nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
<   2016年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧
同意書
c0206177_21174424.jpg

Fun Trails 50kの同意書なるものに署名しなければならない。
ちょっと、思い留まらせてしまう項目がある。
『大会参加にあたり、自身の健康状態に無理がない状態で臨むことを約束します。』とある。
おおっ、その通りだぜ。決して無理はしてない。絶好調だぞ。そう言いながらサインをした。
風邪を引かないように早く寝よう。

by nao-yamaniiku | 2016-11-17 21:09 | Comments(2)
村山会 その4
平日のレアな場所なので、参加者はいつもの3人だけ。今日は、keg氏から12月23日のIMR(今熊山ぐるり)の打ち合わせと称してお誘いがあった。
ところが、年末のこの時期は毎年のごとくnaoさんは休みが難しい。従って、あまりというかほとんど戦力ではないのである。

普段は、トレイルランナーの皆さまから情報を聞く事もないので、貴重な時間である。まして、keg氏と成長著しいkouくんだからね。
ありがたいことである。
c0206177_22292998.jpg



今朝のランは、自分的には出だしからいい感じだった。でも、1キロのラップは5分55秒?『あれぇ?』その後の1キロ、5分46秒。うーん、走っている感じより、20秒ぐらい遅い。疲れているのかなあ。
この場合、レースが控えてなければペースを上げてみるが、今日は全くその必要はない。
c0206177_07421813.jpg

シューズは悩み中のHOKAラパヌイを履いてみた。ロードじゃ、もったいないが仕方ない。最初は、やはり外側のくるぶしの上をシューズが触り気になる。前回の試走でくるぶしの上が痛くなったのである。どうもHOKAはそういうのが多い。
後半は気にならなくなったが、果たしてトレイルではどうであろうか。
このラパヌイはウォータープルーフとからしく、どうやら水に強いようである。土曜日は雨らしいので、こいつを履いてみたいが... アウトソールはツルツルだけど、アディゼロXT3が足には合う。あとはHOKAスティンソン・エボはくるぶしは平気。毎朝のラン友の2足4900円ぐらいで買ったシューズもいい。でも、これは雨だとグッショリ濡れて重たくなる。これはUTMF以来、トレイルは地元の野山北公園だけしか使っていない。

昔は、山を走る場合、山用に取っておいたボロボロのシューズを履いたものだった。まして雨の場合、さらに履き潰して捨てるつもりのシューズを、雨山用に取っておいたものだった。じゃ、その頃よりタイムはいいのか?と問うとお恥ずかしながら...である。シューズのおかげでキロ〇〇秒は早くなったなんて手応えはない。
贅沢になったものだ。『なんでもいいじゃん』と言い聞かす。だけど、なんでもいい中で、いくつか選択があるので迷ってしまうのである。
by nao-yamaniiku | 2016-11-16 23:16 | Comments(0)
Fun Trails 50kの作戦
さて、いよいよくも膜下出血復帰第一戦、そして今年初のレースとなるFun Trails50kのレースまで4日と迫って来た。

試走の感じから9時間切れるかな、どうかな?という手応えだった。でも、主催者はボリュームゾーンのタイムが8時間27分という。そのタイムを目標にせざるを得ないだろう。
だけど、レースに出れるように回復したことをまずは喜ばないとね。まあ、今回はタイム狙いより無事にフィニシュすることの方が重要である。このレースがスタートだからね。

大会要領に必備の持ち物がある。物によっては不要と思われるものもあるが、大会のルールなので、もちろんすべて持参する。必要不要は選手が判断することでなく、大会主催者が判断すること。それがレースなのである。

一応、身に着けるものは以下の通り
<レースウェアなど>
上から
・ニット帽か雨なら帽子
・ネックウォーマー
・ファイントラックのアクティブスキン
(2012年八ヶ岳の寒さ対策で買った奴)
・アンダーアーマーのピッタシした長袖
(これはだいぶくたびれているが娘たちからのもらい物である)
・TREK NAO シャツ
(尊敬する大好きなNAO女史チームウェアなのだ)
・ユニクロのパンツ
(まあユニクロで十分)
・NBのルーズタイツ
(レース必備品として。ザックに入れるのも面倒なので着て行く、これもくたびれている)
・ファイントラックのラミースピンソックス
(穴を縫いまくりのソックスである。なかなかソックスを買う勇気が出ない)
・指切り手袋
(これは2015年に買った一番新しいグッズ)

・シューズ 悩み中 くたびれ果てたアディゼロXT3か、この間買ったHOKAラパヌイ。

<その他>
・ザックはinox

・食料 自作ジェル約1200カロリー ジェル2個 塩飴5個

・水 お茶600ml 水500ml 

*作戦
・A7鎌北湖まで2時間20分目標。渋滞を考慮
・A8顔振峠まで区間1時間35分目標累計3時間55分
・A9県民の森まで区間2時間45分目標累計6時間40分
・エイドの所要時間は1分を目標。水を補給して食料を手で持って食べながら進む
 汁物とかは食べない。もちろん座らない。

ほぼ全試走した時の食料は、自作ジェル1200カロリーとパンやおにぎりを2個だった。3ヶ所のエイドでパンなど、持ち出せるもので大丈夫だと思う。
水は鎌北湖まで250mlぐらいの消費だった。ユガテ手前の水場で補給、高山不動尊で補給。その他に鎌北湖、顔振峠の自販機でコーラを購入。3ヶ所エイドがあれば十分だと思う。

まずは無事完走したい。日和田山を登ったところで体調が良ければ、頭が痛くなりそうでなければ、ボリュームゾーンの8時間27分を目指すよ。

毎度のことだけど、スタートが肝心。自分のペースで進むこと。序盤の西武線の武蔵丘車両基地で、ここまで楽に来たかがポイントだろうね。そこからは比較的自分のペースに持ち込めそうである。




by nao-yamaniiku | 2016-11-15 22:20 | レース備忘録 | Comments(2)
ランナーと病気
自分は普段、一般の人より身体は弱いと思っている。走っていることで身体が疲れている状態が多く、それにより風邪などにかかりやすい。年に3~4回は寝込む、または寝込む寸前の風邪を引いている。
今年は病後なので風邪を引くことに注意していた。だけど、復帰戦のハセツネの日に高熱を出す風邪にかかってしまった。詰めの甘さは相変らずである。
ハセツネ以後は、なんとなく頭の病気の回復が少し進んだ感じがして来ている。検査の結果が良かったことが、気持ちを楽にしたようである。

倒れてから10ヶ月が経った。振り返って思うにランナーである自分は、少しだけくも膜下出血という病気に強かったかな、と思ったりする。もっとも80%以上は運だけどね。

頭が激痛で成増駅まで我慢して電車から降りた。歩くのもやっとの状態だったけど、階段を上がり駅員室まで歩いて行った。電車の中でも駅でも『ここで倒れてはいけない』と思った。
意識が戻ったら『いつレースに復帰できるか』とまず考えた。そのあとはしばらく激しい頭痛、200近くの血圧、酷い下痢、強烈な腰痛など、辛い日々が続いた。

だけど、ランナーの端くれである自分は、レースで異様な足の痛さ、睡魔、身体が動かない朦朧とした状態を年に数度経験している。このことは大きかったような気がする。痛みや苦しさ、辛さに慣れていたようである。
ものの本などにくも膜下出血の頭痛は『今まで経験したことのないような激しい頭痛』とある。いろんな人からも『すごく痛かったろう』と言われる。
確かに痛かったけれど『今まで経験したことのないような…』と言われると『?』である。痛み慣れしているようである。
だからか、深刻な状態でも、ずっと先に出るであろうレースのことを考えていた。『これじゃ、制限時間ギリギリか』とか『目がダメだからバイクはダメ、トライアスロンは無理かなあ』なんて。もちろん、そんなこと当時は家族にも言えなかったよ。

まあ、普段は身体が弱いけれど、大病の時は、多少、一般の人より痛さの経験がある点で有利なようである。
もっとも精神力・気力が試せるような病気の状態ならば、という条件が付くけどね。



by nao-yamaniiku | 2016-11-14 21:45 | 健康管理 | Comments(0)
Fun Trails 50kまたまたまた試走
c0206177_15383262.jpg

某国の大統領に『バカ、アホ、間抜け』と罵られそうだけど、5週連続でFun Trails 50kの試走をした。というとは、来週のレース本番で6週連続である。
たかが50kで何をそんなにイレ込んでいるんだ、と失笑されているだろう。しかし、自分の中に100kはないのである。来週は50kしか、レースは行われないと思っているのだ。

本当は久しぶりに別の山域と思っていた。だけど、昨日見た大会案内に入っていた、50kのボリュームゾーンの8時間27分というタイムは、このオレ様を煽っているとしか思えない。このところの試走で9時間切りが文字通り、『ギリ』な感じだけど、8時間27分というハードルを与えられてしまったのだ。こういうことには、素直に反応するのがnaoさんのいいところである、なんて...

それで、レースペースで(いや、いつもレースペースなんだけど...)前半走ってみようと決めた。今日は午後に用事があり、帰り時間は決まっているので、飯能までクルマにした。
c0206177_14072614.jpg

ウェアもレース仕様。inoxも登場である。
長袖とタイツが必需装備だったので、持つのも重たくなるので着用することにした。
着てれば他に持たなくてもいいのだよね?
シューズはいろいろ考え中。今日は2013年のベテランというか、穴の空いたアディゼロXTにしてみた。これが履きやすいのである。


6時ちょっと過ぎにスタートする。
多峯主山までは問題なし。なかなか足取りがしっかりして快調な感じである。だけど、心拍数は?とガーミンを見ると反応なし。あちゃー、心拍数ベルトを忘れてしまった。まっ、ペースと心拍数は手の内に入っているのでいっか。
配水場までは、レースを想定して渋滞回避でプチダッシュ、といっても大したことないけどね。
c0206177_14072643.jpg

c0206177_14072633.jpg

山頂からこれから行く日和田山方面。麓はガスがかかっていた。
今日は、頭の対策でニット帽&ネックウォーマー着用。少しずつ暖かくなって来たが、外すことはなかった。脳疾患野郎対策は万全にするのだ。

巾着田を超えて5週連続の日和田山への登り。
c0206177_15270157.jpg

すでに案内板が設置されていた。鎌北湖までだったので、まだ途中のよう。
日和田山までは1時間33分だった。まあまあのペース。平坦地・下りはいいペースだと思う。
c0206177_15372712.jpg

50kコースの15km地点の案内があった。ガーミンの奴は14.29kmだという。自分がコースをカットしてるのか、ガーミンがバカなのか...
A7鎌北湖は区間2時間15分。ボリュームゾーンのタイムは2時間25分。10分しか貯金がないのかあ。

今日はボリュームゾーンタイムとの闘いなので休憩はなし。可哀想なのである。いつものようにコーラが飲みたかった。
c0206177_15270285.jpg

鎌北湖は紅葉が少し進んだ。
鎌北湖をぐるり回って北向地蔵へ。参拝もなし。毎度得意のセコセコランになった。ユガテへの緩い下り、そして、顔振峠へ向かう。
ユガテから顔振峠までは、同じようなトレイルで精神的によろしくない。
だけど、連続するアップダウンを上手くこなしたと思った。

で、A8顔振峠、区間1時間35分だって。先週、先々週の37分と変わらん。もー、この区間はガッカリである。
でも、トータルは3時間51分とボリュームゾーンタイム4時間17分から26分の貯金が出来た。よろしいでしょう。
だけどボリュームゾーンタイムは、ここからが早いのである。最後まで競いたいが、それは来週のお楽しみ。今日は、時間もないし、疲れも溜めたくないので、関八州見晴台までで試走はおしまい。ヘロヘロになって逃げたわけではないと強調である。
c0206177_15270237.jpg

今日も天気が良い。

八徳へのトレイルへ向かうグリーンラインにFun Trailsのテープが落ちていた。拾って脇の木に付けておいた。来週のレースで見るのが楽しみになった。オレが付けたんだぞ、と小さい人である。
その後、八徳へ下っていたらスタッフの方が2名、コース案内を付けていた。立ち止まってご挨拶。もちろん落ちてたなんて言わないのである。

八徳からの登りでパンを食べる。ここまでは、ずっと自作ジェルを補給していた。エイドがあれば、自作ジェルだけで平気そう。もっともレースでエイドに寄る時間は1分以内と、先ほど決めたのである。

八徳からの登りは頭が心配だけど、今日は平気そう。どうも下手に心拍数を見続けない方が良いみたい。心拍数なんて忘れちゃうし、結果、頭のことも忘れてしまう。頭が悪いからね。
だけど、高山不動尊までの登りはキツイ。最後の階段で、登山者が20人ぐらい喘ぎながら登っていたので、そこは後ろからゆっくり。助かったりして...
この辺りから関八州見晴台までは登山者を頻繁に見かけた。レースで自分の通る時間は1時間あとになるので、もっと多いのでは... レースは雨の方がいいかもと個人的には思う。

高山不動尊で水を補給。レースではここで補給出来るのかな?
関八州見晴台へ登る。高山不動尊から割と早く着いた感じ。

関八州見晴台、4時間52分。31kmだった。
c0206177_15270379.jpg

c0206177_15270401.jpg

ここでしっかり休憩して景色を見せてもらう。

あとは西吾野駅まで下る。少し足がくたびれて来たけれど、まあいい感じ。
ロードに出た所で電車の時間チェック。11時32分発。今がその時間... 次は12時4分なので、走るのは終了。ここから1kmほどは歩く。いつもはダッシュで駅に向かうが、今日はノンビリ出来た。
トータル5時間39分7秒、35.2km。累積標高は2020m。

誰もいなかったので、駅の前のベンチでパンツ一丁になって着替えたのさ。

さて、先ずは疲労抜き、そしてレースのシュミレーションを楽しもう。



by nao-yamaniiku | 2016-11-12 16:46 | 奥武蔵トレイルラン | Comments(0)
ボリュームゾーン...
Fun Trails 50の大会資料が届いていた。要項・ゼッケン引換などが入っていたが、ガッカリだったのがレース予想タイム。
c0206177_22025333.jpg

速い選手は5時間23分ほどでフィニッシュするらしい。これはまったく関係なし。
問題はボリュームゾーンなるタイム。フィニッシュが15時27分とある。ということは8時間27分である。ムムム...
ボリュームゾーンというのは、名の通り一番フィニッシュが多い時間帯なのだろう。

2週連続で試走した感触では、9時間切れるかどうか?というレベルであった。うーん、想像以上に力が落ちているのか、周りのレベルが高いのか...

スタート位置やレースペースを再考しなければいかんな。周りの早いペースに巻き込まれないようにしないとね。
まあ、年齢的にだんだんレベルが落ちていくのは、仕方だろうなあ。


by nao-yamaniiku | 2016-11-11 21:47 | レース備忘録 | Comments(0)
山対応出来ているか
昨日の検査の結果が良かったので、気が楽になった。まだ、左前辺りが痛くなることがあり心配していた。結果悪⇒即入院という最悪なことも考えて、一応、人様には分からないように、仕事や身の回りの身辺整理をしていたのである。
結果がいいとレースのことなど、一歩前に進んで考えられるようになる。今になって思うと、やっぱりハセツネは順序が逆だった。『検査してからハセツネへ』でなければダメだったのであろう。まあ、天の声ということにしているが、その通りだと思う。

さて、この1ヶ月ほどの山行きはというと…

10月 9日(日)ハセツネDNS
風邪で高熱、気持ちも萎えヤル気が失せた。

10月16日(日)東飯能~東吾野~飯能アルプス~東飯能 25.22㎞
病後ということもあり、足に力が入らなかった。後半はヘロヘロで飯能アルプスを苦しみ、多峰主山はエスケープしようかと思うほどだった。

10月23日(日)FTR試走、東飯能~高山不動尊~西吾野 27.7㎞
この週から体調も良くなった。八徳から高山不動尊の登りはいい感じだった。

10月29日(土)FT全試走、飯能中央公園~横瀬    50.6㎞
満を持してFT50のほぼ全周をした。八徳からの登りで頭に違和感が出たが、その後は横瀬駅まで走りきれた。いい山行きであった。

11月 5日(土)FT50全試走、飯能中央公園~横瀬   48.75㎞
そして、先日のFT50試走は、全体的に前回よりスピードアップが出来た。でも、相変わらず途中で頭痛がするのが心配である。でも、山対応は戻って来た感じがした。

平日は様子見ラン。次週の山行きをベストな体調にするよう心掛けていた。これは良かったと思う。下手に平日走り込んで疲れを引き摺らない方がいいに決まっている。

ハセツネDNS時の風邪での高熱、その後、気力が無くなりバイオリズムは底に落ちた。でも、少しずつ上がり、ひと月たった今は好調な感じ。疲れも取れるのが早くなった。走るには気候も良くなって、早朝のロードもまあまあである。
忘れていたことを思い出した感じのよう。

レースではどうなるか分からないけれど、淡々としたペース、いわゆるマイペースで刻めれば、9時間以内でフィニッシュ出来る手応えを持った。だけど、ロードと違い、山のレースの場合、シングルトラックで突かれ自分のペースに持ち込むのが難しい。そのため試走の方がいいタイムの場合の方が多い。特にスピードのない自分のようなシニア世代は厳しいのである。

今回のレースの出場者は500~600人のようである。さほど酷い渋滞にはならないと思っているがどうだろう。甘いかな… でも、渋滞になってもいいかも。
レースまであと10日ほど。体調を万全にすること。とにかくスタートラインに立ちたい。まずはくも膜下出血からの復帰を果たすのだ。


by nao-yamaniiku | 2016-11-09 21:20 | トレーニング全般 | Comments(0)
今日はMRI検診
大病になったら再発はしたくないものである。心配なのでくも膜下出血の再発率をネットなので調べてみると… なんと1年以内が60%、10年以内で60〜80%だという。ほとんどが再発するということ。このことに関して、日頃は見なかった、聞かなかったことにしている。
まったく『とほほ』の情報である。

今日は定期検診で、久しぶりにMRI検査をした。毎回、思うけれどなんで工事現場みたいな音がするのだろう。『頭を動かさないように』と言われると、目や鼻が痒くなる。15分間、ジッとしているのはシンドイのである。
しかし、不思議な機械だよなあ?考えた人は凄いや。頭の悪い自分には、サッパリ理解出来ないのである。

検査の結果は、良好とのこと。処置した箇所もそれ以外も異常はないという。まずはホッとした。

気になっている再発のことなどを聞いてみた。そんなに再発率は高くないと言う。『そんなに再発率が高ければ僕(医者)の必要はない』と言っていた。確かに…
頭が痛いのは脳疾患が原因ではないとのこと。気持ちの問題?いずれ無くなると言うが、本当だろうか...
忘れやすいのは仕方ない。なるべく脳を使うことだと。
まあ、なんにせよ、検査の結果がいいことは何よりの薬である。
とにかく主治医からは毎回、血圧だけは気をつけるようにと厳命される。もちろんボスの命令には従うだけよ。

身体のことを思えば、走らない方がいいのは分かっちゃいるさ。主治医は少しの運動は推奨している。でも、我々のやっていることは、普通の人では理解不能のよう。
以前、ハセツネを想定して『山を70km走っていいか』と聞いたことがあった。主治医は『???...』こいつ何言い出すんだという顔をしていた。結局、健康な人でも勧めないようなことを言っていた。なので、この手の質問はやめた。

本来は軽いジョグ、ウォーキングなどがいいことは分かっている。だけど、"生きがい"を思うとレースに出たい。
例え10年以内に再発して、それで命が終わっても... 生きてこそと言うかも知れないが、年齢を考えると、他のことは、もういいやと思う。子供が成人したことが大きいかな。父がいなくても勝手にやってね、ということ。
普通のおじいさんは、孫の成長を見続けたいと思うのだろうが、孫を2人も見ることが出来たので、もう満足である。

だけど、怖さはある。倒れる時の言いようもない激しい頭痛、苦しさ。そして、恐怖。そのまま終わればいいのかも知れないが、意識が回復した後は、長く辛い日々が待っている。次は無事では済まされない。きっと障害が残るだろう。そういう目には遭いたくないない。
でも、いずれ...という覚悟もある。

会う人からは、元気そうに見えるけれど、明日になればどうなるか分からないのがnaoさんである。
c0206177_09192944.jpg

今年は行けなかったが、来年は富士山に行けるかなあ。



by nao-yamaniiku | 2016-11-08 23:05 | 健康管理 | Comments(2)
FT50ほぼ全試走その2
c0206177_18373738.jpg

オレらしく、バカのひとつ覚えで、また、先週と同じくFT50のほぼ全試走に行った。
これで4週連続でコースに入るというおバカなのである。コースでそれほどトレイルランナーに会わないので、naoさんが試走王だぜ。なんて...

今日は序盤の巾着田までのコースが分かっているので、前回のロスト時間と今日は休憩時間を少しにした。結果、8時間11分と前回より30分以上の短縮が出来た。
なんとかサブ9の挑戦権を得たかな。でも、トレイルはロードと違って、レースより練習の方がタイムがいいのである。

このコースのレベルは、naoさん的には中ぐらい。一番の難所は、八徳から関八州見晴台までの登りだけど、もっと厳しい登りは他にたくさんある。低山特有のアップダウンもあるが、天覧山から子ノ権現の飯能アルプスの方が手強いと思う。
累積標高は2717mということだけど、50kmの山なら3000mは超えないとね。
なんて、よく言うがキツイことには変わりない。

だけど、山を走るにはいいコースである。
時間にもよるかも知れないが、日向和田山からユガテ以外は、登山者は少ない。自販機や水場もあり給水に便利。トイレもたくさんある。グロッキーになったら、西武秩父線にエスケープも楽である。
c0206177_18373788.jpg

コース上に神社仏閣も多く、今日はレースでは参拝出来ないのでなるべく寄るようにした。
御嶽八幡神社に始まって、日向和田山、北向地蔵、諏訪神社、高山不動尊、金昌寺など。

走りの方は、A7鎌北湖まで2時間17分。前回より12分短縮である。でも、たった12分かあ、と言うのがホンネ...
c0206177_19501399.jpg

鎌北湖の紅葉はレースの頃が見頃になりそう。

A8顔振峠までの区間は1時間37分と先週と同じ。これにはがっかり。絶対、先週のタイムよりいいと思っていた。こういうのが同じコースを走るとストレスになる。しかし、先週のオレも頑張ったのだなあ...

八徳からの登りはいい感じだった。高山不動尊で水の補給。さらに関八州見晴台まで登る。今日はここの登りは短く感じた。

関八州見晴台からは、グリーンラインを中心に両側の山に入る。グリーンラインを走る時は、頑張ってタイムと距離を詰めるのである。

大野峠手前の岩場前で、女子率が高い7〜8人のランナーに会う。なぜか山でランナーに会うと頭が痛くなるのである。分からん?羨ましい病かな。
レースだと沢山トレイルランナーがいるから、どうなるんだよ。
少しスピードダウンして様子見。大野峠手前で先週コケた所は大丈夫。
c0206177_19501446.jpg

刈場坂峠手前のつつじ山へ登る。ここの登りは心拍数を140ちょっとに調整。
コースを通して心拍数に気をつけている。150の前半まで。絶対160には入れない。ペースが速かろうが遅かろうが、心拍数でペースを作る。これが脳疾患野郎の鉄則である。

刈場坂峠を過ぎて丸山を目指す。丸山は960m。FT50で最高標高である。丸山からは、ひたすら秩父盆地まで下る。
c0206177_19501474.jpg

電波塔のすぐ先が丸山である。ダラダラ登りが続く。この登りで頭痛がなくなった。軽い痛みだけど気になる。主治医はそのうち無くなると言うが、それはいつなのだろう?でも、以前よりは痛さは緩く、痛くなる間隔も空いてきている。でも、気になる。

丸山からの下り、県民の森のルートは、やはりよく分からん。
c0206177_19501568.jpg

四番金昌寺の道標。よし、ここからは下りだ。
おそらく先週よりはペースアップしたと思われる下りは、なかなか良かった。別に速い訳でなく、頭痛もなくなり気持ちが良かったのである。
途中、塞いでいた倒木も無くなっていた。スタッフの方が片付けたのだろう。ありがたい。
c0206177_19501549.jpg

金昌寺まで7時間48分。でも、県民の森でプラス10分ぐらいかかるだろうから、実際は8時間ちょうどぐらいかな。
むむむ... ひょっとして、レースでは8時間台いけるかな?

ここからは、先週と同じく横瀬駅まで。今日のスタートは先週より30分ぐらい遅かったが、14時44分の同じ電車が乗れるか。
飯能中央公園から横瀬駅まで総トータル、8時間11分22秒。累積標高は2774mだった。

横瀬駅にはファミリーが大勢いた。なんかイベントがあったのかなあ。
着いたのは14時40分。残り4分。ダッシュで上だけ着替え、手、顔を洗う。今日は奥様達の視線が気になり、ズボンは替えず。

電車は当然座れず。チョー足が痛くて泣きそう。腹も減るし...
ファミリー達はみんな座っているが、おいらはおじいさんなんだぞ。優しくしてくれい...
いつも終わった後が大変なのだ。

さて、もう試走はおしまい。
なんとなく作戦の目処も立ったかな。




by nao-yamaniiku | 2016-11-05 20:01 | 奥武蔵トレイルラン | Comments(0)
冬の練習方法を考え中
今週になって、朝晩はめっきり寒くなって来た。完治したはずの風邪がぶり返したようで、昨日から喉が痛む。まったく...
高熱で3日間苦しんだので、ビビってしまうのである。

来年春のレーススケジュールは決まっていないけれど、冬のトレーニングを考えてしまう。
もっともその前に、FT50と神宮外苑24時間走という難問があるけどね。

この3週間は週末に山へ行っているが、自分にはこのパターンがいいのかも。平日は翌週の山行きか、今は乗れていないけどバイクのために疲労抜きにいそしむ。
自分ごときレベルでは、山をしっかり走ってしまうと、疲れが取れるのに4日ぐらいかかってしまう。本当は、週中にポイント練習をしたいが、今はやめておいた方が良さそうである。それより休養の方が大切だろう。

週末、山・バイク
平日、調整ラン・スイム・休養
このパターンで冬は行く。
だけど、いい加減なnaoさんはすぐに計画変更するので、当てにはならないけどね。

最近、またトンチンカンな仕事行きが戻って来た。昨日は甲府。今日は横浜新山下と無駄歩きが多い。
c0206177_16404177.jpg

港の見える丘公園から。
ネクタイ・スーツ姿だと、ここまでの階段で、なぜか大腿筋がいっぱいである。後ろのカップルの足音が気になり必死に逃げる。しかし、仕事着だと、休日のこのエリアでは浮いてしまうのは仕方ない...

へへへ、でも、帰りは京急から都営地下鉄に乗り入れて東銀座へ寄った。
c0206177_17403845.jpg

SUNWESTで、旧型(多分2014年だと思う)のHOKAラパヌイを8***円で購入。60%割引である。でないと買わないけどね。自分は型落ちで十分である。
ここで買うのは2回目。これでHOKAは4足目である。2014年の春から2年間ちょっとで4足というのは、オレ的には買い過ぎ。それだけ、欠点としてアウトソールが持たないということよ。
まあ、俄然、山行きが楽しみになったぜ。

by nao-yamaniiku | 2016-11-03 21:16 | トレーニング全般 | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
7月
9日(日)
トレニックワールドin外秩父約50㎞

10月
8日(日)、9日(月)
日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
3年...
at 2017-07-24 22:04
935その後
at 2017-07-23 20:22
予定は未定
at 2017-07-22 19:10
ツールドフランス
at 2017-07-20 21:26
夏か...
at 2017-07-19 21:34
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ