nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
<   2016年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧
神宮外苑24時間走の作戦
モチベーションが上がらないのは、このレースに関しての記事が少ないのが表している。レース後のダメージが大きいのは分かっているので、身体を心配している。
去年、このレース後、20日ほどで病気で倒れてしまったトラウマがある。
寒くなったせいか、気のせいか、本当に悪くなったか、この2日間は頭が怠い。
気が乗らないのは、練習不足から来るものである。それだけなら、ムチ打って参加もある。でも、今年は無理しない方がいいだろう。
明日になって、調子が今ひとつだったらDNSすべき。それが正しい選択な気もする。

明日は行くかどうか分からないけれど、とりあえず明日の作戦...

去年は、200kmオーバー目指して、ペース、給水・給食、防寒対策など計画していた。

今年はというと。
給水・給食については、スポーツエイドジャパン御一行様なので、エイドはおまかせメニューでいいや。
防寒対策はバラクバラを買ったぐらいで去年と同じ。
問題はペースだ。

去年は、出来るだけキロ6分以内で走り続けようと走った。今年はそんな走力はない。この手のウルトラは、練習で走った距離が結果に繋がるのは承知である。
今年は、ロードの最長距離は25kmほど。トレイルでもFun Trails 50kの52kmが最長である。もっとも10年以上前は、これでも長い距離を走った方と言えた。

気持ちいいペースでいい。出来れば選手の後ろで走りたい。ペースが合えばだけどね。コバンザメである。
頭がヤバイと思ったら休憩。今回は考える時間がたくさんあるので、『病は気から』病が発症しそうである。
そのため、ガーミン、時計はしないかも。距離を追わなくてもいい。

終電で自宅まで帰れるのが、信濃町駅発23時23分らしい。
最初に止めるなら22時半ぐらい。
2年前は17時間で止めて信濃町駅から始発で帰った。その時の距離は137kmほど。

こんな弱い選手は自分ぐらい。今年はさらにレベルアップして、走力のある御仁が多く参加している模様。参加者のサブスリーは当たり前な走力なのである。
こんなレースにエントリーして、ホント、大バカ者だ。身のほど脇まえろ。
明日は嫌だなあ。


by nao-yamaniiku | 2016-12-16 21:28 | 24時間走 | Comments(2)
バラクバラを買った
恥ずかしながらバラクバラという単語を知ったのは最近である。日本語だと目出し帽という。目出し帽という言葉も57年間生きて来て使った覚えはないなあ。

冬の早朝ランで顔と頭を覆うのが欲しいと思っていた。脳疾患野郎だからね。いろいろ調べたらバラクバラというらしい。
でも、実は最初、ファイントラックがいいと思って調べたらバラクバラとあった。てっきりファイントラックの商品名だと思ったぜ。恥ずかしい奴なのである。
こういうところがチームに入っていれば、何の問題もなく解決出来る。単独行動だと、何かと辿りつくのに時間がかかるのである。

一般的には積雪登山での使用だけど、バイクやオードバイ、釣りなどに使うケースも多いらしい。ランナーは東京ではあまり見ないな。

バラクバラや目出し帽という名より、自分的には覆面と言った方がしっくりする。そして、この商品は、あらゆる服飾・服飾小物で一番イメージが悪い。一般的に頭をよぎるのは銀行強盗、最近はテロリスト。山や川、海で使うならまだしも、街中で使用するには抵抗感がある。ランナーだと、犯人が逃げていると思われてしまったり...

値段的には5000円前後ぐらい。だけど、このオレのことなので、買うのに何度もスポーツ店、山用品店に通ったのは当然である。『今日はいいや』とか『今持ってるので我慢しよう』なんて、相変わらずダメなおじさんなのだ。

だけど、誕生日に何もない。ボーナスおこずかいも関係ない。おそらくクリスマスもなし。もちろんお年玉もない。という可哀想な事実があり、女子的に自分のご褒美ということしようぜとモンベルへ。

結局、困ったらモンベルである。まあ、積雪登山をするわけでないので、ストレッチクリマプラス200バラクバラというのを買った。商品名だけだと何のこっちゃ分からない。税抜2800円。あと1000円も出せばいいのが買えたが、この辺がオレ様たる所以である。
c0206177_08150713.jpg

色は、これまた分からんダークマラード。要はモンベル色ね。ブラックだと、それこそ犯人になってしまう。

今朝は、若干風があったが、さすがに頭と首、ほっぺは暖かい。鼻や口の部分は、通気処理がされていて、いつものネックウォーマーよりは快適。だけど湿っぽくなる。この部分は、東京で走るなら下げても問題ない
ランナー的な問題は、汗がこもるかどうか。7kmほど走ったが、汗抜きはするみたい。覆われている部分が汗で濡れて不快になることはなかった。
まっ、これからの厳寒な時期には活躍しそう。山ランではいいかもね。

明後日の神宮外苑24時間走で、深夜から早朝で使ってみるか。
いや、その時間にまだコースにいるのか?終電前に帰る気満々であるのだが.

by nao-yamaniiku | 2016-12-15 07:10 | ランニンググッズ | Comments(0)
血圧のこと
血圧が健康診断や人間ドックで指摘され始めたのは、40歳を過ぎた頃だったと思う。

そして、このブログを始めた2009年の人間ドックの検査で170ー108?とぶっちぎって再検査。結果、降圧剤を飲むようになった。ちょうど50歳の時期だった。もっともその時の数値は異常値で、だいたい140〜150、90〜100ぐらいだった。高いことには間違いないけどね。その後、薬を飲んで10ぐらい下がった。

画期的に改善したのは禁酒だった。これで130前後、80前後になった。降圧剤も止めても、この数値を維持出来た。飲み過ぎはダメよ。

血圧が改善したのに、くも膜下出血が発病。がっかりである。主治医からとにかく血圧を下げるようにと、アムロジピン5mgを朝晩に処方している。本人的には、血圧を下げてもダメだろ、と自虐的である。だけど、他によりどころがないので言うことを聞くしかない。

言われた通り、退院後は塩分に気を使っている。
スープ、汁は飲まない。なるべくサラダは生。納豆のタレは1/3だけなど...
それで、120台と70台をキープして来た。

血圧の基準はいろいろある。どれが正解なのかはよく分からない。世界的には140以下、90以下らしい。でも、なんとなくシロウト考えで個人により、適性血圧の範囲内は違うのでは?と思うようになっている。どちらにせよ、低い方がいいに決まっている。

自分の中では、主治医のご意見も聞いて、130以下、80以下としている。朝、起床時は必ず測っている。意外と時間がありそうな夜はサボりがちである。

もちろん、毎朝、決めた基準値でないこともある。130や80超えることもある。でも逆に、110そこそこだったり、60台の時もある。血圧は気まぐれ。しかも、自分の場合、血圧の上下で体調の良し悪しは分からないのである。サイレントキラーたるゆえんである。

ところが、Fun Trails 50kが終わってから、一段と寒さを感じるようになった。そうしたら、血圧が上がり始めた。

一般的に寒くなる冬は、血圧が高くなると言われている。でも、昨年まで、夏だろうが、冬だろうがあまり変化はなかった。今年はマニュアル通りである。

今のところ、拡縮期、拡大期とも同時に上がることがはない。それでも1週間に半分は超えるようになった。130や80をわすがに超えてもいいじゃないか、とも思うが、それを許すと、そのうち、どうでもよくなってしまうのが、naoさんの弱いところなのである。

血圧を下げるといっても、自分の場合、食事しか思い当たらない。
血圧が安定してるからといって、少し塩分の高い弁当を食べてるじゃないの、スープ、汁、飲まないと言っても一口、口にすることが多くなったのでは、など...
白状すればいろいろ悪事を働いているのである。

よーく、覚えておくこと。
血圧が高くならない身体にはなっていないこと。薬や努力で人様並みに維持出来てるだけ。
勘違いしちゃダメである。

by nao-yamaniiku | 2016-12-13 21:41 | 健康管理 | Comments(0)
みたけ山トレイルラン見学
c0206177_11515850.jpg

午前中時間が取れたので、サクッとみたけ山トレイルランの応援というか見学に行った。
御嶽駅8時6分着の電車はランナーがいっぱい。ケーブル下までのバスの待ちは数珠繋ぎ。もちろん、レーサーでないので走って、いやほとんど歩いてスタート地点まで向かう。

スタート地点のケーブル下は、寒さで小刻みにジャンプしながらスタートを待つ選手で埋まっていた。
c0206177_11515858.jpg

でも、いきなりハリ天狗師にお会い出来て、お知り合いのところにご案内頂いた。やっぱりオーラがあるんだなあ。

たくさん写真を撮ったつもりだったが、自分の下手くそさに毎度、がっかりなのだ。こういうことがキチンと出来ないから、頭をおかしくするのに違いない。

地元開催で賑やかな、青梅トレラン部御一行様の後ろに隠れていた。こういうのはいつも影の薄い男である。
c0206177_11515903.jpg

このお二人は快走だった。

9時30分スタートなので、9時に御嶽山を登り始めた。登りきった所で応援(見学)するつもりである。
もっと時間がかからないと思ったが、30分ぐらいかかってしまう。
c0206177_11515950.jpg

女王の前に進めるのは、こういう時だけである。気分がよろしい...

トップは15分過ぎに通過。青梅トレラン部のこーちゃん。ぶっちぎっていた。
お知り合いの方々もいい走りで、羨ましかった。
出場選手は1000人ほどいるのだろうか。以前は、10分ごとのウェーブスタートだったけれど、今は一斉スタートのよう。自分が出たのは2008年が最後かなあ?もう8年も前のことである。
15kmというトレイルレースとしては、短い距離を全開で走る身体で羨ましい。今、このレースに出たら頭が千切れてしまうだろう。

ロードの登り切った所にいて『ガンバレ』と声援を送りながらも『みんながんばってるよ...』と心の中で突っ込みを入れたり。
中盤以後の選手には『キツイとこ終わりましたよ〜』『これから平らですよー』なんてウソついていた。確かに序盤の登りは辛いが、いったん下って、岩石園からのダラダラ登りがさらに堪えるのに...
c0206177_16590210.jpg

c0206177_16590337.jpg

ばぶぅさんと一緒だった。
あまり、ゆっくりも出来ず、スタートから1時間ぐらいで下山した。
c0206177_16590350.jpg

レース前に並々ならぬ決意を感じたこーちゃん、めっしーさん御一家。優勝おめでとうございます。息子さんが末恐ろしい。オレの孫たちもうかうかしてられんぞ?


by nao-yamaniiku | 2016-12-11 18:51 | Comments(2)
今日は孫2号のクリスマス会
今日は孫2号の保育園で初めてのクリスマス会だった。前回のイベントである運動会はハセツネの前日だった。その日は雨のため体育館でやったとのこと。ジィジは熱でうなされて、ハセツネと孫2号の運動会をDNSしたのであった。

ということで張り切って、相模原市の某保育園にジィジ乱入。若いパパ達に混じってスマホで動画撮影である。
c0206177_19560910.jpg

初めは、あまりの年の差に恥ずかしかったが、会が始まればそんなこと忘れて夢中さ。
誰もが思うこと。オレの孫が一番可愛いのである。
c0206177_19560915.jpg

午前の早いうちに終わって、みんなでお決まりのお食事会。孫2号を中心に『かわいい、かわいい』と褒め讃え合うのであった。
先週は孫1号、今週は孫2号である。生きていて良かったとつくづく思う。

そんなことがあり、ランは平日と同じ早朝しか時間が取れず。16kmをキロ5分52秒ペース。今朝は10km超えてから調子が出て来た。
寒さ冷たさは、まだ序の口と言ったところか。手先がかじかむことはまだない。だけど、気分がそうさせるのか、首が冷たくなるのが気になる。
c0206177_19561034.jpg

すでに顔は真冬仕様である。
走り終わると何事もない。やっぱ、気持ちだなあ。

昨年は、神宮外苑24時間走に向けてガツガツと走っていた。半月もしないうちに300kmを超した。去年は、何度も100km以上走った蓄積があったからね。今年は全然距離を追っていない。というか追えない。身体のケアが大事である。今更、走り回っても遅いしね。
by nao-yamaniiku | 2016-12-10 20:30 | Comments(0)
誕生日である
57歳になった。
毎年そうだけど、特別なことは何もしない。しいて言えば昨日は8時前に帰れたので、その分、寝る時間があり、結果、今朝はいつもの10㎞ランが14㎞になったぐらい。

世の中的な区切りは元旦。企業の場合は年度初め。学生は新学期。
誕生日は自分だけの1年の区切りとなる。なので、特に人からお祝いされなくてもいいのである。と強がり…  静かな気持ちで、過ぎ去った1年のことを思い、これからの1年のことを考えればいいのである。

親父が56歳で脳溢血で倒れ、その後、いったん回復するも、59歳と5ヶ月で亡くなった。もちろん、そのことは、もの凄く意識していた。昨年はレースでまあまあな結果を残し、56歳になった神宮外苑24時間でも目標の200㎞を越えた。禁酒もしていた。だから息子のオレは親父と違うと思った。
結局、同じだった… クソ親父が呼んでいるのか、バカヤローである。退院して親父の墓に行った時、『息子を呼ぶなよ…』とボロボロと涙を流した。

人生で最悪な56歳だった。
だけど、最近はそうとも思わなくなって来た。身体が元に戻りつつあるからだろう。
当たり前だけど、今年は、いろいろな方から、心配され、元気になって喜ばれ、気にかけてくれた。みなさんのお心遣いをありがたく思った。身体は最悪だったけれど、心温まるものをたくさん頂いた。
結果、悪いだけでない、いい1年でもあったかな。いろいろ教えられた1年でもあった。病気をしなければ気づかなかったと思う。

さて、心配なのは、このまま1年前と同じ道を歩いている気がしてならない。返す返すも神宮外苑24時間走は余計だったよ。
DNSの選択もあるぜ…
『12月はノンビリした方が身のためなんじゃない?』と小悪魔がささやくのである。

by nao-yamaniiku | 2016-12-08 22:16 | 最近のこと | Comments(2)
まだ負けない...
入院してから意識が戻っても、しばらくは寝たまま過ごしていた。倒れる時かそれ以上の激しい頭痛、40℃を越えそうな高熱、下痢、腰痛を体験。
その後、ベッドにヒモで固定されていた手が、自由になってからリハビリを開始した。
ところが簡単に立てると思っていたが、まったく立つことが出来なかった。まったく足に力が入らなかったのである。

立つ ⇒ 歩く・ちょい走る が自由に出来るようになったのは2月の終わりぐらい。だけど、倒れた1月初めから2ヶ月間のダメージは大きかったようで、今も引き摺っているよう。


それは、走ってみると分かる。とくにロードラン。
自分にとって、ちょっとスピードが上がった気持ちいいペースは、キロ5分10秒からキロ5分30秒だったはず。ロードランの場合、1㎞ごとの自動ラップで確認している。ところが、今は自分的にはキロ5分10~20秒と思っていても、実際はキロ5分50秒ぐらいになっている。『え~っ』と思って5分10秒に近づけると、ちょっと苦しいペースになる。
後半、2㎞だけスピードアップしてキロ4分30秒以内と思っても、キロ4分50秒ぐらいだったり…
どうもスピードを上げられない。

ヤバイのである。認めたくないが、どうやら衰えたようだ。
明日、57歳になる。
確かに年齢的に肉体の衰えが出てくるころであろう。いずれ誰もが経験する加齢との戦いが始まったようである。
実は始まっていたが、禁酒やトレーニングの工夫で、レースの結果には出なかっただけか。

一度、衰えた筋肉を元通りにするには、歳を取ってしまったよう。
ただ、まだまだレースでの結果が欲しいし、足りないのである。どう乗り切るか。

なんて、最近思っていた。そして、珍しく20時前に家に着いたら、西城秀樹がTVに出ていた。もちろん昔は、西城秀樹なんて『ヘッ』って思っていた。
56歳の時、2度目の脳梗塞に遭ったいう。知らなかった。ムムム...
ファンの前で歌うためにトレーニングを続け、コンサートの模様を放映していた。病気の影響でちょっと動きが悪かった彼も、それからファンも年齢を重ねたけど、気持ちと情熱は20代のままだった。同じ歳で同じような病気なので泣けたね。

オレのバカヤローである。負けを認めたら本当に負ける。たとえ負けることがあっても、後ろ向きに倒れるのでなく、前に向かって倒れるのである。そう、教わって来たし教えているはずである。
とりあえず、朝の10kmランは、不甲斐ないペースだけど続けて行くしかない。
c0206177_20412196.jpg





by nao-yamaniiku | 2016-12-07 21:31 | リハビリトレーニング | Comments(2)
トレニックワールド100mileエントリー
c0206177_17004022.jpg

こんなことしちゃったが、大丈夫か。いや、大丈夫ではない。
初めて、どこまで行けるのかのレースになる。それはそれで、今までと違うドキドキ感がある。100マイルはこのぐらい敷居が高い方がいい。

これからの5ヶ月半の生きがいとなる。
by nao-yamaniiku | 2016-12-06 22:49 | Comments(6)
孫1号と会った
ブログのカテゴリーに『孫』を作っておけば良かったよ。
今月の前半は孫のイベントが続くのである。

土日は、予定通り孫1号に会いに行った。次女も一緒にというので孫2号も連れて行った。おかげで行き帰りのクルマは賑やかだった。当然、いつものように往復1200㎞超の運転は、脳疾患のnaoさんが担当である。運転中、意識がなくなったらゴメンということさ。

土日の2日間は走れないものと思っていた。だけど、土曜日の夕方に温泉に行くという。自分は温泉にさほど執着はないので、その時間に走った。翌朝も早朝に起きれたので走った。トータル27㎞ほど走れて、しかも気持ちが入っていたので、なかなかよろしい感じだった。

この2日間で、グッと来たのは、孫1号とお別れの時。この間まで、ニコニコしながらバイバイしていた。
だけど、今回は、泣いた。『ジイジ、行っちゃダメ』だって。
大きくなったという身体の成長より、心の成長は泣かせるよ。
ジイジも一緒になって泣いたのである。

次に会うのはいいが、わかれる時の寂しさを思うようになった。

c0206177_21484827.jpg




by nao-yamaniiku | 2016-12-05 21:13 | 最近のこと | Comments(0)
走る時間がない
今週に入って走る時間が無くなった。
月火水と時間を割いて早朝に走ったが、慌ただしい日々で睡眠不足気味。これはまるで意味のない練習なので昨日からヤメた。そしたら都合良く雨だった。

今日は5時過ぎの電車で帰宅は22時を過ぎた。不思議と朝が早い日は帰りも遅いという、意地悪さは毎度のことである。

今夜は、これからさっさと寝て明日は4時起き。
山に行くのでなく、兵庫の孫1号に会いに行くのだ。
そのため、この週末は走らず。でも、いいのである。

レース前に、布団で寝そべりながら、孫1号とテレビ電話をしたら『じいじ、びょうち(病気)なの?』と言ってくれた。入院していた頃のことを覚えてくれているのか。(涙) その瞬間、孫1号に会いに行くのを決めたのだ。
背中を押す言葉は、思いもよらない時で、実に簡単な言葉である。
c0206177_07485963.jpg


by nao-yamaniiku | 2016-12-02 23:33 | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
変わる...
at 2017-09-19 22:51
休養の日
at 2017-09-17 19:20
連行峰ピストン
at 2017-09-16 18:40
ブログ8年
at 2017-09-13 22:30
五日市〜陣場山ぐるり
at 2017-09-10 19:01
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ