nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
<   2016年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧
多摩川中央公園〜二ツ塚ピストン
今朝は福生の用事を済ませたあと、多摩川中央公園の駐車場へ。
ここは、五日市方面からの秋川、そして青梅方面からの多摩川が交わるところである。
そして、大澄山から始まり、浅間岳、二ツ塚、赤ボッコ、梅の木峠、日の出山と続く。山地図にトレイルは記されていないが、繋がっているのである。近隣のランナーの練習コース。あるいは散歩道として使われている。
でも、浅間岳先から二ツ塚峠までは、MTBが多い。
c0206177_13451946.jpg

赤い印は永田橋から。右に多摩川、下が秋川である。左上が最初の山の大澄山である。
c0206177_13451919.jpg

永田橋から大澄山方面を見る。
c0206177_13451963.jpg

ここからスタートになる。多摩川中央公園からだいたい2kmほど。

昨日のトレイルの疲れは、思ったほどでもなかった。でも、起床時に腰が痛かった。ワンコの散歩中に腰をストレッチ&モミモミ。

最初は登りがキツかったが、そのうち慣れて来た。今日は割と走れる。
暑さ対策にハイドレに水2ℓ、自作ジェル500ml、ドリンクボトルにお茶600mlとたっぷり水分を持つ。

今日の湿度はスマホが言うには94%。その証拠にボタボタと汗が額から落ちてくる。
あぢぃー。脳みそに酸素をと、たまに大きく深呼吸をする。

昨日と同じく、適度に立ち止り休憩。心拍数が落ち着いたところで出発。昨日は忘れたが、今日はちゃんと心拍ベルトをしている。今の自分には必須である。
c0206177_13452025.jpg

c0206177_13452075.jpg

登り下りもあるけれど、平坦地が多く、いわゆる『走れる』トレイルである。だから歩いてはいけないのである。
二ツ塚峠まで、1時間38分。10kmちょっとと思惑通りだった。

往路ではハイカー5人、MTB13人と数えていた。やはりMTBが多い。
従って、ブラインドコーナーは気をつけなくてはならない。トレイルランナーたるもの、バイクとぶつかるわけにはいかない。MTBの人に迷惑をかけたらいけないのである。数少ないMTBのグッドなコースのよう。
c0206177_13452017.jpg

二ツ塚峠で4分休憩。休憩が多いのである。
二ツ塚峠から戻る。

帰路は下り基調が多くなる。
ちょうど二ツ塚から上がってきたMTB4人組を登りで先行した。
しばらく走っていると、後ろからバイクの気配がする。思わずスピードアップ。
そこから浅間岳まで、ゼーハーしながら追い込んでしまった。
c0206177_13452034.jpg

MTBに勝利、なんて勝手にバトルである。
久しぶりのダウンポーズ。やれやれだぜ。
浅間岳で大休止である。
帰路は1時間34分。
3時間16分。累積標高は856mだった。

今日は二ツ塚峠までだったけれど、近々、日の出山までいくつもりである。


by nao-yamaniiku | 2016-07-17 13:11 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
高尾山へ
山を走り始めた20数年前は、毎週のように通った時期もあった。今は年に一度、行くか行かないか?すっかり高尾山はトレイルランをする場所ではなくなった。
2年前に歩いた感じでは、完全に観光地化してるからね。走ってはいけないのである。

病気の御礼に近場の山の神社には全て回った。でも、薬王院は行ってないのは分かっていたが、あまり関係ないかなと思っていたが、気になっていた。北高尾や南高尾はコースとしてお世話になっているからね。

季節がら低山の山はキツくなって来た。なので、今日は高尾山に行こう。ついでに城山でカキ氷を食べようということにした。

8時半から高尾駅をスタート。
南高尾からぐるりと回るのである。でも、いきなり金比羅神社までの急登で喘ぐ。すでに来たことを後悔。
c0206177_17083027.jpg

まあ、ゆっくり行こうぜ。ということである。昨日までの雨で路面もスリッピーである。電車利用でズボンの替えは持ってこなかったので、転んで汚したくない。
c0206177_17083042.jpg

写真だと分からんが、よく滑る下りである。

c0206177_17083040.jpg

c0206177_17083065.jpg

草戸峠で小休止。今日は休憩をたくさん取った。よろしいであろう。
c0206177_17083119.jpg

曇り空で気温は高くないが、スマホによると湿度は91%だという。汗はたっぷりかく。
大垂水峠までは、完全、巻道。(笑)まあ、許してね。

大垂水峠から登り。あまりスピードを出してないので、いいペースで登れる。先行のランナーを抜いたり。ここは登りを走って抜かすという、本当にアホ、嫌なヤツ。しかも涼しい顔して、離れたところで、ゼーハー喘ぐのである。

城山まで2時間32分だった。
c0206177_17083156.jpg

そしてカキ氷とコーラ。カキ氷はこれで小300円である。氷、マシマシというところか? ちなみに大は500円である。こんなところで二郎系のようなカキ氷販売しなくてもいいのに...
でも、半分食べたところで寒くなって来た。汗もひいて急速に冷えて来た。ガツガツ食べて15分の休憩終了。
c0206177_17083189.jpg

そそくさと早歩き。寒くて震えるというおバカなのである。
ここからは、早歩き&歩き、たまに小走り。
c0206177_17083102.jpg

道端に咲いている。みなさんのマナーはいいのですね。
c0206177_17083147.jpg

高尾山山頂は観光客が大勢いる。
c0206177_17083162.jpg

そして、無事生還の御礼。

高尾山側の金比羅神社を経由して高尾駅に降りた。
20kmちょっとを4時間2分もかかってしまうが、いいのである。
累積標高は1438mだった。

電車利用の場合、高尾駅だと着替えが大変。結局、トイレでシャツを着替える。
中央線の始発がすぐに出たので、車内で立ちながらモソモソとフェイシャルペーパーで顔や身体の汗を拭き取る。

南高尾は練習になるが、盛夏の時期だと辛いだけかな。でも、カキ氷があるか。
今年はバテないようにしなきゃ。
by nao-yamaniiku | 2016-07-16 16:31 | トレイルラン(その他地域) | Comments(0)
陸王

c0206177_20003607.jpg


池井戸潤の新刊はランニングシューズが題材である。しかも、裸足感覚を追求したシューズで、足袋の老舗企業がシューズ作りに挑戦するというお話である。ランナー向きであることに間違いない。

この小説は2013年7月より連載された小説である。この時期は、ファイブフィンガーやワラーチなどフォアフットが、ランナー仲間で話題な時期だったと思う。まあ、騒いでいたのは割とコアなランナーだけどね。
池井戸氏は、ランナーではないようだけど、よくこんな題材を小説にしたと思う。今までの小説の題材は、素人でもある程度の知識があった万人向けだったけれど、裸足感覚のランニングシューズの開発なんて、一般人にはまったく馴染みがないだろう。
なので、この小説の売行きが心配である。というと心配無用と言われるだろう。

内容は、熱血だけど従業員思いの社長やその関係者、取引先。小さい会社だけど熱い心を持った従業員たち。誰もがこんな会社で働いてみたい、と思うのはいつもと同じ。相変わらずグッと来るような場面が度々ある。
590ページほどのボリュームで、おそらく文庫本は「空飛ぶタイヤ」みたいに上下巻になるのかな。13日(水)に買って一気に読んだ。

先週観た『疑惑のチャンピオン』は自転車乗りにオススメしないけれど、『陸王』は、日常的に読書をしているランナーは読んでみて欲しい。



by nao-yamaniiku | 2016-07-15 21:28 | 最近のこと | Comments(0)
ようやくランパン
このところ中途半端に雨が降るせいか夜はムシムシである。日中も暑さが増してきた。
とうとう昨夜はランパンで寝た。ということはランパンで走ることになる。寝間着と朝のランは同じ格好だから。

生足で走るのは、昨年の秋以来である。ランナーのくせに、この時期まで生足で走らないのは男子としては珍しいであろう。などと威張っても誰もホメてはくれない。
だけど、バイクに乗る時は生足なので、それなりに日焼け跡がある。普段、仕事をしている時に見える顔、腕は日焼けのケアをしているが、見えない足はどうでもいいのである。

走り出してみるが、別になんでもない。ズボンを履いているのと同じ。だけど、心情的に生足=速いというイメージなので、今朝はしっかり走ってみた。ちょうど旨い具合に、いいペースで走るランナーが前にいたのでついて行った。
足さばきは小刻みに、たまに深呼吸する。上半身はリラックス。
昨日よりは蒸し暑く感じた。なんか周りもモヤがかかていて、このエリアでは珍しい景色だった。

c0206177_17453335.jpg


10㎞ちょっとをキロ5分25秒ペースで、久しぶりに5分半を切った。まあまあ。
3日連続で走ったので明日は走らない.
休養も大事なトレーニングである、と言い聞かせるのである。

by nao-yamaniiku | 2016-07-14 20:21 | トレーニング全般 | Comments(0)
定期検診
くも膜下出血で倒れて、ようやく6ヶ月が経過した。今朝は定期検診の日である。
今日は、先月の人間ドックの結果票を持って行った。それから半年に一度、歯科検診に行っているので、その病院から将来、麻酔が必要になる時の処置についての手紙も持参した。

人間ドックは、腎尿、脂質代謝、肝機能、血球、胸部X線、消化器、腹部超音波、肺活量などはA判定と優秀。禁酒の効果である。
でも、血糖値が100未満のところ104とオーバー。心電図は洞性静脈。心拍数が50以下でスポーツ心臓といつもの結果。でも、これも本来的には良い事ではないのだろう。炎症反応もいつもBである。2年前はもっと数値が悪く『風邪引いてますか』と言われた。その時は2日前にTGGで65kmの山のレースで大苦戦したからかな。昨年はオクムの2日後。今回は何もないが... 一般的にランナーは数値が悪いのかなあ。他に眼底、聴力といった項目がB判定である。

くも膜下出血、その後の血圧の投薬で総合判定はABCDEFの6段階中、Fと最低。
まあ、そうだろ。

主治医の診立ては『いいですねぇ』とのこと。でも、頭が痛くなったり、怠くなったり、疲れやすいなどと訴える。でも、『気にしなくて大丈夫ですよ』とのひと言。これが効くのである。単純な自分は、このひと言で安心するのである。
『経過は、順調ですよ』という言葉を聞くために病院に行くようなものである。

麻酔も大丈夫のよう。でも、本人的には心配である。麻酔をしないようにしなきゃ。

しかし、いつものことだけど、総合大学病院なので患者の数は半端な人数でない。ベッド数も1000以上ある。
いくつかの科を通って脳神経外科まで行くが、目立つのはご老人が多いこと。慣れたものでおにぎりを食べていたり、お友達、馴染みの看護師さんとだべったり。彼ら彼女らは慣れているのである。自分なんて、まだ若手の方である。『こんな若いうちから病院通いじゃ、先が思いやられるな』と聞こえて来るようである。こんな事でもチキン野郎なのである。

自分の身体は自分しか管理出来ない。
運動はやり過ぎないこと。疲れを取ること。食べ物は塩気に注意、野菜をたくさん食べる、食べ過ぎないなど、自分に出来ることはやらなければならない。
なんて、病院に行く度に思うのだけどね。

c0206177_13483326.jpg

午後は都内某所にて長〜い商談。休憩時間にボーッと見上げていた。経済が良い時代だと芸術家は育つだろうなあ。
c0206177_13483434.jpg

そんなことより、餃子にビールはごもっとも。今はタレ無し餃子に水だよ。

by nao-yamaniiku | 2016-07-12 21:30 | リハビリトレーニング | Comments(0)
TRIMTEXパンツ
昨日の山ランはTRIMTEX Basic TRXを履いてみた。これは春に夏用の平日早朝ラン用にと思って購入した。
病後なので、なんとなく生足で走るのがためらわれる。

以前、ロゲでこのパンツを履いている人がいた。メッシュなので薄く透けているので、当時は『だったら生足で走れよ』なんて思っていた。
このところの早朝ランは使用率が高い。軽いので履いてる感がなくなかなかよろしい。

阿闍梨のHPからの購入で、税抜きで5,000円ちょっとだった。ノルウェーのメーカのよう。
実はTRIMTEX(トリムテックス)は、TREKNAOのユニフォームをレースの時に使用している。NAOボスには許可なくチーム員になっているのである。小文字のnaoだから子分としてはいいだろう、という都合のいい解釈である。
自分のサイズは、身長172.5cm、体重58㎏台、ウェストは72㎝である。SかMで迷ったが、ウェストはヒモで締めるタイプのようなのでMをチョイスした。

近場の里山では使っていたが、本格的な山では初めてである。といっても3時間程だけど…
虫や葉っぱからは足は守れる。露はダメ。濡れるのが分かる。でも、この時期はすぐ乾くけどね。転んでいないのでダメージは分からないが、メッシュでも生足よりは傷は少ないだろう。
まあ、生足で走らない場合のチョイスとしてはいいかも。

c0206177_15453160.jpg


前面にポッケがある。スマホは入る。この位置はどうかと思ったが、自分的にはあまり問題ない。
c0206177_15453055.jpg
左足が薄く透けているのがわかる。でも、パッと見では分からない。

c0206177_15453143.jpg


手を入れると見える。
まあ、女性陣には微妙かも… まあ、オジサンはジロジロ見られないし、人が大勢いるところには、行かないので構わないのである。
c0206177_21544344.jpeg
縫い込んであって、足が曲げやすくなっている。そのせいか、走っていても履いてる感がない。
まあ、バイク以外に出番は多くなっているのである。



by nao-yamaniiku | 2016-07-11 22:35 | ランニンググッズ | Comments(0)
日の出山ピストン
電気製品は、なぜいっぺんにダメになるのだろう。
退院後、エアコン、ロボット掃除機が使用不能になった。先週は、壊れたわけじゃないが、フレッツ光に変更工事。

そして昨日は洗濯機の電源が入らなくなった。どうやら電気製品達は、おいらの身体と同じように、ガタがきつつあるようである。洗濯機は14年選手で、調べたら部品交換で3万円ほどかかるよう。運動をしていると洗濯機は大切である。
そんなわけで昨日、電気店で購入。無事、本日設置。間が空かなくて良かったよ。コインランドリーに通うのも面倒だしね。
しかし、予想外の出費である。
c0206177_13113808.jpg

c0206177_13113871.jpg

新旧の洗濯機。やはり新しいのは静か、汚れ落ちも良さそう。まあ、運動している身としては良かったかな。

洗濯機の配送時間は今朝、連絡があるという。なので今日は超早で行動した。超早は得意である。
3時過ぎに起きた時は、バイク、山、ロードランのどれにするか決めかねていた。ワンコの散歩に外へ出たら涼しかったので、なんとなく山行きにした。

4時半過ぎに小和田グランドの駐車場をスタートする。そして、五日市会館へ。なんか調子は良さそうである。
でも、今日は無理しない。ガツガツ山で走って、具合が悪くなるというパターンが続いている。
c0206177_12411393.jpg


いよいよ金毘羅山に入るところで、すでに歩き出す。心拍数は上げない。
その後も平坦、下り、ゆるい坂は走って、上りは歩く。昨年の夏は全て走り切って1時間8分なんてやったことがあるが、そういうことは忘れるのである。
c0206177_12411347.jpg


途中でナイトランをしたのであろう、8人ぐらいのグループとすれ違う。そろそろハセツネの試走も多くなるのかな。
ペースを守って日の出山山頂へ。
五日市会館から1時間25分ほど。まあまあ。
山頂には誰も居なかった。まだ、6時10分ぐらいだったからね。
c0206177_12411466.jpg

c0206177_12411450.jpg

c0206177_12411486.jpg


パンを食べて10分ほど休憩。目をつぶって深呼吸する。ゆっくり休んで出発。

下りはリズム良く走る。ここからはすべて走り抜く。なんかいい感じで進める。下りでの頭の振動は気になるが『大丈夫』と言い聞かす。
途中で立ち止まって水を飲み、心拍数を下げる。これが大事。今日は心拍ベルトを忘れたのが失敗である。
今日はつまずいてコケそうになる事もなく、いい山ランだった。
五日市会館までは、58分6秒と久しぶりに1時間を切ることが出来た。
7時15分には終了で思惑通りである。

洗濯機の設置が終わって、野暮用を済ませて、午後に時間が取れた。バイクでも...と思ったが、止めた。この暑さで、これからバイクに乗っても身体に悪いだけである。朝の山の疲れもある。
少し昼寝をしてバイクの清掃、整備。ポンコツだけど大事にしないとね。毎年、今年こそフレームと思っているが、病気もしたし、まだ、いいやと言い聞かせているのである。

今日は大人の対応が出来た日だった。
あとは明日以降、調子悪くならないように祈るだけである。

by nao-yamaniiku | 2016-07-10 19:19 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(0)
また、孫2号の相手

このところ娘が孫を連れて通う土日になっている。彼女も結婚式出席だのいろいろ予定が満載のよう。
c0206177_09595325.jpg


この場合、パシリ役のジィジは、必然的に孫2号の面倒を見ることが当たり前のこととなっている。

孫2号も知ってか知らずか、知るわけないか... ジィジ保育園で遊んでくれる。といっても、まともに相手をすると30分もすれば疲れるので、自由(勝手)に振るまわせている。この場合、日頃は役に立たないワンコたちが、活躍する。
c0206177_20440663.jpeg

それでも、孫の相手は3時間が限度。早く昼寝するよう誘導するが、意地悪なもので、なかなか寝なてくれないのである。

外の雨の音を聞きながら、『走りてぇ』と思いながらまったりしていた。走るには、この時期の雨はウエルカムだけど、孫といるのもいいかな。

ようやく夕方、雨上がりの空の下、ゆっくり、ゆったり11kmほど走った。ダルダルだけど、少しずつペースを上げられたからいいか。
さて、明日はどうするか?
by nao-yamaniiku | 2016-07-09 18:44 | 最近のこと | Comments(0)
疑惑のチャンピオン
c0206177_09075320.jpg


ランス・アームストロングは自分の英雄であった。
トライアスロン出身ということ。癌を克服したこと。圧倒的な強さでツール・ド・フランスを7連覇したこと。山もタイムトライアルも強いオールラウンダーであること。
心つかまれることばかりである。彼に関する本もよく読んだ。

しかし、ドーピングですべての記録が抹消されてから、語ることはなくなった。

あえて、存在を忘れようとした。

今日、疑惑のチャンピオンを観た。実はランスのドーピングについて、詳しくは調べていなかった。そういうことは、知りたくなかったのである。

映画の感想は、ひと言、ガッカリした...
映画を観てこんなにガッカリしたことはないのではないかな。
当然、分かっていたことなんだけど。
知らなかったのは、癌になる前から薬の使用をしていたということ。

しかし、癌で闘病している場面は、自分の5ヶ月前と重なって見えた。そこだけは共鳴出来たかも。

自転車乗りにはお勧め出来ない映画である。

by nao-yamaniiku | 2016-07-08 23:44 | 最近のこと | Comments(0)
仕事は無理矢理復活のよう
今朝は、最寄りの西武立川駅の始発では間に合わないので、チャリで昭島駅まで行く。
新大阪駅に着いたのは8時40分。さっと交渉を済ませて10時に名古屋へ向かう。
まったく、お前は遊説中の政治家かよ...
c0206177_19372715.jpg

新幹線のホームできしめんを食す。時間がないおじさん達の御用達である。せめてもの名古屋らしい食べ物なのである。もちろん、いや、残念ながら汁は飲まず... 病人なのである。
本当はみんな、ひつまぶし、味噌カツ、海老フライ、手羽先などを食べたいに違いないのは、naoさんも同じ。
c0206177_19372719.jpg

名古屋もKITTEが誕生。東京、博多に次いで3施設目。しかし、どこも東京化して面白くない。100年経って歴史的建造物と言われればいいけどね。
c0206177_19372738.jpg

6月にオープンしたばかりなので、やはりご婦人達が話題のレストランに並んでいる。さすがに女性は食文化をリードしてくれるわ。まっ、おじさんは立ち食いきしめんが似合ってるのである。

ガツガツと無理なスケジュールをこなす。19時過ぎるとヤレヤレと思うが、ここは東京ではない。
ヘロヘロで家路に着くという、いつもの出張に戻った。
ランはまだまだ様子見なんだけどね。
こういう脳ミソを酷使するような仕事は、注意しなければならないのである。
自宅に着いたら30分以内で寝よう。
by nao-yamaniiku | 2016-07-07 21:28 | 最近のこと | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
ランナーの旅行
at 2017-10-21 23:37
夏休み中
at 2017-10-19 23:13
静養中にUTMFの手を上げた
at 2017-10-17 23:26
奥武蔵の山へ
at 2017-10-15 17:55
運動会
at 2017-10-14 21:47
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ