nao山に行く

2016年正月明けにくも膜下出血で生死をさまよう。なんとか生還し山のレースに再チャレンジ目指しています。
<   2017年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧
2017年7月のこと
7月はランニング221.7km。山141.4km。バイク248.8kmだった。ランと山を合わせると363.1km。自分的な走行距離としてはまあまあだった。
7月11日から21日間連続でトレーニングしている。これは、あまり意識したくないなあ。

レースはトレニックワールドin外秩父だけ。イマイチな走りだったが、あの頃は調子の底だった気もするので、そういうことにしている。自分の都合のいいように思ってないと、やってられん。

山の走りはお尻と股関節を使うように意識し続けている。自分の中に膝や足首はないつもり。だいぶ分かって来たような気がする。トレーニング終了頃でも登りの力が持続して来た。気分だけかも知れないがいいのである。
山は今熊山中心だったけど、この手の練習は8月も基本にしていくつもりである。

7月のトピックスは、何と言ってもガーミン935を買ったこと。910XTが外秩父で、とうとう壊れてしまった。910XTはトレーニングの幅を広げてくれたので、5年間、本当に感謝である。
935はいろいろ出来過ぎるようだけど、手首で心拍数が測れるのがいい。やはり年齢的、それにこういった暑い時期、やがて来る厳寒な時期だと心拍数は気になる。

最初にトライアスロンを始めた20数年前にポラールを買った。胸のベルト式だったが、四半世紀もこの方式が続いたなんてね。あの時代はまだ、携帯も普及してなかったのに... 心拍数計測の進化は遅いものである。
最初にポラールで自分の心拍数が現れた時は、感動した。でも、ちょっぴり恥ずかしかった....
c0206177_08020059.jpg

たぶん1993年のどこかのトライアスロンのフィニッシュ前。当時33歳、修業中。ランの集団やバイクが近づくと人様の心拍数を拾ったりした。
ダサっ、ブーメランパンツだぜ。

8月も夏バテにはならないように、引き続き秋に向かって自信をつける走りを手に入れよう。

by nao-yamaniiku | 2017-07-31 21:42 | 今月の考察 | Comments(4)
富士山いいなあ
『せいいっぱいやった』『これが今の実力』
富士登山競争(競走でした)の完走率は約50%だったよう。だけど、完走した人、しなかった人も言い訳は聞こえてこない。誰もが全力を出し切った感がある。
実に清々しいのである。さすが日本一の山に挑戦するランナーは、選ばれし者たちなんだと思う。

コメントを読んでいるうち、自分は部外者だけど嬉しくなってくるね。富士山、いいね。

昨日は自分も今熊山へ行ったが、たかだか標高505mの低山。富士山と比べりゃ1/8のぐらいの高さである。そのくせグロッキーになってしまったのはだらしない。オレ様が富士山に出たら、やれ、渋滞が...とか体調が...とグチグチと言い訳だらけなんだろうなあ。富士山登山競走に出る資格はないのである。

昨日は山に行ったので、今朝はパイクに乗った。クルクルとペダルを回すのは股関節にはいい。変な疲労が溜まらないような感じである。
しかし、コースはまたも多摩サイ。もっとも今日は仕事のため時間が限られていたが、峠に行かないとね。
c0206177_18041979.jpg

52kmを2時間24分ほど。
ダッシュでシャワー、朝飯、時間を読み違えて大慌て。
あーあ、慌てたのでバイク、外に置きっぱにしちゃったので雨に濡れてたよ。

by nao-yamaniiku | 2017-07-29 21:28 | 最近のこと | Comments(2)
今熊山のオトコ
富士登山競走の日だった。
土日が仕事なので代わりに今日休んだ。
c0206177_19143162.jpg

naoさんは今熊山しかないのよ。
早朝ランで15km走って、用事を済ませてから武蔵五日市駅に着いたのは10時近くだった。

曇り空だけど暑い。
一番暑い時間帯の低山はキツイわ。この時期に、山を走る距離や時間のノルマを決めるのは、自分の首を締めるだけなので、特に決めなかった。
c0206177_19143217.jpg

すでに一本目でグロッキー気味。だけど登りはグイグイ行ける感じ...だけかも知れないが...
まあ、いいや。
c0206177_19143213.jpg

変電所から今熊山への別ルートは整備中で通行止め。行けないことはないだろうけど、ここは大人の対応である。
今熊山へ5本登って変電所への下りで、気持ちが切れた。ふと、金剛の滝の案内が目に止まったので久しぶりに行ってみた。
c0206177_19143300.jpg

水は冷たいぜ。気持ちいい。
元気になったので、プラス2本今熊山ぐるりをした。

結局、7本今熊山山頂に登ったが、登りは割といい感じだった。しかし、暑かったなあ。でも、夏の間は、こんな感じで苦しむのである。

だけど、5時間27分もかけて、たったの24kmほどだよ。まあ、頂上の度にたっぷり休んだからね。休まないと撃沈だよ。
累積標高は1812mだって。910より厳しく出るな。
でも、935の方が正しいだろう。
c0206177_21012472.jpg


今日のルートはこんな感じ。狭い範囲で遊んでいるのさ。


by nao-yamaniiku | 2017-07-28 18:56 | 奥多摩トレイルラン(五日市起点) | Comments(2)
3年...
相馬選手が消息を絶ってから昨日で3年。
1年目、2年目と同じ時期に所感の記事を書いてきた。彼の姿勢をお手本にして来た身としては、毎年のごとく感慨深いものがある。彼は今、どこにいるんだろうなあ。

相馬選手の言っていた『なりたい自分になる』『一年は平等』
もう一度、なりたい自分の目標とそれに向かう1年になっているのか...
病後の状態と相談しながらのトレーニングが続いているが、いつまでも留まっているわけには行かない。パフォーマンスを発揮出来る年齢を考えると、残された時間はそんなにはない。

自分の中では逃げたいが、逃げると後悔するであろうハセツネをどうするか、と思っていた。
ようやくこの2ヶ月ほどで、挑戦権を手に入れた手応えが出て来来つつある。
テキトーにぐるりと回って『ああ、良かった、楽しかった』なんてnaoさんには似合わないだろう。

どうなるか分からないが、苦しんで10時間台を目指すしかない。『苦しんで...』というのはレースでなくて、レースまでの間。身体と心を作って、悩んで、ようやく先が見えるのさ。

<あるインタビューでの相馬選手の答え>
レースにおいて常に心掛けていることは何ですか?

「全力疾走」
調整レースとか、ファンランとか…、そういうのは嫌いです。


by nao-yamaniiku | 2017-07-24 22:04 | ハセツネ徒然 | Comments(0)
935その後
結局、今日も山には行けず。フラストレーションが溜まる。
昨日と同じ状況。午前中に用事を済ませてからのラン。今日は山の代わりに地元のトレイルへ行った。

雨が降っていたのが助かった。でも、止んだら蒸し暑い... こんな天気なので歩いている人も少ない。というか『いない』と言った方がいいか。
ニューガーミン935の高度上昇、累積標高のことかな、910より厳しい感じ。っていうか、やはり935の方が正しいのかな。

蜘蛛の巣は少ない。うーん、不思議だ。だけど、『ブーン』という音がうるさい。止まったら蚊達に絨毯爆撃を受けそうなので、追い立てられるように走る。
結局、走りの方は、まあまあだった。
c0206177_20000738.jpg

こんな肌をさらすような格好で里山は走っちゃダメだね。
22kmほどを走った。

935はスマホと同期している。1週間経って少しは慣れた。でも、本来の機能のほんのわずかしか使ってないだろう。
でも、この間も書いたけど、距離、累積標高、タイム、あとは心拍数。それと20時間以上の起動。それがあればあとは要らない。
c0206177_20000763.jpg

c0206177_20000856.jpg

c0206177_20000945.jpg

一回走る毎にいろいろスマホにデータが入ってくる。お前にオレ様の何が分かるんだ。こんなの要らね〜よ。

と言いうが、実はニヤつきながら見ているのである。
by nao-yamaniiku | 2017-07-23 20:22 | ランニンググッズ | Comments(0)
予定は未定
c0206177_20211721.jpg

昨日は、車にて名古屋に近い場所へ行った。通常、出張はソロあるいは2人だけど、総勢5人と珍しく大人数だった。
c0206177_20211829.jpg

第二東名のパーキングで沼津方面や伊豆半島を眺めたり、往路は余裕があった。
だけど、意外と出張先で時間がかかる。やはり人数が多いと行動がトロい。naoさんはイライラだよ。しかも徒歩でのちょっとした坂で遅せーのなんのって... 普段はあまり顔には出さないが、不機嫌な顔だったよう。
結局、帰宅は終電ギリギリセーフの時間になってしまった。予定通りに行かん...

今日は、急遽の用事が出来てしまい、長い時間のトレーニングは出来なかった。まあ、こういう時の諦めは早いのである。優先順位は走ることじゃないからね。

それでも昼に時間が取れ、ちょうどいいかと、12時過ぎから暑さ実験をした。
10kmか1時間のどちらか給水しないというもの。気温は35度近くあるようである。実験するには都合のいい条件である。

5kmぐらいは問題ないが、キロ6分を維持するのに、心拍数が150近くになってしまう。まあ、これが暑さなんだろうね。
頭は?大丈夫そう。頭痛も出る気配はない。キロ6分ぐらいなら、1時間ぐらいは走り続けられそうである。
予定通り10kmで水をかける。これには生き返る。この後、帰路へと思ったが、水かけ効果があり、少し走って15kmちょっとにした。ペースはキロ6分6秒。
自分の夏のペースはこの程度か...
c0206177_20211864.jpg

ポリャンスキーに比べりゃ、まだまだスモークが足りんな。
c0206177_20211909.jpg

家の近くで盆踊り。夏の風物詩。
対象年齢の子供がいないので、見に行くのが憚れるが、ワンコがいると、こういう時は役に立つのである。

明日も山に行けるかは五分五分。いつも予定は未定で決定ではない...
by nao-yamaniiku | 2017-07-22 19:10 | 最近のこと | Comments(0)
ツールドフランス
夏の始めのイベントはツールドフランスである。四年に一度この時期に行われるサッカーワールドカップと共に一大イベントである。
バイクに乗り出した頃は、深夜のTV中継を欠かさず観ていた。ちょうどミゲール・インデゥラインがツールで連覇していた1990年前半ごろ。

今はおじいさんになってしまい、すっかり夜の時間が弱くなったので、あまり観なくなった。それでも気になるものである。
c0206177_16050859.jpg

ボーラ・ハンスグローエのパウエル・ポリャンスキー選手がインスタで投稿した写真には驚いた。
『ミイラかよ』『薫製?』生身の脚には見えない。しかし、すぐにこのような脚にするにはどうしたらいいのか?なんて、いつものように『あやかりたい病』が発症してしまうのである。

週末はバイクに乗ろうと決めたのだ。


by nao-yamaniiku | 2017-07-20 21:26 | バイクトレーニング | Comments(0)
夏か...
この数年で、学生時代から延々続いた『夏』=ワクワク、ドキドキ、楽しい... という呪縛が解けた。
半世紀ほど季節は夏を中心に動いていた。『暑い、暑い』と嬉しそうにおバカは騒いでいたのである。
ところが、暑いし、夏休みがあるわけでないし... 何のメリットもないことが、ようやく分かったのである。

なので、梅雨明けが待ち遠しいということはない。曇り空や雨の梅雨が長引いた方が都合がいい。走りやすいし、山は人が少ないからね。

でも、とうとう梅雨明けしたようである。もっとも梅雨明け前から、ずっと真夏の天気が続いていた。おかげですでに夏バテ気味である。
夏のレース予定はないので、トレニックワールドin外秩父が終わったら、ヘロヘロになるまで練習してやると思っていた。しかし、思うのと現実は違う。練習しなくてもヘロヘロだよ
何とか、たいした量じゃないが、9日間、トレーニングを続けている。
まあ、倒れない程度に頑張るわ。

c0206177_19394357.jpg

レース会場で忘れていたメガネが届いた。
フィニッシュ後にテント近くのイスで、フニャっとしていたらミドル女子2位の選手の表彰式が始まった。邪魔な場所にいたので慌てて移動した時に落としたらしい。
迷惑で手のかかる初老のオヤジなのである。
by nao-yamaniiku | 2017-07-19 21:34 | 最近のこと | Comments(0)
ガーミン935
c0206177_19433186.jpg

ガーミン910XTを使い始めたのは、2012年7月からなのでちょうど5年になる。
ガーミンは、それまでのランニング生活を一新させた。
ランのトレーニングは、何と言っても、何キロ走ったか距離を知りたい。キロ何分で走っているのか正確に知りたいものである
そのためコースをバイクで走って計測したり、車で走ったりして、だいたいの距離を計っていた。そのため、それ以外のコースを走るとドンブリ勘定だった。故にいつも決まったコースを黙々と走ったものである。

スントのt3cも使っていた。フットポットを足につけて計測した。でも、距離の誤差は大きかった。フットポットはハセツネコースで無くしてそのままだった。次はGPSと思っていたのだ。

ご承知の通りランニンググッズにお金はかけないが、ガーミンだけは最上級の商品にした。それだけ正確な距離が欲しかったのである。
買ってすぐに陸上の400mトラックを走った時、401mとか399mという表示が出た時は、感動したなあ。
今までのコースを走って誤差を確認したり...
その後、コースは気分次第で走れるようになった。走ったペースも正確に分かるので、身体の状態も客観的に分かるようになった。

今は距離だけだったらスマホで分かるけど、スマホで測るのはかったるい。2012年7月以来、ランニングはガーミンを欠かしたことがなかった。

だけど、とうとうヘタリ始めてきた。昨年11月の雨のFT50kで画面に水滴が入った。先日のハセツネ全周で右のボタンカバーが破れた。それでも使えていたが、とうとうトレニックワールドin外秩父が終わり、画面の水滴が消えず、作動しなくなった。壊れちまったのよ。
c0206177_19433219.jpg

修理とも考えたけれど、依頼するのが面倒。修理代もかかりそう。修理したとしても、いつまで使えるか?というのもある。
実は、FT50kの時から覚悟はしていた。5月にガーミンの新製品が発売になったので、935とは決めていた。あとはタイミングと思っていたのだ。

自分の場合、余計な機能は付いていなくていい。タイム、距離、累積標高、あとは心拍数が分かればいい。だったらエントリーモデルでもいいだろうと思える。でも、絶対に外せない条件は起動時間が出来るだけ長いということ。カタログ値で20時間は欲しい。100km以上のレースではマストだからね。そうなると、おのずと935レベルになってしまうのである。
スント、ポラール、エプソンも考えたが、使い慣れたメーカーがいいだろう。

うちに来たのは、土曜日の今熊山のトレーニングが終わった午後である。
開けてみて、まずは『ちぃせぇ』であった。そして軽い。ところがこの『ちぃせぇ』奴は設定やら何やらが面倒くさい。

昨日のバイクや、今朝のランから使ってみた。やはり軽い。昔のランニング用ウォッチと同じ感覚。今までの910XTがデカ過ぎだったからなあ。心拍ベルト無しで心拍数が測れるのもいい。でも、どれだけ正確かは分からない。まあ、目安にはなるね。こんな身体だから心拍数はこれから重要になる。910XTは心拍ベルトをするのが面倒だったので、朝ランでは心拍数を測らなかった。
c0206177_19433204.jpg

しかし、使い方がまだ分からない。時間がある時、60ページ以上ある説明書を先ずは印刷しないと... 昭和の人なので、紙じゃないとダメなんだよなあ。
by nao-yamaniiku | 2017-07-17 21:55 | ランニンググッズ | Comments(4)
多摩サイ
バイクといえば峠だった。少し前までは、平らな道は走らなかった。
ところが今は真っ平らの道ばかりである。そろそろ峠に行きたいな。

でも、今朝も多摩サイを選択。山の翌日のバイクはなかなかよろしい。
今朝は、いろいろ野暮用を済ませてスタートしたのが7時前になってしまった。
コースにランナー、バイク、歩行者もいるけれど、今日も暑い日で多いというほどの人出ではなかった。

ひたすら40km行くまで多摩川の河口へ向かう。開けた道では、時速30km以上でキープする。
新幹線の先の橋で折り返す。
c0206177_18053083.jpg

帰路の丸子橋から二子玉川までは時速35kmで走る。信号にもかからず。抜かしたローディーに風除けにされちまったが、たまにはいいさ。本当は年寄りが後ろから行くべきだけどね。
c0206177_18053076.jpg

今日も暑ちぃ〜、トレーニングになった。
83.5kmを3時間27分ほど。
山⇨バイクのパターンがいいね。


by nao-yamaniiku | 2017-07-16 17:49 | バイクトレーニング | Comments(0)

by nao
プロフィールを見る
画像一覧
今後の予定
10月 8日(日)、9日(月) 日本山岳耐久レース71.5㎞
最新の記事
UTMFに向けて
at 2017-11-24 21:31
休足の休日
at 2017-11-23 21:22
UTMF当たっちゃった...
at 2017-11-21 21:17
リスク回避
at 2017-11-19 15:54
FunTrails 50k
at 2017-11-18 20:40
以前の記事
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
お気に入りブログ