nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
<   2017年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧
OTK2017年版
久しぶりの参加となったOTK。
コースは、青梅の永山公園から棒ノ嶺。日向沢の峰から長沢背稜を経て雲取山。そして、七ツ石山から鴨沢までと走りごたえは十分ある。

5時半頃、電車でご一緒になったタマさんと永山公園に着いた。申告では5時45分スタートにしたが、気がついたら時間になっちゃったので、5時50分のスタートにした。強豪6時スタート組と一緒になりたくなかったのだ。とは言うものの10分の差なんて無いと同じ。
その他、4時スタート組、5時スタート組がいて、総勢で20人ぐらい。

まずは楽なペースで林道を走る。慌てることはない。トレイルに入ってしばらくすると、後ろから気配を感じる、と猛スピードで迫ってくるランナーがいた。トレイルのインターバル練習でもしているのかと思った。『頑張りましょう』とそーけんさんとフナッチくんが抜かしてゆく。なんだよあれは・・・ 同じ人間とは思えない。
c0206177_15102777.jpg

写真なんて撮る暇もない...
気を取り直して先に行く。やがて雷電山、そして、少し降って平溝橋までのダークな下り。ますます道が悪くなっている。
c0206177_15102747.jpg

平溝橋に着いたら、後ろから気配が...
青梅トレラン部御一行3名に追いつかれる。捕まるのが早すぎる。
c0206177_15102878.jpg

エイドを出して頂いてあったので、コーラを有り難く飲ましてもらう。
平溝橋まで1時間17分。悪くないタイムだけどね。
c0206177_15102877.jpg

3人はさっさと行ってしまった。
高水山への登り。自分としては気持ち良く登れたと思う。意外に早く登れた。
区間40分15秒。まあまあ。
さらに岩茸石山、12分40秒。
c0206177_15102998.jpg

ここまでの天気はまずまず。今日の予報は雷雨というが... 走力はないがなんとか雲取山まで雨が降る前に辿り着きたい。

棒ノ嶺までは、実はあまり好きなコースではない。たいした距離でないが時間がかかる。
黒山の手前でモーリーくんが追いついて来た。
c0206177_15102965.jpg

あとはキャプテントットさんがいるが、実質ビリである。この辺では、落ち込んでいたよ。分かっちゃいるが、走力に差がありすぎる。そろそろオレも潮時か、なんて。
棒ノ嶺、区間58分34秒。累計3時間10分。
3時間20分でいいと思っていたので、自分的にはよろしい。しかし、16.5kmしか進んでないが、累積標高は1650mもある。キツイコースなのである。
c0206177_15103048.jpg

棒ノ嶺からの下りに入ったところでつまずく。あれ?先週も同じところでつまずいたっけ。日向沢の峰までは、FTR名栗とほぼ同じ。違うのは長尾丸に登ること。
c0206177_15103020.jpg

地味な頂上。
そして、ここから日向沢ノ峰の急登である。以前より道がしっかり付いているが、キツイことには変わりない。
喘いで日向沢ノ峰へ。1時間23分。
雲が出て来た。今日の天気予報、そしてビリということを考えると、一杯水避難小屋でやめた方がいい。
c0206177_15103137.jpg

なので少し遊んだり...
やめると思うと力が入らなくなるものである。蕎麦粒山ってこんなに急だったっけ...

やがて一杯水避難小屋へ。
区間、58分57分秒。累計5時間33分だった。
PBより5分早い。
ここはエイドがあり賑やかである。モーリーくんと、あれ?ハリ天狗師がいた。ハリ天狗師は先週の宮古島の疲労が取れず、ここでおしまいという。そりゃ、そうだ。
c0206177_15103179.jpg

みんなのラップ表をイッシーさんに見せてもらったら5時スタート組の通過時間は、少し先ぐらいだった。俄然、ヤル気が出るという相変わらず嫌な奴である。
しかし、ここのエイドのフルーツは女史らしい気遣いがあった。ひと仕事あり美味かったなあ。コーラも1本頂いてスタート。

休んだせいか、ここから調子が良くなった。水松山分岐までの10kmほどは走れる区間である。でも、トラバースのトレイルの下は落ちたら終わり...というところが何箇所かあり、集中しなくてはならない。
c0206177_15241249.jpg

酉谷避難小屋でtazoeさんに追いついた。
区間、1時間1分。一杯水避難小屋の休憩所含む

さらに水松山の分岐を目指す。空は雲がかかり冷たい風が吹きつける時がある。でも、雲は低くないので大丈夫か?
ヘリポートで今度はゆぅさんに追いつく。
c0206177_15241390.jpg

ここからゆぅさんは雲取山まで少し後ろを付いて来た。なかなかちぎれん...
水松山分岐、48分32秒。

ここから芋ノ木ドッケまで登りが続く。後ろにいるゆぅさんを意識しながらなので、スピードを落とせない。一緒に行ってもいいが、そうすると気の弱い自分は遅れてしまいそう。
いい感じの道標が出来ていて迷うことはない。
c0206177_15241357.jpg

途中でアズさんにも追いついた。ハセツネ以来の山というが、いきなりでこのコースのチャレンジはたいしたものである。
c0206177_17112593.jpg

芋ノ木ドッケへの倒木もだいぶ道が鮮明になった。この登りで自作ジェル水が無くなって、頂いたコーラを飲む。
今日の水は、自作ジェル水がペット2本。1本400カロリーほど。あとはペットでお茶と烏龍茶。全部で2リットルほど。その後、雲取山荘で少し水を補給したが、コーラがなくても涼しいというか、肌寒さもありちょうど良かったかな。
ちなみに食料の消費は、ゼリー1個。おにぎり2個、クリームデニッシュパン1個、塩飴数個だった。余は、ゼリー1個、ジェル2個。水兼自作ジェルペット2本が良かった。マルトデキストリン120グラム+クエン酸+ハチミツ+塩+水。これが飲みやすく、かつ水分補給にもなる。カロリーを多くしようと、欲張ってドロドロにするとそのうち胸焼けがする。

芋ノ木ドッケの登りは根っこで急な登りもあり、くたびれている時間帯でもありキツイ。
芋ノ木ドッケ、57分11秒。
この区間は、PBを出した時より大幅にタイムを縮めた。11分ぐらい短縮か...後ろのゆぅさんのおかげである。

大ダワへの下りは相変わらず道が悪い。誰か道を付けてくれないかなあ?なんて思ったり。わがままなのである。
大ダワまで16分38秒。

この辺りから登山者が多くなる。逆にここまではあまり登山者はいなかった。土曜日だからかな。
登山者から『どこから来たんですか?』と聞かれたので、『青梅からです』と言ったら『じゃ、奥多摩駅から...』と言われた。どうやら青梅在住と思われたよう。この場合、本当のことを言うと面倒なので『そうです』と言って逃げる。
雲取山荘で少し水を補給。辺りの様子から宿泊客は多そう。

雲取山への登り。これを登ればあとは七ツ石山だけだ。頂上に近づいたらばぶぅさん発見。ようやく追いついた。じつは目標だったのである。
c0206177_17112539.jpg

後ろ姿をパチリ。でも、ここからばぶぅさん、ペースアップして頂上までは逃げられた。
c0206177_17112624.jpg

区間、31分33秒。

抜かしたばぶぅさんが後ろから『雪だよ』と。本当だ。雪がパラついている。
下るけど、実はずっと右が山側のトラバースが続いたせいか、右のくるぶしが靴擦れになって痛む。今日はトレニックワールド彩の国100マイル仕様でHOKAだったけど、ちょっと心配だなあ。
痛みを我慢しながら下る。
左に巻いたら、巻かなかったモーリーくん発見。しばらく後ろからついて行く。
c0206177_17112671.jpg

テン場はカラフルなテントがたくさん。いい匂いも立ち込めている。
いつの間にか晴れて暑くなって来る。どうやら天気は持ったようだ。良かった。

七ツ石山は登りやすいトレイルである。
c0206177_17112769.jpg

ここも立派な頂上の石碑が作られていた。
区間、36分42秒。
累計9時間51分。
足の調子から11時間前後かな、と思う。でも、ベストだからいいか。

下りもしばらくモーリーくんについて行く。でも、走力の差かしだいに離されてしまう。一呼吸入れようと、立ち止まって雲取山荘の水を飲む。

意外に早く堂所を通り過ぎた。ここからは走りやすいトレイルになる。だんだん火が点いて来た。この先のことを考えると、年齢とか病気とかね... 今日、がんばらないと。
ここからは懸命に走り続ける。自分にとっては大事なレースである。

いったん道路に出て鴨沢バス停へのトレイルに入る。しばらくすると、ハーフコーストライアルのJ子さんとほえるさんがいた。挨拶もそこそこに走り続ける。
やがてフィニッシュ地点が見える場所を通る。普通は立ち止まって手を振るが、右手を上げただけ。愛想のない奴なのである。

青梅街道を出て右へ。もう必死。がんばれば10時間50分を切れそう。たぶん、参加者の誰より突っ走ってのフィニッシュだった。
同時に倒れこむ。
あー、終わった。
がんばれたことに満足である。
c0206177_12401012.jpg

区間、57分16秒。
トータルタイムは10時間48分22秒だった。
PBを26分ほど短縮。
距離と累積標高は、みんなと協議の上、60km、3900mとした。

バスの時間は18時36分。2時間近くあるので、まったりしていた。

帰りのバスはJ子女史とほえる女史の間に入って、女史トーク。奥多摩駅までの中途半端な長い時間も楽しかった。
奥多摩駅から青梅駅までの電車は、参加者達とのバカ話し。優勝のそーけんさんをみんなでなじったり。そりゃそうだ、抜かされたメンツが揃ってるからね。こちゃさんが長尾丸を巻いちゃったなんて。思わず失格!の声が。するとゆぅさんが高水山巻いたら、降って来たハリ天狗師とばったり。バツが悪かったと言っていた。えーっ、高水山、巻けるの?tazoeさんも知ってたみたい。みんな楽することには熱心だね。どうやらトイレの脇から行くらしい。来年はオレも...と決心したのであった。

by nao-yamaniiku | 2017-04-30 18:20 | TTR(OTK) | Comments(4)
OTKの目標タイム
すでに忘れ去られたプレミアムフライデー。
それよりソフトバンクのスーパーフライデーの方が今や旬である。見事、本家を凌駕したね。しかも、今回はバスキン・ロビンスだよ。酒を止めて甘い物、特にアイスクリーム大好き脳疾患おじさんだからなあ。ソフトバンクユーザーが羨ましい...

さて、プレミアムフライデーというわけでもなく、OTK前日に準備諸々あるので少しでも早く帰りたかった。そのために今週は、今日を目指して仕事をして来たと言っても過言ではない。残った仕事は.来週の祝日にやればいいのさ。でも、来週は孫も来る。何もかも来週に追いやっているのは、いつものことである。明日のOTKで身体は、出し切ってしまえばいい。
そんな作戦が上手く行って、普通に帰れた。でも、仕度といっても30分で自作ジェル作りも含めて、終わってしまったのである。ホントこういうのは、酒を止めてからはサッサと出来てしまう。

目標タイムは…
まず、青梅から棒の嶺まで。ここで3時間20分ぐらい。そこでいかに足が残っているか。
棒の嶺で調子が良ければタイムを狙ってみる。
今のところ11時間14分がPBである。これは5年前の2012年の時のタイム。本当は2015年にDNSしなかったら10時間台。9時間にどれだけ近づけたかというタイムだったという自負がある。2015年はTGGが10時間17分。だいたいコースがタイム的にニアなので、このタイムぐらい出せたかな。まあ、そうは言ってタイムが残っていないことは事実である。エラそうなことはいつでも言えるのである。

禁酒と病気を差し引いて、歳を取ったこともあるが、11時間14分アンダーを目指すしかないな。
でもなあ、今月の山行きは今ひとつが続いている。せいぜい先週のFTR名栗が少しだけ良かったことぐらいである。

ただ、天気がね。大気の状態は良くないようである。やはり、雨は覚悟。雷ならさっさと下山するよ。

まっ、とにかく早く寝よう。明日は3時起きだ。
by nao-yamaniiku | 2017-04-28 21:15 | TTR(OTK) | Comments(2)
OTKの作戦
今週の土曜日もレースである。
OTK(青梅から鴨沢)がある。
毎年、このレースは、山トピの主のyahushigeさんがお膳立てをしてくれる。
青梅の永山公園から棒の嶺、雲取山、七ツ石山から鴨沢まで下り、走行距離は65kmになる。
先週のFTR名栗レースでは、棒の嶺、日向沢ノ峰の急登でヘロヘロになった。でも、OTKはまだ序の口。そこから2017mの雲取山まで登らなければならないのである。

制限時間は鴨沢の最終バス18時36分である。そのため、出場選手はそこを目標に各々スタート時間を決める。最終スタートが6時。一部強者はもっと遅い時間のスタートのようである。

そんなレースなので、走力がないと出れない。出場者は誰でもという訳にはいかない。自分は大好きなコースなので、このレースはいつも年間のレースとして入れている。ただし、許可が頂ければになるが...

で、肝心の成績は?というと不甲斐ないものである。

2012年11時間14分、この年はまあまあ。
2013年12時間1分、この年はさらに高尾まで行って旧TTR(東京トレイルレース)112kmを1人完走。
深夜の山でグロッキーになった。
2014年、岩茸石山でリタイア。
2015年、仕事になりDNS。
2016年、病気でレースどころでなし。

実はこの3年間、ゴール地点まで行っていないのである。今年、完走しなければ来年はないつもりである。
例年は5月5日のGW中の開催。なかなか休めないのと、休んでも兵庫から孫1号が来ているからね。そちらが優先になってしまうのは当然である。今年がチャンスなのである。
本当は、高尾まで行きたかったが、トレニックワールド彩の国100マイルも控えているし、そんなことより『鴨沢まで行けんのかよ』である。

6時スタートとしていたが、少しでも貯金が欲しいので、5時45分スタートに変えて頂いた。
6時スタートは走力のある人が多いのでペースを合わせたくないということもある。

最初の永山丘陵の林道で自分のペースを掴みたい。先週のFTR名栗レースと同じ作戦である。もちろんその時のペースより、登りはゆっくりでいい。高水山への登りが気持ち良く行けたらしめたものである。

目標の区間タイムは、棒の嶺まで3時間20分。一杯水避難小屋まで5時間45分が目標かな。だいたい一杯水避難小屋×2がフィニッシュタイムの目安になる。12時間を少し切る11時間台でフィニッシュ出来ればいいけどね。

気候はどうなのだろう?少なくとも暑くはならないだろう。この時期の長沢背稜は雨、寒いというのが前提。先週と同じようなウェアに上下のレインウェアをザックに忍ばせておく。

yahushigeさん情報だと、酉谷避難小屋に水が出ているようなのでペットボトルは3本。後は雲取山荘まで給水出来ない。2本は薄いマルトデキストリン+クエン酸+ハチミツ+塩を入れる。1本はお茶系。総量で1500mlほど持っていく。序盤の平溝橋の自販機を利用するかもね。

最近、ハイドレを使うことがなくなった。2010年購入なので、穴の補修もしたし、ホースも黒くなったしそろそろ役目を果たしたかな。

食料は、ゼリー2本、ジェル3本、パン2個、おにぎり1個、塩飴数個など。ペット2本のマルトデキストリンは、1本400kcalはあるので、これで12時間の行動が出来るかな。


グチャグチャ言っているが、yahushigeさんから再三、みんなに『安全』と問いかけている。これが何より優先させなければならないことなのだ。

c0206177_08204250.jpg
お茶に見えるがマルトデキストリンにクエン酸を溶かし、その他変な物入れてあるスペシャルドリンク。日常使いで按配を確かめるのである。

by nao-yamaniiku | 2017-04-27 06:22 | TTR(OTK) | Comments(0)
病院検査は異常なし
先週は、頭と首が重たくだるく病院の予約をした。本当はGW明けに予約していたが、とてもそこまでは待てない。
だけど、レースの土曜日から頭と首の違和感はだいぶなくなった。この辺がよく分からん?でも、引き続きなんとなくのだるさはある。
何度も書いているけれど、頭の病気の難しさはここである。健康な人でも頭や首がだるい時はある。そのだるさや重たさ、痛さが、倒れる兆候なのかどうか分からないのである。
c0206177_10475911.jpg

結局、CTと血液検査をした。問題はないという。ただ、酒を飲んでるか聞かれた。肝機能が少し弱ってるよう。土曜日のレースのことは、もちろんマル秘、言葉を濁らせてしまう。
だけど、ホッとしたよ。何よりこれが一番の薬だよなあ。気持ちが楽になった。
でも、またいつかは...という覚悟はあるけれどね。

このブログを読んでいる方は、健康な人ばかりなので、頭がだるい、首が重いと大げさに騒いでるいるnaoさんに呆れているだろう。でもね、なってみないと分からないのである。もう少し生きていたいからね。

運動という身体の悪いことをしているので、せいぜい、身体に入れる水分や食べ物に気をつけるしかない。

FTR名栗以来、筋肉痛だけど3日経って走れるような状態である。以前ならトレーニングを再開していただろう。だけど、今はじっくりダメージがなくなってから始めることにしている。
それまでは、ストレッチや柔軟、セルフマッサージをたっぷりしている。
明日は少し様子見で走ってみようかな。

ああ、しかし、安心したあ。

by nao-yamaniiku | 2017-04-25 21:22 | リハビリトレーニング | Comments(2)
FTR名栗備忘録
c0206177_09213090.jpg

今シーズン第1戦のレースだった。
このレースは、ハセツネ30kの代替えレースとしてチョイス。今年になって、どのくらいの力量があるか確かめるのである。

最後尾スタートが良かったのだろう。棒の嶺の登りの最初は数珠繋ぎでペースもゆったり。いきなりの登りで心拍数を上げるということはなかった。
おかげで、岩場が終わって、最初のエイドを過ぎてから少しバラけて来てから、調子良く登れた。結果、日向沢ノ峰までの登りは今年一番の出来だったと思う。
その後、お決まりのケイレンも出たので、まあ、元に戻ったということかな。

コースは、最初の名栗湖の周回のロードでふるいにかけ渋滞防止ということなのだろう。それが4.5kmぐらいかな。そこはほとんど標高がないので、実質、20kmで1900mの累積標高があり、トレイルレースとしては走りごたえがある。
前半は、棒の嶺、日向沢ノ峰の登り。中盤はアップダウンがある。そして下り。自分もそうだけど、道中、ケイレンした人は多かったのじゃないかな。

新緑の季節。のんびり歩けば景色を楽しめたのだろうが、いつものごとく余裕なし。写真も前半だけ。コースは覚えているが、景色の記憶はない。

タイムは4時間16分51秒だったが、前列に並んで名栗湖周回ロードをキロ4分台で走って、登りで渋滞がなかったら... 4時間にどれだけ詰められるか?
でも、自分のレースプランとしては、最後尾は後ろ過ぎたけれど、序盤飛ばさず徐々に...というのが年相応かな。

やっぱり登山者が気になった。主に見かけたのは、棒の嶺までと後半だった。特に後半は、余裕なく走っていたので、挨拶はしたけれど、いつものように自分から先に止まるということをしなかった。レース中、50人はいたのじゃないかな。迷惑だろうなあ。最近、レースに出ても登山者に申し訳ないと思うようになった。

水や食料は規定通り持って行った。当たり前だけど...
水はマルトデキストリン80gを溶かした500mlとお茶600ml。食料は、昨年の出なかったハセツネ用のお高いジェルの賞味期限が迫ったので3個持参。

エイドが3箇所あり気温も高くなかったので、水は半分以上余った。ジェルも日向沢ノ峰の登りで1個だけ。ペット1本で十分だけど規則は守らないとね。山では何があるか分からない。

レインウェアも必要装備。これも走れなくなった時の防寒用としては必要だろう。
いつものようにザックは降ろすことはなかった。
エイドも20秒ぐらい。

ケイレン対策はなあ。
日向沢ノ峰までの登りを抑えたらケイレンはなかったのかなあ。本当は、ケイレンしそうな時に、ストレッチなどの休憩を入れた方がいいのかも知れない。でも、性格上出来ないんだなあ。どうしても先へ先へと急いでしまう。特に今回は短い距離だからね。

レースだと違うのは、当たり前だけど前後に選手がいること。棒の嶺からは単独走だったが、前にいる選手を目標にした。引っ張り続けられているので、練習以上の力は出るね。

ケイレンしていたので、ラストの下りはどうかと思ったが、結構走れたのは良かった。今回は日向沢ノ峰までの登りとラストの下りが良かったので◎である。

昨日まで調子が悪く、起きた時も半信半疑だった。思い立って5km走ってみた。これでキロ5分10秒ペースで走れ、頭や首も平気だったのでレース会場まで行こうと思った。
しかし、年明けからバイクを乗ってなかったので、意外と会場までの34kmが遠かった。荷物も重たかったしね。会場まで着いたら『やれやれ』と呟いた。
帰りも大変だった。トレイルランナーでバイクを乗っている方なら分かると思うが、山の登りとバイクを漕ぐのと同じ。なのでレースが終わったのに、まだ、レースが続いている感じでヘロヘロだった。
来年、同じことをするならバイク足も作らないとダメだね。

Fun Trailの大会は奥宮選手の人柄が出ている大会である。コースといい、エイドの位置、あまり食べないけど置いてある食料など。スタッフの方も素敵な方が多い。まあ、スタッフの方はどこの大会もそうかな。
レース途中とフィニッシュの2回写真を撮らしてもらったし、帰りにバイクシューズに履き替えていたら、『お気をつけて』と声をかけてくれる。誰彼となく優しい笑顔で話している様は、何度も言うが、57歳のこのおじさんも惚れてしまうのである。

今後も元気なうちはFun Trailの大会に出続けるだろうなあ。

そうそう、もちろん奥宮選手が言っていた『ゴミはひとつ拾いましょう』とのご指示は今回も守った。アメの包み紙を2個拾ったよ。

今日は、朝からいろいろ予定あり。でも、早朝は1時間ほど、走ったり歩いたりして身体を動かす。ストレッチとセルフマッサージはしっかり時間をかけた。筋肉が固まらないようにしなきゃね。
頭と首の違和感はないが、肩が凝ってる。足も痛いが、それより、腰、腕、肩の痛みが気になる。

日中は、毎週同じ孫2号のnaoさん保育所だよ。活動的になって来て厄介なのである。
夕方は、神奈川の山に近い不便な場所で通夜に行った。電車、バス、徒歩で片道2時間半。今日も疲れたぜ。
by nao-yamaniiku | 2017-04-23 22:17 | 最近のこと | Comments(0)
FTR名栗レース
c0206177_17173083.jpg

今週は、首がだるい、頭が重い、という症状が続いた。ランは5kmしか走ってない。まあ、レース前だからそれはいいが...
レースに出る出ないの判断が難しかった。昨夜は飲み会で遅くなり、帰り道はだるく(疲れもあるのかなあ)、とにかく明日決めようと帰宅後、酒を飲んだ酔っ払いのように、ベッドに直行した。

朝は3時半に起きた。まずはワンコの散歩で様子を見る。だるいが頭は大丈夫そう。じゃ、走ってみるかと、散歩後に5kmちょっと走った。快調だった。キロ5分10秒ペース。今日のレースの最初の名栗湖周回を、イメージした。

仕度してバイクで会場まで向かう。今日は何かとレース前にネタがたくさんあるのだ。
小沢峠は敬遠したが、それでも登り基調である。
途中で、レース出場者のクルマやFTR貸切バスが抜かして行く。なんか、惨めな気分。

家から約34kmの道のりで、しっかり汗をかいてしまった。順番は逆だけどスイムをすれば、ショートのトライアスロンの距離である。
脳疾患の奴が、レース前に5km走ったり34kmバイクに乗るものではない。いつものごとくアホなのである。
だけど、頭や首がなんともなかったのは嬉しかった。今日はその方の確認が最優先。モチベーションが上がったぞ。
c0206177_17023651.jpg

ポンコツをひと目にさらしてやったぜ。
バイクで来ている人は多いかと思ったが、たぶん3人ぐらい。

知り合いは、うめづさんだけしか会わなかった。お友達は少ないのである。しばし談笑。

どうしようかと思ったが、やはり今日は最後尾スタートにした。様子を見ながら走った方がいいだろう。
c0206177_17023761.jpg

スタッフのようにレース直前の集合写真を撮ったり... お前はアッチだろ。
c0206177_17023770.jpg

すでにゴールの写真みたいだけど、スタートしてから10mしか進んでない。スタッフの方に撮って頂いた。今日は生足である。

さて、走り出す。名栗湖の周回ロードはキロ5分30秒を目安にする。今日は、最近のトレイルと同じく1kmごとにラップを取ってペースを確認する。
まずは、先行する選手を抜かしっ放し。これは気分が上がる。
c0206177_17023830.jpg

c0206177_17023893.jpg

だけど、登りでは数珠繋ぎになる。でも、今日はその方が都合がいい。
途中のエイドは速攻。いつものセコセコエイドである。

岩場の登りを越えると、少しバラけ始め、徐々に自分のペースで登れるようになる。なかなか調子がいいじゃん。でも、調子に乗ってはダメ。
c0206177_17023992.jpg

登りきったら見城語録さんがいた。『何やってんの?』の問いに『OTKの試走ですよ』だって。そっかあ。来週だもんね。
ここから日向沢ノ峰までは、ほぼOTKのコースとダブる。
棒の嶺まで1時間18分だった。

さらに日向沢ノ峰(標高1356m)まで登る。ここは急登。苦しいぜ。
c0206177_17023983.jpg

鉄塔が見えたら先がピークである。
今日のガーミンくんは最初の5kmはビッタシ。その後は、少しずつ距離不足気味だけど問題なし。
喘いで14km先の日向沢ノ峰を越える。

まずは下るけど、ここからしばらくはアップダウンが続く。
15.4kmの有馬峠エイドに着く。コーラを飲んで、何食べたかなあ?とにかく先を急いだ。
だけど、ここからいつもの大腿筋内側のケイレンがお出まし。おおっ、お前も来たか。そうでなくっちゃ。これでいつもの身体に戻ったぞ。
c0206177_17024045.jpg

生足だったので、爪で引っ掻きまくり、引っ叩きまくり。マイDVである。痛いのはケイレンじゃなくて、引っ掻いたり叩いたりする方だよ。と暗示。あとでシャワーがしみるのである。

ちょっとスピードダウン。仕方ない。ここで少し抜かされた。
c0206177_17024088.jpg

最後の逆川乗越エイド18.4km。ここは2015年のFTR100kの時も苦しんだ。今回もケイレンであまりいい区間ではない。

そういえば、トレイルレースは、2015年のFTR100k、その後、年明けに倒れて、昨年はFT50の一つだけ。そして今年の初レースはFTR名栗と三連ちゃんで奥宮選手にお世話になっているのだ。

あと6kmほど。下り基調なので何とかケイレンを抑えたい。ガマンの走りが続いていたが、残り3kmほどで治った。
あまりタイムは意識してなかったが、4時間半は切れそうな感じである。

スピードアップしてフィニッシュ。
c0206177_17024181.jpg

やれやれ、昨夜までどうなるかと思ったが、レースに出れて、それに、自分のレースが出来たかな。

タイムは4時間16分51秒。83位(402人)年代別11位(89人)
今日は順位はどうでもいい。手応えがあったので嬉しい。
レース距離25.6kmというが、マイガーミンくんは25.14kmだった。累積標高は、主催者1900mで1908mとほぼ同じ。

フィニッシュ後は、雨がパラパラしていたので、ダッシュで着替えた。そして、出発。ゴールしてから15分後ぐらい。

しかし、帰りが、これまた大変だった。雨は意地悪で自分を追いかけている。小沢峠からショートコースと思ったが、峠の登り500mほどでケイレン参上。Uターンして下り、ほぼ来た道を坂のないほうへとチョイスして帰った。

フィニッシュ後、何も食べなかったので、ハンガーノック気味にもなった。足が重たい。腰が痛い。荷物が重たい。腕も痛む。苦行である。四里餅を買って、途中でラーメンを食べた。まあ、レース会場までの交通費ゼロだから、ちょっとの贅沢はいいだろう。
結局、本日のバイクの走行距離は70kmを越えた。家に逃げ込んだ時は、レースというよりバイクの疲れでヘロヘロだった。
変なおじさんなのである。
by nao-yamaniiku | 2017-04-22 17:16 | トレイルレース | Comments(0)
調子悪い
ヤバイのである。
ブログを書く時は、当然、人様の関わることは慎重にしている。でも、自分のこととなるとノーガードなのだ。

昨日のブログで、うっかりOTKはもう出ない(出れない)なんて書いたら、まさかのyahushige師よりコメントを頂いてしまった...
何も考えないでブログに載せるのも考えないと。

不調の原因は頭にある。どうも後頭部の下、首の後ろがだるい。重たい。心配なのである。

こんな時の仕事は、電話の声が小さくなるような、今さらそれはないだろう?という案件が続く。
今週、走ってないのはレース前だからでなく、朝の早い出勤が続き時間がないのである。
家の方でも、いろいろあり。
日曜日はお通夜に出かけなきゃならず。
まったくストレスのかたまりだよ。

頭の方は心配なので、来週初めに診てもらうことになった。昨年もこの時期は調子が悪かった。季節的なものと思いたい。
でも、倒れた時のような頭の痛さが、何日も続いたというような深刻なものでもない。なんだろうなあ。

土曜日のレースが、ホント邪魔。
あと、1日あるから良くなるように、先ずはリラックスしなきゃ。
もちろん、無理をするつもりはない。心の声を素直に聞くだけさ。

もう、リハビリ期は終わったと思ったが、まだまだのようである。
by nao-yamaniiku | 2017-04-20 20:48 | リハビリトレーニング | Comments(0)
FTR名栗の準備する?
予定だけは入れていた。先週、プログラムっぽいものも送付されていた。分かっちゃいたけれどレースは土曜日なんだ。
前日の金曜日は飲み会(飲まないけど…)があるから準備は事前にしないと。
日曜日の彩の国の走りで落込んで、月火はバタバタと仕事が忙しく、しかも首が重たい。ちょっとした思いもあり、土曜日から昨日の火曜日までフェイスブックは見ず。今日はザッと流して見た。スマホ自体もそれほどいじらず。くたびれてしまっている。

レース会場までは、バイクで行くつもり。だけど、今年になって乗ったのは一度だけである。バイクのメンテナンスもしとかないと。あ~、めんどっちぃ。
出るか出ないかは当日になってみないとなんとも分からない。でも、これから少し準備はしておくのである。

昨日の朝は雨だったので、ランはお休みにしてコース地図をプリントアウトした。ぐるっと見回すとすべて知った道である。全長は25.6㎞とあるが、ガーミン計測でもほぼ同じだろう。トレイルレースの場合、だいたい10%~20%少なく計測される。でも、ファントレイルの大会は、ガーミンと同じような距離を計測する。ガーミンで測っているのかなあ… 累積標高は1900m。距離の割にキツイだろう。
c0206177_10264591.jpg

棒の嶺までの登り、日向沢ノ峰の急登。その後はアップダウンが続く。
距離的に、オジサンの苦手なスピードレースになることは必至。最初の名栗湖周回のペースは速いだろうなあ。

目標タイムは、8時スタートで13時に表彰式というので、そのぐらいに戻れればいいかな。5時間が目標になる。昨年のリザルトを見るとちょうど真ん中ぐらい。
ケイレンくんはお見えになるかなあ。でも、痙攣するぐらい脚を使えればいいけどね。

会場までだいたい30㎞ぐらいの距離をチャリで行く。たいした距離じゃないが、ぜんぜん乗っていないからね。峠も越えないといけないし。疲れを残さないようにチャリを漕ぐという、こっちの方が難しいよ。


でも、先程も書いたが、今はレースの気持ちにはならない。ぜんぜん楽しみではないのだ。このレースに出ないと次週のOTKも出ないだろう。今年、OTKに出ないとヤフシゲ師主催のOTKは、もう二度と出ることはない。来年は、地元のランナーさんの出場希望者が多いに違いない。そうなると、よそ者の自分の出番はなくなるのである。去り際が大事。いつまでもしがみついては迷惑になる。


彩の国だけは、今のところ出るつもりである。ここで関門にかかって、ランナー生活をおしまいにするのがオレ様らしい終わり方なのだ。
気持ちの弱いnaoさんは、完全にスネているのである。何に対してスネているのか分かわないけど。
あ~あ、身体の調子が悪いぜ…

by nao-yamaniiku | 2017-04-19 20:57 | 最近のこと | Comments(2)
白旗
昨日のちょっとの試走でトレニックワールド様の彩の国100マイルレースに、早くも白旗を上げてしまった。

やっぱ、いろいろ考えちゃうなあ。
分かちゃいるが、やはり敷居が高すぎる。ハセツネでいうとサブ10、UTMFでサブ30ぐらいのタイムで、挑戦権があるのじゃないかな。

全コースを走っていないが、あの辺りのコースの経験上、とにかくタイムを稼げるところがない。アップダウンが多過ぎる。下りのパートもザレている部分が多く、ゆっくりでしか下れない。時間の割にまったく距離は進めない。気がつけば、しこたま削られ、脚が終了している。

レースは、50㎞ちょっとの距離を3周回する。
関門時間は、
1周目 10時間。
2周目 10時間+12時間=22時間。
3周目 22時間+13時間=35時間である。

昨日のペースは、たった時速4.6㎞しかない。なので昨日のペースだったら12時間かかる。1周走ってからこのタイムならいいけれど、ゼロメートルからのスタートだからね。がっかりである。ペースはゆっくりだったけど、特にサボったわけではない。それどころか竹寺からは、ペースを維持するのもシンドクなった。

今年に入ってから感じること。どうも病気をキッカケに衰えたのではないかということ。それと、心拍数マックスで走り続けることは止めている。まだ、怖さがある。
もちろんレースで駄目な理由を歳のせいにしたくない。力不足と思いたい。

しかし、いろいろ考えちゃうなあ。昨夜なんて『止めよう』と思っていた。エントリーしている名栗、OTK、彩の国もDNSにすると決心して寝た。
心はいつも揺れ動くのである… 
難しいお年頃、57回目の春である。
by nao-yamaniiku | 2017-04-17 21:08 | 100マイルレース | Comments(4)
彩の国プチ試走〜ぜんぜんダメ〜
越生まで行くのが面倒なので、彩の国100マイルの試走に行けず、行かずか。
だけど、この先の終末の予定を考えると今日しかない。が、しがない生活者のたいした用事でもないけれど、夕方は、疲労を隠して元気なふりで、用事をこなさなければならない。

拝島駅までチャリで行き、5時1分の始発で越生駅まで行く。到着は5時39分。日の出が早くなって都合がいい。レースではこの時間の電車に乗る予定。
c0206177_15165599.jpg

レースはニューサンピア越生スタートゴールだけど、そこまでは距離があるので、越生駅からのスタートにした。大勢に影響はないだろう。

このエリアは、行けば分かると思っていた。TWのレースやロゲでさんざん走り回った。やっぱり駅に着いたら思い出したよ。

今日は東吾野駅まで。
ルートはリボンがあるし、なんとなく土地勘があるので迷わなかった。
ペースはゆっくり。先日、早朝ランで転んだ右膝がが痛む。東吾野駅まで着いてもあと100km走れるだけの足を残すつもりだった。
c0206177_15165545.jpg

c0206177_15165653.jpg

四寸道は、山と高原地図だと破線だけど、しっかり道が付いている。ここは、2年前のレースで足を痙攣しながら逆から降ったキツイだけの思い出がある。でも、比較的なだらかな道で登りやすい。
c0206177_15165637.jpg

関八州から武甲山方面。
この辺は昨年秋、FT50の試走で毎週の1人デートコースだった。レースが終わったらすっかり気持ちがなくなってしまった...
c0206177_15165690.jpg

今日はプチ夏仕様である。右膝に転んだ傷があるので、膝が隠れるパンツにした。しかし、毎年そうだけど、暖かくなるということは、極端に暑くなるのである。暑さに慣れていないのでキツイよね。

西吾野駅までは良かった。でも、この先、西吾野駅から東吾野駅までは、分かっちゃいるがキツイ。竹寺からのトレイルの急坂を下った時に思わず呟いた言葉。『こりゃ無理...』
下りはザレて滑りやすい。しかも、急坂だし。
コースは、難しい方に、キツイ方に誘導されている。
c0206177_15165739.jpg

下り切ったところの民家でご主人がいたので、外の水道を使わせてもらった。冷たくて気持ち良かった。ご主人『流しっぱなしにすれば冷たくなるよ』とおっしゃっていたが、十分冷たかった。感謝です。

ここからは、大高山、天覚山のアップダウンで削られ、天覚山からの急坂で尻もちをつきながら東吾野駅まで逃げた。

走行距離33.68km。
タイムは、なんと7時間11分もかかってしまう。完全にアウトである。元気なはずなのにこれじゃね。
累積標高は2423m。
もちろん、完全に自信喪失...
強がりを言えば、まだ走れる... だけど、こんなペースじゃ、どこかの関門でアウトになる。
やれやれ...

by nao-yamaniiku | 2017-04-16 20:47 | 奥武蔵トレイルラン | Comments(2)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
村山会
at 2017-09-25 22:31
撃沈したくなかった...
at 2017-09-24 18:58
休養の日になった...
at 2017-09-23 20:47
変わる...
at 2017-09-19 22:51
休養の日
at 2017-09-17 19:20
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ