nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
<   2016年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧
2016年9月のこと
9月の走行距離

ラン99.95km
山95.89km
バイク70.19km
スイム15.25km
だった。

ランと山で195.84㎞と200㎞届かず。
しかし、毎度思うが距離を踏むことが力をつけることではないと分かりつつも、練習成果はついつい走行距離になってしまう。もう、距離なんてつけるの止めようか、とも思ったり。

今月は一日のどこかで必ず雨が降った。それが当たり前になってしまい、特に晴天を望むことはなくなったよ。
雨がランニングの距離を阻害したというわけでなく、中旬まで仕事で朝が早かったり、夜が遅かったり、調子の悪さもあり… まあ、走れない理由なんていくらでも上げられる。

スイムは、少し空いた時もあったが9月は9回と3日に1日のペースで、まあペースとしてはよろしい。
7月下旬から再開して2ヶ月が経過。年齢的にスピードアップはさほど望めないが、泳いでゆくうちに水をかく感じがつかめて来た。徐々にスピードを維持出来るようになって来た。ヘッドアップもOK。だけど、左のブレスが出来ていない。再開しての目標は左のブレスのマスターと思っていたが、今のところマスターまで先は長そうである。でも、少しずつやっていこう。
ゼーハー練習するのに、スイムは水に浮いているため、肉体的には優しい。ランで心拍数を上げなくても、スイムで上げていればいいかな。
肉体的変化は、ちょっぴりだけ上半身の筋肉が・・・って、自己満マン。見た目まったく変わってないけどね。
とりあえず、10月も通い続けること。ご褒美に新品のスイムパンツを買ってあげるのである。

ランのことだけを考えると、スイムがランの時間をイジメたということもあったかな。
しかし、ランは微妙… 走れるが、以前のような力強さと持久力がない。走っているうちに、頭を気にすると気になり、違和感が出て、頭が痛くなったりする。これは大きな問題だよ。
まあ、今年はリハビリと思えばいいのだろうが、セコセコ人間は、落ち着いて物事を構えられないのである。
そんな体たらくなのでハセツネのスタートゲートでは、お知り合いに会いたくないなあ。下を向いてこそこそしているよ。

バイクはダメだね。土日のどちらかに80㎞ぐらい乗ろうと思ったが、そういう時に雨が降ってしまう。勝負のレースが定まっている時は、雨でも乗るけれど、そうじゃないからね。雨の日のバイクは敬遠しているのである。

さて、今年は、あまり暑さを感じなかったが、いよいよ秋、そして冬になる。
寒くなると、脳ミソ関係に悪そう。また、頭をグルグル巻きに温めて外に出るのかな。退院した直後は外に出るとクラクラした。そして、寒気がキィーンと身に染みたよ。
まあ、その前に走るのには絶好な10月を楽しむか。

c0206177_20590107.jpg



by nao-yamaniiku | 2016-09-30 22:48 | 今月の考察 | Comments(0)
わんことのお付き合い
先週は、長女が兵庫から帰省して来たので、2人の娘と会う機会が多かった。彼女たちがいた頃の生活を思い出すね。今は寂しくなったものよ。
変わらないのは2匹のわんこである。両方ともミニチュアダックスなのだ。

もともと飼うきっかけは、次女が小学校5年の時の誕生日プレゼントにと、当時住んでいた近所のおうちから、子犬を譲り受けた事から始まった。

当時5人家族のうちnaoさんだけ大反対、超反対、絶対反対、半べそかきながら大反対。だけど、数の論理と力のなさで飼うことを押し切られてしまった…
わんこが来ても『俺は知らねぇ』という顔をしていたが、3ヶ月もすると自分が面倒を見ていた。
待て、座れ、お手、トイレのしつけ、散歩は後ろからついてくる…などぜんぶしつけはnao様が教えた。わんこ1号は15歳だけど、1歳前から山で18㎞とか一緒に走った。大雨の時など、真っ黒になって後ろからついて来たよ。若いうちに鍛えたせいか今でも元気である。というのが自慢。

その後、1号が8歳になり、日中、ひとりで留守番は可哀想ということで、7年前にもう1匹増えた。この時も大反対であるが、力関係はさらに脆弱になってしまったので、自分の意見など無視された。

2匹のわんこの朝晩の1日2回の散歩は、マストになっている。次女がいた頃は、予定をやり取りしながら2人で交互に散歩へ行った。
ここがポイントだけど、次女が結婚のため家から出た時、『寂しい』という感慨より、『明日からわんこの散歩をどうするのか?』という方が自分としては大問題だったのだ。なにせ朝のランニングの時間を取られてしまう。

結局、恐れていた通りというか当然のように、朝の散歩は100%naoさんの役目になった。徹夜でレースを走って来たって関係ない。前にも書いたけど、くも膜下出血で倒れて退院しても翌日からである。夜も半分以上は行っている。
まあ、朝の30分の散歩は仕方ない。朝の貴重な30分、ラン時間が少なくなったが、もう諦めた。走る前に身体を目覚めさせる時間と、言い聞かせているのである。

問題は夜だよ。散歩してからゴハンを上げるのがお約束なので、遅くなった時は可哀想なのである。今月は家族全員(といっても3人)が仕事などで遅く、何をしてるか分からない長男は姿がない。朝に散歩してゴハンを食べてから、18時間ぐらい待たせてしまう時があるのだ。でも、人のいない家でおとなしく待っているようである。わんこ2号はハウスの中。1号は高齢のため座布団を用意している。

自分が家にいる時は、後ろからついて来たり、座っているとそばにいる。ワンコ1号の頭をなでながら『そろそろかなあ』と思うと涙ぐんでしまうのだ。
自分の心配をしろ…ということだけどね。
c0206177_13214680.jpg



by nao-yamaniiku | 2016-09-27 22:09 | 最近のこと | Comments(0)
来春のレース
来春のレースエントリーが始まっている。
東京マラソンは『なんかなあ…』ということでエントリーすらせず。ハズレが分かっているのにエントリーするのもバカバカしい。もう、魅力はなくなった。
青梅マラソンは、昨年、5000円から7000円に140%という超値上げのため一人ボイコット。訣別したのである。そんなこと言っていたら、出るレースがなくなるだろうね。

でも、来春に体調がどうなっているのかという、不安はある。だけど、この秋から3レース入れているという、辻褄の合わないこともしている。

今週、ts...さんが2回目のスパルタスロンに挑むという。このレースは、エントリー資格が難しいという認識を持っていた。知らなかったけど日本支部なるものもあるのですね。まったく疎いのである。
土曜日に孫2人と遊びながら、スマホで見てみた。そうするとエントリー資格は全部で11項目あるよう。その中で、・24時間走で180㎞以上と・200~220㎞のレースで29時間以内というのがあった。この2つは満たしている。『へぇー、オレも資格があるんだ』と驚き。もちろん、それだけでなくその他に厳しい選考があるのだろうけれど…
別にスパルタスロンに出ようとは思っていない。でも、この2つの資格は残していたいという変な欲が出てしまう。

24時間走は12月に神宮をエントリーしている。これは長距離走の練習をしていないので、対応が出来ていないと思う。今年は難しいだろう。そうすると200~220㎞を29時間以内だけど、来春の小江戸大江戸しかないだろう。
今年は230㎞にエントリーしたけれど、病気直後のためにDNS。来年はエントリーするつもりはなかった。これに出るとトレイルとの練習の兼合いが、自分レベルだと大変なのだ。
でも、俄然、小江戸大江戸の存在が大きくなってしまった。そのエントリーは10月中旬である。
どうする…

だけど、明日になると気持ちが変わっているのが最近のマイブームである。

今日は、昨日、ロードを10kmと山を20km走っただけなのに、足が重たい、身体が怠かった。そりゃ、今までも疲れたけど、疲れ方が違う。レース一発分の疲労感である。残念ながら衰えているようだなあ。
もちろん、練習はお休みである。
c0206177_19020734.jpg

ワォ〜...
by nao-yamaniiku | 2016-09-26 20:05 | 最近のこと | Comments(2)
日の出山ナイトランテスト
孫1号が兵庫に帰るので朝だけのランのつもりでいた。
朝は、いつものコースでいつもの10kmで今日はおしまいのつもり。
だけど、新幹線のホームでさよならしたら12時前だった。『うーむ、どうせ帰っても誰もいないし...』朝のうちに、ノルマの掃除、洗濯などは終えていた。『よし、山や』ダッシュで家に帰った。

16時前に武蔵五日市駅の駐車場に到着。
すぐに出発。
五日市会館を通ったら、何やら賑やかだった。
c0206177_22221438.jpg

知った顔の面々... ビルダーさん、見城語録さん、モーリーくんがいた。数馬から一緒だったという。やりきった感の練習のようで、羨ましかった。少しお話しした。

ナイトランがメインなので、日の出山で暗くなるようなスピードのランでいいと思っていた。でも、刺激をもらって金比羅尾根を走る。ヤバイ、頭に違和感...ストップして心拍数を整える。
c0206177_22222708.jpg

ここからは、登りは歩く。試走を終えたランナーとたくさんすれ違い、『naoさん...』と声もかけられる。

孫と1週間一緒だったので、いろいろ考える。孫たちと山ランが出来たらいいなあ。それまでがんばろっか、なんて思ったり。冷静に考えれば、孫がトレイルランナーになる確率は限りなくゼロである...

そして、最後はMご夫妻とお会いする。
夫婦で山を走るのもいいなあ、なんて思っていたら。『あっ、孫の奥さんと走ったりして...』おバカなことばかり考えて走っているのである。

五日市会館から日の出山までは1時間28分55秒だった。もっと遅いと思ったのでよろしい。
c0206177_22222849.jpg

今日は久しぶりに赤シャツ。スキンズのソックスを履いたが、効果のほどは分からん?
c0206177_22223613.jpg

少し暗くなるまで待機。

日の出山を下りきった所で、ライトオン。
お腹のガンビットとSG309のハンドライト。309は、もう使ってる人は少ないだろうなあ。でも、小さくて自分的には気に入っている。

山のナイトランは、元旦の日の出山以来である。でも、心配していたが全然大丈夫であった。ガンビットの電池をケチっていたせいで暗いだけ。まあ、ハセツネの夜の部はなんとかなりそう。なんせ夜の部の方が、レースの2/3ぐらい時間がかかるからね。

橋の手前でMご夫妻の奥様と再び会う。先にいたご主人と少しボイス。
復路は1時間6分31秒。

20.04km、3時間4分52秒。累積標高1072mだった。

レースまであと2週間。もう、ハセツネのコースはやめとこ。
by nao-yamaniiku | 2016-09-25 21:38 | ハセツネ試走 | Comments(0)
STYも途中で中止
水曜日辺りでは、金曜日からの天気は良くなると思っていた。雨が降ってもたいしたことがないと思っていた。
結局、今週は雨ばかり。自然はイジワルなものである。

STYは、残念ながら荒天のため途中で中止となったよう。UTMFは、スタート前に距離短縮の発表があったので順位がついた。でも、STYは、何もなしということか。
しかし、よく降る雨である。

今日は、墓参りに行きながらSTYのことが気になっていた。
UTMF後にSTYを走った選手は、何人いたのかなあ。2日続けてがっかりですね。
c0206177_18373462.jpg

自分は、孫2人とのんびりだよ。今日は、富士山の方に頭向けて寝れんな。


by nao-yamaniiku | 2016-09-24 18:24 | 最近のこと | Comments(0)
UTMF短縮?
日本で一番有名なトレイルレースなので速報を追わないとね。なんて、思ってスタート時間は13時なので見てみると、どうもスタートは15時に延期になったよう。その後、UTMFはA3麓までの49kmに短縮されたとのこと。思わず山手線車内で『えっ!』と声を出してしまった。
さらにスタート後、44kmほどになった模様。

自然相手じゃ仕方ないといえばそうだけど… 9月は年間で一番雨量が多い月、加えて台風の影響が一番多い時期で天候が不安視されていたが、まさに的中である。
距離短縮ということで、モチベーションを持ち続け選手の方々は、進めるのだろうか。胸中はいかほどか。なんとも…
選手だけでなく、大会関係者、ボランティアスタッフ、応援者のみなさんも、さぞかし肩を落としていることでしょう。
関係ない自分もがっかりである。

こういうことがあると、来年の開催時期、レースコースの再考になるのかな。どちらにせよポイント、抽選以上に自然の要素が高い壁になるなあ。
まあ、100マイルの距離と制限時間46時間の長いレースなのでレースが始まってから、大幅に距離短縮になるよりは混乱はなかったと思う。主催者の判断は、断腸な思いでしょうが、正しかったと思う。

だけど、UTMFに出た選手で希望すればSTYに参加出来るという。どうやって、スタート地点のこどもの国に行くのかなあ?こういう場合、一人で参加されている方は、移動手段が難しいよなあ。今夜、寝る場所の確保も大変でしょうしね。

by nao-yamaniiku | 2016-09-23 22:38 | 最近のこと | Comments(2)
市道山分岐まあまあ
なんとか午前中に時間が取れた。
調子が悪かったら入山峠まで、行けそうなら市道山分岐までのつもり。

武蔵五日市駅を降りたらいい感じで雨がざんざん降りだった。
レインウェアのズボンを脱いで、ザックに入れて出発。五日市中学校へ向かう。

なかなか軽快に足が進む。やはり雨のランは好きなのかなあ。
五日市中学校でラップを取ってスタート。しかし、雨が激しくすでにずぶ濡れ。
今熊山神社まで走り切って22分台。調子は良さそう。
こうこなくちゃね。今日はいいイメージで終えたい。前回、降参した入山峠手前の上りも大丈夫。なんでこんなところで撃沈するんだろう?分からん。

雨でトレイルのコンディションは悪いのだろうが、ドライでも同じ。どっちにしても滑る。それより身体と心のコンディションの方が重要である。今日は雨で気温が低く助かる。

五日市中学校から入山峠まで57分台。よろしい。
そして、苦手な峰見通りへ。この辺が一番雨が激しかったかな。
昨日のトレーニングは、10kmをキロ4分50秒ぐらいのペースのランと、夜は1900mのスイム。帰宅したら身体が疲れていた。今日はどうかなあ?と思ったが快調なのが不思議である。

入山峠から市道山分岐まで48分台。
ここまで1時間45分55秒。今日の調子なら浅間峠まで3時間30分ぐらいでは行けたかな。
というわけで今日の試走はグッドであった。
c0206177_19321990.jpg

帰路もペースを維持出来た。
途中でスタッフの方々がレースの案内板を設置していた。お疲れ様です...
c0206177_19322171.jpg


今日は、23kmを3時間30分だった。

武蔵五日市駅に12時28分に着いた。電車は32分発。
トイレでダッシュで着替える。ティシャツ、上下のレインウェアを着るのである。雨の日の山ランでは、レインウェアは電車で着るものになる。
荷物を抱えて電車に乗り込みセーフ。
c0206177_19322265.jpg



by nao-yamaniiku | 2016-09-22 21:28 | ハセツネ試走 | Comments(2)
ハセツネリタイア記
お盆を開けた頃から一ヶ月近く曇り空、雨の日ばかりである。今夜もプールに行きたかったが、台風の大雨で帰宅困難者になっちゃう恐れがあるからね。

いまひとつ身体の調子も悪く、ランニングは所用が重なり出来ず(走れたとしてどうかな?)、 仕事も壁に当たり乗り越えるキッカケもない。こんな時はマイナスな考えばかり浮かんでしまう。

今年のレースは、後半の10月ハセツネ、11月FTR50k、12月神宮外苑24時間の3レースだけである。でも、走り切れる自信があまりなく、今さらエントリーしたことに後悔しているのである。長いレースだと、どこかの時間帯に頭に違和感が出て来そうである。こんな奴がレースに出るのも迷惑だろう。
従って、最初のハセツネが試金石になる。このレースは、ほぼすべてのコースを把握しているつもりである。状態によって、どこで止めればいいのか分かっている。神宮も止めやすいか… でも、ハセツネがダメなら他は出てもしょうがないな。

ハセツネは過去3回リタイアしている。どれも準備不足、そのために気力不足であった。リタイアは気持ちの問題が大きいのである。

リタイア記
1回目
1998年第6回ハセツネ 38歳 第一関門リタイア4時間15分
乗らない気分で五日市へ着くも、レースの行動食が満足に買えず。調子は悪くなかったが、実は翌日の娘の運動会が気になっていた。この当時、運動会は体育の日というのが一般的だった。結局、浅間峠手前で気力なくリタイアを決める。これがレースでの初リタイアだった。上川乗まで集団で下って行く時、後悔したのを覚えている。家に帰ると奥様が『ありがとう』だって。まあ、今となっては懐かしい。

2回目
2000年第10回ハセツネ 40歳 第二関門10時間40分、大ダワリタイア12時間ぐらい
走れない時代だった。レースは年1回のハセツネが出れるかどうかだった。第一関門まで5時間17分。体力・気力ともなく大ダワで水が尽きて、思わずリタイアテントに逃げ込む。この時のリタイアは今でも後悔している。悔しかった。きちんと練習して挑みたい…と思った。こういうことが続けられた要因だと、今になって思う。

3回目
2014年第22回ハセツネ 54歳 醍醐丸リタイア3時間以上
入山峠先ですでに気力がなくなっていた。市道山分岐で大休止。そしてその後、転んで胸を強打。行けたけどリタイアの理由になった。このリタイアで10月1日から始めていた禁酒を続ける決意をした。

まあ、3回目のリタイアはともかく、本来なら絶好調のはずの38歳、40歳で練習不足により気力なしというのはもったいない。でも、あの頃は、本当に忙しかったよなあ。
しかし、日頃、自分の長所は『打たれ強いこと』なんて胸を張っているが、弱小じゃねぇ。『打たれ強さも』日々の練習で培われるのだろう。

恐れているのは、第3回目のリタイアのようになること。体調が悪くなるとすると、市道山分岐手前辺りだと思う。そこまであえて押さえるのか、行くのか思案のしどころである。
今からドキドキさせやがるなあ。絶対、身体に悪いな。

by nao-yamaniiku | 2016-09-20 21:34 | ハセツネ徒然 | Comments(0)
仕切り直し…
レース前に、浅間峠までをいいイメージで迎えたいと、ハセツネ経験者なら誰もが思っているに違いない。

9/8(木)の『ハセツネに向けて』の記事で今後の試走予定を立てたけど、計画通りになっていない。
9/10(土)浅間峠予定 ⇒大撃沈で入山峠先までしか辿りつかず
9/16(金)大岳山ピストンナイトラン ⇒翌日に所用があり中止

レース前に4回あった試走のうち半分がダメになっている。
もっともこの時期は、実力が上がるわけでないし、特に今年は病後なので、身体を整えることの方が大事。そんなことは分かっている。だけど、気持ちが弱いから焦ってしまうのは、毎年変わらないのである。

今週末は、まだ『未定』である。果たして山に行く時間が取れるかな。次はレース1週間前になってしまう。

今年のランの最長距離は、6月18日の六甲全縦走の44.19km 。でも、その後、一週間余り調子を崩してしまった。そのためそれ以降、今日まで最長20km前後の距離しか踏んでいない。長距離・長時間は、怖くて避けているのである。
普通に走っているように見えるが、いまだに半病人なのだ。
強気になって『ファンランはしない』と言っていたが、ファンランのペースがレースぺーになりそうな予感がする。
さて、どうするか… とりあえず仕切り直しである。この場合、気持ちをね。


3連休の最終日は仕事である。狭い家に孫1号・2号一家がいるけれど誰にも見つからず、そ~と家を出るのさ。
朝は、早く起きれたけれど走らず。昨日、TDLで歩き回ったが、さほど足の疲れはない。だけど、疲れているに違いない。感じるところは、力こぶ辺りが筋肉痛。非力な細腕で孫を抱っこしたせい。だけど抱っこ出来る歳なんて、すぐに終わってしまうからね。貴重な時間である。

仕事帰りのスイムは予定通り。
孫抱っこの筋肉痛の影響は初めは感じなかったが、徐々に腕が重くなった。孫抱っこが水抱っこになって、なんとなく水をつかむ感じが分かって来た。
ゼーハーはランでなくスイムで補えていると思っておこう。


by nao-yamaniiku | 2016-09-19 21:46 | ハセツネ徒然 | Comments(2)
3連休中日
孫1号、2号一家とディズニーランドへ行った。3連休の中日。混んでいるのは覚悟の上である。
c0206177_15184915.jpg


ジィジの役目は、入園したらハニーハントのファストパスに行けという。でも、混みすぎて走れず、しかも完全アウェイの地で要領を得ずモタモタと時間がかかるのだ。

今日は、時折、雨が降るあいにくの天候だけど、なぜ、人はここに集まるのだろう。わからん?
c0206177_15184954.jpg


孫とお手手つないで寝落ち。みんな孫が寝ている間に、ファストパスのスプラッシュマウンテンに行くという。ふん、2人の孫とボーッとしていた方がいいや。
でも、ファーストフードもなかなかレベルが高くどれも美味いのである。

しかし、人混み疲れは山のレースより疲れる。しかも、まったくトレーニングにならないのだ。
by nao-yamaniiku | 2016-09-18 23:07 | 最近のこと | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
ランナーの旅行
at 2017-10-21 23:37
夏休み中
at 2017-10-19 23:13
静養中にUTMFの手を上げた
at 2017-10-17 23:26
奥武蔵の山へ
at 2017-10-15 17:55
運動会
at 2017-10-14 21:47
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ

XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項