5時間37分36秒。累積標高は1838mだった。
いや~疲れたぜ。
c0206177_16425309.jpeg
そげんさん優勝おめでとうございます。トップなのにわざわざサングラスを外してくれたりして、すみませんでした。



by nao-yamaniiku | 2016-06-12 18:14 | 奥武蔵トレイルラン | Comments(4)
しょうがないなあ
c0206177_12193086.png
自分の置かれた状況を客観的に把握出来ないのである。
目標にすると無理してしまうので、エントリーしたことを今は忘れよう。夏が過ぎて体調を見ながら対策を立てればいいや。

しかし、今年はお知り合いが多く参戦するよう。全員、自分より実力はあるランナーばかり。無様な姿を晒すのか、励みになるのか。まっ、naoさんのことなど眼中にないだろうけどね。こういう事に一々気にする事が脳疾患の元なのである。チキンハートよ去れ、である。

c0206177_12195036.jpeg
昨日は某SEAに行った。ショッピングセンターやテーマパークの場合、同じところを何度も歩く。とにかく無駄に歩く。
12時間びっちり歩かされた。ものすごく疲れた。足が棒。
たぶん、12時間走る方が気持ちが楽である。
アトラクションも物によっては頭や心臓に良くない。休憩できるのでショーは好き。30分ぐらい船を漕いでいると、あとからたしなめられるけどいいのである。
しかし、ビッグバンドビートは、今まで見たミッキーの中で、1番レベルが高いと思った。(あくまで素人の私見)

あまりのヘロヘロさに『本当に日頃、走っているの?』と疑われそう。だけど、今は『病後だから』という言い訳が出来るのだけが利点である。
c0206177_12212870.jpeg


テーマパークに24時間いるのと24時間走るのどっちがいい?』と問われれば、『走る方』と答えるだろうなあ。




by nao-yamaniiku | 2016-06-10 20:04 | 24時間走 | Comments(4)
病気後の変化
<病気を経て変えたこと>
・カップ麺・インスタント麺は食べない。
・外食のラーメンが激減。食べる場合、スープは飲まない。
・みそ汁は具だけで汁は飲まない。
・漬物類、塩分過多の食品は食べない。
・とにかく野菜類は多く食べるようにしている。(野菜ジュース含む)
・サラダは何もかけない。パンと食べる場合、少量のマヨネーズをかける。
・食卓・テーブルの醤油・塩は使わない。寿司・刺身類も今のところノン醤油である。旨くないのであまり食べない。
・スイーツ・お菓子は一週間に2~3日ほど。
・睡眠は自宅・電車等含め7時間目標にしている。
・歯はなるべく磨くようにしている。
・顎に力を入れない。いつもリラックスを意識している。
・適度に目をつぶって一分間を目安に瞑想している。(一日10回ぐらい)

<病気を経て変わったこと>
・目の焦点が合いにくい。
・目が疲れる。
・忘れやすくなった。
・汗が出なくなった。
・暑さをあまり感じなくなった。(いまだにスーツ&ネクタイでがんばっている)
・心拍数が40台から50台になった。
・疲れやすくなった。
・肩痛・首痛・腰痛がする。
・右後ろが少しハゲた。
・周りからくも膜下野郎と見られ、少し距離を置かれるようになった。
・家族に頭が上がらない。
・家でおとなしくなった。

やはり一番変わったのは食生活。制限があり可哀想なのだ。
でも、自分好みで好きなように暮らすには、あまりにも身体にとって良くないよう。少しぐらい節制した方が楽しい、という強がりである。
しかし、ざっと見るとモウロクしたものである。

まあ、こんな記事が多いのは、まだ病気を引き摺っている証拠。あの時のことは鮮明に覚えているし、『いつまた…』という恐怖がある。

仕事では、腫れものにでも触るように見られているが、最近は出歩くことも多くなった。クルマの場合、運転が免除なのは家と違って優しいのである。とても楽チンなのだ。
c0206177_19075479.jpeg
c0206177_19080901.jpeg
辺りをつけてた場所は廃墟になっていた。これもなかなかいいのである。

来週は出張開始になる。そろそろ本格的に活動しなくては。

by nao-yamaniiku | 2016-06-08 21:12 | リハビリトレーニング | Comments(0)
誰か止めてくれ!
どなたかこのおバカおっさんを止めてくれ!

土日は、兵庫の孫1号家へクルマで往復した。長時間の運転は無口である。行き返りで14時間ほどの時間があれば、言葉を発しないと頭の中はあられもないことを考えるのは当然である。それに孫1号家へ行っても、婿一家のご挨拶・孫1号と遊ぶ以外は、自宅にいる時より時間がタップリある。しかも、外は雨である。
土曜日の夕方、雨が止んでいるうちに走りに出たが、すぐに降り出し退散した。シューズの替えを忘れてしまったので、グチョグチョに濡れたシューズで運転をしたくなかったのである。なので暇だったのである。

まずは、復活したバイク用にと、かねてから不備があり過ぎたバイクシューズをX社にてポチ。これは、前からアタリをつけていて、暇なことで背中を押されたのである。まあ、これはバイク復活のご褒美としてはいいだろう。
トレイルやロードの装備を買う時は、1万円出すのは相当勇気がいるが、バイクだと割とあっさりなのである。バイクだと金銭感覚が麻痺してしまうようである。いつまで経っても初心者で宝のナントカなんだけどね。

6月7日午前0時から神宮外苑24時間走のエントリーが始まる。もちろん今年はそれどころではないだろう。でも、12月17日の開催となると話が変わる。なんとかなるのではないかと思ってしまう。しかも、24時間走はフルの距離をクリアすれば記録として残るのである。ということは体調が万全でなくても、休み休み24時間走り42.195㎞以上走れば良いのである。
それから9月3日のトレニックワールドの100マイル。絶対きついコースの100マイルの制限時間が33時間。これは挑戦し甲斐があるだろう。『どこまで出来るか、行けるか』なんて考えてしまう。

土日は、運転しながらずっと24時間走と100マイルのことを考えて、いつの間にか出るつもりになっていた。妄想していたのである。
今年出ないと今までの流れを断ち切ってしまうようで… でも、いったん断ち切るのが今年の使命なのに。今年は一からやり直す年のはずだろう。
ちょっと走れるようになると、病気で苦しんだ日々のことをすぐ忘れてしまうのである。

今朝もまだエントリーするつもりでいた。ワンコの散歩から5㎞のランニング中も考えていた。考えていたというより考え直していた。
出した結論は、100マイルのトレイルはダメということ。9月だと時間がない。レースを走ることより、レース前の100マイルの練習でのダメージが怖い。トレイルを走り始めているが、本格的にはまだ1ヶ月である。少し熱が冷めるとごく当たり前な結論になる。

しかし、24時間走までは6ヶ月ある。エントリーは今日の日付が変わった午前0時に開始になる。これも明日の朝になって気持ちがどうかを見てみる。
というか、お願いだからさっさとエントリー締切になって欲しい。ついでにトレニックワールドの100マイルもね。
このブログを読んだ人は、どんどんエントリーして早く締切にして、このオッサンの妄想を止めて欲しいよ。

まずは無事に梅雨~夏を越すことが最重要である。



by nao-yamaniiku | 2016-06-06 20:37 | 最近のこと | Comments(2)
この土日は兵庫へ
この土日は兵庫の孫家へ。
病気で心配をおかけしたので婿さんのご両親へ御礼するためである。なんてのは口実で孫1号に会いたいからね。
兵庫は遠いので電車でとも思ったが、ハイブリッドに替えたからね。燃費性能を確かめたいのである。
クルマの運転は目が不調のため、なるべく避けていた。でも、バイクもそうだけど、だいぶ身体が良くなったので、ちょっと冒険してみた。だいたい我が家は全員、免許保持者なので、運転はお任せすればいいんだけどね。禁酒してから、さらにパシリ役が定着し、みんなお優しくないのである。まあ、運転は好きだからいいけどね。

でも、燃費性能というより走りを楽しんじゃったよ。
630㎞の道のりを休憩込みで7時間半はなかなか早いぞ。天気はまあまあなので、山の景色を見たくて、名古屋までは東名高速でなく中央高速にした。南アルプス・中央アルプス、名古屋から琵琶湖までの山々、中国自動車道から見える山と、堪能出来る。つくづく生きていて身体が戻って良かった思う。
c0206177_14182871.jpeg
孫1号とは4ヶ月振りだけど、だいぶ子供っぽくなった。もう、赤ちゃんではない。8月で3才になるしね。ジイジのことは忘れてないようでひと安心。これが一番心配だよね。
お風呂も一緒に入って満足である。生きていて良かったとはこのことなのだ。

というわけでこの土日は、山はオフなのだ。たまには山をお休みしたほうがいいだろう。

by nao-yamaniiku | 2016-06-04 20:39 | 最近のこと | Comments(0)
衣替え出来ず...
6月である。
例年だと来週の後半から梅雨に入る。雨が多くなるだけで、晴れたら当然暑い。時期的に一年で一番日が長いのでロングトレイルを挑戦するには都合がいい。でも、今年はやらない、出来るような体力がない。
朝は4時過ぎには明るくなるので、近場の里山、野山北公園でトレイルの練習をすることに決めた。せいぜいそのぐらいなのである。それか乗れるようになったバイク。ロードランでなくトレイル力をつける作戦である。

今週に入って、朝晩は、世の中的な人からは清々しい気候というようだけど、自分からすれば寒い。梅雨に入る前に平日バイクと思っていたが、起きてすぐのワンコの散歩で、寒さのためバイクに乗るのは止めた。なので昨日今日とトレイルランへ。しかし、この時期に寒いって...

例年ならば、Tシャツ+ランパンで元気いっぱい走り回るけれど、今年は、まだTシャツで走ったのは一度だけ。まだランパンの使用はない。バイクが解禁になったので日曜日の夜にすね毛を剃ったけど、まだ世間に晒すことはないのである。
Tシャツの上に長袖なので、人によっては冬に走る格好だと思う。もちろん、寒いとはいえ、動き出せば暑くなる。汗もかく。でも、終わってみると長袖のジッパーを下げることなく、1時間20分ほど走ってしまう。なぜだ… なぜ我慢できる? 人より暑がりを自負していたのに…

GW頃は、まだ半信半疑だったけど、一ヶ月を経ても半袖、ランパンでなくても平気なのは身体の変化なのか。病気の後遺症? 塩分制限?
土日に山で会うランナーはみんな半袖、ランパンである。登山者も半袖が多い。ランナーを名乗っているのに暑苦しい恰好である。でも、肌を出さないことはケガのリスクが減るのでいいかな、とも思っている。カッコ悪いけどね。でも、病弱なので身体を守った方がいいだろう。
だけど、真夏になったら、シラッとして脱ぎまくっているかも。
まあ、とりあえず衣替え出来ずなのである。
c0206177_16232258.jpeg
昨日今日の朝は、野山北公園でトレイルラン。里山なので累積標高はあまり稼げないが、トレイル力をつけるために累積標高にこだわっている。距離は気になるが気にしないこと。走行距離の量より内容が大事なのは誰でも分かっていること。でもね、これが結構難しいんだよ。
登りより下りに集中。結果、登りもまあまあになる。なかなかグッドである、と自己満足。
昨日は9.38㎞、1時間23分、累積標高621m。今日は7.75㎞、1時間23分(昨日と同じ)累積標高751mだった。
ロードより全身を使うので、やった感はあるね。


by nao-yamaniiku | 2016-06-02 20:21 | リハビリトレーニング | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
山ランは難しい
at 2017-08-21 21:41
日の出山ラブ
at 2017-08-20 21:30
不調...
at 2017-08-19 20:35
駅伝マン
at 2017-08-17 22:12
雨が続く、ランも続く
at 2017-08-16 22:19
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ