nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
<   2017年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧
バイオリズム低下
ハセツネ30kのコースを4時間40分もかけて疲労があるはずない、と強がっていた。
だけど、たっぷり寝たはずの昨日の朝は、走り始めたら異様な眠さ。まるで徹夜で走って来たような感じ。こりゃダメだと家に逃げて二度寝した。これが気持ちいいのである。睡眠はバッチリだと思っていた。だけど、日中も眠気が収まることはなかった。

足の筋肉痛はない。でも、両腕がダルイ。雪上のトレイルで腕を使ったのかと思ったが、ハセツネ30kからの帰宅後に昨年は病気で出来なかった、バラの剪定をしたのだった。剪定というとその道の人に聞こえるが、要は枝を切っただけである。でも、バラはトゲがあり、おおざっぱに切ったらトゲが絡みついて抜けない。ビューンと顔面直撃もあるので、一本一本『イテテッ』とつぶやきながら切るので時間がかかるのである。でも、これごときで筋肉痛とは、トホホである。

もちろん寝るのは大好きなので、昨夜も20時半に布団に入った。病気になってから一段と寝るのが早くなったのだ。
朝までグッスリ寝ていたのに、目が覚めても身体が動かなかった。寝過ぎ…という症状とは違う。どうやら運動はNGサインのようである。自分的には疲れているはずがないと思っているが、どうなんだろう。

たっぷり寝たくせに、ランを休むとサボっていると思いがちである。自分はなんて怠け者で意思が弱いのだろう...
こういうことがストレス、ストレス...

たまにある、というか良くあるバイオリズムの低下のよう。この場合、逆らわない方がいい。


2月も中旬に近づき、目に見えて日照時間が長くなった。梅の便りも聞かれはじめた。午後になると風が吹く日もある。そろそろ花粉の季節である。春が近づいているしるしである。まだまだ寒い日が続くが、寒さにも慣れた。
春の近づきを感じてウキウキしていれば、バイオリズムも自然と上がっていくだろう。
c0206177_16245864.jpg
醍醐丸から降りてきた林道で。木々についている雪が花のようにきれいだった。脱日常… 山はいいネ。


by nao-yamaniiku | 2017-02-13 22:05 | 健康管理 | Comments(0)
ハセツネ30k試走2017年3回目
他にたくさん山はあるだろ、と突っ込まれてしまうが、naoさんのことだから仕方がないだろう。
2月に入って3回目のハセツネ30kである。知らない人から見れば、当然、レースに出るよねと思われるのは当たり前である。
コース入山率はハセツネキャンプのけぐさん並である。

c0206177_15180516.jpg

7時前に裏山ベース前をスタート。
この時間は寒くてたまらん。スタート前の写真を撮る時も、寒くてガタガタ震えていたよ。
c0206177_15180693.jpg

でも、走り出してしまえば大丈夫。徐々に温まってくる。最初は頭のこともあるので様子見ランである。天気予報は寒い寒いと脅かしているからね。

c0206177_15180621.jpg

林道に入り、5kmすぎの採石場を過ぎると所々積雪になる。でも、凍っていないので大丈夫。気になるのは真新しい足跡である。誰か先行している。雪質から9日の雪というより昨日降ったような感じである。
この林道では、さほど力を入れず、今日は峰見通りを気持ち良く走りたい。
北沢峠 1時間4分。まあまあ。1分休憩。

c0206177_15180783.jpg

c0206177_15180782.jpg

でも、ここから積雪箇所がある。特に下りはゆっくりになってしまう。登りも雪がフカフカで滑る。こりゃスピードは出ん!
ゆっくりのせいか足は楽だった。
市道山分岐まで52分もかかってしまう。
ここで先行していた足跡の主に追いついた。

水と自作ジェルを飲んでいる間に彼は先に行ってしまった。
ここからはずっと積雪。彼以外の足跡は動物だけ。自分が足跡をつけたい。先に行きたいなあ。
なんて思ったら彼の足跡がなくなった。きっと林道の方にいってしまったのか・・・ 後ろを振り返るが見当たらない。強そうな人だからいいやなんて。でも、足跡からトレイルのコースどりを見ると、このコースは慣れていないと思った。

c0206177_15180859.jpg

c0206177_15180850.jpg

先に進むと、新雪を踏みしめられる。なかなかよろしい。もうタイムはいいよ。本当は今日、4時間半は切りたかったが、条件は悪い。でも、今日、おそらく明日はいいが、来週はカチカチで滑りそう。
アイゼンは出がけに探したが、ストラップが取れたので捨てたのを思い出した。スパッツはいいや、と持ってこなかった。予想通り雪でもアイゼンやチェーンスパイクが必要な事はなかった。
シューズはホカラパヌイ。実はこいつはFun Trails 50Kの後、行方不明になっていたのだ。先日、ソファの後ろを掃除と、どかしたら出て来た、という分けがわからんのである。でも、ウォーターフルールとやらで雨には強いという事らしい。ソックスが雪でしみる事はなかった。

c0206177_15180920.jpg

15kポストでタイマー写真を撮っていたら彼が追いついて来た。おおっ、なかなか出来るな。
でも、ハセツネ本戦のコースに行こうとしたので、「こっち」と誘導。
聞けば、まだトレイルを初めて1年ちょっとのよう。レースも昨年の高水に出ただけのようである。今年はハセツネ30kに出るとのこと。力はありそうなのでこれからに期待だね。
c0206177_15181073.jpg

第1関門区間 48分20秒。
モタモタした割にまあまあかな。

ここからT字まで一緒に下る。
林道は凍結していて滑る。油断していたら、1960年代によくあったアニメのバナナで滑ったように見事に尻餅。ここはゆっくり行こうね。反動で頭でも打ったらおしまいである。
途中の水場で補給してT字には区間30分13秒。
まあ、仕方ないよ。

ここからは彼と別れて先に進む。
別れの挨拶で握手してたら、彼が直立不動でおじぎしてくれた。なかなかいい若者である。短い時間だけどこういう方に会えると有意義だね。おかげで本日の山ランは◎である。

ここから4時間半に近づけるためにスピードアップ。林道の登りも走る。ロードの登りは走れるんだよなあ。
そしてトレイルの急登は喘ぎたくないのでちょっと力を抜く。
登り切って、入山峠へ向かっていたら、ソロの若い女性に道を聞かれた。今日は若者と縁がある。「夕やけ小やけふれあいの里」まで行くという。ほぼ通って来た道だけど、登山者に教えるのは難しい。距離感や時間軸が違うからね。
入山峠まで区間39分56秒。

さらに走る。ここからはさほど雪の影響がなくなって来た。
でも、ムキになる事はない。でも、それなりに・・・
今までは無風だったが、少し風が吹いて来た。寒さに心配したが山ランにはいい気候だった。今は頭が心配だからね。序盤で寒さを感じたら引き返すつもりだった。
今度は3人組の山ガールとすれ違う。最後尾の女史が「こんにちは、お気をつけて」と声をかけてくれた。この場合、すぐ先でコケるのがnaoさんなのである。本当に気をつけなくてはならない。
今熊山まで区間20分46秒。
もうタイムはいいや。

c0206177_18210356.jpg

見通しは良くスカイツリーもくっきり見える。
2分休憩後、今熊山からの下り。
時間的に11時過ぎで、登ってくる登山者が何組かいた。所々で立ち止まる。
でも、走り自体はいい感じ。

c0206177_15181058.jpg

途中の気になるイス。座ったら100人ぐらい林から出て来て拍手されそう・・・
ヘロヘロ感なくリバーティオへ。
区間21分8秒。
トータルタイム4時間40分11秒。32.3km。累積標高は1749m。

山通いで少しずつ山対応が出来ているようだ。
でも、まだまだである。


by nao-yamaniiku | 2017-02-11 15:03 | ハセツネ試走 | Comments(0)
ゆっくり、そしてリフレッシュ...
朝ランは、さほどの寒さはなかった。でも、気温はそのまま上がらず。池袋は思ったより早く雨が降り始めた。寒い一日になった。
山は積雪かなあ。
c0206177_16284197.jpg

1月が過ぎると仕事の年度末が近づく。我々のような苦戦企業は、辻褄合わせに忙しくなるのである。
この間まで優しかったあの人、この人達が、いつの間にか病弱なnaoさんに、難しい案件を押し付けて来るのである。

仕事や生活が上手くいかずムシャクシャしている時は、思いっきり走ってスッキリというのが、普通に思われている図式である。

ところが、仕事が忙しかったり、プレッシャーがあったりすることは、心だけでなく、身体も疲れるものである。特に自分のような歳になるとね。故に思ったほどいい走りは出来ない。
そして、思いっきり走る → 疲れる。いい走りが出来ない → ガッカリ... と身体も心も追い打ちをかけるように疲れてしまう。当然、仕事や生活もさらに気力減退になってしまうのである。

この場合、走るのはお休みするか、疲れない程度に走るのがいい。
昨日は朝から15時間拘束の仕事で走れず。今朝はゆっくりと走った。

気持ち良く、フレッシュな気分で走れるペースはどのくらいかなあ?とジョグを始める。この場合、タイムは見ない。見るのは時刻だけ。時計を外してもいいけれど、時刻が分からないと… 仕事の支度があるからね。
でも、少し前のリハビリランの時は、何も計測しないで走ったこともある。これはなかなか良かった。なーんも縛られないのは気持ちがいいものである。何キロ走ったか、ペースなんて分からない。レースに縛られなくなったらこういうのがいいな。

今朝のランは1時間21分。走った距離は12kmちょっとだった。ペースを見たらキロ6分半ほど。
今のこの気候だとキロ6分半が基準になるのかな。
リフレッシュした感がありなかなか良かった。




今日で退院してちょうど1年が経った。
医師からは、退院のOKをもらったが、退院したのが早過ぎた。
実は、リハビリで病院内を歩いている時に、入院患者さんが公衆電話で話していた会話にビビった。『〇百万円かかって払えないから退院する…』なんて言っていた。こういう会話は1人でなく何人か耳にした。
自分のことを振り返った。救命救急センターに2週間。この間は24時間、看護師さんが付いてくれていた。手術代や人件費(?)を考えたら相当高額になると思った。見当がつかなかった。
次の大きな検査が2週間後というので、『家に戻りたければいいよ』みたいなことを言われたので、即『退院します』の返答。

ところが会計してビックリ。思ったほどの1/10ぐらいの金額だった。失敗…
だったら入院していれば良かったよ。
自宅にいても日中は、まったく頼りにならないワンコが2匹。心細かったし、まだまだ身体や頭の調子は悪かった。看護師さんがありがたかったなあ。

寒い日がまだ続きそうなので、頭には良くない季節だろう。ストレスを溜めず、肩の力を抜いて… これがなかなか難しいけれどね。

by nao-yamaniiku | 2017-02-09 21:27 | トレーニング全般 | Comments(0)
100マイルのペース
c0206177_18235019.jpg

3年8ヶ月ぶりの100マイルなので、忘れていることも多い。それに昨年の1年間は空白期間でもあり、なおさらである。

トレニックワールド100マイルの制限時間は35時間。昨日のハセツネ30kの試走は32.7kmで6時間51分だった。
32.7km×5周は163.5km。ハセツネ30k5周が100マイル。
タイムは昨日は約7時間なので、5周でちょうど制限時間の35時間となる。昨日のペースが基本になる。
ちなみに累積標高は1702mなので5周分で8500m。
しかし、ハセツネ30kのコースを5周は考えられない...


100マイルの後半は大幅にペースダウンするので、中間地点の80kmまでは昨日のペース以上に早く走らなければならない。当たり前だけど...

この昨日のペース以上というのが難しい。
でも、なーんとなくペースが分かったかな。やっぱり四半世紀近くも山ランして来た経験がある。問題はそのペースで走れるような身体になっているかどうか。

本来だとこの時期は、スピード養成した方がいいだろう。だけど、年齢的にスピードを上げるのは難しい。せめて走りに、いや登りに力強さが出てくればしめたものだと思う。

次の山ランは、100マイルの入りのペースを考えつつ、力強さを復活するような山行きを目指していくのである。
どうすれば目標を達成出来るのか、考えろ。今が大切な時期だぞ。
力不足は仕方ないが、練習不足なんて言い訳は絶対にしないのである。

by nao-yamaniiku | 2017-02-06 21:39 | 100マイルレース | Comments(0)
ハセツネ30k試走2017年2回目
c0206177_18235655.jpg

今日は女史のお二人と山行き。naoさんもたまには女っ気があるところを見せなければね。
c0206177_18235743.jpg

東京裏山ベースにはこれからキャンプのケグさんがいた。
ここからスタート。
今日は100マイルペース練習。
序盤はsasashinさんから新情報を教えて頂いた。もっと聞きたいことがあったが、緊張して忘れてしまった...
c0206177_18235710.jpg

北沢峠までの林道は最後尾で進む。心拍数を上げないように。一昨日のハセツネ30kの疲れかなあ。何となく足が重たい。
北沢峠まで1時間24分。ここまでのペースをよく覚えておこう。
c0206177_18235802.jpg

どんよりとした空になって来た。
市道山分岐までは、あまり力を入れず。でも、それでもキツイのである。
市道山分岐、1時間17分37秒

醍醐丸方面の右側の林道はどこまで行くのだろう?そんな話題になった。今度、行ってみるか。
c0206177_18235847.jpg

お約束。
第一関門、1時間8分41秒。
60分ぐらいで行きたいところである。

T字までは、淡々と下る。
水場で水を補給。
42分28秒。なるどのペースである。

ここから少し雨がぱらついて来た。だけど、今日はというか今日も寒くない。こんな天候だと助かる。コース状況もいい。だけど、今日と木、金辺りに降りそうな雨マークが心配。積雪、凍結は今年はノーサンキューである。
入山峠、59分13秒。今日は感じより遅い。

今熊山、37分58秒。
そして、リバーティオ、41分14秒。

トータルタイム、6時間51分49秒。32.72km。累積標高1702m。

ペースは遅いが、さほど余裕はなかった。
5時間30分でも同じ疲労度かなあ。

一昨日、今日とくるぶしが擦れるホカ・スティンソンATRを久しぶりに履いた。擦れることはなかったが、今ひとつ足に合わない感じ。
とにかく山に慣れる。
by nao-yamaniiku | 2017-02-05 16:33 | ハセツネ試走 | Comments(2)
ハセツネ30k試走2017年1回目
前回のブログでハセツネ30kはエントリーしないと言ったのに、試走に行くアホなのである。
ちょっと訳ありもあるが、山の練習にはいいコースだと思っている。
1月は週一の休みが続き、代休がさらに溜まっている。1日ぐらい休んでもいいだろう。三連休になるし、エヘヘ...
c0206177_18233749.jpg

9時過ぎにリバーティオをスタートする。
散々、走っているコースなので、よく分かっているはずだろうと思うかも知れないが、頭に問題のあるnaoさんは、すっかり区間タイムを忘れてしまっている。武蔵五日市駅に向かう電車で、以前のブログをチェックした。こういう時、ブログが役に立つ。タイムも書いているからね。

沢渡橋までは苦しい。ペースに乗れない。でも、登りに入ったら淡々と走れた。調子良さげな感じだった。このところの早朝ランのおかげと思いたい。いつもはこの林道は冬に走ると寒々としているが、今日は大丈夫。快適に走れる。
リズムよく北沢峠に着く。
c0206177_18233882.jpg

手前の林道から入るトレイル。
北沢峠まで、1時間2分。ムムム...遅っ!9.94kmだった。

ここからの峰見通で、やはり力が出ず。毎度の撃沈パターンである。だけど目標は100マイルである。息が上がって苦しいが、ゆっくり進み呼吸を落ち着かせる。しかし、なんだかなあ... がっかりである。
Fun Trails 50のレースや直前の練習では、力強さが復活したと思ったが、また、元通りだよ。登り終わったら一息つきながら市道山分岐へ。まあ、慌てなくていいやと思いながら進んだ。
区間50分51秒だとさ。
ここで3分休憩。息を整える。

市道山分岐からの下り。下りの方が調子が出る。でも、また登りが...
醍醐丸0.8kmの道標からの登りは少し良くなる。
c0206177_18233836.jpg

雪はない。走るには絶好のコンディションである。なので道が悪いという言い訳は出来ない。
日向は暑いぐらい。でも、日陰は空気が冷たい。温度差はかなりある。
c0206177_18233906.jpg

15kmポストにて。脳疾患野郎はがっちり頭を防備するのである。今日のコンディションなら元気な人はランパンだろう。

トゲトゲの方に行ってみるが、だいぶ通りやすくなった。問題なし。
c0206177_18234007.jpg

c0206177_18234046.jpg

このガードレールが作られた頃はクルマが入っていたのか。いつ頃のことなのだろう?
c0206177_18234138.jpg

林道までの下りも平気。トゲトゲに悩む事はなくなった。
第一関門まで区間43分44秒。だいぶ遅い。
ここでも2分くらい休憩。

林道をひたすら下る。ムキにならなくてもいいや。
c0206177_18234274.jpg

この時期は、いつもはカチカチに凍結しているが、雪も氷もない。
5kmちょっとの下りを26分17秒。ガーミンのラップはちょうどキロ5分だった。

そして林道を登り返し。歩きながら自作ジェルと水を飲む。そこからは走る。林道は登りも走れるんだよなあ。しかも快調な感じ。
でも、トレイルの登りになると、ガクンとペースダウン。足が前に出ない。急登はゆっくり登る。でも、喘ぐ。
c0206177_18234242.jpg

くたびれて入山峠到着。
区間42分34秒。

ここからは下り基調。
今熊山、22分32秒。ここで少し休む。
もうヘロヘロ。

広徳寺の手前で歩き出す。
ダメージを残してもね。三連休の初日でバタンキューじゃ仕方ない。
フィニッシュまでの区間は29分36秒もかかる。

トータル4時間44分45秒。31.79km。
累積標高は1718m。

うーん、ヤバイね。
このところの仕事疲れか、加齢で力が衰えたか。もちろん前者と思いたい。
とにかく山に通わないと...

今日のハセツネ30kのコンディションは最高である。雪なし凍結なし。
でも、日曜日は雨だという。ということは雪か。
心拍ベルトをしなかったが、今度から山に行く時は忘れずに、だね。



by nao-yamaniiku | 2017-02-03 15:52 | ハセツネ試走 | Comments(0)
ハセツネ30kエントリーせず…
このところ、毎週、数日は本厚木・伊勢原方面に出かけている。今から20年ほど前に関わったことが浮上した。意外な形でようやく決着でホッと一息なのだ。やっぱりお金のあるなしでどうにでもなる。

20年ほど前の1997年に伊勢原通いして、お馴染みになったので、翌年の1998年に大山登山マラソンに出たことがあった。38歳のnaoさんである。
当時は仕事が忙しくなり、練習も滞りがちになって来た。だけど、まだ若さビンビンである。ランパンランシャツでロードをガンガン走って、登山道の中腹からフクラハギを攣りながらフィニッシュした。懐かしい思い出である。
c0206177_20301845.jpg

伊勢原駅でポスターが目に止まって、久しぶりというか20年ぶりに出てみようかと検索してみると、とうの昔(11月頃)に締め切られていた。今は大会のエントリーは難しいなあ。

ハセツネ30kのエントリーは、別な意味で難しい。去年、15回完走(1回は反則)のためハセツネ本戦は優遇された。
このレースの男子1000位以内はハセツネ本戦のエントリー権を手に入れられる。そのためハセツネ本戦のための予選という位置付けが大きくなっている。自分的には、コースはつまらないと言う声が聞こえるが、同日の青梅高水よりは走り応えはあると思っている。15回完走してハセツネ本戦のエントリー権が手に入っても、春先のトレイルレースとしてハセツネ30kに出続けるつもりだった。

だけど、改めてハセツネ本戦の1000位までというエントリー権を考えると、自分が出ていいのかな?と思い始めて来たのである。経験の浅い人に譲るべきではないかな。もっとも偉そうなことは言えない。1000位以内に入れるのかよ?である。やっかいな制度なのだ。
それともうひとつ。ハセツネ呪縛が解けていること。昨年のハセツネ本戦のDNSは風邪からの高熱のため。理由はどうあれ、ハセツネは出るのが当たり前だった。いろいろなレースに出ているが、それもすべてハセツネに繋げていたといっても大げさではない。でも、DNSしてみると『なんだ、ハセツネに出なくてもいいんじゃね』と思った。
せっかく拾った命なので見聞を広めるか?ということも思い始めている。おそらく同日開催になるだろう100マイルのkoumiも以前から興味があった。ハセツネ30k5周回分だもんね。
ハセツネに出るかkoumiに出るかはトレニックワールド100マイルが終わってから決めればいいや。

そうは思いつつも、やはりハセツネ30kは興味があり、先日、久しぶりにハセツネのHPを覗いてみた。ハセツネ30kの要項を見ていたら、エントリー費が「10,000円」とあった。
『ゲッ!!』ということで終了。

万年資金不足の初老オヤジの場合、出る出ないはエントリー費が決定打となるのである。
昨年のエントリーの日は、くも膜下で入院して苦しんでいたので分からんが、2015年は8000円だったはずである。125%アップ…
今後、レースを続けられるかどうかは、エントリー費にかかっているのである。トレイルランもお金次第ということ。

つらつらと書いたが、結局、ハセツネ30kのエントリーはしなかった。今日の10時は普通に仕事の行動。池袋駅へと向かう途中に、エントリー試走?にとスマホをいじくりつつ歩いていた。批判をあびている『ながらスマホ』である。プレッシャーもないし、元々クリック戦の負けはなし。待ち時間は長かったが最終画面まで進んだ。クリック戦に弱い人にエントリーキャンプでもするか、なんて。小さくガッツポーズはクリック戦勝利のお約束である。そこでプチっと切っておしまい。


結局、4月の大会は4月22日(土)Fun Trails 名栗に決めた。
元々このコースは、スポーツエイドジャパンが昔やっていたコースに近い。2010年の時にエントリーしていたが、諸事情とやらで宮沢湖ダートに変更になったのである。ちなみに、その時に買ったハイドレーションは今でも現役である。

コースとしては変化があり面白いだろう。ただ会場に行くには、クルマかシャトルバスかになる。あまのじゃくなnaoさんは、バイクで行こうと大会事務局に『バイクで行って駐輪場はありますか』と尋ねた。すかさず、『奥宮氏』からの返信で『あります!』との回答。メールなのにドキッと緊張したぜ。下々の者は軽々しく質問してはいけないのである... なのでエントリーしないわけにはいかなくなった。エントリー費は6000円とお財布に優しい。
だけど、レース日に雨だったらどうするんだよ。でも、時期的には寒くないか…

今のところ春のレースは…

・3月11日(土)豊島区ロゲ 5時間単独
・3月26日(日)日の出ロゲ 5時間アカさんとコンビ
・4月22日(土)Fun Trails 名栗
・5月連休  OTK(仕事が休めたら…)
・5月20日(土)トレニックワールド100マイル

こんな感じ。
この春は4回目の100マイル挑戦だっ!


by nao-yamaniiku | 2017-02-01 22:34 | ハセツネ徒然 | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
日の出山敗退、まだ痛む
at 2017-12-17 20:20
プチ故障
at 2017-12-16 21:24
クリスマスが近づいたけど...
at 2017-12-12 23:34
みたけ山トレイルラン応援
at 2017-12-11 21:16
誕生日
at 2017-12-08 21:40
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ